キヤノンが近日中に「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」と「EF16-35mm F4L IS USM」を発表?

読者の方から、キヤノンの新しいEFとEF-Sの超広角ズームに関する情報を提供していただきました。
  • キヤノンが近日中に次の2本の超広角ズームを発表する
  • EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM
  • EF 16-35mm F4L IS USM

 

信頼できる方からの情報です。最近、海外でキヤノンの超広角ズームに関する噂がよく流れていますが、どうやら近日中に登場する可能性が高そうです。

EF-S10-18mmは、現行の10-22mmと比べてF値が暗くなり、望遠端も18mmに抑えられているので、IS付きでも、より軽量コンパクトなレンズになるのかもしれませんね。

EF16-35mm F4L IS は、一時は17-50mm F4 になるという噂が流れたこともありましたが、画質を重視してズーム倍率を低目に抑えたのでしょうか。どちらのレンズもISが付いているので、夕景夜景の手持ち撮影や、動画などでは便利に使えそうです。
----------------------------------------------------------------------------------
情報提供して下さった方、ありがとうございます。

2014年5月 7日 | コメント(30)

コメント(30)

EF-Sレンズは、どう考えても、防塵防滴ではないですね。残念です。

50mmのIS付きも早急に発表してほしいところです。

これからの時代は明るさよりもISが重要だと感じてます。

とうとう超広角にもISですか。EFSの方は相当小さくなりそう。Lは周辺の解像度に期待しています。

ズームレンズの焦点距離は多少重なってくれる方がありがたいんですが。
10-22 18-55 50-250で揃うなら最高なんですが贅沢は言えませんよね。
ズーム倍率が少なくしかも暗くなるなら小型化される事を期待してしまいますが実際はどうなるのか。

広角はやはりミラーレス用レンズに軍配が上がるでしょう。

Lレンズ版の15-85mmみたいなレンズが欲しくて
事あるごとにキヤノンの中の人にリクエストしているのですが、
この調子だと出すつもりはないんでしょうね〜。
そろそろ100-400mmの後継も出して欲しいです。

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMはトリプルズームセット用という感じですね。

Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMの軽さ、写りは満足いくのですが、作りも似るのかな。ちょっと安っぽい感じがどうなるのやら、楽しみです。


「EF17-40mm F4L USM」
は年数がたった今も非常に良いレンズなので、
ISが付く事よりも描写がどれだけ上回ってくるかが注目です。

10-18は、ズーム比が小さくなっている上にF値が暗くなっているので、コンパクトになって画質も向上しそうです。

前の記事の11-24mm F4とは、この記事のEF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STMのことでしょうか?
だとしたら非常にうれしいです!
14-24 F2.8の可能性が残されることになるので!

逆にフルサイズ用の11-24mm F4が発表されたらニコンに浮気しそうです・・・。
星景に使える明るい超広角ズームレンズがCANONにも欲しいです!

広角だからISはあまりいらなかったかも

代わりに焦点距離をそのままにするか、よりコンパクトにしてくれる方がうれしい

お疲れ様です。

EF16-35mm F4L IS はマサカ7D2と抱き合わせで登場ですかね??

今、巷では今月7D2が発売との話が出てますが単に噂だけだと思いますが。

どちらのレンズも無理のなさそうな設定で画質に期待できますね。
いまは高感度とISで暗いレンズでも無理なく撮れますからね。

16-35 IS、期待してます
24mm ISと35mm ISを発売日より使っていますが、短い焦点距離でもISの恩恵をとても感じていますし、最新のCanonレンズの出来はかなり良いと思っています。
個人的には、”筒鏡が伸びない・値段・周辺部の解像度” の3つが購入するかの決め手になりそうです。

近日中!素晴らしい響き〜!
まずF4広角が出るのですね。F2.8広角が発表されるまで、我慢するの辛いですね。購入後、気に入れば、AFS14-24F2.8G売却して、ダブルマウントにお別れしようと考えてますので、F4広角だけでなくF2.8広角も同時に発表して頂ければ助かります。

16-35LISならAPS-Cで標準ズームとして使え、望遠ズームとのつなぎは50ミリ大口径を間にかませば完璧ですね。
けっこういいかも。
EF-SでLレンズ出さないならこれくらいの配慮はほしいですね。

EFってことは35mmフルで11-24mmF4も出て来るんですか? これは面白そうなレンズかもですね。フルサイズの11mmってどんな感じなんですかね。

小三元はIS付きときましたか。24-105/4Lと17-40/4Lを入れ替えようかなぁ・・・。

EF16-35mm がF2.8の物よりこなれた値で出るならば悪くないなあ
17mmは広角側1mmの差で躊躇しているのもあり

広角側が1mm広くなったこと、ズーム比を落としてきたことは写りに関しては期待できそうですね、17-40L、GW中に買ってしまいましたが。(ry
次の買い物リストは(一応、出るという前提で)7D2とSIGMAのArt35/1.4に決めているので、当分買い替えは無理ですね。

EF 16-35mm F4L IS USMについては、えがみさんのブログ「エンジニアの嗜み」で紹介されている特許公開番号 2014-41245(公開日 2014.3.6)のレンズなのかな。

http ://egami.blog.so-net.ne.jp/2014-03-10

この特許ではISは明記されていませんが、レンズの構成枚数は増えていますからレンズ群のどれかがISユニットを兼ねるのでしょうか。
EF16-35mmF2.8よりはずっと収差が少なく、蛍石も使用していることからMTF特性もそれなりのものになりそうですね。
後は値段か・・・^^;

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM…その開放F値からガッカリしましたが、
トリプルレンズキット用であれば妙に納得できます。
このスペックであれば、EF-S 10-22mmは併売ですかね。
10-18mmまでズーム比を小さくするなら、
トキナーATX116PROのようにF2.8通しのハイグレード版も出して欲しいなぁ。

EF16-35mm F4L IS USM…普通にフルサイズで使ってもヨシ、
APS-CでLレンズ付けたい人にもまあヨシ、でそこそこ売れそうですね。

EF-S 10-18は良さそうですね
10-22は愛用しておりますが、やはり少し大きいので
小型化されると嬉しいです。

多少暗くなるようですけど、基本的に10-22はF8~F11くらいでしか使わないので
自分的には全く問題ありませんね

これは楽しみです

両レンズとも予想通りのスペックですね。

それにしても、最近のキヤノンは、「既存レンズを活かしつつ、新しいレンズを作る(スペックが被らないレンズを作る)」ことに傾注しすぎですね。良い意味でも悪い意味でも純粋な後継レンズというのが無いです。

ズーム域や開放F値で無理せず、描写重視にいくのは良い傾向ですね。歓迎したいです。

KISS X7用に使えるコンパクトなレンズ展開に期待!

16-35が楽しみです。
私はフルサイズに移行した時に、EFS10-22からEF17-40に買い換えました。
画質やボケ味には満足しましたが、換算で1ミリの違いからか広角効果においては予想以上に10-22の方がよくて、少しがっかりしています。
新型16-35が実売10万以下なら即買いですけど…それはないでしょうねえ…

発表、発売が楽しみです。
キヤノンは最近のフルサイズは高感度に強いので、焦点よりを欲張らない16-35mmF4がIS付になると、16mmから200mmまでコンパクトで性能のよいレンズがそろって嬉しいです。APS-Cでも広角から300mmを越えるので使いやすいラインナップです。
待ち遠しいです。

ef 16-35 F4 IS楽しみです。
広角は絞るのでF4からで十分だと思います。F2.8版よりリーズナブルな価格だと嬉しいのですが。
既に五月。一年のほぼ半分です。レンズの年と公言しているのですからここから怒濤のレンズラッシュでないと公約違反になりますよね!

ISなしの16-35F4Lを予想し希望していたけど、対ニコンなんだろうなぁ
6Dとの街角スナップ用に良いとは思うけど...

これから登場するEF-Sレンズはすべて安価なモデルなんじゃないですかね?

だってひと昔と比べれば格段にフルサイズ機が手に入りやすくなってきてる時代に縛りがあるマウントでのハイグレードなレンズは売れないと思う。

ニッチなユーザーや用途がハッキリしてる方には是が非でも出してほしいんでしょうけどね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年5月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがフルサイズ用の2本の広角ズームを準備中?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが5月12日からXFレンズのレンタルサービスを開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る