パナソニックがGH4K を2月7日に発表?

43rumorsに、パナソニックの4Kのm4/3カメラの発表日に関する噂が掲載されています。

(FT5) Official GH4K announcement on February 7!

  • 2人の信頼できるソース達によると、パナソニックは新しい4Kマイクロフォーサーズカメラを2月7日に発表する。既にご存知のように、このカメラの価格は2000ドルをわずかに下回り、そして驚きの200Mbpsのビットレートと、ALL-I イントラモードを搭載している。

    CESで見てきたように、新しい大きなマーケティングワードは "4K" だ。4Kカメラ、4Kテレビ、4Kウェアブルデバイスなどなど。

 

パナソニックの4Kマイクロフォーサーズ機は、インタビューで今年中の登場が示唆されていましたが、2月7日の発表が事実だとすると、かなり早い時期の発売となりそうですね。

CESで展示されたパナソニックの4KカメラはGH3そっくりでしたが、製品版で変化があるのかどうか興味深いところです。

2014年1月28日 | コメント(24)

コメント(24)

用途や放熱問題などを考えれば、大型化を正当化できる機種ですね!
X-T1と見比べてガッカリしない操作系にして貰いたいものです。

来週末ですか。
となると、今週中には結構な噂が出てきそうですね。
場合によっては来週頭位には実機写真のリークもあってもおかしくない気が。
考えたらCP+まで二週間チョイなんですよねえ…

パナは着々と自分の道を歩んでる感じ。
動画には全くと言っていいほど興味がありませんが、
こういうメーカーのポリシーも嫌いじゃないです。

GH3の時も思ったのですが、ほぼ動画用途向けに作っているのであれば、ビデオカメラの形で作ったほうがいいのでは?と思います。
せっかくAF-10xのラインもあるわけですし、そっちの方がIFとかも充実してて使いやすいと思うんですけどねぇ

用途も価格帯も異なりますが、当然にSONYのAX100を意識してるのでしょうね。

H.265なんかな?

TENCHOさん、

動画撮影は動画用のカタチのカメラのほうが良いのは誰でも感じていると思います。
スチルカメラと共用しているのは、販売数に対しての開発費や型代が出ないからじゃないですか?
スマホと同じように4kカメラを皆が買えば、動画撮影専用スタイルの機種がどんどん作られることでしょう。

いよいよですね。収録コーデックはどうなるんでしょう?AVCベースなんでしょうけど、ソニーのXAVC S的なコンシューマー用の4Kコーデックを用意してるんでしょうかね。GH4Kは業務向けの位置づけという噂もあったのでどうなるか気になります。

あとボディがビデオカムコーダスタイルじゃないのはビデオカムコーダのAGAFがぱっとしなかったってのもあるでしょうし、キヤノン5DMK2以降は一眼レフスタイルのカメラで映像制作するのは普通になってしまったのが大きいでしょうね。一眼スタイルなら流通的にはデジカメコ売り場に置いてアピールもできますし、モックがGH3そっくりだったというのを考えると開発コストの圧縮という面もあったり、そんなこんなで写真機の形にしてるんじゃないでしょうか。

TENCHOさん、案山子さん

youtubeでも既にハンディカムタイプより一眼タイプの方がずっと多く使われ支持されているという事情もあるのでしょう。

それに業務用カメラとして評価が高いキヤノンのC300やREDのスカーレット、BMDのPMPCはいずれもハンディカムより一眼スチルカメラに近い設計になっています。

キヤノン・C300
http://blog.planet5d.com/wp-content/uploads/Canon-C300-test-shoot-1.jpg

RED・スカーレット
https://s3.amazonaws.com/red_3/images/pages/products/scarlet/overview_1.png

BMD・BMPC
http://viewfactor.net/Wordpress/wp-content/uploads/2013/08/CONTINEO_BMPC_WGRIP_PL_3.jpg

GH4Kはこういった近年のトレンドを反映しているのでしょう。
典型的なビデオカメラ型より需要がありますので。

ビデオカメラ持ちながら街を歩くのは抵抗があるので一眼レフタイプがいいです。

ぎゃーとるさん、それは一眼型が動画にも適しているのではなく、現状では高画質機種が一眼型にしか無いので、我慢して使っているという構図ではないでしょうか。
動画と静画では必要な操作が違うので、おのずと最適な道具のかたちも違ってくると考えるのが自然だと思います。

C300やREDの形は、ENGカメラ等に要求される究極の動画に比べればずっと静画に近い用途であるし、そもそも単体で使用されるものではなくレンズの支えと共に架台に載せて使うのが前提なため、そのようなバランスの形状になっていると思います。

ぎゃーとるさん

いつものデジ一眼型シネカメラ、ビデオ型シネマカメラの論争になるのですが一眼型シネカメラはデジ一眼カメラの延長として受け入れられやすいのではないかと思います。

価格もシネ専用カメラと比べて1/10くらいの価格です。
ここで仮の話ですが撮影できるフォーマットなどは同じとして一千万から500万クラスのデジ一眼型シネカメラと300万のビデオ型シネカメラがあったとしたらどうでしょう。 みんな形より安価な方を使用すると思います。

現在のシネカメラの業況を見ているとこのような状況になりつつあるのではないかと思います。

案山子さん
それは違います。例えばSONYからもαレンズ交換式のビデオカメラ(VGシリーズ)が出ていますがプロでもハンディカム型ではなくスチルカメラ型(α99やNEX-5など)をわざわざ選んで利用してる人の方が多いです。また、REDから出ているカメラもRED EPICはビデオカメラ型なので決して一眼型しかないという状況ではありません。

CINEALTAさん
私の話はあくまでも個人で使う範囲の機材(ネイチャーやセミプロ、ハイアマチュア)を前提にしているので数十人でオペレーションするような一千万カメラは含んでいません。

いわゆる「ビデオカメラの形」は「動画に適した形」ではなく、かつての「記録メディアに適した形」の名残だと思います。
iPhoneのように同じ形のものが多いほどアクセサリーが豊富なように、一眼スタイルだからこそ広がる使い方があります。
そういった意味で、このカメラの存在は非常に大きいと思います。

広告等で「4K」の煽りが増えて、「4K」の響きが体になじんできたように感じます。
今まで「GH4と4Kを掛けてんのかい!ややこしい」みたいな感じでしたが、しばらく経って、この記事のタイトルの「GH4K」がGHシリーズの4Kカメラなんだなと、初めてすんなりと頭に入りました。
画素数が4倍と言う事は、従来の2Kに換算すると50Mbpsで、初の4KなのにGH3級の高ビットレートを搭載した!と言う事が売りだということなんでしょうかね

GH4Kの名称についてはGH4とAF-4kを掛けた名前ってことですかね・・・要するに両方のチャンポンであると。
恐らく動画専用機ではなく、スチルの撮影は可能になっているのだと思います。

実際GH4と言えるのはこの機種だけでスチル専用はGH5までスッキプされるようですし。

GH3が発売された時、パナソニックは、動画と静止画を両方撮れるベストバランスを提案しているように感じました。
私は、両刀遣いなので、大変重宝しています。
今回のGH4Kは、GH3が発売されてから1年ちょっとですから、外観は変わらないでしょう。
センサーや画像処理エンジンは当然、4K対応になるでしょうが、シャッターユニットがGX7用に変えられるのか、興味があります。
出来れば同時にGH3のファームアップを実施して欲しいです。

いよいよですね。
先日、4k動画専用機の購入を検討している後輩にSONYの4kハンディカムはどうかと尋ねてみたら、「あれはかっこ悪いし今はGH4Kに期待してる」だそうです。
その後輩が変わり者なのか、若いユーザー全体がそうなのかはわかりませんが、「プロも一眼スタイルのカメラで動画を撮ってる、ビデオカメラ型はレガシーでハンディカムはオモチャ」というイメージがあり、性能も大事ですが見た目もかなり重視しているとか。
私は4k機は見送りですが、各社映像比較、特にSONYとのガチンコ対決は楽しみですね。


ナンバリングの4は元からスキップされるから
GH5が先に出てたとしてもGH4kで出してたんじゃないかな
そもそもGH4kが正式名称になるのかわからんけど

去年のCP+パナソニックブースは、4Kはありましたが
20インチ程度の小型モニターに静止画表示でした
今年はどういう姿勢で来るのか?

あと一眼レフスタイルであることに関しては、
ソニー同様、しばらくビデオカメラスタイルとの
二面作戦でいくんじゃないですかね
キヤノン5D2が市場で受けたというのは事実ですし

GH4(し)だと縁起が悪いから、GH4kにしたのかと。
ふとそんな事が頭の中を過ぎりましたw
GもGFも4は無かったので。

200Mps、 ALL-I intraとありますね。GH5で、raw dataが扱えるところまで行ってもらいたい。

ぼくは、動画撮影時のファインダーの見難さゆえにGH3を手放した苦い経験があるので、この点を解決してくれたら入手したいです。

内部からの情報だとCP+に実機展示あるみたいですよ。
発売は春だとか。
楽しみですね!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2014年1月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが「XF56mm F1.2 R」を正式発表」です。

次のブログ記事は「ソニーα77後継機の価格はボディのみで1200ユーロ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る