DXOMarkにシグマ50mm F1.4 DG HSM のスコアが掲載

DxOMark に、シグマの50mm F1.4 DG HSM のスコアとレビューが掲載されています。

Sigma 50mm F1.4 DG HSM A Canon lens review: Art for Art's sake? 

テスト機は5D3 Sig50F1.4新 Sig50F1.4旧 Otus1.4/55 Planar50F1.4 EF50F1.4
DxOMarkスコア 35 29 38 25 27
解像力 21P-Mpix 15P-Mpix 21P-Mpix 16P-Mpix 17P-Mpix
透過 1.7T 1.6T 1.5T 1.5T 1.6T
歪曲 0.1% 0.4% 0.2% 0.5% 0.5%
周辺光量落ち -1.5EV -1.5EV -1.8EV -1.8EV -2.2EV
色収差  6μm 13μm 6μm 17μm 10μm

  • DxOMarkのスコアは35で、シグマのAモデル(新型50mm)は素晴らしい性能だ。解像力は非常に高く、歪曲は無視できる値で、周辺光量落ちは予想よりも若干小さい。画面の一番隅の部分ではいくらか色ズレが見られるが、色収差は良く補正されている。
  • シグマの新型の性能は、ツァイスのOtus1.4/55に非常に近いが、開放付近では、シグマは周辺部の解像力でOtusに及ばない。F2ではシグマはほとんどOtusと互角で、隅だけは及ばないが、実写での差は取るに足らないものだ。シグマの周辺光量落ちはOtusよりも少し良く、開放時の色収差も良好だ。
  • シグマの新型は旧型の50mm F1.4 をほとんどの点で苦もなく上回っている。
  • シグマ50mm F1.4 DG は、全ての点で同社の35mm F1.4と同じくらい良く、解像力と均一性では35mmを若干上回っている。欠点があるとしたら大きさ重さだが、価格は35mmと比べてそれほど高くはない。

 

シグマの新しい50mm F1.4 は、非常に高価なOtusに迫るスコアで、シグマの旧型やPlanar50mm F1.4などのOtus以外のレンズを大きくリードしています。

Otusとの比較ではSLRGear のレビューとほぼ同じ結果で、シグマは開放付近の周辺部の解像力では敵わないものの、それ以外ではほとんど差はなく、周辺光量落ちなどシグマが優っている点もあるようです。これは、Otusとの価格差を考えると素晴らしい性能ですね。

[訂正] 初出の記事でEF50mmのデータが1Ds3のものになっていましたので、5D3のデータに修正しました。 

[追記] DxOの信憑性やデータの見方などDxO自身に関するコメントはDxO全般の記事でお願いいたします。

2014年4月18日 | コメント(27)

コメント(27)

サードパーティーの新基準にキヤノンがどう答えを出すか楽しみです。
ニコンはボケや光点描写に特化した新58mmで「解像しなくてもいいもん!」と返答し実際に受けてますが、キヤノンはどう来るでしょうね。

DxOMarkの3点って大きな差のように思うのですが、開放解像度の差以外の要素を説得力ある形で示して欲しいですね。
プラナーと旧シグマの差も4点の理由がよくわからない。

Artシリーズの35mm F1.4やこの50mm F1.4の感じで28mm F1.4を作ったらどうなるか興味があります(個人的に28mmが好きなので)。しかし、最近のシグマはすごいですね。

オータスにがっかり
しかもシグマはAFなんですよね?

おーたすには所有する喜びがあります。ツァイスの信頼性もあります。シグマはメカ的な作りでは及ばないですが映りはとんでもないですね。AFはシグマですからね、オマケです。

ここ最近のシグマの頑張りはすばらしいですね。

安価(といってもそれなりの値段)なシネレンズを販売して、会社の下支えにすれば良いのにとか思います(笑

価格を抜きにしてもシグマの方が魅力的に思えるなぁ、自分には。

>猫 さん
たしかRED ONEのレンズはシグマのOEMだと記憶しておりますが…
http://jp.red.com/products/lenses
とにかく、シグマには頑張って欲しいです。

OTUSにがっかりというか、SIGMAがすごい。
これ見て、OTUS買う人は減りそう。
ブランドが好きな人はOTUS一択なんだろうけれど。

ありゃっ、解像度よさそうですね。
次世代の波が純正にも届いてくれないかな。
後は、D800でのスコア待ちかな。

確かに「シグマのAFはおまけ」に1票。
どんなに高解像度でも、ここ一番でピンがずれてたら
さみしいですね。


58mmを小さい枠の中だけ評価するのは、
間違っているでしょうね。
このレンズは、寄れないですが使っていて楽しい
レンズです。
色々撮ってみたくなります。
ただ、見た目(質感)はそれほどカッコいいとは
思えないのがさみしです。
カメラに付けても、イマイチ見惚れませんね。


その点、オータスはカメラに取り付けて眺めるだけでも、
ウットリします。
使っても、操作する感覚が楽しです。
一つ一つ職人的作りこみ…工芸品的な感じが
十分、所有欲を満たしてくれると思いますが…


ただ、個人的にはタムロンより、シグマが好きですので
使ってみたいとは思います。

まずはキャノンユーザーの反応が楽しみです。

Y/Cレンズ現役使用者の私としては、コシナ製(日本製)のOtusが約40万円というのは価格的に如何なものかと思います。Y/Cの場合はAIG/MMGとAIJ/MMJと同じレンズでもドイツ製と日本製の両方あるレンズもあってドイツ製はプレミアム価格というので当時は納得されていた方も多かったと聞いております。コシナ製レンズの作りの良さは分かりますが、それでもね~という感じです。どうせ買えない代物であればドイツ製でお願いしたいところですが無理なのでしょうか。かたや、シグマのArt50mmについては、ハードに使うともしかしたら1年で故障するかもという不安があるようですが、その当たりのメーカーとしての対応(有償で永久保証を付けるとか)が必要かもしれないですね。

ここ最近のシグマはすごいですね。個人的にはばりばり解像する広角レンズを早くしてほしいですね。24mm辺りがよいですね。
標準レンズは人をメインに撮るのでボケ重視のレンズが好みなのでね。楽しみにしてます

LensTipのサンプルでシャープネス最弱とは知りながら「ん〜」なんて
思いつつ、でも「出費しなくてすむかな〜」なんて思ってたんですが、
数字が出てみると凄いですねやっぱり。35mmを所有してますが、
やはり気になるなぁ・・・揃えたいなぁ・・・
ちなみに35mmの方は頻繁に持ち出してますが故障等の問題は無いですね
今の所。
Nikon使いですので先行するキヤノンの方の作例を
拝見させていただきつつ前向きに検討します!

DxOのテスト結果を見てみたところ、

EOS 5D Mark Ⅲ Sharpness 21Mpix
EOS 1Ds Mark Ⅲ Sharpness 18Mpix
EOS 5D Mark Ⅱ Sharpness 17Mpix

となっていて、旧機種ではセンサーの画素数を逆転する結果が出ていました。
この差はどこから来ているのでしょうね。

5D Mark ⅡとⅢにここまで解像力の差があるとも思えないですし、なんだか不思議でした。

算数遊びでD800用に逆算してみました。
(結果がいい方に転んだ場合)

Sig50F1.4新
DxOMarkスコア 44
解像力 28P-Mpix
透過 1.8T
歪曲 0.1%
周辺光量落ち -1.3EV
色収差 6μm

こんな感じのスコアだとズームレンズがいらなくなりそうですね。

5D3は2230万画素なのだから21P-Mpixというのはセンサーの限界で、どちらのレンズがシャープなのかはこのテストでは分からない。どちらのレンズもセンサーをout-resolve出来るとい言う意味です。ニコン用が出てからD800でのテスト結果待ちです。本当はD800Eでテストして欲しいけどね。

私はα7Rで比較して欲しいなー。
そうすればSony FE Carl Zeiss Sonnar T* 55mm F1.8 ZAも交えて比較できるんですけどね。
SonnarはF1.8ですけど、T値が1.8ですからT1.7のSIGMAと明るさは大差ないです。
っていうか、SIGMAさんこの明るさならばF1.7ないしは1.8で発売するのが妥当じゃないんですか?と思います。
F値(T値)が大きくなれば解像度や周辺光量落ちが改善されるのは当然の結果ですからね。

>DxOのテスト結果を見てみたところ、
EOS 5D Mark Ⅲ Sharpness 21Mpix

EOS 1Ds Mark Ⅲ Sharpness 18Mpix

EOS 5D Mark Ⅱ Sharpness 17Mpix
となっていて、旧機種ではセンサーの画素数を逆転する結果が出ていました。
この差はどこから来ているのでしょうね。
5D Mark ⅡとⅢにここまで解像力の差があるとも思えないですし、なんだか不思議でした。


JPEGでテストだったりして...

>tokumei3さん

F値はあくまで有効径で決まる値なので、仮にT値が2であったとしてもF値は1.4の表記で矛盾しませんよ。露出を決める指標としてはT値の方が優秀ですが、それだけでは被写界深度を知ることは出来ませんね。
本来は両方載せるのが正しい形なんでしょうけれど・・・

先ほどシグマに行ってきました。
まだ撮影した画像を確認していますが、ヌケが良いことは確認できました。

なんだかシグマの最近のシリーズは、
初期状態でピンが外れているのが多く、
かつAF時に大外しになる場合が多いです。

この50mmも雑誌のレビューで大外しが見られたみたいですね。

ピンの合った場合極めてシャープですが、
旧シリーズに比べて僕の中の信頼度は高くないです。
今度シグマに送ります。

>たいやきさん

どの雑誌ですか?
気になるので教えてほしいです!

DPREVIEWのサンプルを見ました。

随分と写真的な写りのレンズで、撮影者の傾向はあると思いますが、解像感はOtusの方がはるかに上に思います。

実際にはきちんと解像していてますが、従来のシグマの解像のように切れ味重視の解像では無く、サンプルのF1.4/1.8/2.0/4.0/8.0全域で、ともすればはオールドレンズのようなやさしい描写です。

僕は素晴らしいと思いましたが、評価は割れそうな気がします。

>あずさん

雑誌見返したら50mmではなかったです。すいません;;
シグマ新シリーズの18-200でした。

うちの大外しはアート30mm1.4です。
旧シリーズはここまで外す事がなかったので制御がかわったのかな…

多少AFに時間がかかってもいいから、コントラストAFで合わせるのが良いんじゃ?とF1.4級のオートフォーカスは思ったりしますね。中望遠までですと、それほど動き物、飛び物では使わないでしょうし(…ドッグランあたりが一番の動体での難敵、という気もしますw)

OTUSがコシナ製なのが、とおっしゃる向きもあるでしょうけど、正直ドイツにこの精度での量産は無理なんじゃ?と邪推しています(ヤシコンは終了記念に85mmF2.8(ドイツ製)を買いましたがw)。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカが公式サイトで4月24日の新製品発表を予告」です。

次のブログ記事は「ツァイスがフォトキナでOtus 35mm F1.4 も発表する可能性がある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る