ソニーが4-6週間以内にAPS-CのハイエンドEマウント機を発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーの新しいEマウント機(NEX-7後継機?)とAマウント機に関する噂が掲載されています。

(SR5) One High End E-Mount APS-C within 4-6 weeks. Two A-mount cameras to come within January and April.

  • ますます多くの信頼できるソース達が、近日中に登場するソニーのカメラに関する情報を提供してくれている。2014年の最初のカメラは、APS-CのハイエンドEマウント機であることが分かった(NEX-7後継機の可能性が高い)。このカメラは、4-6週間以内に発表されるだろう。

    このAPS-C Eマウント機の直後に、ソニーは2機種のAマウント機を発表する。これらのカメラが同時に発表されるのか、2つの異なったイベントで発表されるのかはまだ分からない。

    これらの噂は全てSR5だ。スペックに関する断片的な情報も得られているが、信頼できるソースによって確認されていない。近日中に信頼できる詳細情報を提供したいと思う。

 

APS-CのハイエンドEマウント機が登場するという噂が事実だとすると、フルサイズのα7・α7Rが登場した後も、APS-CのEマウント機は、これまで通りのラインナップが維持される可能性が高そうですね。

NEX-7の後継機が、NEX-7に像面位相差AFを追加した程度の小改良モデルになるのか、何らかの大きなモデルチェンジになるのか興味深いところです。

2013年12月20日 | コメント(55)

コメント(55)

16-70も出たいま、apsc版のEM-1であってほしいです。

77とNEX7で学習した事への回答をしっかり出してもらいたいです。

コレが訴求力の強い機種になると、α7の画質やNEX6の手軽さが
逆に魅力的に見えて、ソニー全体で盛り上がるキッカケになる
と考えているので、気合いを入れたヤツを出してほしいです。

ニコンはスキがない反面、オモシロさがほとんどない。
ソニーは何をしでかすかわからないのが本当に魅力です。

いよいよですか、NEX-7のシャキシャキした挙動と都会的サウンドが温存されてることを祈ります。

APS-CのEマウント出るんですねー!
かなり期待しています!
年明け早々にでも発表してくれないかな。
NEX7購入計画は中止になるかどうかは、
新しい機種の値段次第というところですかね。

NEX-6が出ている以上、小改良って事は無いでしょう。NEX-7の欠点はAFが遅くて迷う点と、画素数が多過ぎて高感度やブレに弱いこと、バッテリー、熱問題、それに何よりも、動画ボタンの位置でした。しかし、これらはNEX-6でほぼ解消しているので、改良と言っても、バッテリーのもちを良くするとか、AF速度•精度の更なる向上、あるいはEVFのタイムラグ縮小くらいしか思いつきません。つまり、小改良ですね…。それとも、あっと驚く何か、積層センサとか…があるんですかね?

不可能なんじゃないかと目されているボディ内手振れ補正がNEX-7後継機に組み込まれていたら、それはもう驚きで、絶対に買い!になると思います。

夢見せてほしいですね!

まず興味があるのが、すでにNEXという名前は消滅してしまったので、これがどういう名前になるのかですね。それと最近はどこの会社もミラーレスのフラッグシップを一眼レフ型にして成功してきているようなので、これもそれを踏襲して行く気がします。A7のEVF搭載だと思いますが、レンジファインダースタイルだとボディーがかなり大きくなってしまいそうですし、評判の良いVarioTessarをキットレンズにしたDSLRスタイルが合理的な感じがしますが。

APS-Cは16-70mmのリリースをもって塩漬けなのかと思ってましたが、まだ何か出るのですね。

位相差AF,高解像度のEVF,Wi-fi,ホットシュー辺りの違いではないでしょうか。
ボディ内手ブレ補正の有無が大きいですね。

お、ILCE-6(α6)ですね☆
α7をあの価格で出した上で、
どんな価格設定になるのか楽しみです。

Eとαを統合する気があるならEマウントはボディ内手振れ補正にして欲しいし、内蔵する気がないならせめてタムロンから出すαマウントのレンズから手振れ補正機能を抜くという奇行をやめて欲しい。

像面位相差AFの搭載、高感度耐性の向上、この2点がしっかり改良されていれば、それだけで十分購入決定機種です。
加えて、ISO上下限、低速シャッター下限の設定ができれば万々歳ですね。

とりあえずデザイン、サイズ、シャッター音だけは現状を守ってください。これら要素とボタンの押しにくさがα7を購入1週間で処分した理由です。

ソニー様、宜しくお願いしますm(__)m

電子先幕シャッターとセンサーシフト式手ブレ補正の両方を実現するのはかなり難しい気がします。電子先幕シャッターはセンサーとシャッターユニットの相対的な位置関係が少しでもずれるとうまく同期できないはずですので、センサーシフト手ブレ補正を同時に実現しようとするとシャッターユニットごと動かさないといけない。小型ボディでそれをやるのはちょっと現実的じゃないと思います。

2000万画素くらいに抑えて
像面位相差で性能UP
高感度耐性、連写UP

画素数微増でローパスレス
APS-Cでもギャップレスオンチップレンズ

どっちでも魅力的だけど・・・

いよいよ、NEX-7スタイルの改良機が出そうですね。
スナップカメラは、このスタイルでなくちゃね。
ネオ一眼スタイルは、普段の携帯にかさばるし、左目の視界が遮られる量が多くて、全く使いにくい。
EVFが格段に進歩して、一眼レフのように、ファンダーに集中して、被写体を追うことができれば、問題ないのだが。
小型で、操作がやりやすいよう、機能デザインを洗練してほしいものである。

NEX7は半年以上前にマイナーチェンジされるべきカメラでしたが。

オリンパスと連携した5軸手ぶれ補正が載り
アダプタかハイブリッドでα77相当になり
Aマウントレンズが使えるカメラが理想ですが
どうなることやら。

α7Rは電子先幕シャッター無しですし
手ぶれ補正内臓のためにこれを省くことは
十分考えられると思います。

Eマウントでボディ内手ぶれは夢ではありますが実現はしないでしょうね。理由は小型化・熱対策。あちらを立てればこちらが立たないものですね。

マウントアダプターで様々なレンズが使えるので、Eマウント純正レンズの優位性のひとつとして「手ぶれ補正内蔵」を要素にする戦略もあるでしょうし、まず絶対に搭載はないと思っておく方が、搭載された時の喜びが倍増するかもですね。

RX10みたいな筐体だったら、来年早々に予定していたマウント換えを踏みとどまるぞ!

ソニーのミラーレスは、小さいところが長所なのでしょう。
しかし最近α7Rを購入した友人5人(知り合いが一度に5人も買うカメラなんて希有な存在です)は、いずれも縦位置グリップVG-C1EM付きで使っています。
理由は彼ら曰く「本体だけでは小さ過ぎて扱いにくいから」。
NEXシリーズの小ささは、本当にユーザーの求めるところなんでしょうか?
ボディ高を1センチ嵩上げするだけで、ここで皆さんが議論しているボディ内手ブレ補正機構など、内部スペースの意味では余裕で解決すると思うのですが。
フォーサーズでできているのだから、APS-Cなら技術的にも可能でしょう。
私はNEXもα7もEVF部を除く部分の高さが足りないと思っていますが(指が余る感じは好きでない)、ソニーがボディを大きくする決断をすれば、私は英断だと思います。
ソニーファンは今の小ささが良いのですか?

>RAVENさん
大きく使い易いカメラが良いのならばAマウントを使えば良いですからね。オールドレンズを使う母体としてEマウントカメラを求める人は大きな持ちやすいボディを求めるのでしょうけど、個人的にはα7の形状ですら「無駄にスペースを取る邪魔な突起」と思ってしまいます。EVFレスの更に小型化したフルサイズEマウントなんて有っても良いんじゃない?とすら思います。EVFは外付けにして必要な時にだけ付ける感じで。
NEXに関しては、ウェストポーチにレンズ付きでポンと入るレンズ交換式APS-Cカメラという点が魅力で購入したので、やはり小さい方が嬉しいですね。NEX7は現状登山やツーリングなどで風景を写すときには最高のカメラです。
APS-CハイエンドモデルはNEX7のデザインを踏襲したものになる事を期待します。トライダイヤルは慣れれば勝手のいい操作性ですよ。ただ、もう少しダイヤルは固くして欲しいですね。

RAVENさんの言う通り。
必要以上に小さくする必要はない。現行NEX-7より多少大きくてもいいから
今までにないようなハイスペックカメラ作ってくれ。

レンズに手ぶれ補正がある以上本体に補正はつかないのかな
6軸補正くらいのがついて、高感度も3200まで常用出来るレベルに慣ればなあ

私は今の小ささが、というよりα7に関してはもう少し高さが低くてもいいんじゃないか位に感じています。(技術的にはもう一杯一杯なのは開発者インタビューでひしひしと伝わってきますが)
もちろん、ボタンの配置や指の置き場所など操作性を追及すれば今よりもっと大きい方がいいのかもしれません。が、大きさをある程度妥協して操作性を追及する人に比べれば微々たる数でしょうが、操作性を多少犠牲にしても可搬性と出来る限りの高画質が欲しい私のような人間も居ります。こんな人間にはsonyの極端さが求めるところにカチッと嵌るんです。良いんじゃないですかね、すべてをそれなりでカバーするよりも用途によって特長があるカメラの方が。まあそれがαの叩かれる所以の一つな気がしますけど。消費者は自由な選択の権利がありますしね。

手振れ補正に関しては今回のNEX7後継機にも載らないでしょう。電池を新開発でもしない限り、ボディ手振れ補正載せたら今よりさらに電池の持ちが悪くなってしまいます。

もう答えは出ているのでは?1月に手ぶれ補正付きのEマウントが出るわけですし。

EマウントのボディはAPSCなのに小さいことがアイディンティティだと思ってるので
アレで良いと思いますよ、正直欲しいですし
大きくしたら存在価値がないじゃないですか、もっと小さくしても良いくらいですよ

そりゃレフ機と同じように使うには小さすぎると思いますけどね
自分は優先度と使い方や状況を考慮したらAマウントの方がより好みだって話もありますが

ついにNEX-7後継機登場ですか?

名前が気になりますね。α-Eなんちゃらとか

αーAなんちゃらとかにしたら、わかりやすかも?

α7R+縦グリは私もポートレートの時は使っています
が、常時縦位置メインにはしにくいです。
なぜならレンズ外さないとバッグに入らないし、(縦グリ無しならレンズご付けたまま収納できる)α77等の縦グリにあった通常と同じ操作性が確保できていないから。
シャッター、ダイヤル、カスタムボタンだけでファンクションや十字の操作ボタンが無く、一々持ち直して操作しなくてはいけないから面倒なのです。
α77の縦グリとほぼ同じ価格でこれはちょっと安っぽいなと思ってしまいました。
さて、NEXのハイエンド機というからには恐らくこちらにも縦グリが用意されそうですがどうなることやら…

Eマウントボディのコンセプトは、「いつでも持ち歩ける小型ボディに一眼クオリティの高画質が楽しめるカメラ」なので、ボディ内手振れ補正は搭載されず、レンズ内手振れ補正が継続されるでしょうね。

フランジバックが短いのでマウントアダプターを用いればオールドレンズの母艦となるが、MF(マニュアルフォーカス)になってしまう。ここは、更に進めてAFアダプターを開発してもらいたい。

EVFは、タイムラグが指摘されるが、これを解決するためパスト連写機能を搭載して欲しい。

画像処理エンジンはビオンズXでしょうからSSは1/4000までになるはずですね。
SONYいわく1/8000秒のシャッターを搭載すると一部レンズで手ぶれ補正が効かないそうです。
その上でフラッグシップとして出すならやはりボディー内手ぶれ補正が最も有効な気がします。
たぶんEマウントでフルサイズだとセンサーが動かすスペースが無いように思うのでAPSCのみボディー内手ぶれ補正にすれば住み分けできるのではないでしょうか。
小型に拘り機材を選ぶならフルサイズの望遠はかなり大きくなるのでAPSCの方が有利なシーンも多々あると思います。
作品やボケを活かしたい時にはa7、運動会など望遠を使うシーンではAPSCフラッグシップ機、普段はAPSCフラッグシップに明るい単焦点というのが理想です。

早く発表して欲しいですね~。
個人的には、以下マイナーチェンジで十分です。
・電池の長持ち
・トライダイヤルをもう少しだけ硬く
・Wifi、NFC対応
・軽量化、小型化(両方ともすでに十分ですが)
・液晶角度180度(自撮り用)

ボディ手ぶれ内蔵で大きく重く、電池持ちが悪くなるなら買うのやめようかな…

RAVENさん
>ソニーファンは今の小ささが良いのですか?

私(NEXユーザー)は小さい方がいいですね。鞄に躊躇なく入れられるし。
ご友人様は縦位置グリップをご使用とのことですが、何が魅力でα7を購入されたのでしょうか?sonyファンだから?話題性?もし小ささだとしたら、本末転倒ですね…

RAVENさん、それを選べるのがソニーの良さです。

ユーザーが付け加える事ができるのが魅力。

小さいほうから足す事はできても
大きいほうから減らすのは難しい

しかしあのデザインにNEX-7という名称は
良く合っているのに、別のいいネーミングは見つかるのだろうか。

私も小型化は度が過ぎると使いにくくなるので好きではありません。
高さはグリップの問題。幅は各ボタン、ダイヤル類の小型化やそれぞれのギャップが狭くなる事で使い勝手悪くなるし。
但し、厚さは薄くしていただけるのはありがたく思います。
α7の大きさは嫌いではないですが、こちらは何よりもボタン類の使い勝手が良くないと感じました。小型化がユーザーインターフェイスの悪化を招いたのなら、考え直して欲しいです。コンデジじゃないんだから、それなりの使い勝手は守って欲しいです。

フォーサーズの5軸手ブレ補正ユニットは
43の大きさで達成出来ているだけで
APSで実現出来るとは限らないのではないですか?

倍?近い重量を浮かすのに必要な推力
それを維持する電力、更にそれに伴う発熱等
仮にユニット単体で完成したとしてもクリアする課題は多いでしょう。

オリに2015年以降の新型素子を供給する見返りに
フルサイズ・APS用の手ブレ補正、ゴミ取りフィルター
を研究して貰ってるんじゃないかなーとか期待してます。

この手の技術を早く日本メーカーに実現して貰いたいですね。(43並の性能を43以外で)

海外のCES(1月)でNEX-7後継機のお披露目ですかね。
そして日本のCP+(2月)でAマウントのFF機とAPS-C機(α99の廉価後継機、α77の後継機?)というスケジュールでしょう。

Eマウントボディにボディ内手振れ補正を期待されるのは勝手ですが、ソニーはEマウントには軽量レンズでレンズ内手振れ補正OSSを搭載したレンズで行く方針なのはあのZeissレンズにOSSを搭載した事でも明らか。
ボディ内手振れ補正搭載ボディはあくまでAマウントボディであり、Aマウントの重量級レンズに補正レンズが無い事で多少なりとも軽く出来るメリットもあり、画質優先レンズを作れるという事ですね。
Eマウントはレンズ内手振れ補正(OSS)方式、Aマウントはボディ内手振れ補正方式(ひょっとするとオリンパスの5軸手振れ補正を入れてくるかも)ですよ^o^/。

RAVEN様のおっしゃるとおり、
「小ささは正義」かも知れませんが、
性能を犠牲にしてまでの小ささはどうなんでしょう。
α7にしてもRX-100にしても、小さくすることのデメリットを感じる部分があります。

「どの程度」という部分は個人差があり難しいのですが、もう少し大きくすればそういったネガが消えると思うのですが。

性能を犠牲にしてでも小ささを求める人もいるでしょう、人それぞれです。僕はNEXのコンパクトさは好きですね

NEX7の後継機が、現行のデザインを踏襲するのか、それとも海外での販売を重視してNEO一眼やa7デザインになるのかが大変気になります。個人的希望は現行デザインを踏襲して欲しいです(でないとガッカリです)。a7の大きさについてはソニーストア大阪の人からカバンに入ることを重視したと聞きましたので、あれはそういうコンセプトなんでしょう(その為の犠牲もあるとは思いますが)。ちなみに私の写真のお師匠さんからは風景写真を撮る時は同じ対象物でも必ず横位置と縦位置の両方を撮るようにキツク言われますので縦位置の撮影のし易さもカメラには重要ですね。

使いやすい大きさを求めるなら手ブレ補正も付いたAマウント機をどうぞ、ということなんでしょう。
小型軽量化への追求を止めたらソニー機にこだわる必要もなくなります。
コンベンショナルな物が欲しいなら、それこそ他社機でいいんじゃないでしょうか。

楽しみですね。 出来れば今のNEX-7のデザインに近い状態で出してほしいってのが本音です。
α7とかみたいなデザインでしたら購入しないかもぉ

α6R:画素数据え置きでマイクロレンズをα7Rのように
α6:16MP像面位相差、TLMマウントアダプタ併用でダブル位相差可
だと面白いですね
α7、7Rのように上位機種は同一ボディでセンサー2タイプがいいと思います
α99もD4センサー版とD800センサー版の二種類体制だったら大分評価が違っていたと思いますし
共通点として五軸手振れ補正搭載で従来レンズと協調して空間光学手振れ補正化とかどうでしょうか
これならセンサーのシフト量を減らせてサイズアップを防げます
それにBIONZXの搭載とEVFの小改良でしょうか
もとが良い出来なので大きく変えずにこの間に出て来た技術を入れるだけで良いと思います
サイズは奥行きは+5mm以内、高さは最低限現状維持だと小指が引っ掛けられるのでα7より持ちやすいかな
奥行き伸びても蒲鉾板部分の厚みは維持してもらえるとグリップや操作系は良さそう

古いレンズをそのままフルサイズで使いたい人にはα7はいいけど、専用レンズでシステム揃えて実用にするならAPS-Cがいい。
せっかく認知されたNEXという名前を止めるということは、APS-Cもフラッグシップはα7のようなDSLR風デザインだろうか?
ソニーEはAPS-Cは10-18mm(15-27mm相当)・16-70mm(24-105mm相当)といいズームレンズがあるから、後は50-135mm(約70-200mm相当)のテレズームをそこそこ小型で出せば、お仲間のオリE-M1すら蹴散らせる・・・

多数の方がNEX-7後継機を待ち望んでいるようですが、NEX-6後継を望んでいるのは私だけでしょうか(^^;
モードダイヤル厨と言われてしまえばそれまでですが…。

「APS-CのハイエンドEマウント機」の発表ですか。
事実なら、またまたワクワクさせてくれますねえ。
1.NEX-7のスタイルの踏襲。α7のような軍艦部EVFを採用するなら、それが突起しないように、天面を上げて、平らにして欲しいです。そのために、サイズが少し大きくなるのは仕方がないです。その分、液晶モニタが大きくなるのであれば、視認し易いかも。
2.「登録呼び出し(MR)」機能。
3.「3軸チルト液晶モニター」搭載。
4.「撮影結果プレビュー」搭載。
なら、申し分無しです。

 「驚きを与える商品作り」と予告しているのだから、EマウントもAマウントも、APS-Cセンサーの縦を横幅と同じに伸ばして正方形センサーにするぐらいのことはしてほしいな。以前に噂になっていたことだし。待たせないで、直ぐに実現してもらいたいですよ。
 EVF化の長所が、縦/横/正方形自由自在マルチフォーマットになれば明白なので、少しはEVF化への批判が和らぐでしょうし。RAWには全画素を記録しておいて、現像時にフォーマットを変更することが出来るようにすれば、ものすごく便利ですよ。縦位置グリップが売れなくなって困るかもしれませんけどね、メーカーとしては。

いいですね。楽しみです。
先日α7を購入しました。フルサイズでファインダー付きをこの大きさ重さに抑えたことに驚きつつも、やはりNEX-5系と比べると大きく重いのも事実です。
NEX-7後継機には是非期待しています。
キットレンズにE16-70ZAというのも良いのですが、16-50くらいでF4通し、長さ50~60mmで重さ150~200gくらいのGかZA、全部込みで500~550gくらいが私の理想です。

電子職人さん

 フルサイズ(35.8×23.9)のα7(R)、APS-C(23.5×15.6)で切り出すことを考えれば、縦/横/正方形自由自在マルチフォーマットと考えることもできますよ。

 最初から(23.5×23.5)と思って撮ればですが。

ん?これってILCE-3000の上位版ILCE-7000ていう可能性はないでしょうか?NEXの名前は変わってもNEXスタイルは継続して欲しいので別系統で分けてもらいたいですが、そうするとEマウントカメラだけでも3系統(フルサイズ、APS-C一眼タイプ、APS-Cかまぼこ板タイプ)に別れるのは開発リソースを分けすぎてる感がありますね。

NEX-7スタイル継承なのか、
それともα7のような一眼レフスタイルで行くのか
まだ分かりませんが、
E10-18mmF4、E16-70mmZA、E18-105mmG、
ポートレートとして使える55mmF1.8ZAなど
新しく登場したFEレンズとのマッチングを考えると、
α7に近いファインダーが欲しくなる気がしてきます

さらに、待望の望遠FE70-200mmF4Gも出るとなると
NEX-7スタイルはやや役者不足になる事も考えられます

個人的にNEXは手になじみませんし、α7はなんかゴツゴツしてて操作系が洗練されていないように感じるので、新型が今までのスタイルを継承しても、α7系のスタイルに刷新されてもどっちも微妙で、嬉しさ半減。サイズと操作性はトレードオフだと諦めずに、コンパクトでも手に馴染む扱いやすい機種になることを願います。RICOH GRは小さくてもそれなりに扱いやすいでしょ。

普段使いにはどうしてもAPS-Cのほうが扱いやすいので、優先的に購入を検討しますが、ショボい小改良なら、α7にいっちゃうかもです。

Aマウント機には3軸バリアングル&タッチパネル&AF域像面8割のEOS70Dキラーをお願いします。

名前も、デザインも、スペックも、気になりますねー。
名前はα5/5Rと勝手に予想。
5以下はAPS-C、6以上はフルサイズかと。
自分は今以上に大きくなってほしくありません。

多くのペンタ部ファインダーに否定的な方々のなかには、ペンタ部の有無ではなくペンタ部のデザインをもっとかっこよくしてほしいと思う人も多いのではないかと思います。好みも様々でしょうが、あんな形なら無いほうがよほどいいという方もいるでしょうし、まともなデザインであったなら、これもありだなと言うと人も増えると思います。仮に外付けであのデザインであれば我慢してファインダーレスで使う方も多いのでは。

ファインダーのないカメラは日本以外だと売れ行きがシブイということなので、もしかしたらNEXリニューアル版は型番に関係なく、すべてEVF付きになるかもしれないですね。
3と5のリニューアル版については定価が少しあがるかもしれないですが。
サイバーショットシリーズだけがEVF外付けになるんじゃないかと。

EVFをオプションで用意する選択肢もあると思いますが、それでいいのなら現行のミラーレスの評判がイマイチにはならないはず。


個人的にボタンが少ないと感じるので、左手側にもボタンを複数用意してほしいですね。

RX10のデザインのような レンズ交換式Aマウントカメラが出る事を期待します。

まあ、NEX6買ったばかりですが・・
動画ボタンの使いにくさがあるので・・良いのがでたら買いたいですね

大きさは縦横はいまの大きさでまあ、いいのかな?厚さがもう少しあった方が持ちやすい気がします・・

5と6の微妙なさで6が持ちやすかったので・・

サイズはAPS-Cで十分なので・・・
ただ皆さんが意見されてるグリップですが、たしかに合った方が持ちやすいのですが・・(社外品の5用グリップがつかいやすかったので)鞄に入らなくなるので・・(´゚∀゚`;)やはり今の大きさの全体に5ミリくらい大きいくらいが自分はもちやすいですね・・そのくらいなら鞄の隙間にも入るので・・
ファインダーはα7の・・・なんでとんがり帽子が必要か?見栄えはいいのですが・・・微妙ですかね・・
屋島ファインダーみたいだとカッコが悪いかも・・でも、扱いはよさそう・・・
メーカーもなやんでいるのかもしれませんが・・EVFならどちらでも可能でしょうから・・


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2013年12月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンの高画素機フルサイズ機はフォトキナで登場?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが2本のIS付きの24-70mmを2014年に発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る