富士フイルムが5月12日からXFレンズのレンタルサービスを開始

富士フイルムが、Xシリーズ用の交換レンズのレンタルサービスの開始を告知しています。

デジタルカメラXシリーズ レンズレンタルサービス開始のお知らせ

  • 富士フイルム東京サービスステーションにて、富士フイルムのレンズ交換式プレミアムカメラのユーザーを対象に、レンズのレンタルサービスを5月12日より開始。
  • 料金:有料(1泊2日税込み¥1,080~ 当日返却は無料)
  • レンタル期間:最大7泊8日
  • 貸出し条件:東京サービスステーション店頭で貸出し、および返却が可能な方、身分証明書のご提示(本人確認が出来る運転免許証、保険証など)、アンケートへのご記入
  • レンタル対象商品:
    フジノンレンズ XF14mmF2.8 R
    フジノンレンズ XF23mmF1.4 R
    フジノンレンズ XF35mmF1.4 R
    フジノンレンズ XF56mmF1.2 R
    フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro
    フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS
    フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
    フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
  • 富士フイルム東京サービスステーションでのXシリーズ使い方相談窓口で、無料でのクイックメンテナンスサービスを5月8日より実施。

 

当日返却は無料なので、ちょっとしたテスト撮影をしたい場合などでも気軽に借りることができますね。また、1泊以上になっても普通のレンタルサービスに比べると料金が安価なので、旅行などにも便利に使えそうです。ただ、貸出の対象にXF27mm F2.8 とXF18mm F2 は含まれていないのが少々不思議ですね。

2014年5月 7日 | コメント(20)

コメント(20)

GPSタグか何かが埋め込まれていると予想。
薄型レンズは埋め込めなかったので対象外…とか。!?

何度か、各社のレンズのレンタルサービス使ったことあるんですが、
なんか、汚らしいんですよ……レンズはさすがに拭いてあるようですが、
リングのすき間にフケっぽいモノがさわさわ散らばっていたり。
べたついていたり……

フジは原宿に交流ショップ出してるくらいだから、
ここは何とか
不潔感のないレンタルサービスやってくれたら、うれしい。

大阪サービスステーションでも同様のサービス開始してくれたら、マウント増やしてもいいかなと思う…

まあ、鏡胴の短いレンズは管理タグのベルトとかが取り付けにくいから除外したとかでしょうね。
このサービスステーション、日曜日も開いてると便利なんだが・・。

東京の近くの人はいいでしょうが地方に住んでる人には厳しいですね。
地方軽視は止めていただきたいです。

この値段なら使ってみたいですね、素晴らしいサービスだと思います。

>>太郎。さん
日・祝日・年末年始はお休みですね。電話窓口はつい先日、日・祝も営業するようになったので、ちょっと期待しています。

>>nanamuさん
地方から東京のイベント(週末とかに開催されるような)に遊びに行って、その時に試したいレンズを借りてイベント内撮影とか考えても、月曜日まで滞在して返却しないといけないとか面倒なんですよね・・・。

お値段から考えるに、これはレンタルサービスというよりも定常的な販促イベントなんでしょうね恐らく。

このレンタルの利用者の一定数以上が、一度でもきちんと使えば購入に至るという自信があるからできることでしょう。
凄いことです。

東京限定なのもパイを稼げるからでしょう、郵送やら地方対応は経費かかりますもんね。
予想以上に購入につながれば、他の都市圏などにも広がるのではないでしょうか。


結婚式用に56mmとXT1購入予定でしたが、ひょっとするとレンズ買わなくても良い?ww

東京人にとっては、高額レンズも試して、納得して買えるのはいい。
レンタルリストに載っているレンズが自信があってお薦めなんだろうな。

コメント欄が賞賛ばかりと思ったら間逆でした(笑
皆さん贅沢ですね
私はすばらしいサービスだと思いますよこれ

上手くいって地方にも広がって欲しいですね

店頭では確認しきれない箇所も多いですからね
きちんと吟味して購入するもよし、安価なレンタルとして利用するもよしと、とても良いサービスだと思います
自分の性格では購入するレンズが増えそうです

発表会、結婚式と大活躍。

何より維持管理の責任をフジに問えるのだから
プロがこぞって利用できるといいっすね。

お試しサービスと言うことなんでしょうが
玉数が有ればメンテをきちんとして
プロ向けサービスとして出すのも良いかも
しれませんね。

必要な時に有れば問題なしだし、ボディ売れるかも。
地方に関しては人が少ないから、広告と見て
損益分岐点を無視してもツライ部分が
有るんでしょうね。

レンタルサービスは諸刃の剣ですよ。これで満足して買うのをやめてしまうユーザーだってたくさん出てくる可能性があるわけですもんね。

現状のラインナップはさておきますが、超望遠超広角や際物スペックのレンズ以外は使ったあとで買うユーザーが多いと思います。また、ボディーを持っていることが前提ですからキットレンズやよく使われている単レンズが除外されていても不自然ではありません。ともかく、Xマウントの販売戦略として悪くないと思います。

東京だけ。。。オリンピックについては激しく思いますが、これはビジネスなので需要の多いところからはじめるのは自然で仕方ないことです。

おぉ、これならFUJIに手を出すか
と思ったけど、店頭受け渡しのみですか
サービスと言うよりは、販促なんですね

本気はどれくらい??
レンズを貸す事業で収益をあげられる独創的なビジネスになったりして。

フジフィルムの看板をあげている写真屋さんがまだ各地域には残っている。
そんな小売店を利用してレンタルできれば首都圏に偏らない。
また写真屋さんに足を運ぶフジユーザーが増えるかもしれない。

レンズテスト用にX-A1のボディぐらいは買っておくか、と考えるのは私ぐらいだろうか?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年5月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが近日中に「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」と「EF16-35mm F4L IS USM」を発表?」です。

次のブログ記事は「オリンパスE-PL7の詳細スペックが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る