ソニーがDT 55-300mm F4.5-5.6 SAMを正式発表

Sonyが、APS-C用の望遠ズーム「DT55-300mm F4.5-5.6 SAM(SAL55300)」を正式に発表しました。

超望遠域300mmまでカバーする"α"Aマウント用交換レンズを発売

  • SAM搭載により、従来のオートフォーカスより、スムースで静かなAF駆動を可能に。
  • 最新の設計技術を導入し、MTF性能において、撮影者の高度な要求に応えられるだけの高周波性能を維持。
  • EDガラス1枚を用いた光学系を採用。75-300mm F4.5-5.6』との比較で、標準域はもちろん望遠域での色収差も適正に補正し、高画質を実現。
  • ハイクオリティな表面処理に加え、先端部はメタルリングを使用するなど、高品位なデザインを実現。
  • レンズ構成は9群12枚、絞りは7枚(円形絞り)、フィルター径は62mm
  • 全長116.5mm、最大径77mm、重さ460g
  • 発売日は9月7日、価格は50400円(税込)

 

最近噂になっていたソニーのDT55-300mm F4.5-5.6 SAMが正式発表されました。APS-C用の比較的安価で小型軽量の望遠ズームなので、70-300mm G SSMと比べると手軽に使えそうですね。高画素に対応する高解像力設計ということなので、画質にも期待したいところです。

2012年7月25日 | コメント(8)

コメント(8)

EDレンズが1枚入っているので期待できそうです。

質感もよいのですが残念なのはSAMレンズは全て
距離目盛省略していくんですね。
発売が9月ですと結構先なんですね。

ペンタと同じかと思っていたのですが違いますね。
ニコンと前側は同じですが
VRがいらないので後ろ側のレンズを
簡素化した感じでしょうか。

どこをみてもDMFのことが書いてなさそう。
18-135mmはDMF対応になったけど、このレンズは違うのかな?
これからは全てのレンズをDMF対応にして欲しいですね。
あえて書くまでのことでもないのかな?

たしかにDMFができるかどうか、
記載がありませんね。

明日、
銀座のソニーで先行展示ということなので
聞いてみます。
ついでに音も
DT18-135程度に静かなのかどうかも、
確かめてみたいと思います。

RX100のバリオゾナーや、Aマウント18-135mmなど
今年に入ってからのソニーレンズは、
2000~2430万画素時代を見据えた高解像力レンズの
開発に力を入れているようです

今年はじめの「レンズで妥協はしたくない」
という言葉どおりであれば、今回の55-300mmも
75-300mm後継に相応しい、高い光学性能を期待できます

75-300mmはシャープというよりボケ味に魅力のあるレンズ
でしたが、55-300mmは解像・高速、静音AFとの両立も
図らないといけないわけで、EDガラスだけでなく全体的な
光学設計の刷新が求められます

16-50、18-135に共通するコンセプトが取り入れられており、
望遠系ながら野暮ったさの無い先進的な印象があります
ミノルタレンズにあった距離計の窓が無くなったのは残念ですが、
それを差し引いても、所有欲の高いデザインだと思います

期待しています
α55用に軽い望遠が欲しかったのですが
75-300や100-300APOは200㎜以上が厳しかったので

これとRX100を併用すると凄くしっくりきそうな気がします。

このレンズのレビューがほとんどないのですが、タムロンA005と比較して、画質とAF速度はどうでしょうか?
対象はスポーツ写真です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Kiponが電子接点の付いたEOS-m4/3とEOS-NEXのマウントアダプターを開発中」です。

次のブログ記事は「キヤノンの廉価フルサイズ機は5D Mark IIIよりも7Dに近いデザインになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る