インドネシアの公的機関のサイトにソニーのフルサイズEマウント機が登録?

SonyAlphaRumors に、インドネシアの公的サイトに謎のレンズ交換式カメラが登録されているという記事が掲載されています。

Indonesian agency leaks possible Sony Full Frame E-mount camera?

  • インドネシアの政府機関Posetel に「WW024382」というコードネームを持つソニーのレンズ交換式カメラが登録されている。以前にこの種のコードを見たときには、α7Sが3-4週間後に発表されている。

    スクリーンショットから見て取れるように、APS-C Eマウントカメラが実際の名前(ILCE5100)で登録されている。フルサイズEマウントカメラに関する情報はまだないので、現時点ではあまりエキサイトしすぎないで欲しい。私はこれがソニーのハイエンド機α9ならいいと思っている。

 

Postelに登録されたのは「WW024382」というコードネームで実際の商品名ではありませんが、「レンズ交換式デジタルカメラ」と記載されているので、以前に明らかになったα5100の他にもソニーから何らかの新型α(Aマウント機かもしれませんが)が登場する可能性が高そうです。SARはα9の登場を望んでいるようですが、どうなることでしょうかね。

 postel_sony_newEmount_camera.jpg

2014年7月15日 | コメント(20)

コメント(20)

今のところ、情報や噂があるフルサイズ機は、特許があるNEX型フルサイズEマウント機、
高価なタイプと廉価なタイプの2種類のフルサイズAマウント機の計3機種ですね。
フルサイズ機ならば、今後1ヶ月以内にこの中のどれか1つの可能性もあるのでしょうか。

α99IIでは?

以前噂のあったZシフト機だったら面白いですね。

まだこの情報だけではなんとも言えませんが、α99Ⅱだといいなぁ

SONYのホームページで確認できる範囲だと
WW328261 ILCE-7R
WW328262 ILCE-7
WW328274 ILCE-7S
WW808143 DSC-RX10
WW808161 DSC-RX100M3
だからWW024382は数字から推測すると
ILCA-88かILCA-99M2かな

テンションがち上がりです。

Aマウントに旋風を!

噂のあったα5?6?でしょうか。
EVF無しの廉価フルサイズ機。

これで外付けEVF対応、ホットシュー有り、24~36MPの電子先幕有りなら7Rから買い替えます。

 ISO64からのα7Rはそのうちに出るとは思いますが、来年でしょうか。

α99IIの可能性が高いと推定します。
α77IIのような順当なモデルチェンジでしょうか?

もし、α9も出るのであれば
まもなく出るという噂のα99iiをメイン、α9をサブとして使います。

EVF無しのフルサイズEマウント希望!
外付けできれば良いけど、無いならそれで良い!
NEX風フルサイズなら、α99のサブとして絶対買います。

α99の後継機、α99Ⅱが順当なとこだと思いますが、他にも出るのですかね?

連投失礼します、
α99IIがボディ形状そのままで、
連写番長の製品にでもなったら、
プロも注目して
業界秩序を覆す可能性だってありますね。

プロ向けサービスも既に立ち上げていますから。

フルサイズEマウントだとVGシリーズが有りますね。12MPで出るのでしょうか?

α99IIだったらいいな。でもデコッパチの軍艦部をやめてα900のような形にしてほしいです。

α99Ⅱは正方形のセンサーだと即買っちゃいそう。

α3000のような海外限定モデルと予想

α99は日本製だからα99Ⅱってことはないと思うけど。

α99Ⅱが12MPセンサーに79点AF積んで高感度連写番長なら、D700後継機を待ち続けた人が買うかもしれませんね(笑)
おまけに77Ⅱのボディで小型化も実現すれば死角無しでしょうか。
もちろん4Kも。

ハイブリッドマウント36MP曲面型センサーを採用したα9r


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年7月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンPowerShot SX60 HS (SX50 HS後継機)がフォトキナで発表?」です。

次のブログ記事は「PENTAX K-3 の回折補正機能はアンシャープマスクとあまり変わらない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る