ソニーがRX100M3を5月15日に発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーRX100M3 に関する噂の続報が掲載されています。

(SR4) RX100M3 announcement next Thursday (May 15)

  • この情報は信頼できるソースからのもので、近日中に正確な発表時刻も含めて二重の裏付けを取りたいと願っている。このソースは、RX100M3が5月15日木曜日に発表されると述べている。スペックは、複数のソース達によって確認されており、見忘れた人のために再掲載する。

    - 20MPセンサー(RX100M2と同じ)
    - ISO125-25600
    - レンズは24-70mm F1.8-2.8
    - EVF内蔵(SVGA有機EL Tru-Finder 144万ドット)
    - モニタはチルト可能(180度上に開く)
    - 動画はXAVC S フォーマット(α7Sと同じだが、4K出力には対応しない)
    - 大きさと重さは、現行のRX100M2とほとんど同じ
    - その他のスペックは現行のRX100M2と同じと聞いてる
    - 価格は800-850ユーロ。北米では800-850ドルになるはずだ(ドルの価格は推測)

 

ソニーの15日の発表では、以前からRX100M3の登場が予想されていましたが、信頼できるソースからの裏付けがとれたということなので、だいぶ信憑性が高くなってきたようです。

日本国内ではα77II やα7S、FE レンズの新ロードマップもまだ発表されていないので、15日にRX100M3を含めてこれらの製品や情報が全て発表されることに期待したいところです。

2014年5月 9日 | コメント(22)

コメント(22)

これは楽しみですね。
15日の発表会は、近年になく盛りだくさんの内容になりそうです。
発売当日に買うと思いますが、個人的には
海外ロケに出かける6月半ばまでには発売して欲しいと思います。

EVF内蔵で大きさも重量もほぼ同じってすごいですね。

従来とほぼ同じサイズで、
EVF内臓に180度チルトモニターっていったいどう納まってるのでしょうね?
RX100は持ってますが、
裏面照射センサーは低感度画質がいまひとつなのでM2には買い換えませんでした、
レンズが24mmからなのは魅力的で使い分けるのもありかと思えるので、
画質の向上が認められれば、
今度は買い増ししてみようかな?

気になるレンズのスペックですが、強力な電子歪曲補正がかかっていると想像しております。
光学的なスペックは24mmかもしれませんが、補正後は28mm程度とかだとショックです。

ずっとRX100M2が気になってたので、これは楽しみなスペック。
α7用に買った2470Zが残念なレンズだったので、それを売り払って、これを買うつもり。

寄れたら個人的に神機になってしまう

スマホでも4K動画撮影珍しくなくなってきたのにコンデジはまだ小出し戦術家か。
せっかくズーム出来るという明確な利点があるのに。

RX-100は名機だと思うのですが、「広角端の周辺描写」と「寄れない」がネックだと思っていました。

望遠端を短くすることで、レンズ設計の変更で広角側での描写が改善するなら、スナップシューターとしてはほぼ無敵の存在になりそうですね。
(寄れないとそこまでは言えないかな?)

 このレンズ、良いですね。 園児の遠足にボランティアカメラマンとして付き添っていきますが、水族館・動物園(温室)・プラネタリウムなど暗いところが多い。 感度が高くレンズが明るいものが欲しい。 一眼でもなかなか無い。 このカメラとG1XⅡ迷いますね。

このスペックが事実なら、入門用のデジタル一眼カメラは大きな影響を受けるでしょうね。α-58後継機などはお蔵入りの可能性が大ですね。

凄い〜
スペックどおりだったら,長いの以外は一眼の出番なしか?
全体の仕上がりと,あさんと同じく寄れるかが気になります。

昨年RX10購入しました。
EVFが便利な上、動画と静止画を明るいレンズで納められるので、今では常用カメラです。
一眼レフの出番はかなり減りました。

やはりEVFは、私にとって必須だったと感じています。
RX100M3は、スペック通りでさらに接写できればRX10の補完モデルとして購入したいです。
いや、小型で携帯可能だからRX10を食ってしまうかも…

GRデジタルをスナップシューター(SLRのサブ)として使っていますが完全に右手だけで撮影できるUIになっています(立派なグリップ含む)。RX100シリーズはコントロールリングがあるので、Pモード以外の撮影には両手を必要とすると思います。それは良しとして、多少横長になってもGRのような立派なグリップが付くとサブ機としてより使い易いと思います。

パナのLXとコンセプトが近いですね。以前LX3を使っていましたが、私はここまでズーム倍率が低いのならいっそ単焦点でいいのかなと感じました。
1インチ単焦点で超小型軽量カメラ、出ないですかね?

この価格帯に魅力的な製品が増えて、GRが値下がりしてくれるとうれしいです。

今週、α77Ⅱに関する国内の動きが無かった事を見ると、RX100M3の海外発表を受けて一気にやるんですかね。
ただ、現地時間の何時に発表かが判らないので、最悪週明けもあるんですかね…
金曜中に国内発表してくれればいいけど。

しかし…金額ともかくこの明るさは魅力ですね。
LX7のラインがあれで終わってしまった感があるので、その流れを継ぐ感じの物が出るのはありがたいですね。
LX7の頃と比較にならん位、CMOSの性能上がってそうだし。
ただ…望遠端は100mm位欲しかったなァ…

気になりますし、欲しい気満々ですが、お高いんだろうな。

RX100M2持ちですが、EVF搭載と聞いてワクワクしています。
RX1のオプションEVFはRX100M2に付けるにはちょっと高すぎたんですよね。
ホットシュー廃止して固定のEVFが取り回しが良くて助かるのですが、まさかフラッシュと同じようにEVFがポップアップするギミックが付いたら、良くも悪くも歴史に残る名機になりそう。
個人的には専用のWi-Fiボタンが付くと嬉しいのだけど…。

RX100もRX100M2も持ってますが、EVFの出来によっては検討したいところ。
ポップアップのEVFの噂が本当だとしたら、たぶん初めての試みだと思うので買う前に使いやすさを試したいと思ってますが。
同じ大きさ・重さと言うのが凄いですね。
価格は税込み90000円くらいスタートってところでしょうか。

RX10あるのですが
ホットシューとEVFと可動液晶、古典ワイヤーレリーズケーブル、顔認識、レンズシャッターこれが決手でした。
仕事で証明写真レベルをバンバン撮る時やたら使えますw
高性能な動画は考慮外w

これは、ほおっておけませんね。
常時持ち出来るし。
RX1と電池同じなら買いです。


GX1Mk2みたいにアスペクト比をいじくって(4:3→3:2)、24mmも明るさも実現、って「トリッキー」(田中希美男氏の言葉)なことしてませんかね??

広角端での最近接距離が近ければ買うつもりです。
明日ですかね。楽しみです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年5月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマがフォトキナで富士フイルムXマウント用のレンズを発表する?」です。

次のブログ記事は「ソニーα77とα77II の連写枚数の比較動画が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る