ソニーの新しいFEレンズ群の価格に関する噂

Verybiglogo Photo Blog に、ソニーが開発発表した新しいFEレンズ群の価格に関する噂が掲載されています。

Photokina 2014 -- Sony first impression

  • いくつかの価格に関する不確実な情報がある。ソニーはまだ公式には価格を公にしていない。しかし、私のソースが聞いたところによると、FE28mm F2 は499ユーロ前後、コンバージョンレンズは229ユーロ、FE35mm F1.4 ZA は1399ユーロ(もし事実ならこの価格は悪くない)、FE90mm F2.8 G Macro は999ユーロ、24-240mm F3.5-6.3 は1099ユーロになるはずだ。これらの情報は話半分に聞いておいて欲しい。

 

これらの価格をそのまま円に換算すると、28mm F2が7万円前後、35mm F1.4が20万円前後、90mm F2.8マクロが14万円前後、24-240mmは15万5000円前後で、安価とは言えませんが、ヨーロッパではソニーの交換レンズは日本国内よりもかなり高い価格で販売されているようなので、国内では単純に為替換算した価格よりは大幅に安くなりそうです。

いずれにしても、信憑性の高い情報ではないようなので、現時点ではこの価格は参考程度に聞いておいた方がよさそうです。

2014年9月19日 | コメント(10)

コメント(10)

うーん…α7などボディは安いと思えるんですが、レンズがどれも高すぎてEマウントに乗り換える気になれないです

待望のマクロ

そして、ここでまさかの 高倍率ズーム
しかも24から始まる。

これは、嬉しい

やっぱりレンズが少ない 少ないと言われたせいなのかな?

ちょっとショックなのは、
はじめから 35F1.4 や ズームをF4じゃなく F2.8にして欲しかった

正直、FEレンズでは、
レンズが少ないので 妥協のないレンズ を当面出して欲しい

安いレンズは、後からでいい

というか、安さを求めるなら、
Eレンズでいいじゃんと思ってしまう。

ただ、ツアイスでなくても
結構値段がするのか~ という感じもする


後は、EマウントのSTFレンズを待つばかり

ユーロの場合、税の問題もあるのでそのまま円換算にはならず、他社製品や先日のSEL1635Zなどの価格を踏まえると、実売価格(ポイントなどを引いた金額)は以下のような感じでしょうか。
FE28F2:5万強
FE90F2.8G:10万強
FE35F14Z:14万強
FE24240:11万強

FE35F14はそんなに高くはないですね。
マクロもGの割にはという感じです。

現在は、APS-C機を使っていますが、
将来見越して、FEレンズを買うかどうかで、
迷いますね。

Aマウントは結局、APS-C機売っちゃったので、
DTレンズをどうするか、思案中です。
・マウントアダプタ買って、Eマウントで使うか。
・α99で画素数減らして使うか。
・ドナドナ
・α77Ⅱを買うか。
困ったものだ。

この値段なら嬉しいですが、実際の定価はこの想定の1.5倍くらいで、相場の初値はこの2割増くらいではないでしょうか。

ただEマウント用レンズにはSEL50F18という非常にコスパの良いレンズもあります。
仮に今回も売れ筋となるレンズの価格を抑えてフルサイズへの移行を促す戦略なら、Eマウントフルサイズ機にステップアップするユーザーも少なくないかもしれません。
良いレンズが安く買えるという印象は、導入の足掛かりになるので是非ソニーには頑張って欲しいですね。

ラインナップが充実する予感ですね。
個人的には、24-240に期待です。
あとは24-70、70-200の2.8ズームを期待!
アダプターを使ってAマウントが付いても
手ブレ補正機能が無くなるのは
いただけません。

この価格+αくらいなら全然許容範囲内です。安くするために画質を妥協するくらいなら、ちょっとお高いくらいでいいのですよ。
ツァイスの発表した35F14ZMを越える画質で、35F14ZAを出してほしいです。AFとMFの違いはあれど(ついでにマウントも違うのです)個人的には比較対象で、どっち買うか迷っているので。

「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS」は欲しいですが、むしろ、その後の発売になるかもしれない、「FE 90mm F2.8 Macro G OSS」を優先します。
資金繰り次第で、「FE 24-240mm」も購入するかも知れません。

24-240は240まではいらないかな。
24-105でF4でだしてほしかった。
待ってますよソニーさん!

sFE28mmF2+フィッシュアイコンバーターは期待です。α7Sでやっと本格的な星景写真が狙えそうです。APS-C用レンズでクロップされると画素数なさすぎなので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月19日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンは新マウントシステムの研究開発を行っている」です。

次のブログ記事は「富士フイルムは現時点ではフルサイズ機の計画はない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る