ツァイスがEマウント・Xマウント用のTouit 2.8/50Mを正式発表

ツァイスが海外で、ソニーEマウントと富士フイルムXマウント用の「Touit 2.8/50M(50mm F2.8 Macro)」を正式に発表しました。

Zeiss announces Touit 50mm F2.8 Macro for Sony and Fujifilm mirrorless

  • ツァイスは、Touitファミリーのレンズ群に、50mm F2.8 Macroを追加することを発表した。Touit 2.8/50M はAPS-Cのミラーレスカメラ用に設計されており、ソニーEマウントと絞りリング付きの富士フイルムXマウント用が発売される。最大撮影倍率は1:1だ。他のTouitのレンズ群と同じように、このレンズにはAFが搭載されているが、手ブレ補正は採用されていない。
  • 2.8/50M の推奨価格755ユーロ(付加価値税除く)または999USドルで、2014年3月に発売される。
  • ツァイスTouit 2.8/50M のスペック
    - 11群14枚
    - 最短撮影距離0.15m
    - 最大撮影倍率1倍
    - AFはマイクロモーター
    - 距離目盛り、被写界深度目盛りはなし
    - 重さ290グラム
    - 最大径65mm
    - 全長91mm
    - フィルター径52mm

 

昨年の秋に、ツァイスの副社長がこのレンズの発表を予告していましたが、無事に正式発表されたようです。ソニーのEマウントには中望遠のマクロがまだ無いので、このレンズは貴重ですね。Xマウントには60mmマクロがありますが、これはハーフマクロなので、本格的な接写をしたいXシリーズのユーザーにも魅力的かもしれません。

2014年1月30日 | コメント(13)

コメント(13)

SONYは純正で中望遠マクロ出さないのかな?
ピーキング機能使えばMFでも問題ないから、
このお値段なら買います。
作例早く見たいですね。

50ミリですか。
もう少し長いと嬉しいですがね。
マクロプラナー100ミリに憧れて
いたものですから。

マクロの場合はAFでも最終的にはピントの手動での微調整が必要なのでピントリングの可動域が大きくとってあるかがチェックポイントになると思います。取り敢えずはフルマクロなのは良いことですね(Xマウント用やコシナツァイスがハーフなのは等倍にするのは技術的に難しい面や画質を損なう危険があるのかな)。あと、Eマウント用にはマクロが得意なタムロンが本格的なのを出せばいいのにとは思いますが。

Eマウントに手ブレ補正がつく噂が
来ましたが、
付けばこの50マクロや55 1.8の
輝きが増しますね。

対抗はXF60mmなんでしょうけど、XF60mmはF2.4で1段明るいのと、
遠景がかなりいい写りなので、望遠ポートレートにとてもいいです。マクロとしては使ってません。
ツァイスは等倍であることが、利点でしょうか。(XF60mmは、ハーフマクロ)

埃が付きやすいデザインをどうにかしてほしい。

APS-Cで等倍ってのはどういう意味でしょうか?
例えば15mmの被写体が23.6mm×15.6mmの撮像素子上に15mmの大きさで写るという意味でしょうか?
それとも所謂フルサイズに換算されて10mmで写るという意味でしょうか?

アミーゴ さん
等倍はその名の通り映像素子上に等倍に写ります。
APS-Cでもマイクフォーサーズでも同じです。

鈴峯さん、ありがとうございます。

等倍ができるのは良いですね。現在、コシナZeissの50と100を使ってますが、両方ともハーフなので。特に100mmで等倍が出来ないのは痛い。F2でなくてもいいので、等倍にして欲しかったな。

コシナツァイスとY/Cツァイスのマクロプラナー100mmの描画比較を価格COMサイトで以前見たら遠景を撮るとハーフのコシナの方が綺麗でしたね。マクロの時は等倍のY/Cの方が良かったです。たぶん一長一短あるんでしょうね。等倍だとマクロ専用になってしまうのかな。あと、このTouitマクロにはマクロプラナーの名前をレンズ正面に刻印してくれるのかな?。

あとはいつ発売なのか、ですね。
商業ベースでも4月はありえないので遅くとも3月、ふつーなら2月発売でしょうか。

12mmを使ってます。
本当に、安っぽいゴムローレットをなんとかして欲しい。
隙間は空いてるし、滑るわで使い勝手をあまり考えていない仕様です。
別売のローレットを用意するとか、使う身を考えた改善をお願いします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2014年1月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーがヨーロッパ公式サイトでEマウント機のボディ内手ブレ補正について言及」です。

次のブログ記事は「オリンパスがドットサイトで動体を追尾できる高倍率ズーム機「SP-100」を海外で発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る