ソニーRX1RとRX100M2のスペックと価格・発売日に関する情報 [内容更新]

読者の方から、ソニーのRX1RとRX100M2のスペックや価格などに関する情報を提供していただきました。
  • ソニーはコンパクトDSC-RX1Rと、DSC-RX100M2を間もなく発表する。
  • RX1Rのスペックは次の通り

    - センサー:フルサイズ有効2430万画素CMOSセンサー
    - ローパスレス
    - レンズ:ツァイスゾナーT*35mm F2
    - 液晶モニタ:3.0型122.9万ドット
    - ISO100-25600(拡張50-80)
    - シャッタースピードは30-1/4000秒(F5.6以上。開放時は1/2000秒)
    - 動画はフルHD
    - 大きさ113.3 x 65.4 x 69.6mm
    - 重さ482g(バッテリー、メディア含む)、本体のみ453g
    - 店頭予想価格は250000円前後
    - 日本国内の発売予定日は7月5日


  • RX-100M2のスペックは次の通り

    - センサー:1.0型裏面照射 ExmorR CMOSセンサー、有効2020万画素
    - レンズ:ツァイスVario-Sonnar 換算28-100mm
    - 液晶モニタ:3.0型 122.9万ドット
    - 動画はフルHD
    - 重さ281g(バッテリー、メディア含む)
    - 店頭予想価格は75000円前後
    - 日本国内の発売予定日は7月5日

 

これまでの噂通り、RX1RはRX1のローパスレスバージョンのようで、レンズやセンサーなどのスペックは、現行のRX1から変更されていないようです。

またRX100M2も、これまでの噂通り1.0型の裏面照射型センサーが採用されているようですね。ホットシューやチルト液晶の採用についてこの情報には記載されていませんが、どうやら噂通りの仕様で間違いないようです。

[追記] RX1RとRX100M2の画像を追加しました。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
情報を送って下さった方、画像を送って下さった方、ありがとうございました。

 

sony_rx1r_1.jpg

sony_rx100m2_1.jpg
2013年6月26日 | コメント(39)

コメント(39)

100M2にはフライングされた説明書には無いサプライズが欲しいです。レスポンスとかAFあたりも進化していてほしいですね。楽しみです。

意外と早い発売ですね!
最初の頃の噂から見たらマイナーチェンジな感じですが、
基本性能の底上げは好感が持てます。
レスポンス向上してたらいいなぁ

RX-1購入したばかりなので
ローパスレスの解像度次第では
少し羨ましい・・・

やはりローパスレスですか。。。
最初に出る予定があるなら言ってほしかった。
このやり方はちょっとずるいな。
RX1は最高の画質を追求するためにあえてローパスフィルターを
付けたって言ってたのに、なんだこりゃ?って感じです。

RX1Rは予想よりもちょっと安く、RX100m2は予想よりもちょっと高いかな。
夏のボーナスに合わせるとは言え、
発表から一週間後に発売って、結構慌ただしいですね。
これなら両方買えます。

RX1(無印)の価格も下がってますが、Rの画質次第では、
再値上がりの可能性もありますね。

ただ、「ローパスは必要」と公言していたソニーの開発者さん、
いくら「ユーザーからの要望」とは言え、180度掌をひっくり返した
わけですから、ちゃんと説明してほしいと思います。

最近RX1無印を買っちゃった知り合いは、激怒プンプン丸ですよ。

画質の定義は難しいですか、
APS-Cなら1100万画素相当でのローパスレスとなりますから、
モアレが派手に出るかもしれません。
レンズの底力次第ですね。

ということは、RX-100M2のテレ端はF4.9のままですかねー。残念ですね~。 せめてファインダーでもあればね~

RX100のときの最初の価格が平均65,000円だったのでちょっと高めですね。1.0型裏面照射 ExmorR CMOSセンサーでのサンプル画像が早くみたいです。

RX1Rが35mmレンズですか。
私なら28mmが欲しいのですが、、。
あとRX100M2の¥75000(前後)は高いなあ!

35mm判のの2400万画素で単にローパスフィルターを除去して、光学ガラスを
入れただけだと、モアレや偽色がかなり出る気がします。

単にローパスレスにするだけではなくて、レンズの解像度をあえて落として、
ローパスレス代わりに使っているのでしょうか?(センサーをローパスレス
にする為には、レンズの解像度を上げるのではなく、下げる必要があります)
レンズ製造時の歩留まりを上げるためにも、有効な手だとは思いますが…。

しかしデジタルで記録する以上、ローパスレス=解像度向上の様に捉えて
手放しで称賛する風潮は、ちょっといただけませんね。

全て流出してしまっている現在、唯一の楽しみが
初の大型1インチ裏面照射センサーのサンプル画像ですかね

実売69800円くらいだと、m4/3の小さい奴の方が
センサーサイズは大きくて、激安ですからねぇ

はてさて、明日の正式発表が楽しみです
初代RX100は高値で安定しそうかな

最近特にうるさいローパスレスを崇める人たちのために、無印と併売する形で出すだけだから別に怒るほどのもんでもないんではないかな。
今回の併売はコメント欄でよく言われる、「ユーザーの声に耳を傾けないソニー」への対応策の一つのように私には感じられる。それでも逆に文句言われるんじゃあ、ソニーもちょっと不憫だね。

個人的には、ありのままを写すRX1にモアレやら偽色やらが出るローパスレス機は似合わないと思う。

裏面照射CMOSは高感度は強いが低感度はイマイチって印象があるのだけど、RX100MK2ではこの辺どうだろうか。1インチとはいえ2020万画素と画素数が多く、またレンズは望遠側でかなり暗くなるタイプ。レンズが同じなら1800万画素くらいに抑えてくれた方がトータルバランスが良くなったのでは…。まあこの辺は実画像見ないと判断できないかな。
RX1Rのローパスレス化については皆さんと同意見。ちゃんと説明しないとね。ただ従来モデルのローパスフィルターを外す有償サービスとかは無理そう。

RX1を所有していますが、ローパスありでも画質には満足しています。とは言うものの、1年も経たないのにこの様な形で販売するのは”話がちがうんじゃないの?”と思います。SONYもえげつないな。ニコンの800同様同時に発売すべきですね。

ここまでRX1が売れるのは、想定外だったから最初からローパスレスも想定外だったのでしょう。私はRX 1Rに乗り替えます。風景メインですから。ただし、こういった展開の仕方ならSONYは安く出すべきだと思います。

RX1が発表された当初、レンズ交換もできないコンデジに誰が25万も出すんだ?
みたいな懐疑的なコメントばかりだったと思います。
SONY自身、そこまで売れないだろうみたいな予想だったようですし。

予想外に好評で売れた今だからこそできた企画なのではないでしょうか。
最初から発売すべき、というのは結果論的な話のように思えます。

コンパクトAPS-Cで初の裏面照射だとイイですね。

1Rは景色が苦手だと思います。
根拠はありませんが、なんとなく

画素ピッチの視点から言えばRX1Rのモアレや偽色の出やすさは
645Dと同等と判断出来ます。
645Dの実写データを見る限り、RX1Rが本領発揮出来るシチュエーション
はかなり限られるのではないか、と見ています。

ローパスレスで高解像が得られるメリットはフルサイズで3000万画素超、
APS-Cで1500万画素超からで、それ以下ではデメリットの方が多いと
私は思います。

個人的な感想ですが、正直、ローパスフィルターの有り無しによる画質の差は、
ABテストで比較しなければほとんど感じない場合が多い気がします。

細かい話ですけど、果たしてRX100M2でも正面右下のZeissロゴはシール貼り付けなのかどうか地味に気になります。

1も100もいいけど、APS-Cの10は…ないのかなぁ?
個人的に換算35-70mmくらいで出してもらえるとかなり触手が動きそうです。

sony好きさん>
そうかなぁ?どちらかというと、良くやった、とか
Sonyらしい革新的な製品だ、とかの肯定的な
意見の方が多かったように思いますけど。

mk2のホットシューの盛り上がりが
コンパクト志向にはちょっといやかも

RX1Rの発売でRX1が安くなってくれたらそちらを買いたいです

RX1購入しましたが、ローパス含めて良い製品だと思いますね。
風景にしか使わないならともかく、私は人も撮る機会が多いので、逆にローパスが無いとモアレの処理が大変です。
RX1の多点分離ローパスフィルターは、解像度とのバランスが極めて良いローパスですので、無理してローパスレスにする必要は無いと思うのですが。

まあ、きっと風景屋や山屋さんから需要があったのでしょうね。

> FTさん
細かいところですけど、私もそこ気になります。
RX100のシールロゴ、ツァイスの優越感より、むしろ剥がれかけの状態のガッカリ感が出ててる気がして…。

ローパスなしを後から出すのはどうなんでしょ?
現行版を購入した人たちは怒ると思いますけどね。

RX-100mkⅡは、デザインが野暮ったくなった印象。
ソニーならもっとシュー周りを洗練させてくると思ったけど、実用性重視か。
画質では良い評判を聞かない裏面照射型CMOSで、このクラスを求めるユーザーを満足させることができるのか気になりますね。

シュワシュワさんに同意(^^)

Zeisssシールは買った人は大体剥がしてしまう人が多いみたいですよ。レンズ部分にヴァリオ・ゾナーって入ってますからZeissレンズって事は分かる人には分かるんで、これ見よがしのシールはかえって嫌味じゃないですかね。
印字でも触れているうちに擦れてくるし、一番は掘り込み式だけど金属フレーム採用だと塗装の事もあるからそれだけでかなりのコストアップになるからやらないんだと思います。
どうしてもシールが剥がれるのが嫌な人は表面に防汚シールを小さく切って貼るとかしかないでしょうね、その防汚シール自体も何時までも持たないから最終的には全部剥がすことになるけど*_*;。

RX100M2、スペック的には凄く興味をそそられるものの、シューのあの凸がRX100のスタイルの良さをスポイルしている感が若干ありますね。ものすごい取って付けた感。

でも1型ExmorRの画質は早く見てみたいです。サンプル公開が待ち遠しい。

RX1を使っています。
正直に言いまして
RX1のオンリーワン的なプレミアム感が薄れましたね。
まァそれはどうでもいいですが
今年の4月に購入しましたが、出すなら出すでアナウンスして欲しかったなぁ。

D800EとD800を両方使用して、解像と抜けのよさのようなものを感じて、D800Eを残しました。
RX1も画面の隅々まで均質なレンズの良さを生かして風景取りに使ってます
ローパスレスの画が好みでしたので
RX1Rも買ってしまうんでしょうね

FTさん 今回はシールでは無いですよ。
ちゃんと埋め込みになってます。

明日(今日)の午後1時には分かる事ですが…

ローパスレスが流行ですが、その有無による解像度の差は微々たるものです。GANREFによると、D800とD800Eの解像度の差は3%程度。モアレはローパスレスの方がはるかに出やすいのですから、RX1Rもセンサーにきちんと対策をするか、モアレリダクション?のようなものを載せるかしてほしいですね。

RX100Mk2>最近のRX100の価格を見ているからでしょうが、
やっぱり割高感がありますね。
せめて、アクセサリーの購入に使えるクーポン券とかの
封入キャンペーンしてくれないでしょうか。

EVF同梱価格が、75000円ならサプライズですが!

ローパスレスですか・・・
自分は持っていませんから良いのですが
ローパス有バージョンを買った人からしたら
後だしはいただけないのではと思います。。。

RXシリーズはシグマDPみたく焦点距離を変えて出していくのでしょうかね。

hkさんの言う通り、オンリーワンのブランドイメージは、崩壊したと思います。
RX1発売時のコメントを考えると、ソニー自体の信用も
落ちたと思います。この価格帯のカメラで、
この戦略は、稚拙だと思います。戦略というほどでもないですが。
お金持ちがメインターゲットで、カメラを愛する人は、サブターゲット。
モノ好きな人もターゲットに入っていそうです。
このカメラのポジションが、はっきり確立された感じがあります。
お金をムリして買うと、気持ち的には、
裏切られることが、多いかもしれないですね。
モノは悪くないんですけど。

ソニーHPのサンプル画像見てきましたが
低感度時の画質、残念ですね(*_*)

13時に出ましたね。
期待が強かった分、D800とD800Eくらいの違いだと(素人には)微妙ですねー。。ー

なぜか持っていない人が
持ってる人の心配をしてくださるようですが
ローパスのあるなしくらいで怒ったりしませんよw
それにこれに乗り換える人がRX1を売れば
中古で安く買える人も出てくるしそう悪いことも無いんじゃないですかね?

某価格サイトで20万切っているようですが
しばらくすればまた20万台で落ち着くかなと思います


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年6月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックLumixG 20mm F1.7 II の画像とスペック」です。

次のブログ記事は「ソニーがローパスレスのサイバーショット「RX1R」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る