シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMは手頃な価格で良好な性能

DxOMarkに、シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM(キヤノン用)のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 17-70mm f2.8-4 DC Macro OS HSM C Canon - The Above 'Standard' Zoom

 (テスト機は7D)   Sig17-70新型  Sig17-70旧型   EF-S17-85   EF-S15-85 
DxOMarkスコア 15 13 11 12
解像力 9P-Mpix 8P-Mpix 7P-Mpix 8P-Mpix
透過 4T 4T 5.5T 5.1T
歪曲 0.4% 0.4% 0.5% 0.4%
周辺光量落ち -0.7EV -0.7EV -0.8EV -1EV
色収差  6μm 5μm 10μm 8μm

 

  •  シグマ17-70mm OS のDxOMarkのスコア15は、EOS 7DでテストしたAPS-C用ズームレンズで5番目のスコアだ。
  • 総合スコア15と9P-Mpixの解像力によって、このレンズは、このクラスでとても本格的な競合製品となっている。歪曲と周辺光量落ちは、このカテゴリのレンズとしてはとても低い値だ。透過率はこのカテゴリの他のレンズと同等。色収差はよく補正されており、このクラスの多くのレンズよりも優れている。
  • 17-70mm OSは標準ズームとしては焦点域の広さは中間程度だが、それ以外の点では先頭集団の中にいる。このレンズは、手頃な価格、適切な仕様で良好な性能だ。

 

シグマの新しいコンテンポラリーシリーズの17-70mm F2.8-4 OSは旧型よりも解像力が一回り向上していて、このクラスとしてはとても良好なスコアになっています。加えてシグマは純正よりも明るく、価格も安いので、かなり競争力は高そうですね。

2013年3月 2日 | コメント(6)

コメント(6)

マウント変更してD7100の購入を検討しているので、
標準ズームの候補として気になる存在です。
ニコン用が発売されたら、純正との比較が出てくるのが楽しみです。

とても気になるレンズです。早くペンタツクス用出して下さい。シグマ様。
必ず買いますから!!

吉住氏がレビューしていましたが、良いレンズだと思います。

このレンズ良さそうですね。

FF機に付けたらどれ程ケラレるか気になります。
10~20%くらいなら残り80%前後分でクロップ
対応できるのですが・・・・

キヤノン機で試した方、いますか?

Nikon用はやっと発売3/8~
しかし、Pentax用は未だ発売日未定。
昔からPentaxが好きで、Nikonと併用しているが、
これだけ発売が遅いと、今後もPentaxのカメラを使っていていいのか疑問に思ってきます。
TamronさんもPentax用を作らないのが増えてきそうだし・・・
(OEMは別として)
Sigmaさん、早く発売して頂戴。
レンズ専門メーカーさんは、かっこつけないで実質本位のレンズを欲しているユーザーの味方じゃないんですか?

ニコンマウントで買いました、ボディはD300です~
なかなかヌケの良いレンズと感じます、開放でも十分、半絞り絞るだけでもキリッとしてきます。
ズームは自重落下せずなかなかいい感じです、コンパクトに仕上がって高性能だと感じます。色乗りもシグマにしたらいいと感じました、
経年変化はシグマらしさが出るのか出ないのか・・・・
コンパクト化でそれが見えるのか?!フォーカス駆動ギヤが・・・・
他のレンズも見えるヤツがあるのでしょうか?
コストパフォーマンスはかなり高いと感じます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年3月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマAPO50-150mm F2.8 OSは最高レベルの単焦点と張り合う解像力」です。

次のブログ記事は「タムロンSP AF10-24mm F3.5-4.5 Di II は隅の解像力が期待はずれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る