PENTAX 645D後継機には4K動画が採用される?

Photo Rumors に、PENTAX 645D後継機のスペックや発表日などに関する噂が掲載されています。

The new Pentax 645z medium format camera will shoot 4k video, announcement on April 14th

  • 近日中に登場する中判カメラPENTAX 645z はHD動画(H.264で1920x1080@60i)に加えて、4K(3840x2160)で録画することもできる。PENTAX 645z のスペックはこちら (※デジカメWattchのCP+の記事です)で確認できる。公式発表は、4月14日になるだろう。登場が近付いている中判カメラLeica S も4K動画を採用すると噂されている。

 

これまでのリコー(ペンタックス)の一眼レフでは、動画は60i のフルHDが最高でしたが、645Dでは一気に4Kまで進むのでしょうかね。もしこの噂が事実だとすると、645D後継機では動画機能も売りの1つになるのかもしれませんね。中判カメラの大型センサーで4K動画を撮影したらどのような映像が撮れるのか興味深いところです。

2014年4月10日 | コメント(30)

コメント(30)

19日の恵比寿 ザ・ガーデンルームのイベントでいろいろ確かめてきます。

一体いくらになるんや…。

購入予定です。イベントも参加予定です。
動画はどうでも良いです。とりあえず操作性、応答、テザー撮影、画質、デジタル対応レンズの充実を望みます。

ペンタもライカも中判センサー機で4Kですか。
どんだけ階調豊かな4K映像になるのかが見物ですね。

645に必要なのか?
チョット
違う方向に走ってるような…

ペンタから4Kがでれば嬉しいです。
645zから4KがKマウント機に降りてくれば、一般消費者レベルでも多くの恩恵が得られそうですね。

期待を上回る性能に驚き、予想の上を行く価格に驚愕したりしそうな19日…

ボディだけでも100万円以下は難しくなってきたかな?

動画は、それに特化したボディでお願いしますね。
正常進化だけを求めます。

4Kの処理に耐えれるならミラーレスにしてEVFだと面白い展開になるんですけどね。
私には買えませんが、発表が楽しみです。

4K動画採用なら映像のプロ達が飛びつくでしょうから、
大幅に販売台数が伸びるでしょう。そうなれば販売価格を
抑えることにもつながると思いますので、歓迎したいところです。

フルマニュアルで撮れて(Kシリーズの動画は強制オートゲインだった気が)、まかり間違ってRAWが吐けたりなんかした日にゃEOSムービーや下手すりゃBlackMagicあたりまで食いかねんのですが、果たして…。

Leica Sも発表がありますかね??
ライブビューが出来て、ゴミ除去機能が付くのであれば、645DよりもLeica Sの方が魅力的ですね。
来週あたりは、楽しみです!!

なんでどこのメーカーも動画に力を入れるのでしょうか。静止画の画質が、今現在のレベルから良くなる事が少ないから?私個人としては動画機能はいりません。

高感度性能・連射機能は飛躍的向上
のようですが、それに加えて4K動画対応であれば
プロ機としても幅広い撮影をカバーできるように
なるでしょう。

引き続きアマチュアでも購入可能な価格
だろうから
最強スペックカメラとして
人気化するんじゃないでしょうか。

消費電力と発熱がやばそうな代物だな

これはちょっと信用できない...
さすがに中判で4kだと熱の問題やセンサーの読み出し速度にも問題があります。おと今まで動画に弱かったペンタというのも。
仮に出来たとしてもa7sのより中途半端になりそう
果たして動画専門の方が飛び付くでしょうかね
それよりはEVFやライブビュー、高低感度等を発展させるべきだと思いますが

米国では$8,500との予想です。
http://photorumors.com/2014/04/10/pentax-645z-medium-format-camera-us-price-8500/

ボディのみの価格でしょうが、645の米国初価が$10,000だったそうなので、日本でも645よりも安価な設定になりそうですね。

デジカメを含む電気製品は、
新型を発売するのに、「旧型とここが違います。」
というのを、出す必要があります。

デジカメは、これまで、
・暗いところに強くなった。
・画素数が増えました。
・連写速度が早くなった。
・画像素子が大きい。
ときて、次の売り物をどうするか、考えています。

そこで来たのが、「4K動画」です。

ビデオカメラならともかく、静止画用カメラにこの売り文句はどうなんでしょうね。

4K積んだからって多数が食いつきますかね?
レンズマウントは?
ただの使い勝手の悪い撮影機になる気がしますけど…

今後数年のモデルチェンジが無いと思われるこの機種に4K動画をいち早く搭載するのは有りかと・・
8Kが主流になるまではガンガン使えますし、それを専門にしている人には朗報です。
というか、これは仕事に使えそうな機種になってきましたね。

8kにも対応できるのでは。

動画民生機についてはM3/4が一歩リードしてるのでレンズまで考えると4K対応したからといってバカ売れするとは思えないですねぇ。。。

面白いですね。
まあ、交換レンズの問題があるので動画が撮れてもミラーレスにはならない(ミラーボックスがもったいないから?)とは思いますが、リコー本体が投資する価値はありそうな気がしますね。少なくとも、業務用の市場にはつながるでしょう。
風景系のカメラマンも静止画だけよりも、動画の需要を考えて興味を示している傾向があると読んだことがあります。まあ、そういう流れなんでしょうね。

このサイズでの4Kは動画というより、秒間30コマの連写として重宝しそう。
どうせなら1分縛りだが、8Kもいけます!としたら面白い。
そしてミラーレスにして背面液晶をRetinaなりIGZOにしたらいいと思う。

昔、中判645ムービーはREDが9Kで出すとか言ってましたよね。どうなったか知りませんが...
あと、これからは(今でも)風景写真家にも動画が必要になって来ると思います。

まあ、調達してきたセンサーについてくる機能なら、外す意味は無いでしょう。
ペンタは先を読んで統合的に開発する余裕は無いでしょうから、Kマウントでレンズがうるさくて動画に向かなかった二の轍を踏まなければいいのですが。
これは他の中判メーカーにも言えますせど。

もし4Kに対応するのならファッション業界がターゲットだと思いますが センサーが大きく高画素な中判で4Kを読み出すというのは非常に難しい話だと思います。

もし4Kが出来たとして4000万画素のうち800万画素を使うわけですから、随分 画角が小さくなってしまいます。
中判の画角のフルHD もしくは低画素センサーというならわかりますが 4000万画素もの中判で4Kというのはどうなんでしょうね。

画素混合で3200万画素を800万画素相当にするなら、壮絶な動画撮影機になりそうですね。この辺は今の段階では妄想に浸るのも宜しいかとw

現実問題、24pだとしても、熱問題からは逃げられないと思うのですがどうするのでしょうかね?
あと、レンズが大変かな、と。動画だからミラーアップ状態で固定するとしても、イメージサークルが巨大なので、シネマ用レンズもほぼ全滅ですし、ズームの選択肢が純正もしくは、強引にマミヤあたりを使うしか無いような。

4Kは出力で対応、ということだと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが「16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO」の発売日を決定」です。

次のブログ記事は「シグマ50mm F1.4 DG HSM の価格と発売日が決定 [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る