ソニーα7Rとα7・5D3・D800E・645D・RX1Rとの画質の比較レビューが掲載

Imaging Resource に、ソニーα7Rとライバル各機種との画質の比較記事が掲載されています。

Sony A7R Review

  • 下の画像(※サンプルは元記事を参照してください)は、ソニーα7R、α7、キヤノン5D Mark III、ニコンD800E、ペンタックス645D、ソニーRX1Rの等倍の比較で、これらは、標準設定でベストのクオリティのJEPG撮って出しの画像だ。比較に使用したすべてのカメラに、非常にシャープなリファレンスレンズを使用している。
  • (α7との比較) ISO100ではα7もα7Rもクリーンでディテールは良好だが、α7Rは少しシャキっとしていてディーテールも豊富だ。ISO1600では解像度を除けば互角で、どちらもノイズは抑えられており、ディテールも保持されている。布の細かいディテールはα7Rがより豊富だ。ISO3200でも、まだどちらもディテールが豊富だが、α7Rが若干良好だ。
  • (5D3との比較) ISO100では、5D3もいい仕事をしているが、α7Rは細部のディテールがずっと豊富で、明らかに5D3の影を薄くしている。ISO1600では、3つのサンプル全てでソニーが優っており、シャープでディテールも豊富だ。ISO3200では、高感度ノイズとディテールはどちらも良好で、赤の布ではキヤノンが若干しのぎ、ピンクの布とタイル状の部分ではソニーが若干良好だ。
  • (D800Eとの比較) ISO100ではどちらもディテールは素晴らしいが、タイル状の部分ではソニーが良好だ。布の部分は、どちらが良いか決めるのは難しい。ニコンは若干コントラストが高いが、全体のディテールの量は同等だ。ISO1600では、シャープネスの強さは異なるが、どちらも多くのディテールを維持している。ISO3200では、ニコンはディテールは維持しているがノイズが多い。ISO3200ではソニーの判定勝ちだ。
  • (645Dとの比較) ISO100ではタイル状の部分はα7Rが若干シャキっとしており、赤い布ではペンタックスがクリーンだ。645Dはタイル状の部分に偽色が見られるが、α7Rには見られない。2200ドルのミラーレスカメラと、9000ドルの中判が比較できるのはとても驚きだ。ISO1600ではペンタックスはとても健闘しており、どちらもタイル状の部分は素晴らしいが、赤い布の部分はペンタックスがリードしている。
  • (RX1との比較) ISO100ではどちらもクリーンでディテールはシャキっとしており、互角だ。しかし、赤い布の描写ではα7Rが優っている。ISO1600でも互角だが、タイル状の部分はα7Rが若干シャープだ。ISO3200ではどちらもノイズが少なく、ディテールは豊富で互角だ。

 

テキストだけでは分かりにくいと思いますので、元記事の比較サンプルを参照してみてください。JPEGのサンプルでは、α7Rはシャキっとした切れ味の良い絵作りで、解像感がとても高いという印象です。高感度ノイズもよく抑えられていて、ISO3200でも問題なく使えそうですね。

2013年11月 7日 | コメント(96)

コメント(96)

すでに出ていたサンプルから、低感度画質はずば抜けて良いとは思っていましたが、高感度もここまで良いとは思いませんでした。

本当に凄いカメラを作ってくれたものです。
今後出るAマウント機も楽しみになってきますね。

画質の比較というよりは処理の方向性の違いの方が強いですね。ソニーの機種は程度の違いこそあれどれも同じ方向性なので。
一見すると高い描写に感じるかもですが、コントラストとシャープが強い、よくも悪くもコンデジ風の味付けかと。100%一部表示では解りませんが、写真として見れば5Dmark3と645Dの方がより綺麗でしょう。
でもこれらは設定によって変わるし、独自の設定にも出来ますから一応の参考程度にしておいた方がいいかも。さすがにフルサイズを使う人はフルオートって訳でもないでしょうしね。

a7Rの繊細な描画力と高感度性能はずば抜けていますね。
ただ、比較に用いたレンズやパラメーターが明記されていないのが気がかりです。
一応 "All cameras in this comparison were shot with our very sharp reference lenses." とは書いていますが。
何を使ったんでしょうね?

今更ながら645Dの画質に驚いた

私はこのフランジバックの短い、ハイクオリティーなカメラを歓迎します。

絞り環さえ動かせれば、どのレンズを使っても
最高クラスのセンサーが待ち受けている、と言うことなので。

レンズはこちらで集め、はめ込むとしても
最高の女房役を得たような気がします。

全てのレンズの中から、このカメラに合うベストの描写のものを
一つ一つ選んでネットでシェアしたいですね。

そこにはレンズの新旧もメーカーも、
ユーザーの国境も関係ありません。

α7Rは、フルサイズでNo.1の画質と言って良いと思いますね。
また、645Dに迫る画質は驚きです。
ソニーが中判ミラーレスを出したら、とてつもない高画質のカメラができそうですね。

あれっ?
PENTAX 645Dは拡張してもISO1000までなんだけど。

極限的な解像度チェックになるとレンズの性能も問題になるとは思いますが、それを抜きにしても素晴らしいカメラのようですね。

名古屋でデモ機触ってきましたが、やはりグリップ、前ダイヤル、シャッターボタン、ストラップ金具の位置関係が悪く使いにくいです。
UI悪いと、使ってて楽しくないし、ストレスを感じます。
こういう部分は他社製品にはまだ追いつけていないなぁと感じました。
画質が良ければ良い程、残念です。

でも、この画質とトレードオフして購入する人は多いでしょうね。
小型軽量高画質でこの価格。キヤノン、ニコンもうかうかしていられないでしょうね。5D3はやっぱりぬり絵的に感じるし、800Eはホントに800Eの画質ってこの程度?って感じだし、645Dに至ってはこのテスト結果だけだと価格も含めて非常に苦しいと感じます。
それらに比べると、α7/R,RX-1Rのこの結果は凄いと思います。
個人的には屋外撮影が主なので、その比較が見たいです。

a7Rの解像感が圧倒的すぎて、本気で欲しくなりました。
色バランスも高感度でも破棄してないですね。
すごいカメラになったものだ。

ソニーの苦手分野だった赤い布の部分に
しっかり布目が見えるようになりましたな。

最近のカメラはすごい画質だと思いますが
もうほとんど好みの問題に思えます。

例えば5D3はRAWとJPEGで画質も結構違うので、特に細部ディティールが消失するJPEGで比較されるとキツイな~と思います。
ソニーは使えるJPEGを出してきた、というこで賞賛できると思います。
RAWからTIFFにあげた画像での比較が見たいですね。
さて、これだけの解像には性能、精度の良いレンズも必要です。その技術を確立できればソニーは一躍トップに踊り出るでしょう。

MLレンズで使おうと最近ボディのみ発注したのだが、手元の645Dと同程度となると使用目的が変わりそう。描写次第でFEレンズも購入か。

JEPG比較なのでこれだけでは何とも言えないところもありますが、ローパスレス機は鮮度も抜けもいいですね。a7Rはシャープネスが強くかかっているようですがフルサイズでは最高画質かもしれません、とはいえ645Dの階調と質感にはかなり差がついていますから、フルサイズCMOSはまだまだ進歩する余地はあるのかなあ、という思いです。A7は5D3よりも良さそうので価格を考えたらこれも凄くお買い得ですね。a7Rはゴッドセンドでしょう。

これはすごい。
デザインさえ良ければ・・・。

なんだかんだ言っても最新型の36MPですからね。画質だけ見るとDfが霞みますな。

つまり…イチバンてこと!?

低感度だけでなくISO3200でも相当強いですね。驚きました!後は、モアレがどうか?だけですが、画質は十分素晴らしいですね。

α7Rは思ってた以上に良いですね。最新機種なので当然と言えばそうですが、高感度性能もワンランクアップした感じがします。赤のトビ・色味はデジタルに換えてからのウィークポイントでしたがα7Rはかなり健闘してますね。

レンズの差がそれなりに影響してますよ、これは。
シャープなリファレンスレンズってなんでしょうね。具体的なレンズ名を知りたいです。

このサンプルのように十分に明るい場所でテスト用にISO上げて撮っている場合はそうなんでしょうね。
照度の足りないフィールド撮影ではキヤノンもニコンもノイズの処理がとても上手で適度に粗いながら安定感のある写真に仕上がってます。
α7Rの新センサーとBIONZ-Xが両社に追いついたのなら嬉しいですね。
手元に届いて使える日が待ち遠しいです。

RX1Rとの比較をみるとSONYは着実に進化していますね。
高感度でも切れ味のいい写真ですね。
次のα9が楽しみです。

ん~レンズは何を使っているのでしょうかね?
645はともかくほかはレンズを揃えてくれないかな~特に解像度はレンズに依るから~

正直にみて、既存機種と互角なんだなと思いました。
登場年次がバラバラなので、なんですが、
センサー性能が支配的な画質評価に関してはパソコンと同じで、
新しい方が良いという話でもあるのかなと。

例えば、年次違いの24メガ機でα900と現行24メガ普及機種を比較したら
ほとんど優劣がないか、下手したら普及機種が勝る可能性も。

Nikonユーザーですが、α7Rは素晴らしいですね!
D800Eと互角ですか

SONYは本当に革新的な企業です。
ロードマップが整えばシェアも更に増えるのでは?

むむぅ、唸りますね。さすがセンサーメーカーのトップ。

すごく良いじゃないですか。
無理して小型化しているEマウントがこれだけ良いということは、制約の少ないAマウントだったらどれほどの凄さになるのか、興味津々です。
キャノンやニコンは気が気でないでしょうね。。。

動画のためとはいえ5DⅢは完全にディティールが潰れてる感じで他は低感度は似たようなもんですね・・
やはりスチルカメラはそれに特化したほうが良さそうです。
しかし、7は大したもんですね・・

α7RとD800Eは同様のものかと思いきや若干改良してきているのですね。

個人的には、等倍鑑賞は趣味ではないのでこういうテストよりも、大きな輝度差での色再現性や逆光時の暗部ノイズ、強紫外線下での精鋭感などの情報の方が興味あるのですが、そういうテストはやってくれないものですかねえ。

他社に供与していたセンサーを、更にチューンアップしているようですね
ミラーレスもたった5年でここまで来ましたか

このクラスのカメラを買う人が、JPEGを重視しますかね?

画像処理エンジンの優劣を比べているだけで、実際の画質との相関関係は低いと考えます。
RAWデータも掲載しないと判断出来ないですね。

サンプル、参考になります。
D800Eとの比較画像見て”α7Rスゴイ”と思いましたが、布地を見ていると明らかにD800Eの方が後ピンですね(笑)
せっかくの画像なのに残念ですが、逆に言うとコントラストAFの方が静物撮りに向いているんだな、と思いました。(NEX5Nを購入し、少し暗いところでは全くコントラストAFが合焦しないのに辟易して2ヶ月で手放した過去があります。)

ついにソニーもここまで来たかとの思い出でいっぱいですね。
画質面では一周とは言わないまでも半周以上の遅れがあったのは事実でしたが、
それも今や過去の話。
次はAFの制度と速度の向上ですね!

スチールの現場での活躍の場が増えることを祈ります。

凄いカメラになりましたね。
売れると面白いな。

画素数の少ない7に対してさえ,高感度で優位なのは驚きですね.ソニーは好感度が苦手というのは昔の話になりました.CNを凌ぎ,中判までも比肩できるカメラが廉価で出てきたことは,他社には脅威でしょうね.

流石ローパスレスであってかα7Rの解像感は素晴らしいですね。
D800Eを使ってますが、軽く軽量なα7Rが羨ましく思います。
比較写真ですが、D800Eのタイルは、フォーカスが合ってない様な気がします。本来はもっとシャープに写るはずです。
実際に使っているので、こんなはずではないと感じています。
これで比較されてしまうと、フェアーではない様な気がします。布の写真は逆にD800Eの方がピンが来ています。α7Rのが外していると思います。
これで比較レビューされてもなぁ~灯籠記事と感じてしまうなぁ~と正直思ってしまいました。
まぁ、何れにしてもかなり良い画質であることは確かなので、高画質でコンパクトな高性能機の誕生に拍手を送りたいと思います。

5D3は実感通りです。こうして比べると細部がトロトロですね。
実用上は問題ないのですが。。。

噂の段階での、α7/α7Rのデザインに対しては賛否入り乱れていた様ですが、この画質比較の
レビューはキヤノン、ニコン、ペンタックスにとって良い刺激になれば幸いですね。

α7Rはモアレが殆どでないのか?
それともなんか処理してるのか?

センサーテストはあくまで部品の評価に留まる。総合的な評価に耐えるかソニーに問いたいカメラだ。

先日NikonD800と同じセンサーらしいという話でしたので、この違いは処理エンジンの違いでしょうね。

この結果だと、7R=D800E=5DIIIみたいな書き方ですが、D800と5DIIIの比較論争では、高感度は5DIII>D800 という見方でした。

やはり、テスターによって意見は変わるということですね。

ただやっぱり、ここで5DIIIが圧勝してくれてないのはキヤノンユーザとしてちょっと寂しい・・・

オールドレンズで楽しむならいいが、画質を考えるなら、専用レンズが、せめて、ズームで標準とテレ・単焦点でワイドと標準と長焦点とマクロが揃ってくれないと使う気になれない。
レンズシステムの充実が待たれる。

imaging-resource.comですが
一般的に使われるレンズは
Sigma Macro 70mm F2.8 EX DG
ですね。Exif Dataがおいてあります。
α7Rは、FE 55mm F1.8 ZA
です。
70mmと55mmで撮られています。
比較でおもしろいのは、左下のビンに入っているナッツの写りがまるで違います。
原因がレンズなのか、
「ギャップレスオンチップレンズ構造」によるものか、
「ディテールリプロダクション技術」なのか、
よく分かりませんが、一眼しておく価値はあるでしょう。
ISO12800あたりを見ると、かなりシャープネスがかかっているように見えますが、RAWとJPEGを比べるとよりはっきりします。つまりSONYのJPEG書き出しが大幅に変わったようです。

α7Rの画質がD800Eと同等なのは、ほぼ同じセンサーを使っているから当然ですが、連続撮影が1.5コマ/秒というのが、なんとも惜しいですね。人物やペットなど、動くものを連写できないので、撮影用途が限定されてしまいます。
645Dよりは速いですが・・・

αで使用しているレンズは、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
です。

RAWは、まだ確認出来ませんが、JPEGの解像は、もの凄い
と思います。

使用しているレンズは、5DiiiとD800Eにはカミソリマクロで定評のあるシグマの70マクロのようですね。
対してa7R,a7はFE55。
exif改竄とか無意味なことはしないでしょう。
5Diii苦しいですね、a7にすら圧倒されてるような。。
メインで6D使ってますが、マウント変更も視野に入れるかな~

比較をしたい機種名があり期待を誘うタイトルでありますが、使用レンズ情報もなぜか?不透明。
これでは鵜呑みは出来ませんね。残念ながら。

比較対象のD800Eに付けたレンズは少なくとも最新のナノクリ単焦点ではない様な気がしております。(旧Dタイプレンズ?かズームレンズ?)


D800Eとa7Rを比較して
aの方がシャープネスが高くて(デフォルトの設定上?)尚且つノイズをよく抑えてる、という印象です
ただ気になるのは色の再現性は良いけど、なぜか左側にある赤色の布のディテールが塗りつぶされてるように見えること。オレンジもピンクもちゃんと糸までちゃんと解像してるけど赤に関しては5Dみたいに塗りつぶされて見えない。 
右側の糸のたばの箇所にも同じ傾向が見えますね。
とはいえ解像感に関しては使用しているレンズがばらばらなので、このテストはノイズ処理うまさとカラーバランス、シャープネスなどのメーカー独自の絵作りを示したものと捉えるべきでしょうか。

α7を既に予約してますが、
もし、JPEGが従前ものだったら購入は見送りました。
それくらい明らかにJPEGの絵作りが変わったと思います。

Rはコマ数と画素数で見送りましたが、
その上記2点を満足した次期以降が楽しみです。

機体の比較については極端な差がない限り、
また画角やレンズも違うので参考程度で見ています。

imaging-resource.com でも比較できるようになりましたね。
645Dと同等?。いや、円形のスケールを見ると、解像度は、むしろa7Rが上に見えます。価格は、645Dが59万円、a7Rは20万円なので1/3です。風景写真を撮る人がかなり購入しそうですね。

http://www.imaging-resource.com/IMCOMP/COMPS01.HTM


レンズの価値は値段だけではありませんが、
α7Rは ZEISSでしたか?
Sonnar T Fe 55mm f1.8 ZA
実売り「3万円台」と「8万円台」のレンズでの比較でしたね。

α7Rは純正でZEISSを使用。
5D3とD800Eは純正レンズでなく、Sigmaでしたか。
当然、3600万画素D800E推奨レンズでも無いですね。

しかし、そもそも5D3は比較対象なのかな?

SIGMAの70mmはカミソリマクロの異名を持つキレキレレンズですよ。

SS/Fが一定になるような高感度テストを見たいですよね。

ノイズは同一機種でも光線状況で出方が違うものですし、光線状況が悪い環境でどの程度しっかり絵を得られるのか、ノイズ処理ができるのかがセンサー性能や画像エンジンの肝になるはずです。国内のカメラ系サイトのテストでもそうなのですが、やはりり実使用を考慮して1/30のF2.8程度で固定してISO設定による変化を観察したいところだとは思います。

JPEG-RAW両方やるとセンサーとJPEGエンジンの状況も見えて尚よいかな。


テストレンズが55mmと70mmでは被写界深度も1.5倍ぐらい違うし、JPEGだとシャープネスのかけ方だけでも随分と印象が違うし、ピント位置も機種によってバラバラだから、機種の比較テストとしてはお粗末。でも、α7Rが大健闘なのは、よく分かりました。

(私の書き込みが誤解を与えた?様ですので失礼致します。)
Sigmaだから。では無いのです。
(Nikkor VR 70-300mmもシャープなレンズで「高評価で有名」ですが、残念ながらnikonだから好き。でありません。)

あくまでも過去の話ですが、Sigma70mm Mも、Nikkor VR70-300mmも買おうかと思いました。
当初、Sigma70mm MもやはりVR70-300mmと同様にその価格帯の範囲のユーザーの中で・は・高評価で有名なのです。
その価格帯の範囲のユーザーの中、または、その様な範囲を好む傾向にいる(携帯性をも含めたの範囲)ユーザーの中での、高評価だったと私個人としては考えました。(上位レンズの板を見るとVR70-300は高評価でない。なぜなのか?)
これ気づかないと「な~んだあの掲示板の評価と違う」と言う具合になります。
(当方の場合には携帯性も重視のため本数も努めて増やしたくなく実際使う範囲に納めます。)
しかし当方は、価格comなどの高評価を信じ過ぎるのは?と思いこの時は2本ともに購入には至りませんでした。(これは熟慮の結果の自己判断です。)

他人の評価を(プロ?が言うとか)高評価とか?
それだけで決めてしまうと、次々にレンズを買う事になり沼にはまります。
人それぞれ好みがありますから一概ではなく、人それぞれですから(お気楽にレンズ沼を楽しむのも)まったくもって自由です。無理をする事なく(経済的事情さえゆるせばですが。)

ごじゃごじゃ論ずるよりも、ゆったり構えて考えればいいだけの事。そのほうが実際に楽しめますしね。^^

私は、将来のやもえないBody機種変更やレンズ入替なども視野に入れた上、
レンズ選定の際は主に自分が本当に使うのか?どうか?
他の所有レンズと焦点距離や利用用途がかぶらないかで決めております。

ネット上の評価と言うのは、時には話半分で聞いております。

全く同じ環境で、かつどちらにも平等な条件で他社のカメラ同士を比較することは可能でしょうか?

このテストの意義はα7.α7Rの実力を示す、ひとつの目安だと思います。
一例でα7.α7Rが他社のフルサイズ機よりも高画質だと決めつけるのはナンセンスですが、このテストで他社に引けを取らないトップクラスの画質を誇るフルサイズ機であるという事はわかりました。
テストとしてはそれだけでも十分な成果ではないでしょうか。

しかし本当に凄いカメラを出してきましたね。
α7Rにも驚きましたが、α7がそれに負けず劣らず健闘しています。さらにそれが初値十数万とは驚きです。
使い易さを求めるなら次期Aマウント機の方が良いかもしれません。
ですが、携帯性と画質の両立なら間違いなく業界トップでしょう。
このテストがたまたま良い一例ではない、そう証明するテストが今後多く出てくることを期待します。

D800E vs A7R 絵作り比較では、D800Eの重厚感、A7Rの爽快感と言ったところかな。D800Eはレタッチ前提、A7Rは完成品、の違いに見える。作品完成への、いわば暗室作業、の軽い・思いで好みが分かれるでしょう。決定的な差異は無し、と思える。

5D3と比較されちゃうのはいくらなんでも5D3が可哀想ですね。
D800とはAFとサイズどちらを取るかの選択でしょうか。

キャノンさん大丈夫?
これまで画のシャープさでキャノンを使用していましたが、ここまで画質に差があると、心配ですね。
私は、作品重視で、あまり機体の比較テストは見ないようにしてますが、ここまで差が出るとね・・・・・

ソニーのカメラって、キヤノンとニコンでどっちに近い色が出るのでしょうか?
マゼンタ寄りとかシアン寄りって話です。
もしキヤノンの色味に近いのなら、D800E売って、
α7r買おうと思いました。

D800E+SIGMAでα7+純正で解像度が良い勝負なら、
5D3がSIGMAだから不利という事は無いと思います。

高画素でも高ISOを使えると言うのはSONYの努力も
あると思います。
何にせよα7Rが価格もサイズも重量も小さい数字で
画質はD800Eと同等というアドバンテージは
アウトドア(特に登山やトレッキング)カメラマンにとって、
今まで色々と妥協してm3/4でコンパクトにしてきたシステムを
一気にフルサイズの画質で写せるのは夢のような話です。
他に選択支が無い、決定版の地位を確保できたと
言っても大げさではないと思います。

これを見ると次世代のαAマウントが楽しみです。
上位にSDダブル+BIONZ-Xデュアルで来れば
高画素高速連射機が見えてきます。
α99の高感度特性でもほぼTLMの不利は問題なくなる
所まで来てるのでこのISO耐性ならα77の時のような
TLMのせいで画質が悪いとは言われないと思います。

645Dに善戦、D800Eと互角、5D3には圧勝ですね。

36MPLPFレスですから当然といえば当然の結果で、これはレンズを揃えて、ピン位置も厳密に合わせて、RAWで比べたとしても結果は変わらないでしょう。

センサーサイズ≒画質
画素数≒画質

というのを如実に表していますね。

フルサイズで36MPはAPS-Cでベストバランスとも言われる16MPと画素ピッチ同等ですから、画質を求めるには高感度含めよい落としどころなのでしょう。

いままでimaging resourceの画像比較においては、布地の編み目までしっかりと解像してみせる機種は645DとD800/800Eだけで、これらの機種だけが次元の違う圧倒的解像力で、限りなく真実の姿を写し出せる、まさに写真機だったわけですが、遂にソニーもその領域に到達しましたね。

FE55mmF1.8ZAは改めて極めて優秀なレンズですし、7Rとこのセットだけでも所有する価値があると思いますが、今後のレンズもZEISSとGに関しては、36MPLPFレスセンサー前提での設計になるのは間違ないでしょうから、Eマウントは小型なだけではなく、超高画質システムとしても非常に楽しみですね。

D800Eは、ミラーアップして撮影したのでしょうか?
たしかにぼやけた感じはしますが、ひょっとすると
ミラーショックの影響があるかもしれません

ネット上の評価は鵜呑みには出来ませんが間違いなく、素晴らしい画質のカメラでα7を名乗るだけのことはありますね。私も見れば見るほしいですが我慢してAマウント機に期待します。
またCMOSセンサーや画像エンジンが優秀なことはわかりましたが、EVFはどうなのでしょうか?OVFのユーザーは抵抗なく乗り換えられますかね?私もα55のときからEVFになりましたが最初は戸惑いましたが使い続けて慣れました。発表会でα7Rはのぞきましたが、発色はそこそこでしたがまだ若干ビデオカメラをのぞいている感じがありました。
ともあれたくさん売れて次の開発原資をしっかり稼いでAマウントにも投資して良いもの作って下さい。

皆さん画質だけでカメラを選ばれている方は少ないんじゃないでしょうかね。
今までのソニー機を使われている方は尚更そうだろうし。

レンズの違いが話題になっていますね。
このサイトでは使える場合はシグマ70mm マクロで比較しています。
想像ですがα7Rで同レンズを使うためにLA-EA3が必要ですが手配が間に合わなかっただけじゃないでしょうか。
ツアイスとは言っても平面チャートのシャープネスでシグマに勝つことは難しいような気がします。

マウントアダプターを使えば、同じシグマやタムロンのレンズで揃えれそうな気もしますが。なんにせよアダプターを使えば他のマウントのレンズも使える訳ですし、大なり小なりEマウントへ乗り換える人も出てくるのでは無いでしょうか?私は最初アダプター遊びでNEX5Nを購入しましたが、気がつけばF1.8の単焦点3本と広角ズームレンズも購入し、今ではAマウントレンズもAマウントアダプターも防湿庫に眠ったきりこの4本のレンズしか使っていない状態ですw。
アダプター使用前提でボディを買っても、結局はEマウントレンズを買い足したくなるような、そんなユーザーが続出する事がソニーの狙いかも知れません。

レンズの指摘をしている人が多いですが、シグマ70マクロは解像度だけで言えばVR105や100Lと同等以上ですよ。

jpgは画像処理エンジンが何を重視してるかで随分変わってきますので、
センサーの良し悪しの参考にはなりませんね。RAWで比較して頂きたいものです。

 α7R・・・メーカーのサンプル見る限り、解像力上げすぎたために立体感奥行きが犠牲になりましたね。
 比較はデジタルになって難しいと思います。
 レンズも画像エンジンも違いますでしょ。
 シャープネスだって基準はどうなんでしょ?
 各社のRAW画像をバッチ処理した結果?
 RAWだって本当に生?
 私は写真機なんだから全体の画で選びます。

各社イチオシ単焦点レンズで解像以外の対決とかも見たいですね
ニコンとキヤノンは200mmf2.0で参戦してくるでしょうけど

Donさんの7R見ての感想と同じで、確かに7R、立体感というか、色のトーンというかが他機種に比べると劣るように見えます。解像感は素晴らしいのですが。

そういえば、α7RとD800/Eでは有効画素数が違いますけど、これっておんなじセンサーなんですかね? 総画素数が同じなんで判断付かない今日この頃。

>Rocky-Li さん
>ソニーのカメラって、キヤノンとニコンでどっちに近い色が出るのでしょうか?
>マゼンタ寄りとかシアン寄りって話です。

昔、ミノルタから移籍して暫くはシアン寄りでしたが、今は少しマゼンタ入るかもしれません。
7Rのサンプルなどを見ると、少し昔の色合いの戻った気もしますね。

ニコンからRX1を買った友人はかなりニコンの色合いに近いと言っていますが、個人的にはCとNの中間の色合い、ペンタやフジの色に近いと思います。
ニコンはどちらかというとイエローっぽくないですか?

どんだけキレキレなのかは知らないけど、シグマ70mmがリファレンスレンズってのは初耳。リファレンスレンズってそういうものじゃないでしょう。たとえばD800Eはメーカーが推奨する組み合わせがあったくらいなわけで、せめてその中から選ぶべきだった。7Rのセンサーがどんなに優秀としても、これじゃヨイショのための比較条件といわれたって仕方ないんじゃないかな。

今までのソニーのカメラは質感がキャノン・ニコンに及ばない印象でした。この一部の解像感だけでなく、立体感・質感等のトータル画質で判断したいですね。それと、やっぱりレンズはキャノン・ニコンのほうがいいので、ソニーのカメラ+ソニーのレンズでは画質は及ばないと思います。

このサイトでリファレンスにシグマ70mmを使っているのは恐らく、こんな理由だと思います

1.多くのマウントで同じレンズが使える
2.解像力が画面の中で比較的均等である

レンズ・ボディ双方の最上の組み合わせでテストすることが目的ではなく同じレンズを使った場合にボディのパフォーマンスがどうなのかを情報として提供しているのでしょう。

その前提では癖玉はふさわしくないわけでシグマ70mmは入手性も含め彼らなりのチョイスかと

サイト内にテストポリシーが書いてあったようにも思いますので英語が堪能な方は読んでみて下さいませ。

αマウントのプラナー50mmは
雰囲気重視でポートレート等に
最適化されているように思えて
購入見送ったのですが
この55mmは風景にも
積極的に活かせそうで魅力的ですね!

MINOLTA時代のロッコールやGレンズは当時のあの世代の描写としてはキヤノン・ニコンの当時のレンズに勝っているように思います。
もちろん今のSONYとは違う会社なのですが、あの当時のような名レンズを再び作って欲しいですね。今の技術ならもっと明るいSTFとかも作れるんじゃないでしょうか。

Xさんが書いた二つのコメント内容、、、
結局何が言いたかったのか良くわかりませんでした(-。-;
それはさておき……

結局は比較しようにも同じエンジンで処理してるわけでも無いですし、センサーだって違う。何より皆さんがご指摘なさってるレンズがちがうので比べるのはなかなか難しいですね。
なので「どれが一番自分が求めてる画像か?」でいいと思うんです。皆さんの感じ方が違うし皆さんが持ってるモノサシも違うわけで。ましてカメラはメーカーから違う。同じ土俵なようで違うわけですよ。
撮って出しのjpgをみて、高感度の耐久とかを素直に受け入れたらいいだけで。LMで現像する人だってjpg見りゃ各々のカメラがだすRAWだってある程度想像できると思いますしね。

画像や画質はもちろん大切なポイントですが、中判の645Dと肩を並べるところまで登りつめ、400グラム台でフルサイズのカメラを作ったということが最大のポイントなのでは?と思ってます。それが例え5D3と同等だとしてもライカでしかやって無かったFF機を20万円で出したのですから。

αロメオ さん

非常に参考になる情報ありがとうございます。
あぁ、やっぱりサンプル見る限りは若干シアン寄りに戻ってしまった感がありますか、ううむ、、、。
その、
現行の「ペンタやフジの色に近い」と言う事なら即買いなのですが、もう少し皆様のサンプル待ちですかね><
私は人物しか撮らない「なんちゃって自称プロ」(なんだそれ)なのでキヤノン機オンリーだったのですが、
D800E登場以来、トリミング前提の撮影は完全にニコンに移行しました。
でもおっしゃるとうり、シアンの割合が非常に強く、
イエローと混じりどうしても「濁った黄色」の色に見えてしますのです。
これはRAW撮り後処理を色のプロに任せても同じ結果でして、、、毎回人肌の再現に非常に苦労してます><
キヤノンはマゼンタのお陰か常に綺麗な桜色の肌で透明感を感じるのですが、、、。
ニコンこそ本当の肌色だと言う方もおられますが、
私には疑色でも何でも構わないからキヤノンやフジのような透明感のある色が出せる機種を期待してます。
どうかα7rがそうでありますように、、、。

シグマのマクロレンズはニコンのボディに使っても露出倍数の補正がかからない
ので、画質以前の問題として、私は決して(ニコンのボディでは)シグマのマクロ
レンズは使わないのですが、しかし「非純正レンズ」での画質比較を良しとする
のであれば、少なくとも今回の比較ではα7Rでも同じシグマの70mmを使うべき
だったと思います。どなたかが書いておられたように、他社マウントが使いや
すいのがフランジバックの短いミラーレスのメリットなわけですから。
そうすれば、レンズが違うだの焦点距離が違うだのと文句を言われることも無い
わけですし、極端な話、645D用のレンズを使って、ニコン/キヤノン/ソニーは
すべてアダプタで接続するようにすれば、4機種すべてのカメラで全く同一の
レンズでの比較もできるわけですからね。
レンズ側を固定して、ピントリングも回らないように固定しておいて、カメラ
ボディだけを交換して撮影すれば、ピント位置が違うと文句を言われることも
無くなるし。

アルファナナさんに同感です。
結論を纏めて頂きありがとうございます。

フルサイズでここまで小さくて画質がいいなら、
軽い機材にしたい人に受けそうだね。
あとEVF意外にいいなにもなりそうな予感(笑)

>Rocky-Liさん

おっしゃるとおり、キヤノンの肌色は、透き通るような透明感とマゼンタがかった感じがあります。
昔からウェディングでも好まれる所以ですね。
確かにニコンは全体的に黄色がかるところがあり、色に関しては難しいところです。
赤も朱色に出る場合がありますからね。
ソニーの肌色ですが、これもキヤノンとニコンの中間で、非常にニュートラルです。
ホワイトバランス次第でどちらにも転ぶので(AWBではシアンがかることが多いです)色に関しては扱いやすいですよ。
クセが無いので色再現性は非常に高いです。

あとは、レンズ次第ですね。
ミノルタ時代のレンズは非常にボケも描写も良いですが、フィルムでもわかるとおり、シアンがかるものが多いです。(これもWBでどうとでもなりますが)
レンズの描写はZEISSやGなどは素晴らしいです。
今回の55mm並みの解像力で、ボケがもっと綺麗なものが多いです。
実際に使えばキヤノン、ニコンに及んでない、ということは全く無いとわかるのでご安心を(笑)
このレンズ達が使いたいからソニーから離れられないんです。

レンズをそろえないと不公平だ、という意見はわかりますが、ソニーの方が画質で劣っているはずなのにおかしい、という意見はどうなんでしょうかね?

>αロメオさん

具体的な回答(経験)ありがとうございます。
非常に助かります。
一言一言が私のソニーに対する懸念事項を全て経験値で明確に否定して下さり感謝致します。
色味が基本ニュートラルというのは実にありがたい。
ソニーもプロサービス(どこまでやれるか未知数ですが)を始めるという事ですし、
この際「α7R」の方を購入してみようと思います。
私も初めて写真に関わった時から、
中盤ハッセル&ツアイスでシゴかれ鍛えられた身なので、
またツアイス銘柄のレンズが使えると言うのは非常に楽しみ。
久々に趣味性を含んだ楽しい買い物が出来そうです、
ありがとうございました^^。

私もαxi さんがおっしゃるとおり、レンズの違いはあれど実在するレンズとカメラでこれだけの解像度と高感度の結果が「事実」としてあるにも関わらず、キヤノン、ニコンのほうがトータルの画質は良いはずだという「憶測」で一部の方が語っているのが非常に残念に感じます。
それではこういったサイトの意味が全く無いことになってしまいますよね。

どうしても「ソニーのレンズはキャノンニコンに比べて劣っている」という前提で話している人達が多いようですね。確かに選択肢の多さなどではソニーはキャノンニコンに遠く及びませんが、質そのものは決して劣ってはいませんよ。Eマウントも初期の何本かは質の悪いと言われてもしょうがないレンズがありましたが、最近はどのレンズも大きさと画質をバランスよく纏めてきており「レンズが悪い」と言われるような事はないと思いますが。
まあ「レンズが違う」と言うのは事実なので、そこは確かに揃えるべきレビューだろうなとは思いますが、「レンズはソニーは劣っているので全体で見ればα7R画質は良くないはずだ」と言う意見はどうなんでしょうか?

このレベル(高レベル)のカメラになると描写にそれぞれ特徴があって、どれが良くてどれが悪いということではなく個人個人の好みで評価が分かれてくるのだと思います。但し、Donさんが指摘されたように赤布の写真で解像度が高い機種(a7Rとか645D)は瓶の写真では立体感が若干乏しくなる傾向はあるようですね(もちろん使用するレンズによっても立体感の表現は変わるのでしょうが)。その辺りでバランスを取るのか解像度一直線で行くのかは各メーカーの考えかた次第なのかもしれないですね。私的には、この中ではRX1RかD800Eあたりが解像度と立体感のバランスが取れていて好みですが、こればっかりは人それぞれだと思います。

画質面等、良いカメラであることを否定している方はいないと思います。
ただ、むしろソニーユーザーの方が過剰反応しているような気がします。
こちらで批判をされている方は、ソース記事がα7Rの凄さを他機種と比較する上で、片やベストマッチで撮影し(純正ツァイス)、片やサードパーティー製レンズで撮影したもので比較してしまっている不十分さを指摘していると思います。
焦点距離然り、ピント位置然りです。
仮に焦点距離の違うレンズだとしても、近い焦点距離の各社の純正ベストレンズで比較していれば・・・と残念でなりません。
別に使用したシグマのレンズが悪いとかではなく、純正同士のベストマッチには及ばないことが、正当な評価にならないってことではありませんか?
個人的には、重箱の隅をつつくように、アレが良い、コレが悪いなどとそこまでの必要性は感じていませんが。
ちなみに当方、メインカメラはニコンですが、ソニーも使っており、一方に肩入れしてみている訳ではありません。

α7を初めとしたEマウント用レンズは開発者の方も絶対性能を求める設計ではなくコンパクトさと十分な性能の両立を目指したもの、といった旨の発言をされています。
これはFEツァイスレンズも例外ではない筈です。

では、絶対性能を求めたレンズは何かと言えば、それこそがAマウント用のツァイスレンズでしょう。

α7Rにおいても、光学性能を第一に考えたチョイスをするならLAEA3(TLM無しのレンズアダプタ)を噛ましてAマウントレンズの最高峰を付けた構成にするべきかと。

NEX7などの他のEマウントは70macroで撮ってますから、今回はLAEA3が調達出来なかったのかもしれませんね。
マネキンのサンプルが出る頃には調達出来ていると思われますので、純粋な比較はその時までおあずけということでしょう。
各社のベスト純正レンズでの比較、となるとレンズ性能やカメラ内補正の問題も出てきますので、「リファレンスレンズ」としては70macroで問題無いかと。

>Rocky-Li さん

いえいえ、私感ですが、何かの参考になれば幸いです。
私は未だに7か7Rで迷っていますが・・・
肌の描写は7R公式HPのサンプル、FE55mmの外人モデルのものが少し参考になるかもしれません。
スカートの隙間から覗く脚の質感がしっとりとしていて好みですね。(変な意味では無く・笑)
同じモデルさん、7のほうの瞳の描写も悪く無く、色再現やDRが7のほうが良い気がするので迷っています。

良いフォトライフを!

ただただ645Dの凄さがわかる

マウントアダプタでキヤノンのEFが使え、AFも利くようなので俄然ほしくなってきました。
現在5D3を使っていますが、高画素機がなかなか出ない、出ても高額になりそうな状況では、軽い・安い・高画質のα7Rがとても魅力的です。

各社の純正レンズによる比較画像がでましたよ。

http://www.cameralabs.com/reviews/Sony_Alpha_A7r/Sony_A7r_vs_Canon_EOS_5D_Mark_III_noise.shtml
http://www.cameralabs.com/reviews/Sony_Alpha_A7r/Sony_A7r_vs_Nikon_D800e_noise.shtml

Nikonユーザーにとっては、ちょっと残念な結果かな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年11月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーCyber-shot RX10のスタジオ&屋外のサンプルが掲載」です。

次のブログ記事は「リコーイメージングが「HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る