タムロンがEOS M用の18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)を正式発表

タムロンが、キヤノンEOS M 用 の高倍率ズームレンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011)」を正式に発表しました。

ミラーレス一眼カメラ専用18-200mm高倍率ズーム、キヤノン用を新発売。

  • 株式会社タムロンは、2011年に発売したミラーレス一眼カメラ(APS-Cサイズ相当)専用レンズ「18-200㎜ F/3.5-6.3 Di III VC」ソニー用に加え、キヤノン用を発売。
  • フィルター径62mm、質量460gの軽量・コンパクトサイズを実現。
  • LDレンズ2枚、ガラスモールド非球面レンズ3枚、XRレンズ1枚、複合非球面レンズ1枚を採用し、諸収差を良好に補正。良質な画質を実現。
  • AF駆動に「ステッピングモーター」を採用し、「コントラスト検出AF」と動画撮影に配した設計。また、AFでピントを合わせた後に、手動でピントを微調整できる「ダイレクトマニュアルフォーカス」機能にも対応。
  • 鏡筒の外装に金属を採用したブラックとシルバーの2タイプを用意。
  • 希望小売価格は8万円(税抜)、発売日は6月26日。

 

先日の噂通り、18-200mm Di III VC のEF-Mマウント版が正式に発表されました。光学系はEマウント版で定評があるので、EF-Mマウント版も性能には期待できそうです。EOS M には、まだ純正の高倍率ズームは存在しないので、このレンズは人気を集めるかもしれませんね。

2014年6月19日 | コメント(5)

コメント(5)

タムロン28-300がMに対応しておらず
(望遠のピントが合わない)
新製品出す前に現行機種の対応を
考えて欲しいものです。

この勢いでxマウント版も出して欲しい。

Eマウントレンズのと同じ重量ですね。まぁ、同じAPSCだし、使いまわせますよね。

純正高倍率ズームが無いからでしょうか、少々価格が強気に感じてしまう。

バンバンさん

28-300mmはEF-Mマウント用のレンズではないのに、マウントアダプター経由の動作を求めるのは間違っていますよ(汗
このレンズはステッピングモーターですからSTMレンズと比べてもAFの速度は劣らなそうだし純正にない便利レンズですから期待できると思いますよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年6月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タムロンが28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD(model A010)を正式発表」です。

次のブログ記事は「EOS 7D Mark II 以降のキヤノンの一眼レフには新しいセンサーテクノロジーが採用される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る