パナソニックが「DMC-GM5」を正式発表

パナソニックが、EVF搭載のm4/3機「DMC-GM5」を正式に発表しました。

Panasonic unveils Lumix DMC-GM5 with EVF (dpreview)

  • パナソニックがGMシリーズの2番目の機種であるDMC-GM5を発表した。GM5には16MPの4/3センサーが採用され、120万ドットのEVFとホットシューが搭載されている。Wi-Fiも内蔵され、動画は1080/60p、3インチ92万ドットのタッチ式の液晶モニタが採用されている。フラッシュは外付けのものが同梱されている。価格は899ドル。
  • DMC-GM5のスペック
    - 有効16MP 4/3 CMOS センサー
    - ISO200-25600(拡張でISO100)
    - 測距点は23点
    - 液晶は固定式、3インチ92.1万ドット
    - EVFは116.6万ドット、倍率0.92倍
    - シャッターは60秒-1/16000秒
    - シンクロ接点は1/50秒
    - 連写は5.8コマ/秒
    - 動画は1920 x 1080 60p
    - メディアはSD/SDHC/SDXC
    - HDMI端子
    - Wi-Fi内蔵
    - バッテリーはDMW-BLH7
    - バッテリーライフは220枚
    - 重さ211グラム
    - 大きさ99 x 60 x 36mm

 

GM5のサイズはGM1よりも少し厚くなりましたが、縦横の大きさはほぼ同じで、EVFを内蔵しながら同程度の大きさに収まっているようです。ただし、その代わりにフラッシュが外付けになったようですね。

EVFはLF1と同じものになるという噂もありましたが、実際には116万ドットのまずまずの解像度のものが搭載されているので、十分に実用になりそうです。

2014年9月15日 | コメント(37)

コメント(37)

手振れ補正はなしか・・・

GX7続投決定です

EVFを搭載しつつ寸法をGM1とほぼ同じにできたのはは凄いと
思う反面、GM1が持ちにくかったので横幅をもう少し
長くするかグリップをつけてほしかったです。

常時携帯のコンデジと入れ替えようかと思いましたが、
フラッシュ外付けはキツイですね。
やっぱ、LX100かなぁ。

GM1より少しボディの高さが増しましたね。

EVFのスペースをかせぐため
背面液晶が16:9のワイドタイプになったようで
実質的には画面が小さく見えにくくなりそうですね。

EVFがどのくらいの見え方をするか興味あります。

シャッターやモードダイヤルなど上面のレイアウトは
GM1を踏襲しています。
シャッターなど内部メカや構造もGM1の流用だと、
メカニカルシャッター上限は1/500のままでしょうか?

同時発表の35-100mmはコンパクトですね。
14mmもデザインがリニューアルされましたね。
GM5と組み合わせるとコンパクトな単焦点機になりそうです。

厚みが増えたのはEVFの出っ張り?ボディーそのものは厚くなってないといいな。

背面ダイヤルが独立し、ボタンが追加されたのがいいですね。

ただ、GM1から買い換える要素はあまりないような。GX7を買うことになりそうです。

GX7に12-35、GM1に45-175を装備が基本体制の自分としては、GMにEVFが付いてくれることは歓迎です。
一時期LF1と同等のEVFと聞いて、がっくり来ていましたが、解像度は116万ドットということで一安心。
ephotozineには外装の変更された14mmf2.5らしき画像もアップされていましたが、レンズキットがあるのでしょうかね?
http://www.ephotozine.com/article/panasonic-lumix-gm5-hands-on-preview-26172

結局GM1の後継機でしたね。
これで手ぶれ補正がつくならGM1から買換えましたが、まだ使い続けられそうです。

軽っ! バッテリー込みでこの重さ?

背面ダイヤルとしてGF1&2やGX1同様、
プッシュでコントロールパラメーターが変えられる(であろう)ダイアルが復活したのが非常に良い。
Aモード時、絞りと露出をこれ1個でコントロールできるのは大変便利だからだ。
キットレンズはやはり12-32mmなのだろうか。

これならGX7の後継機は別途登場するはずですね。その際はGX1程度に小型化をお願いしたいです。

小さいEVFはちょっと見にくいからなくてもいいかなぁ
GM1でとくに不満はないから今のところステイです
しっかし、よくGM1をEVFやらホットシューやらつけられるなぁ
小さいもの作らせたら日本の企業はぴか一です!

GM1の黒を持ってますがレッドxブラックの配色が気に入りました!
コンパクトさが売りでフラッシュやEVFは元より期待してない中、EVF内蔵にしてきたのはGJ!
12-32は持ってるのでボディだけ買えないかしら?

1さん
あのダイヤルはちょっとしたアイディアかもしれませんが、とても便利ですよね。
ただ、GF1では使いやすいのですが、G1/GF2/GX1では「押す」力と「回す」力のバランスが悪いのか回しているとつい押してしまい意図とは別な設定変更になることがとても多かったです。
ダイアルの円盤径が小さいとそうなるのかもしれません。ちょっと心配。

 無茶苦茶格好良いですね!
EVF搭載の為に液晶を細長くしてそこにダイヤルを独立して突っ込んだのいいんですが、どうせなら液晶の横幅を詰めて十字キーの周りのダイヤルも温存して欲しかった。
 コンパクトさでは流石にGM1の方が優位でしょうが、後継機としては納得性のある製品ですね。
どちらかというと、上位機扱いで併存して欲しいですが。

よし、まだまだGM1で戦えるな!
3インチの触れるEVFも付いてるし大丈夫!

ところでGM5のモードダイヤルはなぜカスタム減らしちゃったのでしょうか?そこだけは本当に残念

背面ダイヤルや親指のひっかかりができたお陰で操作性はかなり改善していそうですね。ファインダーに圧迫された背面液晶パネルの高さがかなり削られたのは仕方ないのでしょうがかなり見づらくなりそうです。

平面ぐるぐるのロータリー式ダイヤルからGシリーズの様な背面ダイヤルになったのは歓迎です。
密かに!?フォーカスの測距点に期待していたのですけれど、23点のままでした。
あとはボディー内手ブレ補正も見送られたので、GX7やGM1から乗り換えを考えていらした方々の評価は“微妙”といったところでしょうか…。
カラーは割りと攻めてきた感がありますね。

平面ぐるぐるのロータリー式ダイヤルからGシリーズの様な背面ダイヤルになったのは歓迎です。
密かに!?フォーカスの測距点に期待していたのですけれど、23点のままでした。
あとはボディー内手ブレ補正も見送られたので、GX7やGM1から乗り換えを考えていらした方々の評価は“微妙”といったところでしょうか…。
カラーは割りと攻めてきた感がありますね。

GM1の唯一の弱点は、EVF非搭載とシューがないこと。
すげーと思いましたが、ストロボ外付けですね。
残念ながら、GM1でいいかな。というか先週の日曜日にGM1再度購入した
ばかりでしたが、、。

なんか今イチ惹かれない…
LX100の筐体でレンズ交換式にしてくれー

フルサイズもフォーサーズもレンズ一体型もだいぶ回り道したあげく、最近はずっとGM1に落ち着いていますが、GM5は先代と共存できる仕様なので買い増しします・・・!

GM1にはSUMMILUX 15mmを、GM5には45mm f2.8とか新35-100mmを付けて旅に出たいなあ。

ドイツ?のPanasonicのGM5ページ、
作例がクールジャパン風で面白いですね!
http://www.panasonic.com/de/consumer/foto-video/lumix-g-wechselobjektivkameras/dmc-gm5k.html

ホットシューがついた。この点が私にとっては最大の喜びです。これで外付けの光学ファインダーが使える。

>シンクロ接点は1/50秒

え?
外付けストロボ使えるのを喜んでいたら…
なんか微妙に低スペック過ぎる。

パナソニックの国内サイトで「GM5」の発表はまだ
のようですが、9月16日付のプレスリリースで
「30mm/F2.8マクロレンズ」
商品化の情報が告知されています。

「240fpsの高速AF制御に対応、光学式手振れ補正を搭載しており、ピント合わせがシビアとなるマクロ撮影においても、高速かつ高精度なAFで快適な撮影を実現。レンズ鏡筒部には金属外装仕上げを採用、金属部材で構成することにより、撮影時の手触り感や外観の質感にも拘ったマクロレンズです。」
製品仕様の詳細や発売日、価格は未定です。
http://panasonic.jp/dc/news_macro_30.html

slow さんへ

やっぱりそこですよね。
シュー付けて大きくなるのなら、シンクロ速度を改善してくれないと。

ソニーもパナも小型化命で、
これはこれで日本のお家芸として素晴らしい。
ただしモノとしての最適な大きさってあるのですよね。
手の大きな欧米人には不向きなので、
ますますガラパゴス化しているのかも知れません。
日本とアジア、あとはフランスあたりが市場でしょうか?

belovedさん。
賛同ありがとうございます。
撮像素子が小さいからシンクロ速度アップはやりやすいと思うんですが…
ボディサイズありきの制約と、コストの問題なんでしょうかね。

Slowさん。
シンクロ速度の件、GM1でもそうでしたが、小型化を実現するためにシャッターユニットがモーター式となっていることの弊害なのではないでしょうか?
(アピールがないことを見ると、前と同じユニットで、1/500以上は電子シャッターのみなのしょうし。)

GX7には程遠い仕様ですね。

GM1から見れば正当進化と思われます。
小型ボディながらファインダーを付けたことは賞賛に値しますね。

小さくてもしっかりフレーミングができる、素晴らしいじゃない
ですか。

GX7の後継モデルにも期待したいところです。

何気にこの機種、パナソニックの今までの概念・戦略から外れてますよね、、、使う、使わない別としてフラッシュ内蔵が信念だったかと思うのですが、、、
GM1とGX7を迷って、EVF有り無しでGX7を買った身としては、ちょっとジェラシー感じました。EVF可動式じゃないからいいかと自分の気持ちをなだめてます。

evansさん。
恐らく、ご指摘の通りの理由でしょう。
スティルカメラとしての本質の部分がバルナックライカ時代に逆戻りな感じです。

反面、動画はいいかもしれない。
個人的には使わないけど。

結局このサイズのEVFだと眼鏡には見づらいんですよね~

カラーは好みだからGM1でもこのバリエーションを増やしてほしいな~

これなら、今使っているGX7の方が良いかな?という感じです。
ともあれ、買おうか買うまいか悩むことからは免れました。

Slowさん、evansさん

シャッターユニットを共有化(流用?)した意図はサイズだったりコストだったり、まあわからなくもないんですけどね。
なんというか・・・小型化のために要らないものは削ぎ落としたマイナスの美学のGM1なら納得できてたのに(バルナックライカ時代を追体験するのさえ楽しい)、プラスが始まった途端にあれこれ欲が出る・・・。
うーん、設計する人も大変ですね!

デジカメWatchの9月19日付インタビュー記事で、AVC社・杉田副社長は、m4/3について「ボディラインナップの方向は定まったので」と言っていますが、これは、今後はGHシリーズとGMシリーズの2本立てで行くということでしょうか。
そうだとすれば、予想の範囲内とはいえ、ちょっと複雑な気持ちです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年9月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが「DMC-LX100」を正式発表」です。

次のブログ記事は「キヤノンが「PowerShot G7 X」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る