トキナーAT-X 12-28 PRO DX は期待以上の性能

ePHOTOzine に、トキナーAT-X 12-28 PRO DX のレビューが掲載されています。

Tokina AT-X 12-28mm f/4 Pro DX Lens Review

  • 鏡筒は、非常にハイクオリティなプラスチックで、とてもしっかりとした造りに感じる。マウント部にはゴムのシーリングが施されているが、このレンズは防滴仕様ではない。
  • AFは新型のSD-Mモーターで、速度は速く、基本的に静かだが、フルタイムマニュアルフォーカスはできない。AFとMFの切り替えはフォーカスリングを前後に動かすことで行う。フォーカスリングは十分な重さがあり、マニュアルフォーカスは快適だ。
  • フォーカシングはインナーフォーカスで、フィルター枠は回転しない。ズーミングでレンズの全長は変化しない。
  • 解像力は、12mmでは開放から既に際立った値(outstanding)だが、隅は後れを取っている(goodにわずかに届かない値)。絞ると隅の解像力は急速に改善し、画面全体の解像力はF8でピーク(周辺部はexcellent)になる。
  • 20mmの解像力は、中央は12mmと似たような値で、周辺部は開放では改善が見られる(very goodにわずかに届かない値)。12mmと同様、画面全体の解像力はF8でピーク(周辺部はexcellent)になる。
  • 28mmの解像力も他の焦点距離と同様で、中央は開放から素晴らしい値(excellent)で、隅は良好な値(good)だ。F8まで絞ると画面全域で素晴らしい値(excellent)になる。
  • 倍率色収差は、周辺部で0.75ピクセル下回っており、超広角ズームとしてはよく補正されている。色収差は低いレベルで、大伸ばしや、トリミングでもほとんど問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは12mm 開放で1.42EVで、28mm 開放では0.6EVに改善する。12mmではF8、28mm ではF5.6に絞ると見た目に均一になる。
  • 歪曲は12mmで4.4%のタル型、28mmでは0.04%のタル型で、超広角ズームとしてはまずまずよく補正されている。歪曲の形は画面全域で整っているので、後処理で補正するのは容易だ。
  • 逆光では光源を入れて撮影した場合でも、コントラストは良好に保たれており、フレアは極端な逆光の条件でわずかに見られるだけだ。
  • 12-28mm F4は期待以上だ。解像力はズーム全域で素晴らしく、鏡筒の造りもとても良好だ。発売時の価格は540ボンド前後で、コストパフォーマンスも優れている。全体として、このレンズはとても良いレンズで、この種のレンズを買いたいと考えているなら、12-28mm F4は間違いなく候補リストに載るはずだ。
  • 良い点: 素晴らしい解像力、しっかりとした造り、色収差が少ない、このタイプのレンズとしては歪曲と周辺光量落ちはまずまず、コストパフォーマンスが良好。
  • 悪い点: フルタイムマニュアルフォーカスが無いので物足りない人がいるかもしれない。

 

解像力は、ワイド端の周辺部だけは旧型の12-24mmが上回っていますが、中間域は同等で、テレ端は全体的に新型が大きく上回っているようです(旧型のレビューはこちら)。また旧型で問題だった倍率色収差が、ズーム全域で全く問題のないレベルまで大幅に改善されているのも朗報ですね。

2013年9月22日 | コメント(8)

コメント(8)

トキナーは広角系はいいレンズを造りますね。標準ズームとコーティングの開発に力いれてほしいです。超音波モーターも遅れています。マクロもそろそろIF、手ぶれ補正がないとシグマ、タムロンと比べてもかなり厳しいです。

TOKINAの広角レンズはいいですね。値段以上の高級感と解像感を出してくれます。このレンズにも期待しています。
ところで70-200mm F/4手振れ補正レンズはどうなったんだろうか…

PENTAXユーザーなので、これにHDコーティングを施したHD DA12-28がでるのが楽しみで仕方ないです。

先代はイメージサークルが大きめなのか、18ミリから上はフルサイズでも使えます。
7D用に買ったのですが、5D2でも使っていて重宝しています。
写りもなかなかだと思っています。
5D2で使うと周辺の色収差は凄いですが、ライトルームできれいに消すことができます。
このレンズはどうなんでしょうかね?18ミリから上はフルサイズでも使えるのかな?

天体系で散々泣かされてきましたので、トキナ=ケンコー製品に限っては個体で判断すべきと考えています。当たりのときは気分最高です。

ペンタックス版はHDコーティングとWR付くでしょうか?
楽しみです!

>デュラエースさん
KenRockwell.comに作例ありますよ。
先代と同じく18mm~ですね。
絞ればフルサイズでも周辺まで解像しており、十分使えそうです。

>犬山さん

情報、どうもありがとうございます。
D800E作例見ました。
これはなかなかのものですね。
先代を下取りに出して買い換えようかなと言う気になりました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年9月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Zeiss Touit 12mm F2.8 は絞り開放から周辺部まで実用的な画質」です。

次のブログ記事は「ニューヨークの写真家がソニーNEX-7Rのインプレを掲載?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る