スピードブースター(NEX + EFレンズ)の画質はとても素晴らしいがAF速度が課題

dpreviewに、Metabones社のマウントアダプタ「Speed Booster(スピードブースター)」のNEX-6によるレビューが掲載されています。

First Impressions: Metabones Speed Booster

  • スピードブースターは、フルサイズ用のレンズをAPS-C(またはm4/3)のボディに取り付けるマウントアダプタだ。このアダプタが大きな話題となっているのは、フルサイズ用のレンズをAPS-Cで元のレンズに近い画角(1.09倍)で使用できるためと、レンズの明るさが元レンズよりも1段分明るくなるためだ。
  • AFはMetabonesの製品紹介ページに「AFは非常に遅く、多くの動いている被写体には不十分だ。AF速度はプロユースには向かず、多くのエンスーはがっかりするだろう」と記載されているが、我々のテストでもそれが確認された。基本的にスピードブースターは、MF用のアダプタだと思う必要がある。MFのほうがずっと速くピントを合わせることができる。AF可能なEFレンズは2006年以降のものに限られ、古いレンズとサードパーティー製のレンズはMFのみなる。
  • (EF50mm F1.4をF8に絞った状態では)スピードブースター使用時の中央部のシャープネスはとても素晴らしい。中央部はスピードブースター+NEX-6と、EOS 6Dとの間に大きな画質の違いは見られない。しかし、周辺部はスピードブースター+NEX-6がよりソフトで、色収差が目立つ。F1.4の開放では、スピードブースター使用時は6Dと比べて周辺部の画質がいくらか苦しい。
  • EF85mm F1.8ではスピードブースター使用時に、6Dよりも周辺光量落ちが顕著だった。これはおそらく、レンズの後玉のスピードブースターの前玉のサイズのミスマッチによるものだと推測される。しかし、それでもなお、適切な絞り値での解像力には感心せざるを得ない。
  • 実写では、大きな画角の制約なしに、一眼レフのレンズをミラーレスのボディで使えるのは確かに楽しめる。
  • 開放絞りで(例えば開放F1.4のレンズを使ってF1.0で)撮影した場合、オートでもマニュアルでも一貫して露出不足になった。これはスピードブースターのせいではなく、センサーのピクセルビネッティングとして知られる現象だろう。しかし、この現象は、開放絞りでしか見られなかった。
  • スピードブースター使用時の画質はとても素晴らしく、フルサイズセンサーに匹敵する結果が得られるが、周辺部は若干甘くなり色収差が増える。残された難題はAF速度で、これはNEX本来のAFシステムに遠く及ばない。

 

スピードブースター使用時の画質は、中央はほとんど劣化が見られず、周辺部も色収差が増えて少し甘くなる程度で、十分以上の画質が保たれているという印象です。

開放F値が1段分明るくなってこれだけの画質が得られれば、NEXでEFレンズを存分に活用できそうですね。ただ、AFに関しては、一応動きますというレベルのようなので、あまり期待しないほうがよさそうです。

2013年2月 1日 | コメント(26)

コメント(26)

CP+のSONYブースでビデオカメラにEF24-70mmが付けられていたので触ってきましたが、確かに凄く遅かったです。実用にならないくらいに。
あれはSpeedBoosterが原因だったんですね。
ただ、純正のズームレンズも結構遅かった記憶がありますので、全てがSpeedBoosterのせいというわけでも無い気がしますが。

NEXに付いてたのもあったのでしょうか?自分は見ていないので、見かけた方がいたら感想を聞いてみたいです。

前提としてスピードブースター装着時の画角について
前記事リンクか一言添えてあるといいですね。

EFマウント使用者でボディのフルサイズ移行を考えているのであれば、
選択肢に入るでしょうかね。
レンズ資産を活かしつつ、静物中心ならこれで小さく済みますし。

EOS-M用のスピードブースターがあれば一番良いのでしょうけどね。

なんか、ここまでして本来の画角を求めてもなぁ、とも思いますけどね。

CP+ の Sony ブースで、Metabone のアダプタ付けて EF レンズと組み合わせて展示してるとは思えないんですケド、ホンマですか?

cp+の展示機はFS-700だったはずです。なのでAFはコントラストAF、こちらのテストもnex-6を使用したとありますが、他社製レンズのためファストハイブリットAFは動作しないのではないでしょうか。だとするとどちらもコントラストAF動作なので、AFが遅いのは当然じゃないでしょうか。それよりも、EOSマウント改造のContax-Nマウントレンズが使えないのが個人的には痛いです。

やはりAマウントとEマウントを使っている人間としては、Aマウント用が欲しいですね。いくら使えると言っても、これからEFマウントのフル用レンズを揃える気にはなりません。
現EFマウントユーザーの方が、これからミラーレスを選ぶ時EOS-MではなくEマウントやXマウントを購入する理由付けになりそうですね。というかEFマウントを使うのに、EOS-M用は作らないのでしょうか?フランジバック長は一緒なので簡単に作れそうなもんですが。

>え~マウントさん
現状、Metaboneの製品でAFできるのはEマウントのみですから、EOS-M用が出てもMF専用・絞り開放のみになると思われます。

>ドナドナさま、
CP+にありますよ、MSBでEFレンズ装着したFS700。24-70mmや単玉、加えて(メタボアダプタ関係ありませんが)ツァイスのCP.2(シネレンズ)もゴロゴロ転がってました(笑)。

5D2から始まったデジイチムービー派にとってメタボーンズアダプタはEFレンズ資産も活かせるしかなり魅力的です。EOSで制限かかっているピーキング表示やフルHDの60P記録などもNEXでは可能ですし、EFレンズのISまで効くのはかなりありがたい。
ソニーさんにとっても「(ムービー撮影者は)こっちおいで〜」と売りになるのでは?(公式サイトでサードパーティのアダプタで他社レンズも活用とうたってますからね)

>ナノさん
>前提としてスピードブースター装着時の画角について
>前記事リンクか一言添えてあるといいですね。

冒頭に少し加筆しておきました。

こちらで紹介されているのを見て、衝動買いしてしまったものです。
AF速度は合焦まで2~3秒くらいですかね、個人的にはかなりがんばってるのではないかと。
ただY/Cレンズ+EOSアダプタやSamyangなどMFレンズも使っているのですが、開放で無限遠が出ないです、、
EFレンズは無限遠出るので、無限に遊びのないレンズは厳しいのかもしれません。。ある程度絞ればピントが来るので諦めました。
写りは問題ないし、小三元を大三元にしてしまう(F値的な意味で)このアダプタはもう手放せません!

度々すいません。
AF可能なEFレンズは2006年以降のもの、とありますが手持ちのEF24-105F4,EF17-40F4でAF効きました。
情報までに。

>ドナドナ計画中さん
嘘書いても何の特にもならないですから書きませんって(笑)
他の方がフォローしてくださっていますので、詳しいことはそちらのコメントを見ていただければと思います。
ただ、正直なところ、自分も最初は目を疑いました。SONYブースに赤はちまき?、目の錯覚??って。

しかし、やはり画質に影響あるんですね、
オールドレンズ遊びには向かないかもですね。

FS700を使用する現場では、すでにその威力を発揮しているようです。
(240fpsの使用域拡大等)
このクラスになるとSONYには追い風、Canonにはちょっとした逆風かも知れませんね。

これを付けると一段明るくなるってすごいですね。
1/500 F4(開放)で撮ってたやつが 1/1000 F2.8 で撮れるようになるんですか。
なんで明るくなるのかよくわからないです。
テレコン付けると暗くなる、の逆なんでしょうか。

富五郎さん

それは二段分になっていますよ。
単にシャッターが一段早く切れると考えて下さい。

1段分明るくなるだけでもかなりお得ではないだろうか。だって1段あかるくするとレンズの値段バカ高でしょ。300mmF2なんてスゴーイ。いらないけど。

ムービー向けの製品ですね。
これまで5Dmk2とかでムービー撮ってた方が、SONY本体でもEF使いたいという要望が一定数あるのですね。
おそらくは動画は写真ほどには周辺解像度にうるさくない(?)であろうことと、動画ではマニュアルフォーカスが当たり前らしいので、要求は満たしているのでしょう

EF(APS-H)用 を作って欲しい・・・

Sony NEX-6 + Canon EF 50mm F1.4 USM with Speed Booster: 1/50 sec. F8.0, ISO 100

Canon EOS 6D + EF 50mm F1.4 USM: 1/50 sec. F8.0, ISO 100

での比較とのことですが、Speed Boosterって一段明るくなるんじゃなかったでしたっけ?自分はなにか勘違いしているのかな?

スピードブースター購入しました。
カメラはNEX-7ですが、パートナーのレンズを何にするか少し悩みました。

「AF可能なEFレンズは2006年以降のものに限られ・・・」とは、どういう意味なのでしょうか?2006年以降に製造されていれば、50mmF1.4でもOKなのか、24mmF2.8IS等、新型限定なのか・・・
(ドナドナの聖地・フジヤカメラで聞きましたら、「ウチで扱っていない、わからない」と言われました。)
なので、あきらめてサムヤンの35mmF1.4を購入しました。確かに、あとちょっと無限が出ない感じです。(それでも月の欠け具合や、うさぎの餅つき模様がはっきり写るレベルで、本当に微妙です。)
しかし、25mm(38mm相当)F1.0の描写はなかなか凄く、自宅の前で試写しましたら、(繁華街ではなく)住宅街の夜道でもISO3200~6400まで上げる事で、手持ちで昼間のように写せます。それにしてもNEXには明らかに不似合いな大きさと重さです。(EF24mmF2.8IS~EF35mmF2ISなら、ナイトスナップとして無敵かもしれませんね。高いですが。)
周辺減光はどの大口径レンズでもありますので、対策として、DxO-8を安いうちにダウンロードしました。
安いうちにといえば、煽るつもりはありませんが、円安が進んでいますから、メタボンもサムヤンもキポンも、上がってくるかもしれませんね。

スピードブースターと銘打ちながら
スピードがブーストされていない不思議。

>たまたまさん、
「Speed Booster」、名前通りの機能で全然不思議ではないですよ。

日本語で言う「明るい単玉レンズ」は英語で「Fast Prime Lens」、光量をスピードで表すので「レデューサーレンズを用いて光量をブーストさせる」このアダプタ、名前通りの仕事をします。

ピクセルビネッティングって何でしょう?
実際にF1.0ほど明るくはならないということ???

Speedboosterで無限遠が出ない問題について情報が出てますね。
http://www.metabones.com/smart-adapter-operation-manual/155-infinity-adjustment-speed-booster-only
「自分で調整してちょ」とのこと。カニ目持ってないと出来ないですな(ゴム押しでも回せるのかな?)。それに位置もちょっと危ないので、メーカー対応して欲しいところ。

>たまたま
一段明るくなるとシャッタースピードが上がるから
ハイスピードレンズとか聞いたことない?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年2月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがインタビューでEOS 70Dの登場を明言」です。

次のブログ記事は「ニコンD7000後継機は4月までに発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る