富士フイルムが1月のCESでX100Sのブラックボディを発表?

Fuji Rumors に、富士フイルムX100Sのブラックバージョンに関する噂が掲載されています。

All Black X100S at the CES (January)?

  • この記事のタイトルで、日本のソースが送ってくれた情報の全てが明らかになっている。1月に開催されるCESで、防塵防滴のXシリーズのカメラと共に、富士フイルムはブラックのX100Sも発表するかもしれない。

 

X100も後からBLACKリミテッドエディションが発売されたので、X100Sでも同様のパターンになるのかもしれませんね。X100発売時にはブラックボディの要望が非常に多かったように記憶しているので、X100Sのブラックボディを待っている方も結構多いかもしれませんね。

あと、防塵防滴のXシリーズのカメラは、例の一眼レフスタイルの新型機のことだと思われます。このカメラは、ダブルカードスロットを採用し、X-Pro1とX-E2の中間に位置すると噂されているので、かなりの高性能モデルになりそうですね。

2013年12月 5日 | コメント(13)

コメント(13)

x100sのブラックバージョンカッコが良いですね。でも新しいAPS機に期待しています。早くデザインを見たいです。誰か情報を宜しくお願いします。^_^

いつも終わりかけに黒出すのやめて欲しいな〜。
最初から出せばいいのに。
ペンタックスみたいに1ヶ月差くらにならんのかな・・・。

防塵防滴機、バリアン液晶なら即購入するのですが。

きっとメーカーの人は塗装品質等で大変なのでしょうが、100Sの値段がこなれてきた頃に定価でブラックボディを出されても、うーん…となるばかりです

X100の時は黒塗装は歩留まりが悪く~、と限定であることの言い訳してましたが、X-Pro1とか黒しかない訳でホントは賞味期限切れ前のテコ入れにしか見えなかったり。あと、X100の銀も塗装な訳で、しかもそこそこ禿げちゃったりしますよね。

>>とおりすがりんさん
X100ブラックとそれ以外のXシリーズのブラック塗装は、塗装の仕様が全く違います。

今頃black出してもね。もうX100の定着してしまって、あまり話題性もないし、製品末期の話題つくりでしかない。
出すなら最初からラインナップに入れるべきだ。

出し惜しみの限定ブラックよりも、青っぽいシルバーをどうにかしてほしい。

X100のブラックはX-Pro1より、格段にお金のかかった塗装らしいです。実際質感はずっと良いですよ。
X100Sブラックもそれと同じ仕様ならプレミア価格になるでしょうね。
実際、X100ブラックは高価だったはず。

XF1にもニューヨークバーニーズコレクションと称してカラフルで特別な革を使ったラインナップを作ったように遊び心がありますね。
果たして、コンデジに一生ものの付加価値がいるのか疑問ですが・・・

富士フイルムのXシリーズの塗装の質が話題になっているので、私も一言。シャッターボタンを囲むようにして設置されている電源スイッチですが、シルバーの質がどうも安っぽく感じます。あれは樹脂に塗装しているんですか。何であれ安物プラスチックに見えて損しています。撮影は毎回そこから始まるんですから、開発者は電源の質感一つにしても十分注意を払うべきです。

>>n.nさん
シャッター周りのシルバーパーツは、金属パーツにクロムメッキを施したものです。

シルバーと同時にブラックが発売されていたら、とっくにX100Sを買っていたのに。フジの中の人にも早くブラックを出せとさんざん訴えたのに、手遅れです。商機を逸しているぞ。
(もっさりしたクラシックデザインもブラックなら締まってかっこいい!)

X100のLimited Blackのあの「漆黒の色」は確かに素晴らしかった。でも今になって出すのはどうかな、さんざん待って仕方なくライトグレーの色のX100Sを手に入れたけど、もう手放してしまった。
普通のでいいからブラックボディをサッサと出してくれればよかったのに、今はX20のブラックを使っていますヨ!



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このブログ記事について

このページは、2013年12月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デジタルカメラの販売不振が鮮明に」です。

次のブログ記事は「ソニーRX1の廉価版が将来登場するかもしれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る