パナソニックGH4の高感度ノイズのテスト記事が掲載

FOCUS NUMERIQUE に、パナソニックGH4のJPEGによる高感度ノイズのテスト記事が掲載されています。

Test Panasonic GH4

  • ISO100-800ではダイナミックレンジと色乗りがよく、もやもやしたノイズも見られず、見事な画質だ。ISO800では細かいディテールが等倍で見ると、若干失われるが、それほど悪くなるわけではない。
  • ISO1600は(画質が劣化する)最初の区切りで、まだら状のノイズがより目立つようになり、ディテールが淡くなり、単色の部分にザラつきが現れる。この感度はまだ完璧に実用になる。背景の黒い部分には紫のノイズが既に出ており、これはたとえば夜景などの撮影に影響する。
  • ISO3200ではザラつきが大幅に増え、ディテールの塗りつぶしも強くなり、ダイナミックレンジも若干低下する。この感度でも実用に耐えるが、この感度よりも上の感度になると画質へのダメージが大きくなる。
  • ISO6400では、かなりザラつき魅力の無い画質になる。ディテールとダイナミックレンジもリカバリーできないほど失われる。ISO12800では、色が転び、境界が不鮮明になる。ISO25600は小さなプリントでも実用には厳しい。

 

GH3のサンプルと比較すると、低感度ではGH4は暗部のモヤモヤとしたノイズが少なく、よりすっきりとした鮮明な画質に感じます。高感度(ISO3200あたり)では、GH4はGH3よりも輝度ノイズのザラつきが目立ちますが、その分、ディテールも豊富に残っているようです。GH3とGH4では、JPEGの画像処理が低感度も高感度もかなり変更されているという印象です。

2014年4月20日 | コメント(9)

コメント(9)

1600までは十分実用的ですね。L2位なら問題と思えません。でも、センサー自体は相変わらずソニー製なのはどうしてでしょう?そろそろ有機センサー機を期待してます。少し開発に手間取っていると言う噂もちらほら....。

やっぱりISO1600から厳しいですね。
APS-Cなら3200は余裕ですけど。
でも、以前のm4/3はISO800が限界だったから少しは進化しているのでしょうが。

どうなんでしょう?
GH4の方がやや粒状感あるように思えますけども。
でも感じの悪くない粒状感のせいか、
ディテールは保ってるからか
見た感じは良いかもしれないですね。

ISO1600は、何とか我慢して使用できるレベルで、ISO800が常用できる感度だと思います。
ISO1600を常用するには1000万画素~1200万画素程度に抑えないと無理でしょうね。

RAWでどれほどの差があるのかわかりませんが、
地図の等高線や地名を見ると明らかにGH4の方が
シャープを上げてますね。CH3でもシャープを
上げると同じ感じに仕上げることが出来ますが、
そうすると低感度を含め、ノイズがGH4よりも
かなり目立ち、且つ均等じゃない汚いノイズに
感じます。このあたりを見るに画像処理が上手く
なっているなとは思いました。

より大きな撮像サイズと比べたら厳しいけれど、
何とか1600がギリギリ使えそうだし、
日常スナップには十分かなと思う。


高感度で常用3200が使えないのは、
正直ちょっとと思います。

半分に縮小するとISO3200でも十分使えますね。
んまあ、1600辺りなら等倍でも使えますし。

GH4の魅力は画質より強力な動画性能にあると思ってるんで、3200でこの画質なら上等すぎます。
他社のような静止画メインで動画はオマケでは無い訳で。
最初っから「この一瞬を撮る!」と身構えて撮影に行くならともかく、見に行くついでに色々撮りたいって時は凄く便利なんですよね。
こないだのクイーンエリザベス出航時も、静止画で撮ってたのを急遽動画に切り替えたりしましたし。
そんな時に静止画、動画共に並以上の性能で撮れるというのは魅力ですねえ。

昼夜問わず、同一カメラで済ませたい人にはやっぱり高感度がもうちょっとってなりますね。でも昼間だけでも軽い機材はありがたいです。
まぁ、絞り開放から使えるレンズが多いので、ある意味APS-C並みとも言えなくもないですが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスED 12-40mm F2.8 PRO は開放から卓越した解像力」です。

次のブログ記事は「Leica M Type240 の新ファームが近日中にリリース?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る