富士フイルムX-A1 はX-Transを採用するX-M1をしのぐ高感度性能

ePhotozineに、富士フイルムX-A1 のレビューが掲載されています。

Fujifilm X-A1 Compact System Camera Review

  • X-A1はボディの大部分がプラスチックだが、X-M1と同様に造りは良好だ。
  • シャッターレスポンスは素晴らしい(0.05秒)。クイック連続撮影モードがあり、撮影から撮影までの間隔は短い(フラッシュOFFで0.8秒)。連写は5コマ/秒で、JPEGではスローダウンまでに多くの枚数(68枚)を撮影可能だ(RAWでは11枚)。
  • サンプルでは色再現が素晴らしく、露出も良好だ。内蔵フラッシュで赤目も見られなかった。
  • (キットレンズの)16-50mm OIS は、最短撮影距離40cmで、クローズアップには十分ではない。中央の解像力はとても良好で、隅も良好だ。フードが用意されており、フレアにも極めて強い。歪曲も小さく問題はない。色収差とパープルフリンジも少ない。残念ながら、暗い場所では、しばしばAFが苦戦した。
  • 高感度性能はISO3200までは素晴らしく、ISO6400でもノイズは少なくディテールも良好に維持されている。ISO12800ではノイズは増え、ディテールが失われる。そして、ISO25600では更にノイズが増える。ISO100と12800、25600はJPEGのみで、RAWとJPEG+RAWでは使用できない。このカメラの高感度性能は素晴らしく、ディテールは見事で、X-Trans CMOSセンサーを使用しているX-M1よりもスムーズだ。
  • オートホワイトバランスは白熱灯ではまずまず良好で、プリセットの方が若干暖色が抑えられる。蛍光灯ではオートホワイトバランスはとても良好で、プリセットも適切なものを選べば良好だ。
  • 多くのデジタルフィルターが用意されているが、X-Pro1やX-E1が搭載しているパノラマモードが搭載されていないのは、奇妙な省略だ。
  • 動画のクオリティは良好だが、AFのコンティニュアスAFは極めて遅く、特に低コントラストの被写体では遅い。
  • X-A1の価格はレンズキットが499ポンドで、X-M1のレンズキットが650ポンド前後であることを考えると、コストパフォーマンスはとても良好だ。
  • X-A1はXシリーズで最も安価な機種で、標準的なAPS-Cセンサーを使用しているにもかかわらず、ISO3200-ISO6400まではノイズが少なく、ディテールも良好で素晴らしい画質だ。より高価なX-M1よりも好ましい画質だと思う人もいるかもしれない。X-A1の画質は素晴らしく、様々な機能が盛り込まれており、我々は多いに推薦する。
  • 良い点: 素晴らしいキットレンズ(16-50mm OIS)、とても良好なコストパフォーマンス、素晴らしい高感度性能、素晴らしい色再現、印象的なディテールと解像力、ダイナミックレンジ拡張が良好に機能する、3インチチルトモニタ、Wi-Fi接続、紙に印字されたマニュアル、コンパクトなボディ。
  • 悪い点: パノラマモードが無い、HDRが無い、アドバンスドフィルター使用時にRAWで保存できない、Wi-Fiがリモート操作に使えない。

 

X-A1はX-M1の廉価版で、センサーも通常のベイヤーセンサーが使用されていますが、高感度性能や画質はX-Transを採用するX-M1を上回る高評価となっているようです。

サンプルは、エントリーモデルらしく彩度が高くとても鮮やかという印象です。X-A1は日本国内では未発表ですが、この性能でこの価格なら、国内でも売れるかもしれませんね。

2013年10月 4日 | コメント(16)

コメント(16)

海外に行くことの多い娘には、今X-M1のダブルレンズセットをすすめているのだが、さて、どうしょう? でも、不思議なのはプラスティック製のこちらの方が重いのです。、何故でしょうか?

X-transⅡとの比較も知りたいですね

X-Transセンサーを搭載するカメラは筐体も、それに相応しい物(メタルボデイ)であって欲しいと思います。プラボデイにするのであればベイヤーセンサーで安価なこのX-A1の方が私は好きです。何事でもそうだと思うのですが中途半端なことは所謂メッキが剥げると思います(プラメッキが剥げることに掛けている訳ではありませんが)。

ただあくまで感覚論になってしまうのですが、X-Transの画像を見たときのぐっとくるものはあまり感じないですね
深みというか・・・

もちろん作例が違うのでたまたまかもしれませんが

変に高級に見せてるX-M1より、プラスチック然としたこちらの方がデザインは好きだったのですが、画質もよいとなれば、これは日本でも発売しなきゃダメでしょ、FUJIFILMさん!

X-E2と一緒に国内発表してくれたらいいですね!
2台同時に買うことはできませんがw

X-Transってローパスかつモアレが出ないことがメリットで、
高感度に対する利点はないので、後発の方が画像処理が進んで
高感度性能が向上することはありそうですね。
AFなどは下位機種との逆転現象が起きるとファームウェアで
足並みを揃えてきたので、同様にしてくれると嬉しいです。

これだけ性能がでるなら将来的にはXMシリーズと統合してもよさそうですね。

そもそもX-TRANSの目的はモアレ削減じゃなかったでしっけ?
高感度の為の開発ではなかったような。
いずれにしてもセンサー依存では無く画質が安定しているのは良い事です。

XM1ってプラボディーじゃないのですか?フレームは金属ぽいですが上蓋の部分とかはプラに感じました。特にシルバーの上蓋がプラに感じましたが・・・。
ほんと、最近の富士は元気よくてどれにしようか迷っちゃいます。

画質も良い、となれば国内販売してほしいですね。
お気軽お散歩カメラとかにもいいかも。
ただ、現実には上位機種との内部競合になってしまうかな?
個人的にはファインダーを内蔵した廉価機種があれば嬉しいんだけど。

フジ機にしては画質が好ましいと思ったら、非X-Transセンサーだったんですね。

X-Transセンサーが最大のウリで、また一部の人がそれを手放しに絶賛しているのも事実ですが、Xマウントがセールス的にいまいちパッとしないのはX-Transセンサーが足を引っ張っている側面もあるのではないでしょうか。

ハイエンド機にも非X-Transセンサーという選択肢があってもいいと思います。

あと16-50mm OISはX-M1のキットレンズとして先日初めて実物を見ましたが、あまりにもチープな作りに驚いたものの、写真で見るよりもずっとコンパクトで、性能もそこそこ良いようですから、キットレンズとしてはなかなか魅力的ですね。

>X-Transってローパスかつモアレが出ないことがメリットで、
ローパスの薄いベイヤー機に見られるようなモアレは出ないにせよ、X-Transはまたそれとは別の局面で画像に破綻をきたすという・・・。
そのような破綻するのはごくごく稀なケースでしょうが、X-Trans機を指名買いするようなマニア層からすると対策しておいてもらいたいところです。

http://foxfoto.exblog.jp/20162223/
|続いて左隅の建物についてる網目状のパネル。
|X100Sは描写が変になっちゃってるね。穴が開いてるのか、ただの凹凸なのか判別出来ない。
|X-Transはカラーフィルターレイアウトとデモザイク処理が独特で細かくて規則的な物の描写が苦手。

たしかX-Trans搭載機種は全般に高感度性能の評価が高かったように記憶しています。安い機種がそれを上回るのですからたいしたものですね。現像ソフトの問題もないでしょうから使いやすそうです。

別記事でX―PRO1とGX7の高感度の比較が掲載されており、X―PRO1の素晴らしさに驚きましたが、まさかX―A1がそれを超えることは無いとは思うのですが。同じX―Transでも弁当箱大のPRO1は特別なのでしょうか。

>Xマウントがセールス的にいまいちパッとしないのは

Xシリーズ全体では70万台出荷だそうです。

http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/613/759/html/03.jpg.html

私もシルバーモデル希望します。
早く国内でも発売してください。
現在X-E1愛用中です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年10月 4日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのα7・α7Rは防塵防滴仕様?」です。

次のブログ記事は「オリンパスがE-M1 12-40mm F2.8 レンズキットが供給不足になる可能性があると告知」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る