Kiponが電子接点の付いたEOS-m4/3とEOS-NEXのマウントアダプターを開発中

Kiponが、EFレンズをm4/3またはNEXに取り付けて絞りを制御可能な電子接点付きのマウントアダプターの開発を発表しています。

Kipon develops electronic adapters for Canon lenses on mirrorless bodies (dpreview)

  • 中国のアクセサリーメーカーであるKiponが、マイクロフォーサーズとNEXのボディでキヤノンEOS用のレンズの絞りをフル電子コントロール可能なマウントアダプターを開発していると述べている。

    手ブレ補正やAFなどのその他の機能が動作するかどうかは述べられておらず、そして、今までのところKiponは未完成の見本をWebサイトに掲載しているだけだ。価格や発売についての情報もないが、競争力のある価格になることを期待したい。

 

Kiponは絞り羽根の付いたマウントアダプターなどの面白い製品を出しているメーカーですが、今回の電子接点付きのEOS-m4/3とEOS-NEXのマウントアダプターも興味深い製品になりそうですね。AFは連動しなくても、絞りが使えれば、手持ちのEFレンズ資産をm4/3やNEXで十分活用することができそうです。

2012年7月25日 | コメント(15)

コメント(15)

マイクロフォーサーズでの
絞り連動EFマウントアダプターは初登場でしょうか?

E-M5などオリンパス機と組み合わせれば
待望のEFレンズ+ボディ内手振れ補正が実現するので、
特に単焦点レンズを所有している人にとっては朗報ですね

kiponのEOS電子制御アダプタは、今年のcp+の時点で試作品が展示されてましたので、それほど驚く事でも無いかと
http://metalmickey.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/cp-2012-77f4.html
むしろ、cp+の頃にはほぼ形になっていたmetaboneの方がこの手の電子制御付きアダプタでは一日の長があるでしょう。
物理的な3次元設計が出来る開発者をいち早く引き入れて
他社にはないアダプターをいち早く作ってきたkiponも
今回ばかりは苦労しているようですね。

出来次第でEOS-Mのバリューが半減してしまいますね。

既に Inter BEE 2011 で担当が言ってますね。
2万円前後で出したいといってました。
とても楽しみです。

アダプター内に絞りバネを設けて絞るタイプのアダプターは,ちょっと絞るとすぐケラレて結局使いものにならなかったのですが。こんどはまともなものを出して来るか?Metabonesという製品が4万円で既にあって機能はまともなんで,半額以下でないと数が出ないだろうな・・・

もうここまで来たらAFも手ブレ補正も使えるものが
出て来てもおかしくないような気が…
あまり期待はしてませんが注目してます!

おや、今のところEFマウントアダプター以外利点を感じないMにとって向かい風ですね。
NEXに付けたらピーキング機能も使えるのでしょうか。

>ごんさん
ピーキング機能自体はオールドレンズでも普通に使えるので問題ないですよ

EOS-MのAF速度がとても残念な結果だったので、このアダプターの登場は注目されますね

手ぶれ補正まで使えたら凄いけど、さすがに無理かな?

ハイブリッドISのマクロレンズがm4/3でも使えたら最高です。
手ぶれ補正も使えるアダプターになるようにKiponさんには頑張っていただきたいです!期待してます!

>けいたろうさん、No.Bさん
ご指摘ありがとうございます。誤字を修正しました。

キヤノンって、マウントアダプターの特許取ってなかったでしたけ?

>>1256さん
マウントの特許とっていたとしても、もう切れてるんじゃないでしょうか?

やったもん勝ち、出したもん勝ち
日本企業もがっついて欲しい

すでにEマウントでは絞りも手ぶれ補正も動作してますから注目はm4/3ですね

まさかのAFも動作する仕様であれば飛ぶように売れると思いますが

 いくらで販売できるんでしょうか?
 発売数も知れているし、開発費も過去のメカアダプタに比べると飛躍的に高く付くだろうし、レンズとの相性問題やら、タム、シグマレンズ対応でテクニカルサポート費用もかかりそう。
 ファームアップも考えないといけないだろうし...
 メタボーンズの絞り制御アダプタが4万円近いので それ以上になりそうですね?
 もうちょっと出したら 価格がこなれてきたEOS Mボディが買えるようなら、売れるかな?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年7月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-5.6 VRはライバルと同程度の性能だが鏡筒の出来はよい」です。

次のブログ記事は「ソニーがDT 55-300mm F4.5-5.6 SAMを正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る