オリンパスED 60mm Macroは高解像力で周辺光量落ちが少ないレンズ

DxOMarkに、オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm Macroのスコアとパナソニック45mm F2.8との比較レビューが掲載されています。

Olympus M. Zuiko Digital ED 60mm f2.8 Macro: For super-sharp outdoor close-ups and video

 (テスト機はGH2)   ED 60mm F2.8 Macro   パナソニック45mm F2.8 OIS 
DxOMarkスコア 17 16
解像力 9P-Mpix 8P-Mpix
透過 3.2T 3.2T
歪曲 0.1% 0%
周辺光量落ち -0.7EV -1.3EV
色収差  8μm 10μm

 

  • 2本のレンズの解像力はかなり近い値で違いはそれほど目立たないだが、絞り開放の解像力のフィールドマップを見ると、オリンパスの方が中央が若干シャープなことが分かるだろう。
  • 光の透過率は同程度で、どちらもF2.8よりも0.4EV低い値になっている。歪曲はどちらのレンズも0.2%のしきい値を下回っており、全く目立たない。色収差はどちらも若干見られる。
  • 周辺光量落ちに関してはより大きな違いがあり、オリンパスが良好だ。絞り開放のフィールドマップを見ると、この2本の周辺光量落ちは大きく異なっているのが分かるだろう。オリンパスは四隅でパナソニックよりも2/3段分優っている。
  • 60mm Macroは、DxOMarkの多くの項目で好成績で、また防塵防滴と動画に最適なMSC機能を備えており、アウトドアのマクロ撮影にはよい選択肢だ。より高価なライバルであるパナソニック45mm F2.8と比べると、オリンパスは素晴らしい解像力とm4/3の単焦点でトップクラスの周辺光量で、価格の割に良好な性能だ。

 

m4/3の単焦点レンズは高性能なものが多いですが、この2本のマクロもとても良好な性能ですね。性能は数値的にはオリンパスの方が若干良好ですが、周辺光量落ち以外の差は小さいので、この2本は光学性能よりも焦点距離や、レンズ内手ブレ補正の必要性などで選択した方がよさそうですね。

2013年1月31日 | コメント(10)

コメント(10)

両方持っていますが数値で表現できない描写性の違いがありますね。
どちらを選ぶかは作例を良く見て選ぶべき・・ 
パナ45㎜はライカブランドを背負うだけの描写性があり、ボケ味や合焦面の柔らかな表現力は特筆するモノがある様に思います。
オリ60mmもオリらしいシャープで抜けのいい画質でそれぞれの良さがあります。
手振れ補正の有無もありますが、選択の基準は写りが好みか否か・・そこが肝要だと思います。
はっきり言えるのは、どちらも良いレンズです。

ZD35mmと50mmも使ってます。

両方のレンズの良いとこ取りして、最新の技術を詰め込んで、尚且つ可能な限り小型化した・・・のがこの60㎜ですね。

好みかもしれませんが、画質に関しては

50㎜>60㎜>35㎜  の印象です。

発色はどちらかと言うと若干ナチュラル寄り?
だけどカメラ本体のモードでどうにでもなります。

とにかく、「マイクロ43rdsの単焦点レンズは総じて良い」という括りにはしっかり当てはまる1本だと思います。

まさにマクロレンズにハズレなし、ですね

昔オリンパスといえば、顕微鏡メーカーがカメラも作っている、という認識でしたね。流石です。

DxOMarkで疑問に思うことがあるんですが、解像力がこのレンズだと
9Mとなってますが、これでは900万画素程度が限界でそれ以上は無意味ってことですか?
45mm f1.8も9M 75mmでも11Mの解像力しかなく、Nikonのレンズとかだと19Mの解像力があるとテストされてたりしますが、やはりMFTのレンズは解像力が低いということであってるんですか?

仮にもOMーDの16Mセンサー能力をフルに引き出すなら、他社のレンズを使わなきゃいけないということなんですかね?

DxOMarkについて全然わからないんで詳しい方がいたらご教授ねがいます。

Panaのμ4/3ボディだと、どちらを買うのか迷ってしまいます。
60mmは手振れ補正なしで大丈夫だろうかと、それだけが買う踏ん切りがつかない理由です。

Panaボディだと45mmと60mmのどちらがお勧めですか?

スライド式のフードも良いですね。
別売なのが惜しいですが
お金出しても買い足したくなるフードです。

>リィンさん
DxOのP-MPixは、レンズがカメラの解像力(画素数)をどれくらい利用できているかを表す数値で、理想的なレンズの場合はテスト機の画素数と同じ値(GH2の場合は16P-MPix)になります。この値はテストするボディによって大きく変わってくるので、他のボディでテストした値とは比較できません。なお、P-MPixの詳細は下記に記載されています。 http://www.dxomark.com/index.php/Publications/DxOMark-Reviews/Looking-for-new-photo-gear-DxOMark-s-Perceptual-Megapixel-can-help-you

スライド式のフードも良いですね。
別売なのが惜しいですが
お金出しても買い足したくなるフードです。

DMC-GX1で使用しています。
私も購入前には手振れ補正の有無でPana 45mmと迷いましたが近接撮影時には、手振れ補正の効果もあまり期待できそうにないと割り切って60mmマクロに決めました。
使用してみると手持ちでもマクロ撮影を十分楽しむことができるので、スッカリお気に入りのレンズになっています。
とにかくたくさん撮影するのがマクロを楽しむ秘訣と思いますよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年1月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスがK-5II、K-5IIs、K-30、K-01、K-5、K-rの新ファームをリリース」です。

次のブログ記事は「キヤノンがインタビューでEOS 70Dの登場を明言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る