パナソニックNOCTICRON 42.5mm F1.2はm4/3のレンズで最高の光学性能

ePHOTOzine に、パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.」のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Nocticron 42.5mm f/1.2 ASPH. Lens Review

  • 85mm F1.2 と比べれば、重さはわずか425グラムと非常に軽量でコンパクトだ。鏡筒は軽量な金属と高品質なプラスチックのバランスが良好で、ハイクオリティな仕上げだ。G3とのバランスは良好だが、よりコンパクトなm4/3ボディとの組み合わせでは、若干大きく感じるかもしれない。
  • フォーカシングはインナーフォーカスでフィルター枠は回転しない。AFは明るい場所では極めて速く、暗い場所でもレンズの明るさにかなり助けられている。
  • フォーカスリングは十分な重さがありスムーズに回転するので、微調整も快適に行うことができる
  • 絞りリングは1/3段ごとにクリックがあり、とても快適に使用できる。意図せず動いてしまわないように、("A"の位置で)ロックがあるとよかったかもしれない。
  • 手ブレ補正は、手持ちで1/5秒で、半分前後のシャープな画像が得られた。これはおおまかに言って4段分の効果で、このレンズは恐ろしいほど暗所での撮影に強い。
  • 解像力は大口径レンズの典型で、絞るに従って改善する。それでも、中央は開放からすでに素晴らしい値(excellent)で、隅はとても良好な値(very good)だ。F4からF8で画面全域でピークの性能になり、このとき、画面の隅々まで際立った解像力(outstanding)になる。
  • 色収差は極めてよく補正されている。色収差はF16で最も目立つが、それでもなお1/2ピクセルを下回っており、心配はない、
  • 周辺光量落ちは開放で1.67EVで、このような大口径レンズとしてはよく補正されている。F2.8以上に絞ると、見た目に均一になる。
  • 歪曲はわずか0.544%の糸巻き型で、極めてよく補正されている。この歪曲は直線的な被写体が画面の隅にある場合でさえ、見つけるのは困難だ。
  • 逆光では、開放で光源を画面内に入れるとわずかにコントラストが低下するだけで、フレアの問題は見られなかった。
  • サンプルでは、中央の解像力は開放から素晴らしく、F4からF8に絞ると、画面全域で見事なシャープさになる。開放時のコマ収差もよく補正されている。逆光では、開放でコントラスト低下が見られるが、F2以上に絞れば解消する。
  • 価格は現時点で1340ポンドで、多くの人にとって正当化するには高い。そうではあっても、レンズの性能と機能を考えると、価格に関してはそれほど悪くはないように思える。光学的には、高解像力で色収差、歪曲が少なく、m4/3の現行レンズの中でベストの性能だ。
  • 良い点: 開放から素晴らしい解像力、歪曲・周辺光量落ち・色収差が少ない、効果的な手ブレ補正、素晴らしい鏡筒の造り、絞りリング、高速なAF、現実的な価格。
  • 悪い点: 絞りリングがボディによって機能しないかもしれない。

 

解像力は大口径レンズにもかかわらず開放から十分に使える値で、少し絞ったときの解像力は見事な値ですね。歪曲や色収差はとても良好で、他のレビューで批判されていた周辺光量落ちも、まずまずの結果となっています。価格に関しては高いとしながらも、レンズの性能が優秀なため、ここでは肯定的に評価されているようです。

2014年1月27日 | コメント(16)

コメント(16)

夜景とブロンズ像の画像を表示したところ、
規格としては異例の高価格、ライカブランド
として期待する以上の鮮やかな発色に、
しばらく見入ってしまいました
これまでのライカレンズも発色は良好でしたが、
このレンズはその基準をさらに超えた気がします

なお夜景はオリンパスE-M5で撮影されており、
デジタル補正なしの参考になるかと思います

F2くらいまではかなりシャープに見えますが、それより絞ったサンプルで輪郭が滲んだように見えるのですが回折ですか?

中望遠域を好んで使っており、
つい昨日DP3 Merrillを購入しました。
この記事のタイトルを見て「早まったカシラ・・・」
と冷や汗が出たものですが、
作例を見て、ちょっとホッとしました。

解像感はさすがにFoveonには及ばないように見えます。
(センサーのサイズの素性も違うので当たり前かもしれませんが・・・)

ただ、明るさやボケ、そして手ブレ補正に加え、
使い勝手と取り回しに優れるMFTの各種ボディで
このレンズが使えるというのは素晴らしいことなので、
結局GX7につけるために欲しくなってしまいそうです。

近い焦点域なのに味付けが違うものが欲しくなる、
っていうのは沼の住人の業のようです。

絞りリングのA位置ロックは是非必要だと思います。富士フィルムのXマウントレンズでも誤って動きやすいと指摘されているところです。A位置にセットする時も解除する時もボタンを押すなどする方式が好ましいです。もっとも今のところ価格が高すぎて手が出ませんが。

追記:かつてキャノンのFDレンズは絞りリングのAマークにロックボタンがついていましたね。

http://www.ephotozine.com/articles/panasonic-leica-dg-nocticron-42-5mm-f-1-2-asph--lens-review-23872/images/highres-Leica425mmMTF_1390391455.jpg

リンクの記事のグラフが天井をブチぬいてて吹き出してしまいました。本当にすごいレンズです…。

パナライカは本当に素晴らしいブランドに成長しましたね。
m4/3は末長く使っていけることに確信を持ちました。

これは素晴らしい。
今までのサンプルを見て予約してますが、益々発売日が楽しみになりました。

1,340ポンド×170=227,800円?というのは今日の為替相場ですからですが、間違っていても責任は持ちません。

私には為替相場も、そんな高価なレンズは買えませんから、縁(円)の無い話です。

それでも、こういうレンズが、μ4/3シリーズに加わってくるというのは楽しみな、頼もしいものです。

ポートレートには最適でしょうね。

べた褒めですな・・・これはm4/3使ってたら確実買わないとって感じでしょうか?

国内予約価格が15万ほどなのでフルサイズ85mmF1.2~1.4に比較すると手頃な値段とも言えますがやっぱりμ4/3用としてはちょっと高く感じますね。
オリンパスの45mmF1.8と比べると6倍ですからね。

少し落ち着けば1,2万は下がるかな?

とは言え、画質的にはフォーサーズの松クラスに匹敵してるようなのでやっぱりコストパフォーマンスは高いかも。

他の実写評価では開放時の周辺減光が酷いと評価されてましたが実写を見る限りまずまずなのでここでの評価は妥当ですね。
(フルサイズ85mmF1.2~1.4クラスも結構酷いですし)

パナライカは17.5mmF1.2、25mmF1.2とこれでF1.2三兄弟を目指して欲しいですね。

墓石のサンプル画像は私好みで、どれくらい離れたところから写したのか気になります。
予約してしているので他の出費をどう切り詰めるかとか還付金はいくら位になるかとかつまらないことばかり考えています。

このレンズの発売予定をみて、ニコンからマイクロフォーサーズ(GH3)に切り替えたのですが、判断は間違っていなかったようです。
マイクロフォーサーズの弱点である被写体深度が深い故のポートレイトレンズに向かないといった概念を覆しそうで、楽しみです。
普段は広角を多用するのですが、それはスナップが中心で、頼まれての撮影も含め、真剣勝負時のレンズ換算85mmのレンズはぜひ必要です。
ちょっと高すぎたのが、残念でしたが、マイクロフォーサーズと心中するつもりで買います!

moumouさん
45mmマクロ……

moumouさん
25mmは既にF1.4があるのよ……

えまのんさん
45mmF2.8マクロは42.5mmF1.2や45mmF1.8とは守備範囲が違うので言及しませんでしたがこれも良いレンズですね。

ろいさん
25mmF1.4のリニューアルが有るならF1.2希望って解釈でお願いします。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年1月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-T1 + XF18-135mm F3.5-5.6 OIS + フラッシュの画像が掲載」です。

次のブログ記事は「富士フイルムの新製品の価格と発売予定日に関する情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る