キヤノンが近日中に発表する新製品のリスト

読者の方から、海外で発表されるキヤノンの新製品の一覧を提供していただきました。

  • 以下は、韓国で発表されるキヤノンの新製品のリスト

    - PowerShot SX280 HS
    - PowerShot SX270 HS
    - PowerShot A2500 (一部の海外では発表済み)
    - IXUS 255 HS (日本では発表済み)
    - EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
    - EOS 700D 18-55 STM KIT (日本ではKiss X7i)
    - EOS 700D 18-135 STM KIT (日本ではKiss X7i)
    - EOS 100D 18-55 STM KIT (日本ではKiss X7)
    - EOS 100D (日本ではKiss X7)

 

これで全てかどうかは分かりませんが、今回のキヤノンの新製品発表は、どうやらKissシリーズの一眼レフ2機種と新キットレンズ、そして数機種のコンパクトカメラ(PowerShot・IXY)になる可能性が高そうですね。

Kiss X7i は海外では700Dという名称で650D(X6i)の後継機扱いですが、Kiss X7は、Kiss X50(1100D)とは異なり3桁の100Dになっているので、こちらは新シリーズという位置付けなのかもしれませんね。
-----------------------------------------------------------------------------
メール送って下さった方、ありがとうございました。

2013年3月20日 | コメント(30)

コメント(30)

従来のKiss系の販売手法に、旧モデルを価格を下げて下位モデルのような扱いで、しばらくは平行販売する手法でしたよな、これでは旧モデル含めて3機種がひしめき合う状態になってしまい、差別化が難しいですな、しかもEOS Mまで加わると、もうはちゃめちゃじゃないですかな

なんかEOS M以降は、ソニーの悪い部分を真似している感じがして、危機感が増大してきますな

このHPを見てる人達には、あまり興味を惹くネタではなさそう
ですね。
しかし、kissはやっぱり売れてるんですかね。
決して手抜きせず、大事にしてるように見えます。

Lレンズも、もしかしたら発売?と期待していましたが、出ないようですね。どれだけの方が、この辺りの商品を求めているのだろう??

無難でしょうけど、ワクワク感は無いですね~

>EOS 100D (日本ではKiss X7)

最初からボディ単体で売るところが流石Canonですね。サブ機としてかなり売れそうです。

個人的には、カラバリのような遊び心があると嬉しい。

>(日本ではKiss X7i)
>(日本ではKiss X7)

この名称が嫌で買わない人も多いと思います。特に中年オヤジ
海外名称と統一して欲しい。

残念ながらkissは黒だけのようです。

コンパクトのようなきれいなカラーが出るといいのですが
残念ですね。

…あれ、結局70Dはオアズケですか(・・;)。
キヤノンがボディの小型化に注力しているなら、キットレンズ以外のEF-Sレンズ開発にも注力して欲しいです。
例えば、今の技術で小型軽量化&再デザインされたEF-S 17-55mm F2.8 II IS USMとか登場したら嬉しいな。


…まあ、こんなこと書き込む自分は、キヤノンにとっては今回の新製品群の主要ターゲットではないのでしょうね(笑)。
だからX7シリーズに対しては、否定も肯定もしません(^^;)。

EOS Kissは名前で損してる面がありますよね、、
写真クラブだと、Canon派は皆、2桁機なのですが、他社さんなら、エントリーモデルもアリ・・
自分も1回だけKiss持って行きましたが、それっきりです。
EOS100Dは国内でもその名称でお願いしたい・・・(小型一眼レフ機は個人的には興味深々です)

ところでαSweetはいい名称な気がするんですが、Sonyさんは使ってくれないんでしょうか???

海外ではしっかりとランク分けされているんですね。

なぜ日本では折角の”超小型一眼レフ”という武器で
新しいシリーズとして売らないのか疑問です。
折角X7は面白そうなのにkissネームはもったいないですよね。


イケメン中年が旅行先で気軽にX7を取り出してぱしゃぱしゃやる
シーンは変わって女子大生がバッグの中からそっとX7を
取り出しておもむろに・・・

みたいな感じで気軽感とおシャレ感を押し出した売り方をすれば
みんな興味持つと思うんですけどね~
まあとは言ってもデザインは古風ですが笑

ドラさんに激しく同意。
この名前が嫌でサブ機は他メーカーを選びます(笑)

Kissシリーズはファミリー向けなイメージがありますが、発売するには
遅すぎる時期ですよね。
卒業、入学シーズンに向けて発売してたのが今からだと入学式にギリギリ?
ですよね。

もうキヤノンは日本のマーケットは無視し始めてるって事なんですかね。

1DXの連続延期からキヤノンの流れが変わって来てる気がする。
エントリー機を乱立させて買う側がどれを買っていいか理解できなくて
他メーカーに流れてしまうオチにならないと良いんですがね。

この発表は確定情報の様ですのでキヤノンが心配ですね。

私はずっと以前から、多くの方々が「kissという名称が良くない」とおっしゃることが未だに理解ができません。
Canonも良くないと思っているのであれば、フィルム時代から続けているこの名称を変えていると思います。
それが今なおkissという名称を使い続けているのは、kissであってもマーケティング上は何ら支障がないと考えているためだと思っています。
一部の方々の「マニア受けしない」だけの意見でしかないように思えてなりません。
海外に目を向ければ、車であってもアルファベットと数字が多い、でも日本は固有名詞が多い。
思うに、日本人は記号・アルファベット・数字での区別がしにくい、意識して区別がしにくい国民なのかもしれません。
kissの名称なのに7Dの性能を搭載して小型化されたボディで発売された時、kissが嫌と言った人たちが、どういう行動に出るのか興味あります。不買運動でも起こるのかな・・・
私はCanonのロゴ、機種名のロゴ、全て黒テープで隠しているので名前なんてどうでもいいです。大切なのは性能です。

性能性能といえども、写真は

「どんなカメラで撮ったか」ではなく

「どんな写真が撮れたか」だと思います。

機種、ましてや名称で写真の良し悪しが決まるものではないでしょうから。

 ゆーとさん

 それって、キヤノンにとって損しているんですか?。
 写真クラブに入るような余裕のある人には上級機を買ってもらえるんだから、得しているんじゃ。
 逆に、そういう場所にエントリー機しか持ってきてもらえない他社って・・・。

ネーミングってどんな物でもすごい大事な要素。
特に物を売る上ではネーミング・外見が性能を凌駕する場合もあります。(カメラに限らず)
ただ、マニア受けしないだけの意見ってのはその通りだと思います。
だってKissすっごい売れちゃってますもの。(性能も抜群ですが)

7D2がKissの名称で出たら・・・不買まではどうかと思いますが、抗議はするでしょうねw

kissの名前について・・。
もうこの際、これまでと同じくkissって赤字表記されてるボディーと、海外のようにEOS700Dや100Dなどと表記されてるボディーの両方を国内販売してみたらどうですか・・。
ファミリー層や女性、初めて一眼レフ購入を検討している方にはkissのほうがとっつきやすいだろうし、
数字のみの型番表記のほうがかっこいい(と、いうかkissというネーミングはさすがに恥ずかしい)と感じている消費者も少なからずいるのも事実ですので。

70D狙いの私としては、性能を上げすぎたX6iにマッタをかけるためのX7iであって欲しいですね。
ここらで壁を作っておかないと、70D・7D2との差があまりにも無さすぎる。
ニコンさんはD7100出しちゃってるし、しかも結構良いとの話ですしね。
70Dで7100Dとライバル関係が築けるくらいの出していただいて、7D2っでぶっちぎると。
で、7100Fが・・・
各社相乗効果で良い物を出してほしい妄想でした。

70D・7D2までもリネーム機種だったら潔く他社いきます。

7ばかりの乱立で、ライナップがややこしそうですね;
最近でも、知人が60DとD60を間違えていて、
「それは古いほうの60? それともニコン??」てなることがありました。結局はCanon EOS 60D だったのですが、テキトーすぎます。
数字とアルファベットをいかに意識せずに覚えているか実感することが多いです。
今回のX7とX7iの間違いも怖いです。

さて、ネーミングのkissを取り払って、EOS X7ではどうでしょう?
X7よりも100Dとかのほうが、ウケはいいんですかね。謎です。
メーカーオプションで、ネームバッジを販売してほしいですね。
国内使用(標準タイプ)→kiss X7
海外使用(メーカーオプション)→EOS 100D 部品価格500円とかで。万事解決!
そもそも、海外でも国内でも同一名称であれば、こういう話題もあがらないんでしょうね。
わざわざ別部品まで作って同一商品に別名称を付けているのは、わずかであってもコスト面では不利だと思うのですが、そういうことを差し置いてもCanonはkissで売る。強いですね。

Kissは既に大ブランドなのだから、今さら名前かえるとか、コンセプト変えるとかといったことはないでしょう。そんなことをしたら、それこそぐちゃぐちゃになってしまう。
わたしはKissブランドはキャノンの一大資産だと思いますけどね。

でも、「Kiss」というコトバに、チャラチャラした感じを受ける人も一定数はいるわけで、確かに平売がいいのかもしれませんね。もちろん、公式にKissとは別のコンセプトのものを売るわけにはいかないだろうから、直販かなんか限られたチャネルでメーカーサポートが受けられる輸入品を売るとか。千や二千は出ると思いますが。そういうことってキャノン的にメリットないのかな?

こないだディズニーランドとディズニーシーに行ったら、カメラ女子やママカメラの一眼レフのほとんどがkissでした。後はミラーレス機はペンが多かったですね。
女性の多くがカメラ=キヤノンと思ってたりしますので、kissのネーミングは一眼レフの裾野の拡大に貢献していると思いますね。

Kissかぁ
特に気にせず未だに『KissデジX』を使用してます。
アメリカだとREBEL(反逆者)でしたよね。

・フルサイズセンサー
・ローパスフィルターレス
・視野率100%ファインダー
のカメラをキヤノンが出すまで、これからもがんばってね、愛機『KissデジX』よ!

名前がkissだから1番売れてるのかも...

名前は個人的にはアメリカのRebelのほうが嫌です。

エントリークラスの充実は良いコトだと思います。
ここを見てる人たちはLとフルサイズ以外はあまり興味のない人も多そうですが……。
Kissシリーズは今作も価格、サイズ、性能比が素晴らしいですね。
良い仕事するカメラだと思います。

KISS X7とX7i?
本当に同じようなスペックで出るのかな?
ボディー形状が大幅に違うとかなのかな?
しかし、「i」が付くか付かないかのの名前の違い?
もっと違うような名前にならなかったのかナァ?

それと
60D、7Dの後継機は?
どうなったんだろう?
新しいKISSが出れば方向性が見えるのかな?

同じ機材で、「700D」と「Kiss X7i」と「X7i」があったら
どれ買います? 

Kissいい名前と思うんですけどね。
Kissを接吻の意味ではなく、ハードロックバンドのKISSをイメージすればいいんじゃないですか。
もちろんキャッチフレーズは
「You Wanted The Best!? You Got The Best! The Hottest Camera In The World, Kiss!!」
に変えて。
これなら中年のおっさんでもいけるでしょう(逆に中年のおっさん限定になるか)。
でもそれだと白塗りで奇抜なデザインのボディでないといけないか。

EOSKissXシリーズの’Kiss’名称に賛否あり、マニア
の皆さんには嫌われているようですね。(私もそうですが)
ファミリーユーザー、特に若いママ達には抵抗感は無さそう。
そこで、こんなのはどうでしょう?
フィルム時代のコンパクトカメラ・オートボーイシリーズの
1号機は正式名称(型番)をCanonAF35Mとして、
カメラにプリントしていたような記憶あり、愛称オートボーイ
でした。上級モデルはAF35ML(オートボーイスーパー?)
これと同様に、
正式名称:CanonEOS700D・・・カメラにプリント
愛称:キヤノンEOSKiss(キス)・・・モデル区分無し

ただし、AF35Mの後継機はオートボーイ2が正式名称に
なってしまいましたが・・・。

お母さん方のコミュニティーでカメラの話が出たとき型番なんか知らなくてもKissがいいよいえば紹介されたママはKissを探すでしょう。買った年が違えば型番も違うはずだけどKissの名はずっと一緒ですからすぐ見つかります。

頻繁に買い換えることをしないライトユーザーにとって型落ちしてもKissはKissっていうブランドの安心感もあるようです。
また、買い換える際も今のエントリーモデルの型番が何なのか調べる必要すらありません。

「kiss」のネーミングは僕も嫌で、
それが理由でNikonを買いました。

結局、その後フルサイズ移行をきっかけにCannonへマウント変更したのですが。。

しかし、僕は嫌いですが、客観的には「kiss」のネーミングは秀逸だと思いますよ。
コンセプトが伝わりやすいし、一度聞いたら忘れない名前。
ママさんカメラには、ごちゃごちゃした型番より馴染みやすくて、ブランド力高いんじゃないでしょうか。

kiss は「お母さんが赤ちゃんを撮るためのカメラ」というコンセプトから生まれたネーミングですから、その生い立ちを知っているオヤジには抵抗があるのは当たり前です。カメラのボディに「ママ用」っていう刻印があるのと同じですから。
それでも、販促命のキヤノンが、このネーミングを止めないのは、それなりに販売力があるネーミングだという実績があるからでしょう。
ちなみに kiss の後追いネーミングとしては、ミノルタの αSweet が有名ですが、それ以外に、「ずっとずっと、With U」というキャッチフレーズのニコンU がありました。ネーミングとしては ニコンU なのですが、ママの赤ちゃんに対する気持ちを表現したという完全な後追い企画でした。
小型軽量の EOS 100Dは、設計的には、発売当初の EOS kiss や αSweet、それに With U のニコンUなどと同じ「いままでの一眼レフのサイズと重量を大幅に小さくして女性が手軽に使えるようにした」カメラなので、肥大化してきた X6i や X7i よりも、kissらしい設計だと言えるでしょうね。初心に返ったのだから、しかたないですね。
ここは、小型軽量好きのオヤジ用にもなんか出してくれたら良いのですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年3月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-7Nの登場は少し遅れる?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-P3後継機(E-P5?)はE-M5と同じ16MPセンサーを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る