シグマ30mm F2.8 DNは価格を考慮すれば良好な性能

DxOMark に、シグマ30mm F2.8 DN (Eマウント版)のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 30mm F2.8 DN A Sony E mount lens review: reliable performance, accessible price

 (テスト機はNEX-7)   Sigma30F2.8DN  Touit32F1.8   SonyE35F1.8 
DxOMarkスコア 19 22 21
解像力 10P-Mpix 13P-Mpix 11P-Mpix
透過 3.1T 2.1T 2.1T
歪曲 0.3% 0.6% 0.7%
周辺光量落ち -1.2EV -0.8EV -1.8EV
色収差  15μm 12μm 6μm

 

  • NEX-7によるテストでは、シグマ30mm F2.8 DNは、199ドルの価格を考慮すると良好な性能だ。とは言うものの、このレンズは(16P-Mpixの60mm F2.8 DNのような)トップレベルのシャープさではない。良い面は、解像力が画面全域でまずまず一貫していることだ。周辺光量落ちや色収差は、開放F2.8のレンズとしては大きいが、歪曲は穏やかだ。
  • 開放がF2.8で厳しい条件での撮影が目的のレンズではないが、199ドルの価格は一般的な用途の標準レンズとしては良好なコストパフォーマンスに思える。解像力は平均的なレベルで、色収差や周辺光量落ちは若干大きいが、後の2つはJPEGではカメラ内、RAWではソフトによる後処理で修正可能だ。

 

30mm F2.8 DN はEマウント用の単焦点レンズとしてはそれほど際立ったスコアではありませんが、ツァイスの32mmとソニーの35mmは、どちらもシグマよりも高価なレンズ(特にツァイスは何倍も高価)なので、シグマは価格を考えればなかなか健闘しているという印象です。

2013年9月 7日 | コメント(7)

コメント(7)

このレンズは評判が良いですよね。DPメリルと同じ設計思想のレンズと山木社長も言っています。EOS-Mとか
フジX-マウントには登場しないのでしょうか?SONYとオリンパスに対して何かの取引をしたのか、その2社以外に出さない感じですね。オリンパスからはSD1のAFセンサーの供給を受けていますのでそれの見返りと考えられますが、SONYとシグマの関係は液晶画面とかでしょうか。

マクロじゃなくてこれ買えばよかったです。

マクロは歪曲がきつすぎて
遠景も近接もつかいにくいからです。

>その2社以外に出さない感じですね。
パナソニック機でも使えます。
シグマ19ミリより更に画面の均等性は高いですね。価格を考慮すると立派な性能。
更に 60ミリは 19ミリや30ミリを遙かに超えた解像力だと実感しています。

シグマDN3兄弟は私たち庶民のおこずかいで購入できる嬉しい価格設定ですね。m43(換算2倍)では手振れ補正付カメラがありますがEマウント(換算1.5倍)でも手振れ補正付カメラをSONYが早く出して欲しいです。

>マクロは歪曲がきつすぎて
>遠景も近接もつかいにくいからです。

E30mmF3.5
 DxOMarkスコア 15
 解像 9P-Mpix
 透過 3.8T
 歪曲 0.1%
 周辺光量落ち -1.7EV
 色収差 19μm

 だそうですので、特に歪曲がきつい、ということはないような。実際に使ってみても、そんな感じはしないですし。
 焦点距離が30mmしかありませんので、近接撮影をしようとすると、どうやったって歪みますし。シグマ30mmは、そこまで寄れないだけの話でしょう。
 近接撮影を一切しない、というのであれば、シグマ30mmのほうがほとんど総ての点で上回っていますけど、SEL30mmF3.5には寄れるという絶対的なアドバンテージがあります。
 マクロレンズ、ということでバイアスがかかって、不当に評価されているレンズだと思います。寄れる標準レンズ、と考えると、これはこれで非常にコストパフォーマンスの高いレンズではないかと。

シグマのDNシリーズ、振るとカタカタ音がするのはなんとかしてほしい。

シグマから換算35mm前後でf1.8の単焦点とか出ませんかね?ツァイスのsel24f18zはちょっと手が出ない(/□≦、)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年9月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 70D は動画作家にとても訴求力のあるカメラ」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-M1、E-M5、OM-4Tiの大きさの比較画像が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る