キヤノンが公式フェイスブックにティーザー公告を掲載 [内容更新]

キヤノン香港が、公式フェイスブックのティーザー公告で4月24日の何らかの発表を示唆しています。

Canon Hong Kong (テキストはCanonWatchより)

  • キヤノン香港がとても奇妙で分かりにくいティーザー公告を公開している。何かが4月24日に起こることになるだろう。しかし、このティーザー公告が何を示唆しているのかは全く分からない。
  • (ティーザー公告の)テキストは近代日本文学の重要な作家である谷崎潤一郎の文章からの引用だ。

 

ティーザー公告の画像は、畳の上に置かれた抹茶茶碗でしょうか。意味はよく分かりませんが4月24日と明記されているので、明後日に何らかの発表があるのは間違いなさそうです。

なお、元記事に記載されている中国語のテキストは谷崎潤一郎の「美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える」という文章の翻訳のようです。 

[追記] CanonWatchによると、この公告はG1 X Mark II のためのもののようで、香港ではその他には何も発表されなかったということです。

canon_teaser_20140422.jpg

2014年4月22日 | コメント(45)

コメント(45)

稔田さんの情報が出てないので、7DmarkIIじゃないと思いますが…
7D後継機の発表だったら嬉しいです。

望むだけなら自由ですよね!?

※7DmarkII
※135mmF2後継機
※85mmF1.8 と100mF2の姉妹レンズ発表
※開発の噂が上がった100-400mmF4.5-5.6後継機
※EF17-40mm F4後継機
※85mm&50mmF1.2後継機

でもレンズの発表は無いんだろうなぁ…
2014年はレンズの年になるとは一体…

もう4月ですよね(大泣き)

「陰翳礼賛」(いんえいらいさん)=谷崎の本のタイトルそのままですな。
茶室や客間における光と影に関する随筆でして、特に「陰」の部分、暗い部分の重要性を指摘した随筆ですから、きっと高感度耐性の高い、カメラでしょう。
茶器の写真から察するに、静寂性も売りにしたカメラ。

少ない画素数で高感度をかせぎ、電子シャッター(グローバルシャッターか?)で静寂。

D4sやα7sをみて、canonさんも重い腰を上げるのでしょうか?

とても80年前に書かれたとは思えない、現代にも応用できるような住まいのありかたについてかかれた本です。
谷崎は闇の中の情景を官能的に表現するのが巧みですので、それにあやかった広告でしょうか。
余談ですが、私は陰翳礼讃を読んで感動し、シーリングライトを捨てて間接照明しかない部屋に模様替えしました笑

イメージからは、7D2とかミラーレス、コンデジではなく、フルサイズ機やレンズのような印象を受けます。

この言葉から想像するところでは、
「陰翳の中でこそ生える芸術、それこそが日本古来の芸術の特徴」とすると、高感度のカメラ本体の登場かなと推察します。

これではカメラ関連かどうかもわかりませんね。
PIXUS PROなどのプリンタ関連かもしれませんし。

レンズですかね? 極秘で7D2を開発してたらいいなあ。

この写真がISO40万ですなんて話だと予想...したいかな。

抹茶腕のゴロっとした形から50mmの単焦点なのかと期待。

陰翳は70DのCMでもやってますからね。3Dプリンター関連とか?

陰翳のみにフォーカスしたモノクロ専用機??

50単ですかね。
個人的には135F2のリニューアル望みますが、形からして50単F1.4ISかF1.8ISか。
シグマも出したので対抗するうえでも50単が順当では?

2日前のティーザー広告ですか。気づく人少なそう。

陰翳礼賛は建物から芸能まで陰翳の考察を綴った随筆ですから、安直に考えてスピードライトとかの照明システム?と思いましたが、皆さんのコメントを拝見するとなるほど高感度に強いカメラや階調が豊かなカメラ、F1.0とか明るい単焦点レンズなども考えられますね。
勿論、階調を重視したプリンターとかも。
あまり期待せずに待つことにします^^;

モノクロ機だったり…

私も通りすがりさん同様モノクロ専用機が一番意味合い的に合っているかなと感じましたが、キヤノンがそんなニッチな製品を開発するとは思えないですね。

とすると次に浮かぶのは、階調表現にすぐれたカメラと思います。
1DXがあるので、今のキヤノンに求められているのは高感度よりも高画素機の方と思いますし。
でも高画素機はまだだいぶ先との情報の様なので、結局想像がつきません。

茶器をレンズ鏡胴に見立てて「レンズ」の発表に一票。

50mmf1.0の復活かな?
高感度の優れたカメラか?
発表が楽しみです。

「うは、太いレンズ!」って思ってしまったから、そういうモノでしょう。しかし香港人、センスいいね。

写真から想像するに大口径レンズくさいですね。。。

広告でこのフォルムを見せるからには、単焦点レンズでしょうね。
シグマの購入を思いとどまらせるような新50mmに期待。

外装が「陶器」のレンズ郡を発表とかですかね?
茶器とレンズが似ているという発想でしたら、
遊び心がとても伝わり、作品を造る為の道具を売る
企業としては非常に好感が持てます。

新しいシグマ50mmに対抗できるレンズが純正で難しそうなのは
キャノン位なので、そこのテコ入れの気がします。

テキストの意味や画像を考えると、私も7DⅡの高感度画像だと期待したいなー!

みなさんの予想してらっしゃるように茶碗=(単焦点)レンズだったら嬉しいですね。

「美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える」
昨年Nikonから登場した58mm F1.4のように、解像度だけでは無くボケ味や空気感に拘ったレンズじゃないのかなと勝手に想像(笑)

EF LENS WORK IIIが292ページになって
15th editionとして近日発売するみたいですし、
そろそろレンズが発表されて欲しいですね。

谷崎の陰翳礼讃というのは、西洋化してすっかり明るくなってしまう前の、薄暗かった日本の美についての話なので、明るいレンズとか、高感度センサーとは価値観が180度違うと思うんですけど。

むしろ、インスタグラムもあわやっていうような周辺光量落ちの激しいレンズとか、ピッタリ。

冗談ですが。

EF50mm F0.95L USM

これに期待したいです。

マウントと本体の比率からして反射望遠か?

7D2発表をはげしく希望。

シグマの50artのキヤノン用が25日発売なんですよね。(ちょうど入荷連絡ありました)

前日にぶつけてきますかね^^;

私的には両方買って試しますから全然問題無いんですぞハッハッハ

選択肢は多ければ嬉しいもんです。
特に50mmは使用率高いですからね。

この茶碗から小さい一眼レフが出てくるって発想ですかね?
現行の世界最小を更新した一眼レフ機だと予想します。

そのまま考えるとライティング機材に受け取れるんですが

茶碗の『形状』・『大きさ』に拘れば、50mm1:0.95又は同様の超大口径単焦点レンズでしょうか。

>物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗・・・
からの想像は、立体プリンタ:3D-PIXUSの様な??

 FIFAワールドカップも近いからドカ〜んと一発フラッグシップぶっ放すかな。
 私としてはKissフルサイズなんかあってもいいね。
 解像力高めのレンズは平坦になりやすいからキヤノンらしい視覚に近いレンズ出して欲しい。
 特に135mmの要望はけっこうあるけど、もう少し立体感出るといいね。

 お茶の意味はおもてなし?

3Dプリンターはありそうですね
3D Systemsの代理店を始めたばかりなのでそっち系ではないかと

50/0.95って、かなりあこがれるんですが、先代の50/1.0がピントが来なくて大泣きだったことなんですが、今の機種だと大丈夫なんでしょうか。

まさかの大穴で、EOS Mのモノクロ専用機だったら…

3Dプリンターな気がします。。
まさにこの茶碗が3Dプリンターで作られた
作例とか…………
違うかな?
左上のキヤノンロゴの下の英語って
なんか意味あんのかな?

50mm F1.0に一票です。

私は当初、単純に明るい単焦点レンズと思っていました。

ただキヤノンが開発中の3Dプリンターは画期的なようなので、この茶碗が作例なような気もして来ました。キヤノンの自信から考えると、この茶碗くらい作れる実力があるものと思います。

ただ、3Dプリンターとは考えにくい点もあります。
・3/10の2014年経営方針説明会では、3Dプリンターは将来展望という形で一番最後に取り上げられ、現在、プロタイプ製作段階、発表までにはもう少し時間が掛かるとされていました。
・発表の主導は、日本のはずです。何らかな動きがあるとしても日本以外では米国等でしょう。香港が予告するとは考えにくいと思います。

繰り返しになりますが、今回の発表が3Dプリンターでなかったとしても、キヤノンの3Dプリンターは相当素晴らしいものになりそうです。日本の産業を活性化する意味でも期待したいと思います。

そう言われれば、茶碗とレンズの形状って似てますね・・・。

Canon Hong Kong の Facebook ページからリンクされていました。

PowerShot G1 X Mark II 電視廣告
https://www.youtube.com/watch?v=3TXwXQu7eeE

ひそかにEF35mmF1.4LⅡを期待してたのに。
残念。

G1X mk2そのまんまでしたか^^;。
陰翳云々から、G1X mk2に超大口径単焦点レンズを固着したバリエーションモデルを密かに期待していました。

powershot g1x markⅱって既に発売してませんか。

すごい肩すかし(笑)。

見た側が勝手にテザーだと思い込んだだけだった… というオチでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの新製品に関する噂のまとめが掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンがフォトキナで2本のTS-Eレンズを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る