シグマ24-105mm F4 DG OS HSM は解像力は優秀だが周辺光量落ちが目立つ

LensTip に、シグマ24-105mm F4 DG OS HSM のレビューが掲載されています。

Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM

  • フォーカスリングは十分な重さがあり、均一に回転するが、回転角は90度しかなく、正確なピント合わせが難しい。また、レンズの大きさを考えると、フォーカスリングはもっと大きい方が快適だった。
  • 鏡筒は望遠側にズームすると、内部の鏡筒が約5cm繰り出される。内部の鏡筒はプラスチック製だが、しっかりしていて遊びはない。下に向けてもズームの自重落下は見られない。
  • 手ブレ補正の効果はテストでは3.3EVで、公称の4EVには届かないが、我々のテストはとても厳しく、公称の値に達するレンズはほとんどない。
  • 解像力テストは、EOS-1Ds3のRAWで行った。良像の基準値は30-32lpmm付近だ。
  • 中央の解像力は24mmでは、開放から既に44lpmm付近で、少し絞ると45lpmmに達する見事な結果だ。この値は、キヤノン(24-105mm F4)やニコン(24-120mm F4)よりも若干高い。
  • 45-70mmでは中央はわずかに解像力が下がるが、それでもF4-F5.6で42-43lpmmで、とても良好だ。この値はキヤノンに45mmで若干優り、70mmでは大きく差が広がる。ニコンとは45mmでは引き分けだが、70mmでは若干優っている。
  • 望遠端はどのレンズも最も解像力が落ちるが、シグマは開放でも(中央は)38lpmmで、キヤノンとニコンを数lpmm上回っている。中央の解像力は、シグマがキヤノンとニコンよりも優れているのは明らかだが、差はそれほど大きくはない。
  • フルサイズの周辺部の解像力は、45mmがベストで良好と言っていい(開放で33lpmm前後)。70-105mmでは面白いことに、開放ではしっかりしている(29-30lpmm前後)が絞ると、解像力が低下する(27-28lpmm前後)。シグマは周辺部でも胸を張れる結果で、著しく厳しい要求をしない限りは、ズーム全域で十分に実用的な画質が得られると言える。ニコンは望遠側が弱く、基準レベルの解像力を得るにはかなり(F8-F11)絞る必要がある。
  • 軸上色収差は非常によく補正されており、賞賛に値する。倍率色収差は中程度~大きい値で、特に広角端の開放付近では大きく、芳しくない。ニコンは倍率色収差が非常に高い値でこのカテゴリでは最も良くない。キヤノンはズーム全域で良好な結果で、ここではベストだ。
  • 歪曲は24mmで-4.96%の大きなタル型で、歪曲の形はいくらか陣笠だ。35mmでは歪曲はゼロで、それ以降は糸巻き型に変わる(105mmで1.78%)。ニコンは広角端ではシグマと同程度だが、望遠端ではシグマが良好だ。キヤノンはAPS-Cでしかテストしていないが、APS-Cでは広角端でシグマが若干優れており、望遠側は同程度だ。
  • 周辺光量落ちは24mm開放では57%(-2.43EV)で、大きな問題だ。F5.6では45%(-1.59EV)、F8でも31%(-1.06EV)でまだ大きく、絞っても素早くは改善しない。これ以上絞っても改善は非常に小さい(F11とF16で27-28%)。
  • 45mmの周辺光量落ちは開放で37%(-1.35EV)で広角端から改善が見られるが、70mmでは54%(-2.24EV)で再び悪化する。105mmでも同様で、52%(-2.14EV)の高い値だ。このカテゴリではシグマは少々期待はずれで、ニコンよりも鏡筒が大きく、ズーム域が狭いにもかかわらず、周辺光量落ちはニコンよりも悪い。
  • このレンズは前玉が大きくレンズの構成枚数が多いので、逆光では多くの問題が出ると予想していたが、結果は予想よりも良好で、フレアはいくらか出るもののそれほど顕著ではなかった。逆光耐性はまずまず良好で、深刻な問題はない。
  • AFはノイズレスで、速度は実用的だがそれ以上のものではない。AFは後ろに行って戻ってくるという純正にはない振る舞いが見られた。AFをミスしたのは4%未満で、AF精度はニコンとキヤノンの純正よりも若干悪く完璧ではないが、深刻な問題はない。
  • ライバルのニコンとキヤノンのレンズは欠点はあるもののとてもしっかりしたレンズで、特にキヤノンはシグマより廉価なだけでなく、キットレンズとしてとても手頃な価格で入手できるので、シグマの状況は厳しい。ニコンはシグマより少し高価だが、ズーム域が広くフィルター径が小さい。シグマ24-105mmを買えば間違いなく楽しむことができるだろう。問題は有名ブランドのライバルがとても強力で、価格がほとんど同じなのに、どれだけの人がシグマを選ぶかということだ。

 

解像力は全体的にライバルを超える値のようですが、それほど大きな差はないようです。ウィークポイントは周辺光量落ちで、絞っても改善が遅いので、被写体によっては少しつかいにくい場合もあるかもしれませんね。

シグマ24-105mm F4は全体的に良好な性能ですが、同じArtシリーズの35mm F1.4 や18-35mm F1.8ほどのインパクトはないかもしれません。

2013年11月16日 | コメント(21)

コメント(21)

今日ヨドバシカメラで実物を6Dにつけて試してみました。
6Dとのバランスも良く、作りがしっかりしていて高級感もあり中々よかったです。

前に掲載されていたシグマのレンズラインナップの噂といい今回のF4通しといいシグマの本気を感じます。

このレンズに関しては厳しい戦いになりそうですね。
ズームに関しては、APS-C18-35mm、17-70macroのような被らない勝負の仕方でも良いけどね。
次、24mm単に期待かな。

Artで出せば騙されて買うひとがいるとでも思ったのだろうか?

こういうことをしていると、せっかくのブランド(Art)を自ら貶めるだけなのに

販売サイドの要求だろうか?


シグマには、今一度、ブランド戦略を整理してもらいたいものだ

35/1.4が素晴らしい出来なだけに残念!

なるほど、参考になったです。
買うかどうかは、今後の価格動向とユーザの評価待ち。
個人的には短20,24,28のリニューアルの方が興味あったりですが・・・

中三元クラスのレンズが、いかに作りにくいかというのがよくわかりますね。そもそも地味な存在な上に純正と性能的にも値段的にも大きく差をつけられないのでは、確かにサードから出す意味があるのかどうか・・・

EF24-105を持っています。
このシグマに興味はありますが、純正から積極的に買い換えようとは思わないですね。
解像力はさすがにシグマだと思いますが、それ以外はそうでもない。
大幅に小型軽量だったり、価格が安ければ考えますが、それもない。
最近のシグマにしては魅力薄です。

αユーザーなんでコレしかないが、
コンテンポラリーで実売であと二万ぐらい安くあるべきかと。
35 1.4もってますが、あれがアートなんで、アートを冠したのはちと残念。

このクラスのレンズは解像力以外の部分での評価も重要ですよね。特にキヤノンはAF速度、ニコンはナノクリとセールスポイントがハッキリしています。
単焦点ならいざ知らず、ズームレンズで解像力を売りにしても知れているので、値段で勝負してほしいですね。
タムロンの24-70F2.8が手ブレ付きで9万前後です。

簡単に弱点が見えてしまうのは近代の新製品としては失格ですね。
期待していたのに残念です。中途半端な製品をArtラインで出して墓穴を掘らないで欲しいね。

シグマはSD1などの、SDシリーズのためにもこのクラスのレンズが必要だったんじゃないかなぁ。いつかはフルサイズのMerrillを作りたいとか。
でも、2大メーカーとほぼ同等の性能のレンズを、ボディ側のサポート無しに作ってきたのに、値段でしか勝負できないといわれるのも・・・

レンズの中心部分だけを使うDCに比べて周辺部分まで使うDGだとよりシビアな性能が求められるということでしょうか。これに懲りずにF2.8の大三元DGズームでの挽回を期待します。

SDユーザーやペンタックスユーザーなら周辺減光も許容できますし、解像や倍率等の観点から、標準ズームの決定版でしょうね。

勢いとノリで6Dを揃えてしまいましたが、APS-Cで使いずらかった純正の24-105mmが絶妙の画角に大変身(元に戻っただけでしょうが)。使い勝手が極めて良好で画質も及第点で満足です。
これならばサードーパーティを使う必然性はありません。残念ながらシグマの24-105mmはキヤノンユーザーが選ぶメリットは見当たりません。

個人的にもシグマのレンズは重宝しておりますが、純正にない長所があるからこそ。これに関すれば存在の必然性がどうも感じられません。
なので噂の24-70mm F2に期待ですね。

このレンズはいつか出すであろうフルサイズSDの為の物であると信じます。

シグマのレンズうんぬんより、むしろキャノンの24-105が思いのほか健闘しているようで驚きました。
レンズとしては比較的長寿ですが、約5倍のF4ズームレンズ的には、現時点でこんなもんが精いっぱいなのかもしれませんね。

35/1.4が突出してよかっただけに、キャノンニコンと比べてしまうと気の毒ですが、
SAマウントとしては初めての24-105ですし、両社レンズに並ぶ性能であれば、Artを冠するのに不足はないのかなぁと思わないでもないです。(EF24-105は一応Lレンズですし・・・)
もっとも、SAマウント的には17-70のほうが換算画角としては使いやすいわけでして、
各FXマウントと渡り合わなければならない性質上、この性能で純正レンズと勝負するのは、やや分が悪いと言わざるを得ません。
消費者の勝手な願いとしては、せっかく技術力はそろっているのですから、
やはり純正では出てこないような、いい意味で変態的なレンズを期待するところです。

最近ではニコン58mmF1.4Gの例が示すように、レンズの評価が測定数値だけで決まるとは限らないと思います。
キヤノンやニコンの競合レンズを絶対数値評価では圧倒できずとも、そこは「Art」としての資質のひとつふたつは備えているのではないでしょうか。
確かに35mmF1.4が魅せてくれた後ですので期待が大きいのは理解できますが、個人的には実写で化けるタイプのように考えていますので、もっと多くのユーザーレビューを拝見したり、私自身で使ってみたりしないことにはなんとも言えません。
もう少し様子を見てみたいところです。

58mmf1.4の件で測定値では評価ができない、というよりは
求めるところによっては
平面的な分解能だけでは評価の次元が足らないのだと思いました。

解像力重視とは、Foveonを持つSIGMAらしい。
周辺光量落ちは後で調整し易くても、解像度は調整し辛いですからね。

CANON、NIKONをズバ抜いた性能であって欲しいと思いましたが、期待してただけに少し残念です。
この24mmはじまりの高倍率手ぶれ補正付きって設計が難しいんでしょうね。このカテゴリではCANONが優秀ですね。

作例を見てもあまり写りが良いとも思えず、実物を触って購入意欲が失せました。Artを名乗るなら、抜群の写りと、美しいデザインで出して欲しいものです。重すぎる。唯一の長所は、全品検査をしているらしいので、不良品が多分これまでより少ないだろうという点だけです。

昨日、店頭で撮り比べましたが、EF24-105よりは明らかに良かったですよ。
解像力とヌケが良いのがいいです。
周辺光量落ちは好きなほうなので、気になりません。
全体的に本文の通りですが、数値よりは好印象です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2013年11月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにオリンパスED12-40mm F2.8 PRO のスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-3は多くの点で予想を上回るカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る