キヤノンEF35mm F2 ISは旧型と比べて周辺部の解像力が改善している

lensrentalsに、キヤノンEF35mm F2 ISとEF35mm F2、EF35mm F1.4L、シグマ35mm F1.4の比較レビューが掲載されています。

Another 35mm Lens for Canon

  • EF35mm F2 IS は予想していたよりも若干大きい。鏡筒はプラスチック製だが、しっかりした造りに見える。このレンズを手にした6人の人が、フォーカスリングの感触が少し異なるとコメントしており、「ニコンのレンズのような感触だ」と言っている。これは悪いことではなく、単に違っているということだ。
  • 解像力テストは35mm F2 ISが5本しかないので、どのレンズも5本で行なった。測定は5D Mark II のRAWファイルで行なっている。
  • 解像力テスト(MTF50)では、シグマの35mm F1.4がベストなのは明らかだ。EF35mm F2 ISは旧型のEF35mm F2よりも若干良く、EF35mm F1.4LをF2に絞った場合はEF35mm F2 ISよりも若干よい結果だが、これらのレンズは全て近い解像力で、重箱の隅をつつくようなものかもしれない。

     

     MTF50 中央   MTF50 平均   MTF50 四隅 
    EF35mm F2 835 685 240
    EF35mm F2 IS 840 715 390
    EF35mm F1.4L(開放) 660 565 345
    EF35mm F1.4L(F2) 830 725 490
    シグマ35mm F1.4(開放) 775 665 445
    シグマ35mm F1.4(F2) 915 775 545

     

  • 旧型の35mm F2は中央と中間域までは極めて良好だが、四隅はかなりひどい。新型の35mm F2 ISと、35mm F1.4Lは四隅の解像力はずっと良好だ。しかし、シグマの35mmはどのレンズよりも良好だ。
  • 倍率色収差は四隅でシグマが0.7%、キヤノン35mm F2 ISが0.9%でどちらも低い値だ。EF35mm F1.4Lは1.3%のより大きな値で、旧型のEF35mm F2はもっとも悪くほとんど2%に近い。
  • 歪曲もシグマが1%のタル型で最も少なく、EF35mm F1.4Lは1.3%のより大きな値で、EF35mm F2とF2 ISは共に1.4%だ。
  • MTF30の垂直のラインと水平のラインは、キヤノン35mm F2 ISはほとんど一致しているが、シグマは非点収差がずっと大きいことを示している(これは複数の個体で同じだった)。これは、シグマのボケが、キヤノンほど魅力的ではないと言う人がいる理由を説明しているかもしれない。一方、無限遠でのテストでは、シグマに非点収差はほとんど見られなかった。
  • もし35mmが好きで手ブレ補正が必要なら、EF35mm F2 ISはとても素敵なレンズで、金額だけの価値はある。そうでなければ、たぶん他のレンズを選んだほうがいいだろう。

 

EF35mm F2 ISは旧型と比較すると、周辺部の解像力と色収差が改善され、光学性能は一回り良くなっているようです。F2 ISは絞ったEF35mm F1.4Lと比べてもそれほど負けていませんが、シグマの35mm F1.4との比較では、シグマが全体的に優っているようですね。ISが必要ならキヤノン、解像力重視ならシグマでしょうか。

2012年12月15日 | コメント(12)

コメント(12)

35mmはどれを買うか迷いましたが、最終的にこのレンズを選択しました。
IS付きであることと、このレンズのボケ味に期待して買ったのですが予想通りの結果が得られてます。
ボケ味に関しては女性的な優しいボケ味を披露してくれます。
ISの効き具合はガッチリホールドして撮れば1/8あたりがボーダーライン。
最近のカメラは高感度耐性が凄いですが、ISが付いてる事により少しでも絞りを入れるマージンが取れたり、より低感度で撮影出来る可能性が上がりますのでとても好ましいと思いました。
時期的にイルミを撮ってテストしたのですが、周辺部の点光源描写はEF24mm F1.4L IIと同様、一段絞って撮影しないと開放F2では点が流れたように少し長くなりますので注意が必要です。
玉ボケに関しては、被写体までの距離にもよりますがF5.6以上絞ると少し角ばってきて丸にはなりません。
このあたりは少し残念ですね。
しかしF2でISが付いてるってのがこのレンズの売りですから、コレだけで選択するってのもアリかと思います。

このレンズを一週間使ってみた感想ですが参考になれば・・・

ヘリさん広角とはいえ1/8 で大丈夫というのはすごいですね。どこかで1/30と読んだのでそんなもんかと思っていました。最近、OMDを触るチャンスがあって最新の手振れ補正の威力に驚きましたので、キヤノンの最新ISもぜひ試してみたいと思います。今後さらに高画素化していくとミラーショックが大きく影響していくと思うので、レンズISよりOMDのようなボディISにしたほうがいいんじゃないのかな、と思うこともありますが、FFでボディISはやはり難しいのでしょうね。

それからいろいろサンプルも見ていますが、たしかにボケは(シグマより)好感が持てますね。あとは価格ですが(笑)。。。

>PPGさん
1/8は殆どスローシャッターの領域、5DmarkIIIに付けて使っていますが、静音シャッターモードで撮影しました。
通常のモードだと1/15が限界でした。
この静音シャッターモードはかなり良くて常用しています。

ISがボディーに付いてたら全てのレンズで手振れ補正が効きますから、ペンタやオリユーザーを羨ましく思うことがありますね。

ちなみにこのレンズのファームはVre1.0.0.0でした。
これからファームアップでISのアルゴリズムの更新などが出てきたら嬉しいですがね。

値段は確かにお高いですね(汗)

このクラスのレンズも高価格化してしまうのなら、更に下に安価な50mm F1.8のようなラインナップが増えてくれるといいですね。
サードパーティ製のレンズがあるからいいじゃないかと思うかもしれませんが、それは違うと思います。
カメラを買う時に考慮するのは純正レンズのラインナップですから。
お客に高いレンズばかりだなという印象を持たれたら、他のメーカー製カメラに流れてしまうでしょう。

35F2は周辺光量落ちに味わいの
あるレンズで、大好きです。
この光量落ちが好きなだけに四隅の
解像度の低さなんて気にも
ならないですし(笑)
しかし今まで中央の解像力
そんなに高いと思った事ないなあ。
そう思うとIS付きは魅力半減ですねえ。
5D2から使い始めたレンズですが
このレンズで手ブレした事ないですし。
AFの遅さも当たり前だし
ジーコジーコ機械的な音も大好きだし(^^)

単焦点レンズを使う方は
少なからずマニアか
写学生でしょうから
性能に見合った価格は問題ないと思います。

レフレスのフルフレームが発売されたときには
このクラスのレンズが揃っていて欲しいと思います。

EF35mm F2比で重量、大きさ等約1.5倍にふくらみましたね。IS付きで性能UPは歓迎ですが値段も1.5倍位に留めて欲しかったw

期待していた安いほうの35ミリ、ちょっと微妙な感じですね。フルサイズとAPS-Cのどちらでも汎用性あるので後悔しない選択が求められますね。

IS付きかシグマの高解像度か。
悩ましいですね。

この絶妙なスペックに落としてくるところが、Canonの凄いところですね。並単とL単を両方揃える方が多いのも納得です。

ただ、今回は、SIGMAが良いので、L単に関しては選択肢が出来てしまいましたね。私はSIGMAの予定です。

このレンズが来年以降こだわりスナップキットの本体に付属してくると、50mm F1.8 ISは不要でしょう。

写真をやる者からすれば、35mmにISは不要と断言出来ますね
慣れれば屋内のコンサートでも35mm換算で450mmのISナシ
ブレずに撮れます

ミラーレスの人とか動画撮る人が買うのかな〜


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2012年12月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンがフルサイズミラーレスに対応する300mm F2.8の特許を出願中」です。

次のブログ記事は「キヤノンが一眼レフ用の50mm F1.2とミラーレス用の50mm F2の特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る