ニコンが「D750」を正式発表

ニコンが、チルト液晶モニタを採用するFXフォーマットの一眼レフカメラ「D750」を正式に発表しました。

デジタル一眼レフカメラ「ニコン D750」を発売

  • D750は、高品位画質とプロフェッショナルモデルに迫る本格仕様を、機動力の高い小型・軽量、薄型ボディーに凝縮したモデル。ボディーを大幅に薄くしたことで深いグリップを実現し、抜群のホールド感を提供。
  • 有効画素数2432万画素、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー。
  • 常用感度ISO 100~12800を実現。特に、高感度時のクリアーな画像は「D810」をもしのぐ画質。
  • 91KピクセルRGBセンサー(約91,000ピクセル)。
  • 画面内の最も明るい領域を自動検出し、露出制御を行うハイライト重点測光。
  • 撮影画面を広くカバーする51点のフォーカスポイント。11点がf/8に対応。-3EV(ISO 100・20℃)という低輝度環境下においてもスムーズなAFが可能。
  • 最高約6.5コマ/秒、最大100コマの高速連続撮影が可能。
  • 視野率約100%の光学ファインダー。新規設計のファインダースクリーンを採用。
  • 動画ライブビュー時および動画撮影中に絞り設定を滑らかに調整できる「パワー絞り」が可能。
  • 「D810」と同等の、信頼性の高い防塵・防滴性能を確保。
  • ニコンFXフォーマットモデルとして初めて、外装が骨格を兼ね内部構造を堅固に守るモノコック構造を採用。
  • ニコンFXフォーマットモデルとして初めて、素早く展開できるチルト式液晶モニターを採用。
  • ニコンFXフォーマットモデル初となるWi-Fi?機能を内蔵。
  • 発売は2014年9月25日予定、価格はオープン。

 

スペックは、ほぼこれまでの噂通りのようですね。D750は、24MPセンサーに高性能なAFユニットとチルト液晶モニタを組み合わせた、バランスの良いFX機になっているという印象です。51点AFユニットとチルト式のモニタを内蔵しながら、D610よりも薄く軽いボディになっているのは素晴らしいですね。

2014年9月12日 | コメント(200)

コメント(200)

えっ、SS高速が4000分の1止まりですね。これってやはりD600の系譜なんですね。ショック…。


D610の後継機として考えるなら良い出来ではないでしょうか?
まさかのシャッタースピード1/4000秒までには驚きでしたが。。
D700後継と考えないことですね。

X=1/200秒,シンクロターミナルなし、角形ファインダーにがっかりです。

高感度がD810以上、バッテリーが三桁やD7000シリーズと共用ってのはいいですね。
秒6.5コマはちょっと残念ですがスポーツ系は一桁機でってことですね。
後はシャッター音聴いてよければ来年度の稟議書作成です!

ローパスフィルター有無の記述がありませんが、もうナイのが普通なのでしょうか?

最高1/4000秒というのはちょっと寂しい。

中々良いではないですか。
特に構造に於いては炭素繊維系を用い革新的で、私にとってはバリアングルビューを備えてもこの薄さに納めていること。
これでAFモジュール等ももっと薄く出来れば、底の高さも抑えられると思います(デザインはどうでもあきらめて使いますが、はっきり言ってニコンは底が高いのがデザインを悪くしていると思っています。そうでなくてもマウント径が小さいので余計に目立つ)。
性能についても800や810に無い機能もあるようですし、ほんとに欲しくなります。普段撮りに800系よりコンパクトで良いのでないかと、しかし、3600万画素の恩恵に慣れた今は、少ない画素数に戻れないのも事実です。

>11点がf/8に対応。
これ、凄いですよね?
キヤノンユーザーですが、羨ましいです‼︎

610のユーザーとしては
このスペックは少し残念・・・
価格差を考えるとD610がお得に感じる、
せめてマルチパワーバッテリーパックがD610と同じなら
変え買えも考えたが、見送り決定。
D810を購入する事にした。。

チルト液晶が付いてもあのAF速度では意味あるのかな?

どこにもローパス有無の記載が無いですね。
http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d750/spec.html

ピッチ広いからローパスは当然あるでしょう

とても良いカメラだと思います・・・
ですが2012年当時、5Dmark3にアピールポイントが無いことを
少し嘆いていたキヤノンユーザーが多かったのと同じ様な気配を感じます。

バランスが良い機種として正常進化すればするほど、飛び道具に欠けるというか・・・

D650ならば・・・D700後継機とは呼べない気がしています。
機動力に優れる機種ならばこそSS1/4000が残念でなりません

う〜ん、予想以上に微妙なスペックでした。
これであれば、ターゲット層もD610とかぶりますね。
610の後継機としてなら十分なスペックですが、
併売扱いの上位機種としては微妙過ぎます。
チルト液晶も自分撮り出来るよう180度動くなら良いですが、少ししか動かない。
あらゆる部分が中途半端。

薄型ボディのせいで、上部液晶表示も内容がかなり省かれているよう。
背面液晶で見るのは慣れていないからなぁ。

これだけのボディなのにSSが4000分の1なのがもったいない。

とはいえ、あまり完璧すぎると画素数面の明確な必要性がなければD810を選択する理由がなくなってしまう気がするし、ニコンもスペック面の落としどころに悩んだかもしれませんね。

D600系のAFに不満はある人がD800系の36MPは持て余す、という人向けでしょうか?
14bitのrawでバッファ20枚でD810譲りのファインダー、実売23万円程度なら購入を検討します。
追加情報待ってます!

やはり低価格路線できましたね。
みなさんが言うようにD700系を名乗るべきでは無かったかもしれませんが、ナンバリングの選択肢が無かったのでしょう。

この発表を見るとα99はソニーじゃなかったらもうちょっと売れたんだろうなあとつくづく思います。
まだまだ現役で行けそうです。

D600系とD750の関係は
DXの3000系と5000系の関係そのものですね。

お?と思わせる部分もありますが、
1/4000のSSなどアレレ?な部分もありますよね。

うーん。これをD700の後継機とは思えないです。。。

内容的に20万前半くらいになりそうでしょうか?

痒いところに手が届かない仕様になってますね。

現在、D800を使っていますが、質量とデータがともに重くて、もてあましております。あまり見栄をはらずに、年寄りには年寄りにあったモデルを使えばいいと思います。
このD750はそういう意味で、とても使いやすそうですね。
バッテリーがEN-EL15なのと、フル充電で1230コマも撮れるのがいいと思いました。非常に省電力モデルです。
「ハイライト重点測光」なるものがどういうものなのか、気になるところです。

SS1/4000,6.5fsp なぜ?
アウトですT_T

1/4000シャッターって皆さん使われるんですね!
FM2育ちなので僕はこれで充分ですが
用途によっては不満だらけのカメラみたいな感じです。
ただ1/250シンクロは欲しかったです。
D600で日中シンクロ中、古いストロボ使っててシャッタースピードを制御してくれず
やらかしちゃった経験がありますから。。。
まあ、これはカメラのせいじゃなく撮影者のミスですが。

オートフォーカスの検出範囲が-3EV~なんですけど、
これ暗所に一番強いってことになりますよね?
実動作が気になります!!

期待を大きくしすぎてガッカリなのは確かだけど、
D620系からの堅実な進化なのかなと思ったり。
でもD630はどーすんのかな。。

SS 1/4000~・・・なんだかなー 残念!

ニコンってなにがしたいんだろう…。
D800(E)は素晴らしいカメラだったけど、それ以降迷走している気がする。
D800はまだまだ十分第一線でやっていけるのに。
810も750もいらない。
ユーザーを置いてけぼりにしている感が非常に残念。
新製品を矢継ぎ早に投入しないとやっていけないほど、経営状況がマズイのかな…。

これじゃない感が強いですね。
先に出さなきゃならない機種があると思うのですが。
機動性を重視するなら、DXでも良い訳で。
妥協感の無いDXのフラッグシップに期待します。


なんか違う・・・

D800系のボディにD600の撮像素子を入れてって、
あれだけ言ったのに・・・

逆だよ・・・

だいたい予想通りでした。
D610買うならもうちょっとお金出してD750を、的なカメラだと思っていました。
D810要らねD750で十分だから、的なカメラは企業としては出せないでしょう、その分確実に売上げ減につながるので。

D700後継を期待していた方には確かに残念かもしれませんが、
出すとしたらこの辺りのスペックがちょうど良いバランスなんだと思います。

D610とD810の良い処を合体、最高級のAF仕様、
丈夫そうなチルト液晶、素晴しいスペックです。
今まで、D800系、D600系を我慢した甲斐があります。
これは買うしかない!
長く使えそうなカメラですね。NIKONに感謝です。

ニコン版5dm3ですね!スタジオもスポーツにも使えるオールマイティなカメラだと思います。

Wi-Fiがどれだけ使い物になるか興味が有ります。お値段は頑張りましたね。チルトモニターが欲しかった人は多いようなので売れそうですね。このモデル以降は積極的にボディの奥行を減らす方向に向かうと嬉しいですね。

小型軽量化で連写性能にもシャッターユニットの性能にもシワ寄せがきてるだけでなく、縦位置グリップもD810用もD610用も使えない。

また、製品寿命も長くなると思うのに、5D3後継機が出ると陳腐化しやすい仕様で妥協したのも残念な部分。

出ましたねー。
んーやっぱり700番台で良かったのかなって感じがしますね。

とりあえずニコンプラザでいじってみようかな。

物欲を刺激されず、ある意味安心しました。

デジカメWarchによるとボディ単体で23万くらい、
良い線じゃないでしょうか。

シャッター最高速度が1/4000ということは静かでショックの
少ないシャッターの可能性が高いですね。
X-T1使ってて思うのですが1/4000あれば十分です。
晴天にF1.4を開放で使う意外、あまり必要ないです。

あとは、さりげに背面液書表示がD800よりシンプルで
Dfに近い感じになり、大きな文字は老眼にやさしいです。

1/4000以上の高速シャッターは意図して使うわけではないが、明るい所で絞りを開いてポートレート撮影すると状況によっては起き得る話です。

これだと、やはり、600系ですかね。
D610がイレギュラーだったのかな。
だとすれば、今回のがD610だったとか。
変に700系を名乗ったばかりに・・・。

炭素繊維複合素材を使用ですか

今後この素材の機種が増えそうですね

型番からしてD700の後継を期待しましたが、完全にはずしましたね。
そういう意味では残念至極です。待っていた多くのユーザーには、
失望以外の何物でもない。

一方、初めてFXをと思っておられる層には訴求力ある機能を
盛り込んできましたね。価格が落ち着いてくると、D610との
共食いになってしまいそうですが(^^;

個人的には、Dfを買っていなかったら、これに逝ったかもです。

初めて投稿します。
外観はD600/D610とよく似てるかもしれませんが、内部は相当いじってますね。
今は、ややお通夜の雰囲気の方が多いかもしれませんが、実際に手にとって見たら全く別の感想になるかもしれません。
個人的には、ファインダー窓が丸型でないことだけがちょっと残念です。

ニコンユーザーには慌ただしいモデルチェンジの連続でしたが、やっと負の遺産から解消されそうだと言うのが第一印象です。

しかし、キヤノンはやはり強い。ハード上では、スペックでキヤノンに負けるわけにはいかないニコンなのですが、61点AFで度肝を抜かれ、今回も91KRGBセンサーを新開発したのに、150Kを出されてしまう。65点全点クロスのAFも出てくる。

5D MarkⅢのスペック予想がはずれたために、バランス型のカメラがどうしても必要になった。D750の登場も、ニコンにとってはいろんな意味で必要だったのでしょう。

おそらく、スペック重視のユーザーにとって、1/4000のシャッターユニットや連写6.5/秒は、納得がいかないかもしれません。しかし、D800系でこのD750以上のスペックのカメラを作ったら、D4Sに近い価格になります。だから、落しどころがあって、それがD750の現在のスペックになったはずです。これまでの経緯を考えず、このD750だけを見るなら、そう悪いカメラとは言えないと思います。

あまり多くの人が望んでいるカメラではないですね。
D810に2400万画素やD4sのセンサーを積んだカメラや、DXのフラッグシップの方が、どれだけ喜ぶ人が多いだろうに。
シンクロが1/200秒な所、シンクロ接点が無い等、"それなり" のカメラなのでしょう。

開発チームのインタビュー記事を読んでみたいです。あれ?これでいいの??感がどうしてもぬぐえないので。。
それぞれの機種の個性、あるいはユーザーターゲットに関して、C社の最近のラインナップにくらべると、ニコンはちょっと希薄な気がしてなりません。
どういう人に使ってほしいのか、その人の使いやすいように工夫されているか。それが見えにくいのです。

みなさん期待し過ぎてdisってる人もいますが、冷静に考えて良い機種ですよ。
一眼レフの命であるファインダーの見え具合も改善されているようですし。
ヨドバシで約22万円、VR24-120のキットが約30万円。24-120を持ってない人にはお買い得。私はD600で痛い目にあってるので(シャッターユニット交換してもらったけど、再びダストが大量に・・・)D610に交換してもらわずに、D750に買い換えたいです。初期不良が怖いので年内は様子を見ますが。

これで、D610の後継がないってことが確定したような。
しばらくして、D610の下を出してくるんじゃないですかね。
小型軽量のFX版D40とか。

いいカメラっぽいですねー。キャノン5DII の後、6Dを使っていますが、ニコン様の素晴らしい標準レンズと広角ズーム欲しさに貯金(と喧嘩)をしてきました。D810とD750。こちらのフォーカスが迷いますね。

このD750は、暗所に強い上に高感度の絵づくりも強化されているとのこと。暗い環境をものともしない -3EV の合焦性能に馴れると、今の5Dにも何ら負い目を感じません。しかもコンパクト。森や浜辺、食後の街路地などの夜景を、昼撮り感覚で狙える楽しさは代え難いものがあります。

憧れのポスターサイズのプリントのために、D810 をSサイズで常用するか、素直にD750に行くか。大いに悩ましい機体です!

「シャッタースピード1/4000だけで萎える。」と書こうと思ったら皆さん同意見ですね。

丸型ファインダーの代わりはDK-22とFM用アイピースで代わりに。。。ってわけにはいかないんでしょうね。
こだわる方々には。

D610の下。。。ボディモーターなしの格安小型FX!
これはこれでアリだと思いますよ。

インターフェースからしてD620の印象がぬぐえません。ですが、

>常用感度ISO 100~12800を実現。特に、高感度時のクリアーな画像は「D810」をもしのぐ画質。

これにはちょっと興味が出ました。
これがどれくらいの話なのか、がDfが嫌いな自分にとって重要になりそうです。

これなら「D620」でいいんじゃない?
…残念…T_T

今回は24-120レンズキットの価格がお得ですね。というかそもそも
単品で買うよりもお得に買えなければレンズキットの意味が
無いように思うのですが。

以前D700を使ってましたが、当時の価格を思い出すと
このD750は十分魅力的に思えますけど、どうでしょうか?
当時、視野率95%というのが鉄撮りには我慢できなくてD4に乗り換えましたが、
丸窓ファインダーよりも視野率100%のほうが大事ですよ。

それはともかく、新素材を使ってボディを薄くしてきたのは注目に値すると思いますが…?

以外とこういう無難な商品の方が数は出るかもしれませんね。過剰な最新スペック搭載すると高くなります。
実売20万以下という価格合わせのスペックっぽいですが、その分マニア以外にも購入し易く日常使いでは充分なカメラなのでしょう。
上位機種沢山出しても出る数は限られるし、単にD810購入検討ユーザーがD750に鞍替えするだけのカメラ出しても企業には何の旨味もありません。
5D検討ユーザーを獲得するためにスペックを盛っても価格が高くなるならやはり効果は期待でき無いでしょう。
20万以上はそういう価格帯だと思います。

ここでの大半の方々と同様にこれじゃない感を感じております。
600番台の負のイメージから脱したかっただけのような気がします。
今回のフォトキナでのC社N社の話題性ではC社に偏りそうな気がします。
シリーズ型番を整理し、既存機種をきちんとアップデートしてくることも大切だと思います。
今回はマーケティング力の差が出てしまいましたね。

AFのスペックはかなり良いですな
シャッタースピードだけが泣き所か

丸窓じゃないことにがっかりの方達がいるみたいですが、
接眼部交換で解決することじゃないですか?
交換の為のオプションあるわけだし。

SS1/4000以上ってそんなに使う人多いのでしょうか?
メーカー側も色々考えて出してるでしょうから、
それ以上必要な人はもう少し上の機種にしてねってことなのでは?

私はこの機種は値段相応でよいのではと思いますけどね。
何気にボディ側面にWi-Fi文字があるのもよいなと。

既に書かれている方もいらっしゃいますが、
「D6xx」のマイナスイメージを消し去るために
上位っぽいの「D7xx」にしたんでしょうね
おそらくD620は出ないのでは?

D610よりも軽くてバリアングル液晶なので、
高感度性能がかなり高ければD600からの買い換えも検討します
しかしD800Eの中古も安くなってるからなぁ

スマホの登場でセンサーサイズの小さいカメラの存在が危ぶまれています。カメラの売れ行きそのものが低調なこともあり、各社ともセンサーサイズが大きく、かつ、利益率の高いフルサイズに注目しています。

ニコンはその方針を愚直に守っていますね。ニコンのホームページを見ると、FX機が6機なのに対して、DX機は3機に過ぎません。逆に、キヤノンの方が現在のラインナップに縛られているようにもみえます。

この方針が吉と出るか凶と出るかは、もうしばらく様子を見なければいけませんが。

D700後継ってことで期待が大きかった分ガッカリ度も大きかったけれど、、、

D700の後継うんぬんを考えなきゃなかなかバランスの取れた中級機かと。
これで現在のD610並みの価格になったら買いますよ。

うらやましー
6D2はぜひとも61点AFを搭載して連射速度を上げて欲しい

610からはかなり進化してると思います。
裏面から見た画像見ると薄さが際立ってますし。

ただ、700番台の期待には応えられなかった感じですね。

シャッタースピードを1/8000秒、フラッシュの同調速度を1/250秒にして、左肩のモードダイヤルをD810と同じ物にすればよいカメラになるのにね。基本性能の高さがカメラの格を決めます。

残念至極。
正直スペックだけ見れば十分だとは思う。
けど業務では使えないカメラ。
CFカードの不採用。撮影モードの変更がD610と同じロック付きのダイヤル式。
これはまさにD620でしょう。
最近のニコンは何が作りたいのか良くわかりません。D300sやD700の後継機は未だにないのに、D610とかぶるカメラを作っている。例のゴミ問題でアップデートできないことと、イメージ払拭のために発売されたように思えるのは私だけかな?
もしかしたらD620は発売されないんじゃ・・・。

これはこれで確実に良いカメラではあると思います。
ただ本スポーツとか動態をいっぱい撮るよ!
っていう人がこのカメラに期待でいてたから、こういう意見が多いのかな?

D600発表発売から約2年過ぎたところなので
本来ならこのD750がD600の次の機種だったのでしょうね。
D600のトラブルさえなければ・・・。

ニコンは、イメージの悪くなったD600シリーズを
フェードアウトさせたいのではないかと思ってしまいます。
それで大きく名称を変えてきたのでしょう。

今後のニコンの商品展開を考えると、
もしかすると次のフルサイズ機は
さらに廉価なフルサイズ入門機
(仮称)D500が控えているかもしれませんね。

おっとその前に、
来年のCPプラスの次期に発表発売から約2年を迎える
D7100後継機が登場するでしょう。

なんて、また妄想してしまいます。

これでニコンのフルサイズ重視の姿勢は完全に鮮明になったということですね。

カメラ自体の是非は別にして、このカメラは「うちはこれからもフルサイズを全面に押し進めていきますよ」というニコンの峻烈なるメッセージのように思えてなりません。

大げさな言い方ですが、これでニコンとキヤノンは完全に別々の道を歩み始めたような気がします。

皆様方言われているようにD6xxシリーズのマイナスイメージ払拭のための型番変更のように思われますね。
スペックとしてはD610(D600)の正統後継機的な内容ですし、チルト液晶やWi-Fiを載せてもD610よりわずかに小さく軽いですから。

お値段もD610より3万円ほど高いだけで、D610の売り出し最安値が17万円代だったことを考えるとすぐにでも20万円は切るのではないかと思います。

私としては、D700以上の高速撮影性能と操作性を持った真のアクションカメラたるD900?を期待しております。

Wi-Fi内蔵は兎も角、GPSを内蔵していれば、即買いなのに!
まぁ、イラナイって人は多いと思いますけど
せめてケーブルでなく、ホットシュー直付けのGPSを出して欲しい

廉価版のD500が出ることにも期待
10万円を切るFXボディを出せば、
バカ売れすると思うんですけどね

D610のときほどではないが、
なんか煮え切らない感が強いね。
ポンポン出し過ぎだと思う。

良いカメラだとは思います。
しかしD7xx桁の名を冠すなら、フラッグシップである一桁台に次ぐ堅牢性と連射性を有するモノを求められていたのも事実。
そのギャップがコメント欄に溢れているんだと思います。
フルサイズ入門機、フルサイズ高画素機、フルサイズ連射機、フラッグシップ機。
これ以上のラインナップはNikonファンもさておき、これから購入しようという層に混乱を来たすのではないかと心配しております。

D750のナンバリングと、噂が出た時の「アクションカメラ」という響きのせいで多くの人ががっかりですね。

みなさん仰るように700の後継ではなく、600系統の光景だと思います。
でも600を使ってる自分にとってはバランスよく正統な進化だと思います。
AF検出範囲が-3EV対応し、狭かったAFエリアの改善だけでも魅力的です。
ニコ1のV3と同様のチルト式にしてるのでボタンの位置が従来機と変わらず操作もしやすいと思います。
今回のD750で改めて分かったのは小型化とSS1/8000は両立しないということですね。

D700の正統後継や8コマ・SS1/8000を期待した人には期待外れとなったかもしれませんが、個人的にはバランスが良くD600から買い替えやDXからFXに移行する人にはお勧めだと思います。

SSの話が良くでますけど
1/4000超えに拘って耐久性軽視するより
全然良いと思うんですけど、
なんでそんなに1/4000に拘るかのかが私には不思議。
レリーズしててミラー落ちるより全然いいと思うです。

シンクロ1/200はちょいと疑問ですけど
FP発光使うなら問題なしではないかと。
スタジオジェネだと1/125でも早いし。

それよか折角の軽量化・薄型化が
チルトモニターで犠牲になってる気がします。

あとはNikonお得意の目に見えない部分の数字変化、
ワイドレンジやAF合焦速度や判断能力、
アルゴリズムの実使用レビューを待ちたいですが
この基本機能でこの価格は素直に「買い」対象。

個人的には「新型」よりフルチューンの「初号機」が良いです。

Canonユーザーの評価は、軽量化、フルサイズでチルト液晶、ボディー内露出平準化、インターバル撮影枚数9999枚などが高いですね。隣の芝は・・・ですね。

なぜバリアングル式でなく、チルト式なのか疑問です。

そもそもチルト式を付けるということは、
可動式モニターの利便性を認めているということになると思います、
にもかかわらず、縦位置では、それが機能しなくなってしまうものを採用した、
という所に矛盾を感じます。

光軸の問題もあるのでしょうが、
現在のOVFだって、横位置でも、縦位置でも、光軸からずれてますし、
決定的問題にはならないと思います。

おそらく、使用頻度の高い横位置での使用時に、D5200式ですと、
光軸から大きくずれてしまうので、チルト式にしたのだとは思いますが、
ソニーのα99(3軸チルト式)のような光軸のずれの小さいタイプもありますし、
可動方式自体をもっと改良しても、良かったのではないでしょうか。

D600からD610に代わってからなんとなくシャッターフィーリングが良くなった感じはあったんですが、これはどうなんでしょうね?

D600/610の一番のウイークポイントはAF精度とフォーカスポイントの狭さだと思ってるんですが、HP上でこのD750の51点をD810に重ねてみると、なんと!狭い!D810と同じじゃなさそう?
HP上のファインダーサイズが違っていなければ、もしかしたら一回り小さい51点AFポイントで実は39点とあまり変わりないかもしれません。

そうだとしたら、ほんとに残念。

ここに書くことではないかもしれませんが、同時に発表されたスピードライトSB-500に非常に興味があります。SB-300のように単4ではなく単3で動作するようですし。

ニコンの丸窓には、アイピースシャッターがついています。
風景を撮る人には、非常に便利な機能です。
見た目で格を語りたい人も居るでしょうが、実用性で丸窓は個人的には必須の機能ですね。

D610とD7100を併用していて、どうしてもD610のAFに不満が募っていたので、51点と聞いて喜んだのですが・・・
S&Wさんもご指摘されている通りニコンのHPで見た限りでは、AFのカバーエリアはせまそうです。D610と変わらない?
まあ、FXなら中央寄りになってしまうのは仕方ないとは思うのですが・・・・
これは実物で確認しないと何とも言えませんが、もしそうなら購入は見送ります。
逆に言えば、D610での明確な不満ポイントはそこしかなかったので。

それ以外のスペックには文句はないです。丸型のファインダーを望む声もあるようですが、個人的には角形の方が好みだし、連写も6.5枚で妥協できるレベルです。EXPEED4搭載で高感度耐性がよくなっていそうなのも惹かれます。
チルト液晶はうれしいのですが、できればD5300方式がよかったですが、このカメラは凄くバランスの良い機種で魅力的だと感じています。

まあ、いずれにせよ自分の場合はDXメインでFXがサブ的位置づけなので、ちょっと悩みますがしばらくD610使うと思います。

別スレにも書きましたが、まずはDXのハイエンドモデルが欲しいです。

D400の真の後継機がこれだと、発表前は勝手に思っていました。鳥撮なので今回は向こうのAPS-Cマウントへ変更を進めることにしました。(新400mmDOも出たので)。もともとフルサイズはN,C両方をプライベートと仕事で使っています。5D3の良さも熟知しているので、現時点D750の詳細はわかりせんが、5D3は私はライバルとは言えないと思いますし、来年の初めには5D4がこれ以上のスペックで出ると思われます。ニコンのフルサイズ重視の姿勢はこれからも続くのでしょうか?Cも煮詰めた高画素機を出すと思いますので、ユーザの立場から今後も両者切磋琢磨した製品を選ばせていただきたいです。ただし、当方の資金が続くかどうかですが。(笑)

D620として発売できないのではないでしょうか。
いまでもD600はダスト問題でD610に交換対応している中、600シリーズの後継を出してしまうとそれも同等にしなければならない、またはそのように考える人もでてくるのでは。
だから少しでもスペックを上げて別シリーズとして出す
必要があったのではないでしょうか。

このD610をちょいグレードアップした感じの製品で来ると言うことは、ニコンは、フルサイズのエントリーを追加してAPS-Cと似たような3ラインナップに再編するんじゃないですか?
もう少し待ったらペンタミラーのFX機が出てきそうだなぁ。

皆さんがコメントしているように、D600系の後継機ですね。
D750は、本来”D610”として、開発されていたのかもしれません。
生産ラインも既に動いている中で、番号をD750に変更して、本日予定通りに発表という流れでしょうか。

D600の問題で、対策を施して番号を変えただけのD610を、予定外に出さざるを得なかったように思います。
ニコンのドタバタ騒動が、これで収まる事を願ってます。

今後の評価を見届ける必要が有りますが、この機種をもって自身のD700後継機としようとおもっています。正直1/4000spに角形ファインダーと知ったとき、少し愕然とし、やっぱD600系後継機か〜と思ったんですが、よくよく考え1/8000spの機能など年に一回使うか使わないし、それに丸形ファインダーである理由が何処にあるのか、などなど、D750のアナウンスを通し、自分にとってそもそもD700後継機とは何なのかを問いかける機会となりました。当初D600の購入を考えていたとき、当時としては、軽量フルフレーム一眼であったことから、魅力を感じたんですが、いかんともAF機能(特に暗夜でのフォーカス機能)が貧弱だったため、見送らざる終えませんでした。D800はその重さとオーバースペックの画素数ですでに範疇にありませんでした。そこでその中間に位置する、スペック的には5Dのような、それでいて機動性にすぐれた比較的軽量ボディーにおさまった機種をD700の後継機に求めるようになりました。しかしいつしかそこに求めるものは、単にスペック上のものではなく、どこか異端児的で、使い手をえらぶ玄人指向のイメージが暗に潜んでいたのだと思います。しかしそうしたD700後継機という、いわば呪縛にも似たイメージにあらためてメスを入れてみると、どうも時代遅れの考えかなと思えてきました。32MPなんて画質はいらない、24MP程度で暗夜での撮影も含め、先進のAF機能をより頑強で軽量コンパクトなボディーに納めてほしい。そうした当初の願いは、D750が、更なる付加価値を加えて叶えてくれました。もうこれでいいじゃん!と今思っています。ニコンは真摯に僕の願いを叶えてくれました。感謝です。あらためてニコンユーザーであれたことを誇りに思っています。繰り返しますが、今後の評価を見つつ、是非購入を検討したいと思っています。

相当に新しい要素を色々組み込んできていると思いますが、いくつか期待外れの部分があるとかなり叩かれますね…。メーカーは大変ですね。
キヤノンユーザーですが、なかなか羨ましい選択肢だと思います。

D700の後継としてD900で出さないかな
750、810、900のラインナップとかありそうだけど

思うに、D750は既存機種の後継機ではなくラインナップの整理だと思います。

現DXシリーズ習ったラインナップにしたかった様に感じ取れます。
D3000系=D600系
D5000系=D700系
D7000系=?

D800系=高画素プロフェッショナル
D1桁=オールラウンドプロフェッショナル

というラインナップですっきりしたように思います。
また、D600発売時に要望の声があったWi-fi内臓、FXの可動液晶なんかの搭載とユーザーの声も十分反映した内容かと思います。

AFが狭くなったと何人かの方が指摘されていたので、ホームページの画像で画面に占めるAF域の比率を計ってみました。
確かにD810のCAM3500よりD750のCAM3500IIは1割ぐらい狭いっ!
わたし的にはD600/Dfの最大の不満点はAFポイント分布域の狭さだったので、ここの改善を期待していたのですが、残念であります。
D620としては良く出来ているカメラなんだけどなあ。

すでに多くの方が同じようなことをおっしゃっていますが、
D620だと代わり映えしないので700番台にしてみた、という感じがすごいです。
と同時にD700の正当後継は出さないというメッセージとも取れます。

D650という意見が多いようですが、スペックを見るとどちらかというとD810の低画素、軽量、高速バージョンという印象で、そう考えると価格を含めかなり魅力的なのではないでしょうか。

D700の後継として1/8000と8psがオミットされたのが残念なのは確かですが、D700から400g以上軽量化しているのを考えると、実用性のあるアクションカメラとしてはまあ正しい選択ではないでしょうか。使って楽しそうなカメラですね。

しかし、ニコンは明らかにFXに軸足を移してきていますね。

なぜ基本性能に関わる部分で妥協したり手を抜くのだろうか?少し手間を掛ければ商品性が大きくアップする部分までという気持ちが出てしまいます。

場合によってはD700の真の後継機としてD810の高速連写バージョン(D810H?)を出した方がいいのかもしれませんねぇ。

チルト式液晶とライブビュー動画を削除したこの仕様で
「Df2」を出していただけたら、D800のサブ機として購入します^^;

なんか賛否両論が凄いですね。
それだけ注目されていたってことでしょうけど。
ここまでユーザーの好みが別れるとメーカーも大変だなぁと思わなくもないです。
いっそのこと、基幹部品を全て「ある規格にモジュール化」して、パソコンのBTOみたいに「私、丸形アイピースのペンタ部(+15,000円)」とか「私は8fps欲しい(+25,000円)」とか「私、DXフォーマット」やら「メディアはCFで(+5,000円)」など、カスタムメイドできるよーになったら良いのでは、と思いました。
メーカーさんいかがですかね?。(笑)

実際のD700使いとしては、D700後継機としたらびみょ〜な感じはします。
D700の後継機の登場というスクープで凄く興奮し、この発表で少し悩み、実際手に取って、再度「これ良いかも!!」となる事を期待してる一人です。

値段もD600登場時とほぼ同じ。
D600の画がどれだけ進化しているのか興味があります
(すでにJPEGサンプルでは差がわからくなったように思えます)
可動式液晶にしてもボディーを薄くしてきたのはニコン技術者のこだわりでしょうか
(1/4000止まり,0.5ずつアップの連写もこだわり?)
可動式液晶になったことだけがとても残念です

x1.2クロップ載せてきたんですね
1680万画素相当でしょうか?

AFエリアが狭いという方はこちらを使ってみたら?
周辺も流れずレンズの美味しいところだけを使えますよ

D600遣いとしてはD750魅力です。

51点AF(D800系とは違うけど)
91KピクセルRGBセンサー

これだけでも嬉しいです。

D750という名称についてはD700ユーザーのことを承知の上で使用したのだと思います。
つまりD800系とD600系の間の機種だからD700番台
=D600系も継続

 ハイ(800番台)
 ミッド(750番以降)
 スタンダード(600番台)

がアマチュア向けFXの基本ラインアップとなるのではないでしょうか。

そうでなければD620やD650という名称で良いのですから。
いくらD600のイメージが悪くてもそれだけのために700番台にはしないと思います。

なんとなくですが近い将来、名称規則が変わるような気がします。

AFエリアが狭いのだけが我慢の要素ですね。
同じAFを塔載したDX機D9000を開発しているのかな?
1.2倍クロップと1.4倍クロップを採用したDXスポーツ版、
1.4倍クロップでぴったり全エリアをカバーするAFエリア。
10コマ/秒、鳥屋さん垂涎のD300後継機。

何というか・・・
皆さんが仰るように、D600の本来の後継機がこれだったんじゃないかと思います。
D600の不具合の対応の拙さが尾を引いている感じですね・・・

FXに移行したいニコンユーザーと新規ユーザーには悪くない選択肢ですが、D600/D610ユーザーとD400/D700後継機を待っていたユーザーにはそれぞれ別の意味で不満が残るカメラという気がします。

こういった話にタラレバは無粋ですが、私が開発責任者だったら5D3対抗機と7D2対抗機を開発する方向で進めていると思います。

何だか期待外れですね・・・
D610とは何だったのかって感じ。

1/8000なんて滅多に使わない自分にとっては、総合的に見た時にバランスがよく、なにより軽い。ちょうどいい落としどころだったのではないかというのが実感です。

薄いですね~!、薄いですよコレ。

真上から見て、チルトの爪掛け部分が消える辺りが 「チルト仕様でなかった場合の背面位置」 だと考えると、D610 よりも 6~7ミリくらい薄くなっているんじゃないでしょうか (目視での比較ですが)。 仕様上のボディサイズはどうしても突起部分を含めたものになるので比較の材料にはできませんが、上から見た画像を見る限りは相当なものです。

常々疑問に思っていた 「どうしてもっと回路を集積しないのだろう」 という部分にまずメスを入れてくれたようですね。 まだまだ、放熱機構の改善、新素材を活用、モニタを有機ELにするなど薄くする余地はあると思います。
これは将来、というか今後のニコンの各機種も楽しみになってきました。

薄くなった割にファインダー倍率とアイレリーフがそのままなのは設計を大きく変える余裕がなかったのか、あるいはチルト機構の厚みで改善分が相殺されたからでしょう ( D5000系のファインダーが D3000系より狭いのはバリアンの厚みの影響と思われる)。 ちなみに個人的には丸か角かなどどうでもよく、あくまで接眼部の開口部の広さ、見掛け視界とアイレリーフの長さしか興味はありません。

バリアンじゃなくチルトを選んだのはカタログでは速写性と言及してますが強度面を考えたのでしょうか?

薄さの話ばかりになりましたが(汗)、予想していたより価格帯が低かったですね。 D600 が 22万円、D610 が 20万円、D750 は 23万円とのことですから、全く新設計のボディーに D810 の要素を多数取り入れ、さらに暗所に強い新規 AF (エリアは従来の 51点と 39点の中間程度ですが) まで積んで、2年分の物価上昇分を含めて 2~3万円高で済んでいるのですからこれは中々のお買い得機種になりそうです (24-120mm キットの価格にはもっとビックリ)。

6.5fps、という情報を最初にリークした人は同時に D610 は早めに終息かともコメントされてましたから、どうやら D610 の交換需要としての動きも落ち着いてきたのかもしれませんね。 僕自身 19日のコメントスレでちょろっと気球を上げてみたつもりですが、イメージ払拭という以前に、もしこれを D620 としていた場合の (件の 「同等機種」 という文言から予想される) 混乱を避ける意味でどうしても 700番台を借りるしかなかったということでしょう。

でもまあ、そんな事情を気にしなければ実に良いカメラだと思います。
思ったほど軽くなかったですが (笑)。

http://vimeo.com/105934767 を見てみました。真っ先に動画撮影の場面を持ってきているあたり、D750は静止画よりも動画撮影に重点を置いているようにも見えます。700番台でありながらD700の後継ではなく、また600番台の流れでもないのでしょうか。D700の愛用者としては残念ですが…

D600シリーズの後継と思えば、順当に進化した良い機種ですね
はじめからD620と名付けておけば皆さん納得したことでしょう


モードダイヤルとシャッタースピード。期待してたのですが残念です。手元のF6を見るたびに後ろ髪引かれますが、もうニコンには期待できないのでしょうか?

よさそう!欲しい!
と思ったのもつかの間、
背面にはAF onボタンがない…
一気に冷めました

D700後継機と期待した人には残念な結果でしょう
でも単体で見てこのスペックが初値20万円位なら悪うないと思います

N社はネーミングを誤ったのかもしれませんね

今回発表になりましたD750とこれから発表されるとする7DマークⅡが、どのような場面で比較、評価されるかわかりませんが、消費者、使用者が求めているニーズを満足させるカメラとして、メーカーが世に出したのですから、結果を真摯に受け止めて、顧客満足度の高いカメラを世に出して頂きたい。

D810と比べるとがっかりした方々にターゲドするカメラでは無いため、不満があってもしょうがないと思いますが、重要としてはバリアングルとwifiだけでも売れる気がする。ただsonyにとっては痛いかもしれない。

『ニコンさんは頑なに4K(動画撮影+動画切り出し静止画生成)を拒みますね!』

…そう言いたくなるのは、せいぜい私くらいでしょうが、出してほしかったなぁ!もったいない!

やはり連写はMAX6.5fpsなんですね。
せめて7fpsはいってほしかった!やはりフランジバックが長いからムリがあるのでしょうかね。

SDスロットもUHS-Ⅱスピードクラス3に非対応やし、ちょ〜っと失望感が強いかなぁ〜!

皆さんがおっしゃるように、D610の後継機として考えるのならスゴイと思うのでしょうが、どう考えてもD700シリーズではありませんよね。

結局ニコンはD700のコンセプトに拘りがなかったということでしょうね。

前にも書きましたけど、私はフォトキナ後少しして7D2対抗の連射機がDXで出てくると想像しています。たぶん今回出てきたスペック情報は開発中のこの二つがミックスされていて、FX連射機と勘違いされたんではないかという思いがまた強くなりました。

事前情報ではてっきりFX重視路線かと思ったらそうではなくて、DX連射機待望の方が喜ぶ展開になるんではないかと。

ボディにカーボンファイバー採用したのですねぇ。
WiFi抜き&固定液晶にすればもっと軽くなるのかしらん?

D810発表の時に発売記念キャンペーンがなかったので「あれっ?」と思ったら、こちらが本命かぁ。ニコンも何がなんでもD750を売らないといけないのでしょうね。

そして、ちゃっかりニッコールレンズのキャンペーンも始まる(笑)。
スタートが1ヶ月早かったら、シグマの35mmF1.4を買わないでニッコール35mmF1.8にしたのになぁ。

d610よりは流石新製品といえる魅力がありますが、期待しすぎてしまったようです。嬉しい点はwifi内蔵、大きさの割に連続撮影可能枚数が多い点、価格(コストパフォーマンスはd610の方が良いかも)
喜べない点はD600系ベースの仕様と操作性、連写速度とそれが一定な点。
Nikonさんのことだから画質は良いのだろうが、仕様だけをみるとD810が欲しくなる。あとは、高感度性能やダイナミックレンジ(=センサー性能)次第‼

D700の正統後継機への期待が大きかったので、一段階アップに留まった高感度性能と、D700に比べると低下した連写性能は、D750はD700の正統後継機ではない事を痛感させてくれました。

D700を念頭に置かなければ、D610とD810の中間に位置するカメラとしては順当な性能でありながらD610に近い価格で、魅力的なカメラだと思います。
ナイトラリーの撮影に威力を発揮しそうなAF性能で、惹かれる部分も多いのですが、去年D7100を買い、今年V2も買ってしまったので、実売価格が落ち着いてから考えようかと思っています。
秒8枚以上の連写性能だったら即買いで、発売日翌日から開幕のラリー北海道で実戦投入でしたが・・・

D600クラスと価格が近い事を考えると、ニコンのフルサイズラインナッの数は変わらないでしょうから、D700の正統後継機を何とかしてもらえないでしょうか。
定期的にブラッシュアップしなくても良いので、Df7とか・・・無理か。

自分もlemyさんと同じ意見です。

恐らくこれをD620のネーミングで出せば、D600からの交換を主張される問題が発生すると思います。
D610はD600の交換要員として、長くラインナップに残ることでしょう。

D300やD700の後継機はもう出ないかもしれませんね。
ニコンとしては連写性能が欲しいユーザーはD一桁を買うか、それこそキャノンに行ってくれって事なんじゃないでしょうか。

ぱっと見、D610によく似てますが、
確かに厚みはずいぶん減ってますね。
Photoshopで重ねて見ました。
Dfの後継機のデザインも期待してしまいます。

しかし、20万超えだから、
カメラ初心者は躊躇して買わないだろうし、
軽いとか薄いとかあんまり重要でない気がします。
D810のボディで1/8000、8コマ/秒搭載とかのがよかった。
ニコンのフルサイズ機でこんなにワクワク感がないのは、
D610同様珍しい…。

p@p@様
丸窓でもDfはアイピースシャッター非搭載ですよ♪

さて発表ありましたが個人的にはガッカリですね
しかしながら値段も比較的早く落ちそうだしFX入門機としては良いスペックだと思いますよ

5D3が買いたいけど価格が高い><
チープでも良い!!というユーザーがニコンに少しでも流れてくれば良いですねぇ

撮像素子の違いがあるとはいえ同日にリークされた7D2がモンスター過ぎましたねw

秋冬にDX連射機の後、来春あたりにD750のチルトや1.2クロップを抜いて簡素化、軽量化したD620かD500が出ると予想。そう考えるとDXの5300/3300同様すっきりとしたラインナップ。

こうなるとやっぱりこれ本当は750が600番台のつもりだったんじゃないかと想像、でも600番台後継にしちゃうとD600騒動の交換機になってしまって、先にD610と交換した人と揉めかねない…なんて判断ではないとは思いますが。
もし本当に廉価FXがD500で出たらD610はD600の交換機として当面ラインナップされつづけるとか…まさかねえ。

ニコンのDSLRの場合ハイエンドか、そうでないかの見分け方には簡単な方法があります。
アイピースシャッター付か、そうでないか。

D750の場合は後者に該当します。

D700の後継機が待ちきれずD800系、Dfを見送り、画素過剰なD810で手を打ってしまい、気が気ではなかった私はとりあえず一安心です。

とはいえ、ネーミングだけの問題ではありますがD700系を名乗るのは名機(私だけ?)D700の名を汚しかねません。

D810とのタイプの違うハイエンド機が並列ラインナップされることを密かに期待していた私としては安心した反面、残念に思います。

このスペックでも対応できるシーンがほとんどだとは思いますが、いざ!というシチュエーションを想定するとモチベーションが下がるのも事実です。

D700の存在価値が改めて見直されそうなD750。。。

高評価の「-3~+19EV」と愕然とした「SS1/4000止まり」+「AF-onボタンなし」の綱引きにしばらく悩みそう。

D700後継機を出せば絶対に売れる!という人もいましたが、現実は違うようですね。
結局、D700後継機よりもバリアングル入門機の方が売れる(利益になる)ということなのでしょう。
あとD620のネーミングの方がというのはD3000系とD5000系で分割しているのを考えると違和感が強いですね。
今後D620が出るとすれば、より小型軽量廉価なFX機として出てくるんじゃないでしょうか。
真のD700後継機を望む声については、本人たちが思っているほど多くないのかもしれませんが
一定の需要はあるので、将来的にD800シリーズのバリエーションとして出てくるのかなと思っています。

D300の後継を待ってたけど、これで決心。D4Sを買おう。

24MPですがシャッターが1/4000で
値段がD810よりかなり安い感じですかね。
D610とのちょうど中間かちょっと安いくらいかな?

ただ安さならやはりD610ですしAFやAEのために
D750に手を伸ばすかというのもちと微妙な感じもするので
D810ボディに24MPセンサーを入れるべきだったと思います。

この仕様で出すならばD610をやめて
こちらを出せば良かったのにと思うのですが・・・
*トラブルがあったので出さざる終えなかったのかもしれませんけど

実際の剛性や軽さ、ホールド感は実際に使ってみるまでわかりませんが、とても良く出来たカメラだと思いますよ。フルサイズのカメラの中では圧倒的な機動性能を持っていると思います。

なのに、

機動力がコンセプトで開発されたカメラなのに、HPでは相変わらずカメラのスペックばかりをPRしている。ムービーも拝見しましたが、カメラのスペックをPRしたらダメです。多くを盛り過ぎ。もっとシンプルに絞り込んで「このカメラを使うとこんなことが得られる」ということをもっと伝えなくちゃ。そもそも、FXのアクションカメラなんていうニッチすぎるカテゴリーなんだから。
D600の後継機種でもD700の後継機種でもないのに(技術的な流用はもちろんありますが)誤解を招く商品名、デザインがマイナス要素になっています。

個人的感想では、1/4000でよかった。
余計な散在をしないで済みました。
1/8000だったら衝動買いしていました。

私は51点FPはあまり重視しないので、このスペックならDfで十二分です。

バリアングルではないチルトだけなら、昨今の広角視野の液晶で十分です。

このD750の値段を考えると、プロもサブで使うD610はお買い得だと思います。

Wi-FiよりGPSの方が欲しかった...

角窓ならやはりD600/D610後継機という認識になりますが、D650を名乗らなかったのは、やはり、600はニコンでは封印するナンバーなんでしょうか、海外での例の騒動にたいする批判は日本で想像する以上だと数字に出ているのだろうか?

むしろ高画素に関する要素をほぼD800系に詰め込んで、残りの要素を多方こなせるD4系まで出してあるのに、なぜフラッグシップを食うローナンバーが出る事を期待している方が多いのか不思議です。
ローナンバーの手軽に消耗破棄できるメリットを潰す事はないでしょう。

残念な結果です、
もうニコンは700、300の後続は出さないんでしょうね…
少数派かもしれませんが700、300の後続を待ち望んでいた自分はニコンに切捨てられましたね…

キタムラで206550円スタートとかなり安いですね。
数カ月後のネット安売り店では、2~3万ぐらいは下がる気がします。

D700は今ではハイエンドユーザーにとって名機かと思いますが、
ニコンにとっては結構な鬼門の機種だったかと。
30万ほどで発売して、リーマン・ショックがあって、
思ったように売れず、
半年あまりで22~23万程度まで下落、
その上、キャッシュバックもしてましたから…。

皆さんが仰る通り、一部の人にはネーミングが悪過ぎです。
D700ファンとしては、なまじ期待を高められた分だけダメージが大きいです。我ながら半ばこんなオチじゃないかと身構えていたつもりなのに、実機が出た記事を読んでガッカリの域を越えて放心状態になったのは初めてじゃ無いかと思います。
D750、悪いカメラだとは思いませんが、いや寧ろこの仕様ならバーゲンプライスと言っていいでしょう。でも飽くまで個人的に手持ちのD700の後継機として想定した仕様のバリエーションのうちでは最悪を下回るオチでした。
私の場合はD700は直せなくなるまで大切に使って、そのあとは現行のモデル構成が続いているならD800系に移るのが良さそうです。個人的にはD810は画素数が多過ぎることを除けば仕様は全ての希望を満たしているのですから他のD700ファンの方よりは移行への障壁は低くて幸せかもしれません。
それにしても、今回のことで再認識しましたがD700ユーザーってまだ沢山残ってるんですねぇ。

>個人的にはD810は画素数が多過ぎることを除けば仕様は全ての希望を満たしている

とすると、D750にすんなりと移行できるのではないかと思うのですが、D750のどの部分がNGなのでしょうか。。。

おそらくニコンは、DX機を「卒業」した人達の受け皿が乏しいと判断したのでしょう。FX機のラインナップの中でも、D4、D810、D800/E、Dfが一部の人にしか受けない機種であるため、マスマーケットに訴求する意味でD750を作ったということではないでしょうか。キヤノンが一部の人にしか受けない7D2に拘泥している間に、フルサイズ移行予備軍を引き付けておこうという戦略なのかもしれません。そのため、尖った性能を持たせずに、ある程度、バランス良く仕上げることが必要だったのでしょう。

D700が発売されたのが6年前、今ほどの市民権を得ていないFF機を当時購入するだけの余裕のある方が「D700後継機だと思っていたので」という理由でこのカメラを貶すのはいささか早計に失するのではないでしょうか。

スマートフォンのカメラがコンデジをほぼ食い殺している昨今の現状にあって、それでもカメラを買う人間はいるのであれば、広く取るべき間口はニコワンのような低価格かつそれがファッショナブルな(”あえて”カメラを持とうとする自分、の演出のための)アイコンとして機能するものです。
そこで「スマートフォンで片手間に撮るのではない写真の楽しさ」を覚えた人は自ずと良いカメラを求めるでしょう。そうなった時に現状のNikonのラインナップを見ると、FXを選ぶかDXを選ぶかという判断基準は失効するような気がします。

そしてなにより、以上の文に登場するすべてのカメラを使う主体は「若者」です。
(DX機はD7100後継機の情報が出てこない現状を見るにファミリー層をターゲットにしていますし、「若者」への求心力は弱そうです)

それを踏まえ、今回のD750を見ると非常にこれは「若者的」なカメラなのではないでしょうか。作例にスケートボードやストリートダンスに興じる姿が多いことからもそうですが、Nikonはノスタルジーに足を取られることなく、スマートフォンでは撮れない「写真」を好きになった若者向けにこのD750を作ったのではないのかという気さえしてきます。一例ですが、実際にスケートボードのスチル写真や動画を撮る際のことを考えればチルト液晶、AF精度の向上、そして何よりFXフォーマットでこの重量というのは願ってもいないスペックです。(D600,610と同じような初値ということから、金額的にも非常に「若者向け」です)

Nikonは「老兵は老いず、ただ消え去るのみ」と言い切れるような会社ではありません。ただ確実なのは老兵はいつかかならず消え去る、ということ。「その時」が来た際に今の若者がD4Sのような機種を買う老兵になりうるか、と考えればD700という幻想にも似た足枷を自らの力で取り去ったこの判断は非常に賢明だったと言わざるを得ません。


以上はとても個人的な主観、かつ極論でしかないのですが、ご年配の方々が多そうなこのコメント欄で20代の意見を言うことが良い議論のカンフル剤となればと思い、コメントさせていただきました。

キタムラだと
D750ボディが206,650円
24-120 f/4 VRが128,790円

この2つを足すと335,440円
セット販売だと277,020円

目を丸くしました
58,420円もお得になっています・・・

今回初めてキットレンズに成った24-120ですが
とんでもないバーゲン価格に成ってますね

スペック的に不満は無いですが、サブサブとして動画や微速度も撮るのでアイピース・シャッター装備の欠如は痛く不便です。あと「余話ニコンさんへ」に成ってしまいますが、フラッシュ・コマンダーとグループAFをD4とD800・Eまで対象にしたファームアップをお願いしたいですね。

確かに連写性能の向上を求めるD700後継機待ちのユーザーにとっては、とても受け入れ難いネーミングかと思います。僕もD700後継機待ちの一人でしたが、そこに求めた一番の機能は99%以上の撮影シチュエーションを先進のテクノロジーで実現しそれをコンパクトボディーに納めるという方向性でした。連写性能は5fps有れば充分でしょう。これをD700後継機と呼べるかという議論は別として、少なくとも自分の求めていたフルフレーム一眼の要望を満足しています。しかし購入すると成れば、やはりどこか負のイメージをもったD6xxよりD750のほうが嬉しいです。何が言いたいのか?それはD700後継機待ちでない大多数のカメラファンにとって、このカメラをD6xxでなくD750として買う方が幸せを感じる人が多いという事だと思います。僕が思うに、ニコンはこれがD700後継機だと宣言して今後のカメラをアナウンスする事は無いかと思います。それは皆さんの求めているD700後継像が若干異なっているからだと思います。それは個々人が決められれば良い事だと思います。D810をその後継機機種として購入された人も多く伺っております。ただ8fps以上の連写性能をD4sより安すい価格帯で提供できれば喜ばれる人も沢山いるんでしょうね。もしかしたら、12Mpソニー製センサー搭載の、もの凄いのがひかえているかもしれませんね。

>むしろ高画素に関する要素をほぼD800系に詰め込んで、残りの要素を多方こなせ
>るD4系まで出してあるのに、なぜフラッグシップを食うローナンバーが出る事を
>期待している方が多いのか不思議です。
>ローナンバーの手軽に消耗破棄できるメリットを潰す事はないでしょう。

D4s 画素数16M 秒11コマ ISO100-25600
D810 画素数36M 秒5コマ ISO64-12800
D750 画素数24M 秒6.5コマ ISO100-12800
D610 画素数24M 秒6コマ ISO100-6400

以上よりD750の連写性能を秒8.5コマにしてもフラッグシップを食う製品になり得ないです。

>11点がf/8に対応。-3EV(ISO 100・20℃)という
>低輝度環境下においてもスムーズなAFが可能。

これは、とても期待が持てます。

>常用感度ISO 100~12800を実現。
>特に、高感度時のクリアーな画像は「D810」をもしのぐ画質。

これに関しては、D810が高感度時にそれほど秀でていない印象なので・・・
サンプルをみても、まあ・・・という感じです。

それにしても、ニコンに限らずですが、
あちらを立てればこちらが立たず・・・。
あれはがっかり、いやこれが良い・・・と
期待の大きさがそうさせるのでしょうが、大変な業界ですね。

私は(結構ありがちな)ニコン好きのキヤノンユーザーですが、
D700の後継を望む声は7Dの後継を望む声と非常に似ている気がしています。
両方ともが「あちらさんはいいな・・・」という声が上がりやすいのも。
しかし、今回は7Dユーザーのほうが幾ばくか満足度は高そうです。

従来からのFX機ユーザーには物足りなさもあるようですが、DX機からステップアップする方にとってはいろんな面でD750は抵抗なく受け入れられそうで良いと思います。あと1年くらいで利薄らしいD620をディスしてa7対抗の安価型FX機を出すのも面白いと思います(イメージとしてD5300のFXバージョン)。

FXで新機軸のボディでバリエーションを増やして何かを試してる感がありますね・・・ニコンさん。
DXの最高機種のモデルチェンジの方向性を探ってるようにも感じますが、気のせい?(笑)
あっと驚く7100の次が見えそうな無いような・・・・
出たら超コンパクトボディで振り回せそうな良いボディの可能性も~画素と感度のバランスもそろそろ決まってきそうですしね♪
新しい型番で是非!

仕様や意匠に軽くガッカリしています。
ニコンはどこまでファンの要望を無視するんでしょうか?
しかし、実際に使ってみないと本当に残念マシンかどうかは判断出来とも思っています。

さてさて、休日はよさこいカメラマンしてます。
親指でAFボタンを押しっぱなしにして被写体を追い、ここぞというタイミングでAF-C連写します。
これまでD3~D4Sでストレスなく使用してきました。
そして、D3の時代にはD300S、D3S時代にはD700という相棒がおり、D300Sと700はグリップにD3と同じバッテリーを装備する事によってD一桁機とほぼ同じ感覚で撮影出来ました(300と700は同じ縦グリが使えたという、いい時代でした)。

現在、D4SとD7100を使っていますが、7100は明らかに下位クラスなので、上記のような感覚で撮影する事は出来ません。
シャッターボタンを押してからわずかコンマ数秒のラグがあり、その後に撮影が開始されます。
このコンマ数秒のタイムラグがとても大きなストレスになります。
正直、連写枚数は6枚/秒くらいでもいいのですが、シャッターレスポンスがどうなのか、とても気になるポイントです。
ま、AFユニットの問題ですね、インプレッションに期待します。
後は高速DX機(D9XXX)がどうなるかですね。

一夜明けて、少しは落ち着いてきたかな?
D750やはり・・と言うより予想とおりでしたね!何名か仰っておりますが、もしかするとDXの「何等かが」半年以内に出そうな気が!
そして、ミドルレンジFXのこれ以外、本当の意味のエントリーFXが出るかと。D70の時Kissデジタルと同価格帯だった為、ライバル視されたがニコンは頑なに否定していて、後にD50出しましたからね!今回もD600シリーズは「エントリー機」でない。と言ってますし、前回のスレでも言いましたが、あえて「610は併売される」と言ってた事で、ニコンの伝統?は守られてるな・・と(笑)
ただ、そんな言い訳さえ無ければ、本当に良い機種だと思います。欲言えば、1/8000シャッターと秒7.5コマ以上欲しかったが...

D650名義で出す予定だったのを仕方なく…ってスペックですね

キヤノンは2桁は世代、1桁は格
パナソニックと富士フイルムは世代
オリンパスは4/3とOM-Dは格、PENは世代
ソニーは格で数字を使ってると分かるのですが
ニコンのナンバー名に意味を見出すのが間違いなのかもしれませんね。
3桁は100~300は世代だったけど、それ以上は格っぽくなってますが、2桁もよく分からなかったし。

単体で見れば、若干狭いAFエリアやシャッター速度1/4000(使う使わないは別として)、期待していた8コマ/秒でないことはあるにせよ、悪い機械ではないでしょう。
しかし、機能的に同じD610(600)がすでにラインナップされており、これを新しい型番(しかも700番台)で出す必要があるのかということが、皆さんご不満の点ではないかと思います。

先の意見にもあるとおり、これは600台機の置換え用であり新製品ではないのではないでしょうか。

D750がお好みでないなら、D1桁機でない超高感度&高速連写機の登場を期待しつつ、既存の機械で「撮影」を楽しめばいいだけです。

> PPGさん
具体的にはどうしても譲れないのが10pinターミナルなんです。
WR-R10で1台のカメラをマスターにしてもう一台のレリーズも同時に切るという使い方をよくするのですが、10pinターミナルが無いとマスターになれないんです。色々な無線レリーズやケーブルを試して来てこれがベストなので。
あとは丸窓ですね。Dfも見た目は丸窓なんですけど覗き位置がシビアで裸眼でもファインダー内表示の一部が隠れるなど視野からは角窓に丸枠を被せたものだと思っています。やはり本物の丸窓を知ってしまうとFX機には本物の丸窓が欲しいです。DXは問題無いんですけど。
次についていると嫌なものと言いますかボディーと接眼部の相対位置を縮めるチルト液晶です。深いアイカップに変えたりしてますが、付けて欲しく無かったです。メイン機では使わないし。
私のD750NGな面の特に大きいのはこの辺りですね。
軽さと小ささは大きな魅力なのですが、上記の理由で私のメイン機の代替にはなれまないのです。撮影スタイルが基本手持ちなので画素ピッチがD810と同等のD7000で微ブレに悩まされた経緯から高画素数過ぎのD810には躊躇いがあるし、だからなるべく早いシャッタースピードが欲しいというのもあって滅多に使うことは無いけど最高1/4000には少し抵抗があります。でもD4系の解像度ではちょっと寂しい(それ以前にデジモノのボディーにそんなお金出せませんけど)。なんて言い出すとキリが無いのですが。
一方無線レリーズでサブで使う方は三脚+ライブビュー主体なのでチルトもアリですが手持ちのD7000でもオーバースペックな位ですし、ちょい持ち出しなら軽い高倍率ズームと組み合わせるので、やはりD750は用途面でNGなんです。
D700だってベストじゃ無いんですけどね。
結局、拘り過ぎなんですよね。所詮は個人の趣味なのでそれはそれでいいでしょうって考えてます。
長々となってしまってすいません。
実は前のコメントに上記のことを書こうともしたんですが、余りにも長くなり過ぎるのでやめたんです。結局書くチャンスを頂いちゃいました。(^^; ちょっと嬉しい
こんなとこですがいかがですか?

D750 思い込みを除いてニコンのFX中級機とみるとボディやAF機構など色々なことで新しくなっていて良いのかなと思います。
D600番代はFX入門機と考えると価格面なども含め順当な中級機かと。。。

チルト液晶が嫌なら使わなくてもボディはかなり薄くなってるし、この軽さも良いと思います。

とは言ってもD700ユーザーとしては乗り換えることができないでしょうね。

やはりD810になるのかなーと思ったり、イライラします。

こんな事を考えていると、自分の欲しいカメラはD4sを24MPにした小型版のような気がしてきましたが、出ないでしょうね。

それと、1対1のクロップ機能がほしいですね。

フジのX-T1には1対1が有りますが、ボディが小さすぎるのか手袋をした冬場にはボタン類の操作ができませんし、ダイヤル以外のインターフェイスが悪く、スムーズに操作できないので、これもイマイチ購入に踏み切れません。

しばらくD700を使い続けることになるのかな。。。

PPGさんへ、自分はD750の一番の不満は秒6.5コマであり、バッテリーも追加しても駒数がアップしないこと(8コマは欲しかった)。他の大きな不満としては、おそらく作りが安っぽいのでは無いかと言うこと、これは実機を見て判断します。(価格からあまり期待はしていませんが)以上が大きな不満点です。価格は予想以上に安くて満足です。この価格で数字のスペックとしては悪くは無いと思うのですがD600の時は、実機を見て購入見送ったため、まだ購入未定です。

ハードウェアがD700系であれば少しは納得できた。
事前情報をもとに妄想しすぎた自分に反省。

D750でフルサイズ移行を果たそうと考えていたのですが、購買意欲が全く無くなりました。
D810との兼ね合いもありますからスペックはこれで十分だと思います。
ISO12800の写りもザラつきが少なく、暗所に強いという点も非常に魅力的です。
チルト液晶も大歓迎です、欲しい場面は多々ありましたので。

ただ、決定的に残念なのがボディーです。
左肩のダイヤル形状、角窓、AF-ONなしというD600ベースの見た目が初心者機のようで何よりも気に入りません。
100歩譲ってAF-ONだけは付けて欲しかった。
ゼロベースで作成していったのなら可能なようにも思いますがどうなんでしょうか。

カメラとしての性能は勿論ですが、見た目も重要なポイントとして選ぶ人は多いと思います。
DFはまさにそうだったと思います。
D750もボディーがD800系よりであればここまでガッカリはされなかったのではないかな、と思います。
残念です。

D600(D610ではなく)をこのスペックで出せばよかったのに・・・と思える仕様ですね。

あと、AFエリアをD7100/D810と比較してみましたが51点AFのエリアはD7100と一致、すなわちD750はD7100のAFモジュール改善版を積んでいるようです。サイズ的に入らなかったんでしょうね。D7000のAFを積んでいたD600と同じく、まさしくD600系統の血です。

バリアングルが付いてるとは言え、、、
そんな小型でも無いね。

★Df : 143.5 x 110 x 66.5 - 710g
★D750 : 140.5 x 113 x 78.0 - 750g
★D610 : 141.0 x 113 x 82.0 - 760 g
★D7000 : 132.0 x 105 x 77.0 - 690 g

24-120のレンズキット安すぎですね。

全体的な価格設定、デザインやスペックを見ても、数を売ることを目指した相当な戦略モデルだと思います。

ある意味、このカメラのセールスが世界的に伸びないようであれば、いよいよデジタル一眼レフは厳しくなるのではと思います。

D700後継を期待してた人には肩透かしだったでしょうが、何気にD750って高感度番長ですね。

しかしコレ、チルト無しでさらに小型軽量、低価格にして、D620として販売してたら、かなりのエポックになってたんじゃないでしょうか?

個人的に1/4000がネック。
せっかくのD700系なのにそこ下げてどうするよと。
カメラ単品として見ればいい感じのスペックなんですけどね。

ちょっと暇つぶしネタ? で失礼します。

AF-S 24-85mm (長さ 82mm) を装着した左手側の側面画像を参考に、ボディの弁当箱(?) 部分の厚みをおおよそで推測してみました。

マウント面~背面ボタン (ISO ボタン等) 基部
D610: 65mm / D750: 60mm

マウントエプロン基部(付け根のアールが終わるあたり)~背面ボタン基部
D610: 51.5mm / D750: 43.5mm

アール部分は曖昧ですが、非チルトと仮定するとだいたい背面 5mm、前側 3mm で合わせて 8mm くらい弁当箱部分が薄くなっているように見えます。
前側はフランジバックを考えればあまり頑張って削る必要もないように思えますが今回はそのおかげで深いグリップが実現してますからね。 バッテリーを横置きにできた事もスゴイですが。

D610 はもちろんですが D7100 の側面画像を D750 と見比べると面白いですよ~。 どちらが FX なのか DX なのか分からなくなります (笑)。

AFボタンを必要としてる方って、AFとAEバラバラで必要なんでしょうか。
AEロックをAF-ONに割り当てたら良いような・・・と、いうか、私はそうして使ってます。

デジタル一眼レフの厚みは常々気になってるので、この進化は嬉しいです。
価格が落ち着いたら考えようかなー

高速連射機を待望されていた方には、誠に残念と思います。
7Dマーク2と堂々と比較されても、渡り合えるD4Sの弟分を
、早く世に送り出すべきと考えます。
 私は、D4Sも使用していますが、連射速度、倍率を考えると、DX機の高速連射機も必要と考えています。
例え、その性能が、D4Sを、超えるような性能であっても、いずれD4SもD5に変わるのでしょうから止むを得ないことと思います。

この機能の機種に700番台の名前を割り振ったことの意味はいったい。

モデルチェンジの早くなったニコンから、二年後に出るD760でシャッター速度の改善などを求めましょう、と言うことですかね。

D750のサンプル画像見たんですけど、なんかあんまり感動を覚えないんですが。皆さんどう思われますか?D600の方が断然いいような?

Nikonのホームページには期間限定のキャンペーンが掲載されています。
新型機の発表と同時に行う内容からして、Nikonの販売促進の意気込みは感じます。このキャンペーンが終了する迄は価格は下がらないでしょう。
しかし、新型機が発表されてこんなにも多くのご意見が寄せられる事に対し、(賛否両論)カメラメーカーとして、無視して仕舞うのではなく、素直に賛否の要因を分析して、これから発表されると思われるカメラに反映してもらいたいものです。

ついこの間、D810を購入したばかりなので、更なる追加はないと思う反面、バリアングルで小回りが効く新型だったら購入しようと考えていました。
でも、実際に仕様が発表されてみて、興味が無くなりました。

人によって求めるもの、妥協点は異なると思います。

D810だって、D4と比べたら、ボタン一つとっても差があるのは、実際に使っていると感じます。だから、D750のディテールについては、不満はありません。新しい素材を、つかっても剛性感が満たされるならば、今後のモデルにも採用して良いと思います。アイピースの形状もどちらでも構わないし、連写スピードも許容範囲です。

でも、許せなかったのが、オートフォーカスエリアの狭さ。点数は、少なくても構わないから、もう少し外周まで広げて欲しい。似たような型番のオートフォーカスモジュール名で混同しそうですが、D4やD800系で使われているものとは違います。D7000系モジュールのカスタムです。恐らく、小型化による弊害で、D800系のモジュールは、入らなかったのでしょう。
D4を使っていても、もう少し周辺にあればと思うぐらいなので、あの中央集中はないだろうと思います。

あと、バリアングルでなくチルトになった背面液晶もないだろうと。

さて浮いた資金をレンズにまわすとします。
新型20mmにするか、シグマの24mmにするか、楽しみです。

全てにおいてまとまった仕様。でも可もなく不可もなく、もっと言えば尖ったかんじがなく、アピールするものがない。
ニコンだけでなく他社もそうだが、市場をあっと驚かせるものが日本からでなくなってきている。もっと片寄った、いい意味での癖を感じる機種を願ってます。

私はD600もD700もあまり知らないので、繋がりを考えずD750単体としてみた感想ですが、軽量で、-3EVまでのAF,一般には必要十分な画素などとても軽快に気持ちよく撮れるカメラだと想像してます。ニコン設計陣がカタログスペック以上に実際の使い勝手を真摯に追求したカメラじゃないでしょうか。炭素繊維複合素材を採用するなどこだわりも半端なく、高感度画質では、上級機のD810をも凌駕するとメーカー自身が言うなど凄いじゃないですか。600系でなく700系のネーミングもニコン設計陣の自負の表れだと私は思います。

画素数に連写も特に問題なく、軽いのに防塵防滴もしっかりと、バッファも単写で使う分には十分で、オートフォーカスも51点
・・・・
え、オートフォーカスエリアが狭いのですか!?

軽い設計にこだわったのは、購入検討で店頭で手にとったときに重量面で有利なミラーレスに対抗すべく仕組んだと思っていて、同様に画面の広範囲にわたってフォーカスエリアになりうるミラーレスを意識して51点のエリアが広いモジュールを採用したと思っていたのですが、わざわざ狭くしてどうするんですか・・・・。

D750の投入は当面見送りです。
私の中では今回の発表のサプライズは、新型20mm/f1.8になりました。

尖ったスペックを求める声も散見しますが、
業務でカメラを使う様になって、思うことは
このD750の様なバランスの取れたスペックが
一番いい結果を残せると言うことです。

D4Sなんてのはそのもっともたるかと、
高次元でバランスのが取れとるからこそ
プロフェッショナルたり得るのだと。

D600、D610にはAFセンサ等物足りない部分がありましたが、このD750のスペックは映像記録の道具として万能で便利そうと感じました。チルト液晶で動画撮影もしやすそう。FHD60Pも使えるし。WIFI内蔵もGOOD。これは買いたいと思う機種です。

>セブンさん
D610よりD750の方が高感度画質はよいと思いました。
有効画素数が違うので新しいセンサーだと思います。

しかし、なんか飛び道具が欲しかったですね。
ニコンはそういうアイデアを盛り込むのが多いですけどね。
像面位相差積んで、ライブビューも速いとか。
ついでにEVFをアクセサリーシューに付けて2階建てして、
電子シャッターでAF追従20コマとか。
D4Sが売れなくなるか…(^^)。

そういえば、連写が欲しい人はD3Sの中古を買うとか、
どうなんだろうか?

1日いろいろ考えてみましたが、D750は有りかも知れません。

昨日は想定していたのと違ったショックで否定的な投稿をしましたが、やはりD750の高感度特性にはかなり興味があります。
個人的には、公式サイトのサンプルを見た限りではISO6400でもノイズが全く気になりません。
ISO12800でようやく「おやっ?」っと思うレベルですね。
PHOTOHITOでD810の作品を見ているとISO1000くらいから既にノイズが気になりだしますから、単純に今ある作例だけでD810と比較をすると高感度特性に関しては段違いなのではないでしょうか?

そんなこんなで「絶対買わない」から「様子見」に変更といったところです。

今だに、投稿が続くということは、叱咤激励と思い、受け止めたら良いと思います。 利益追求、確保出来ないとユーザーの求めるカメラも販売出来ない事も理解できます。これを、チャンスと、捉えるか?若しくはリスクと捉えるか?Nikonさん次第です。

何度も投稿すいません。
内容は被って無いので御勘弁をお願いします。

D750のAFエリアが狭いことが物議を醸し出していますが、これってミラーの低コスト化の余波で強度が小さい材料を使ったからミラーのフレームの強度を上げるためにハーフミラーの透過エリアが小さくなっちゃいましたとかってとこじゃないですかねぇ。飽くまで憶測の一例ですが、主要因はミラー周りのコストじゃないかと。広いAFエリアが欲しかったらもっとお金出して下さいってことかと思います。
少しAFエリアが狭いけど、私は初値を考えたら凄いバーゲンプライスだと思いますよ。
AFモジュール自体は高いイニシャルコストをかけてわざわざセコいセンサーを専用開発してるとは思えませんからD7100辺りのAFモジュールのアレンジ版なんじゃないでしょうか。
構造上はミラーの裏に馬鹿でかいサブミラーが入れれればもっとD750に限らずFX機全般にもっとAFエリアが拡げれるんでしょうけど 、フランジバックの制限もあるしコストとの兼ね合いでD750ではAFエリアはあの程度にせざるを得なかったんじゃないですかねぇ。
AFモジュールをペンタプリズムからアイピースまでのの光路中に仕込むなど従来の常識に囚われずにFX機でも全面位相差AFを低コストで実現して欲しいですね。

と、ニコンを擁護するようなことを書いてますが、D750はやっぱりNG。(^^;
最近は動画機能を売りにしてコストアップを招いているように思いますが、これを削るなどコストをカメラの基本機能に振り分けたモデルを出して欲しいです。動画機能が欲しい人にはコントラストAF主体の派生モデルで対応してとか。
逆にAF-ONボタンや私が拘る10pinターミナルなどまとめて付けても原価数百円程度と思われるものを削られると「ケチくさいことするなぁ...」って思います。

Qitaiさんと同じ意見です。動画を必要としないユーザーはかなり多いと思います。そのコストで10ピンターミナルとAF-ONボタンがついて操作系がD800系、どうもD7000からの操作はなじみません、そんなD750Sがあれば間違いなく買います。
フルサイズを考えているユーザーにとっての選択肢としてのD750はかなり魅力的だと思います。自分もフルサイズを所有していなければ間違いなくD750を選ぶとおもいます。
今回いかにD700番代にたいしての皆さんの期待が大きかったか、Nikonさんはそのことを理解すべきだとおもいます。

静止画を重きに置くと想像以下のガッカリかも知れませんが、秒8コマであったら、D4sとD810が売れなくなるのは必定でしょう。

今回、動画を見てアクションカメラの意味が分かりました。
フルサイズ動画のフルHD60Pとしては最強かもしれません。

もう静止画専用とか静止画重視って時代は終わったと捉える感覚が必要なんでしょうね。

秒8コマにしても高画素番長D810や画素数を犠牲にしても高速連写を実現させたD4sの売上が大きく落ちることはないと思います。

また4k動画でなければ、動画機能を削ってもあまりコストは下がらないと思います。

ネーミングセンスの無さと言うのか?・・・・4桁機登場辺りから、モデル名については迷走してる感が否めないですね。一桁目は絶対に使わないくせに。
ニコン内部でこの事が問題にされないことが不思議です。
単純にD620もしくはD630でよかったのに。ダスト問題でのD610登場ではなく、毎年モデルチェンジするようなモデルですよーって事にできたのではないでしょうか?スペックやサイズが完全に600番台じゃない!
またお得意の「~の後継ではない」と言いたいのでしょうか?

これでD700番台は頼むから使わないでくれって感じです。

もちろん基本的な部分ではまとまった、良いカメラだとは思います。600番台ならサブで買ってたのにーと思うほど。

D4、D4S、1DXを使用する方は、プロアマ問わず目的がありますので、極端にD4S売れなくなる事は心配しなくても良いと思います。

内部配置図がオフィシャルにありました。比較的電圧の高い大きなコンデンサの空間占有が大問題なんですね。知りませんでした。
内蔵ストロボは金額的な問題より基盤の占有と大きなコンデンサの空間占有が小型化の障害だと感じました。それならば中級より上のセカンドクラスと上級機は外して普通のカバンに入るようにかさばらない厚みにして少しでも軽く小さくして欲しいです。

皆さんの話を総合すると、これからニコンが出すべきは
 1.810ボディに低画素高感度センサー機
 2.フルサイズ廉価機
 3.DXハイスペック
って感じですか。
書いてみると全部出そうですね。
問題はでる順番と、1.のAFモジュールでしょうか。

個人的にきになるのは、これだとDX廉価機は暫く変わる必要が無い点。
確かに機能的には要らなさそうですが、企業としては初心者ユーザー取り込みが出来なくなると辛いですよね。

今のニコン戦略はDXメインユーザーを確実にFXユーザーにして、レンズ含めて単価を上げることなんだと思います。
でもニコワンからの移動戦略は成り立たないでしょうし、フルサイズ廉価機で初心者ユーザーを得るためには、かなりの飛道具が必要な気がします。
ニコンのこれからがどうなるか、気になります。

D810と同じ能力のメカシステムならファームアップで駒数上がるような気がする。
耐久性犠牲有りだったら
5駒×(3600万画素÷2400万画素)=7.5駒でないとおかしい。
もしかしたらバッファーしだいでできるかもしれない。

> Hさん
こちらのサイトへ書き込みする人の話としてはそんなとこじゃないでしょうか。ただ、こちらで書き込みする(マニア的な?)人の嗜好とその他の(一般的な?)人の嗜好が一致するとは限りませんからねぇ。
それにD300後継機の噂が出るとまたそれはそれで盛り上がりの方向が違うと思われます。
メーカーとしては販売数量と利益が見込める層の方を向いている訳ですから少数派のマニアの思いとは一致しない方が多いかと。
結局、今後もそれぞれの方が一喜一憂と妥協を繰り返すんでしょうね。
今のニコン戦略についてもその通りだと思います。ニコンの社長かな?テレビか何かで製品毎の利益率を上げて行くって言ってるのを見たように思います。イメージング事業に限った話だったか覚えていませんが。

ユーザーが、気づいた事を、Nikonさんが取り込んでそれを、製品として又販売戦略として実行できるか?できないなか?中途半端な戦略では、企業の成績は改善できないと思われます。
確かに、純正レンズを3本ないし4本持つユーザーが多ければ、それなりにカメラ目的別に揃えるかと思います。しかし、気に入らなければマウント替えするユーザーもいる事は事実です。ユーザーは正直ですから離れたら、戻るのはなかなか難しい
です。

ォーカスポイントを広範囲に増やし、全点クロスAFくらいの考えで進んで欲しい。 この分野は、C社に比べ、立ち遅れており、数年全然進歩していない。

新製品という響きに心躍り、噂まで見ちゃっているんですが
デジタル一眼はいずれ消えゆく商品なんですかね。

趣味の機械だからこそ、仕事の道具だから、と
確かに色々とこだわる理由は、数年前に写真を撮る
楽しさを知って、D90、D7000、D800と上がってきた
人間としては、非常にわかるんですが。

世の中が「この仕様であなたに刺さらなければ
弊社とはご縁が無かったということで」と割り切るか
すべてをソフトで実装して要望に応えるかという
シンプルな方向に向かっている中で、メカと光学に
こだわり、価格と仕様のバランスを取る中で
発売前から否定の声が広がる。
利益を出せない事業として撤退みたいな。

批評をするなという意図では全くなく、ニーズを
伝え、メーカーはそれを価格とバランスさせた
商品を作るべきと思います。

ただ今のように話の物差しが総花的な仕様についての
もののままだと、敬遠され利用層は狭まるような
気がしてしまいまして。
そのうち、海外のIT企業とかが、従来のメカ+光学に
縛られずに「カメラってこういうのでよくない?」とばかりに、明快で大胆なコンセプトのものを
出してきたら一定のライン以下のお客様をすべて
もっていかれ、業界全体が一気にひっくり返されそう
といった漠然とした不安を感じるんです。

お前こそ、こんなただネガなこと書いてどうするんだ
というのはわかっているんですが。

>SpaceSaveさん
ネガだとは、思いません。
そういう危機感があるからこそ、魅力のある製品を市場に送り出す原動力の一つになると思われるのですが。
近々正式に発表になる7Dマーク2の販売実績が気になると思いますよ。
気にならないとすれば、D750が相当の販売実績を挙げれたら気にならないでしょう。

SpaceSaveさんの”不安”に共感いたします。

私はデジタル一眼がいきなり消えてしまう様な事は無いと思っていますが、以前の”オーディオ”とオーバーラップします。

いずれも趣味の世界において”道”...”オーディオ道”、”カメラ、写真道”の様に突き詰めてゆく成り立ちが確立されているものにあっては”こうでなければいけない”、”こうあるべきだ”といった感じのイメージに終始しているように感じられます。

新しい技術、機構の搭載であったり従来機能の飛躍的な改善に関心がある割りには全く新しい外観形状、機能の割り当て、操作などには保守的に思われます。

ネットワークオーディオの台頭、現在の経済的な情勢等によりHi-Fiオーディオが、またその業界が大きな転換期を迎えた様にカメラもまた、節目に来ている気がします。

デジタルが主流になるにつれ画素、解像、感度、Dレンジ、連写などの進化、深化のスピードもなだらかになり、IT技術の向上により純粋な光学のみで優劣がつかなくなったカメラ、カメラとはこういうもの...メーカーの、ユーザーのその固定観念が恐いのです。

スマートフォンのカメラの画質で十分、またはその利便性(ネットやその他機器とのリンクなど)こそ使用するに値する...カメラ独自の操作や各メーカー毎のインターフェイスに辟易としている方々も大勢おられるのです。

音楽はレコードやCD、MDをプレーヤーで再生して聴くというものからスタイルごと変えてしまったipodの様な...現在では未知のカメラが音楽、オーディオと同様に取って代わる事を不安視します。それも、ここまで”カメラ”を育てた日本以外からのプロダクツで。

ちなみに私はD800、他使用の愚ユーザーです。非常にネガティブかつ、乱文、長文を何卒、ご容赦下さい。

D750はしがらみなく見た場合、”アリ”だと思っています。             

暫く、両社の新型モデルをじっくり観察拝見することにします。必要になればどちらかを選択するでしょう。

D300ユーザーさん

D750と7DMarkⅡは全く異なるカテゴリーのカメラで、D750がどれだけ売れたとしても、ニコンは7DMarkⅡの売れ行きを気にしていると思いますよ。

7DMarkⅡにはかくし球が噂されていて、センサーではないかと言われています。噂が真実で、解像度の高い絵を叩き出せばニコンは反撃するしかないでしょう。

>つばさ さん

是非、反撃していただきたいと思います。
現行機種のラインで、対抗する機種はD7100が最高峰ですので、互角以上の勝負が出来るスペックアップを施したカメラを世に出してほしいものです。
両社均衡を保てなくなった時が、分かれ道と考えます。

結局、皆さん「Nikon」に良いカメラを作って欲しいんですね。

SpaceSaveさん,caravanさん
私も一眼が廃れることは無いと思います。私もiPod touch(スマホみたいなモノってことで)でも撮る人ですが、片手にスタンバイしたD700+70-200を持ちつつ、片手ではポケットから取り出したiPod touchでロケーションを撮るなんてこともしています。スナップはJ1やS90、夜の静物やご飯撮りにはゴリラポッドマグネティック+S90、動画はXactiやSonyのHDR-AS15と用途とシチュエーションで使い分けてます。
やはり其々得手不得手があるので、一眼が携帯やビデオカメラにすり寄る必要は無いんじゃ無いかと。「何でもかんでもできますよ」とは違う拘りが必要なんじゃ無いかと思います。それが差別化な訳ですが。
まぁ明るいレンズを通した動画も魅力的ではありますが、一眼で動画撮影しているアマチュアカメラマンって殆ど見たことありませんし。オーディオブランドのテクニクス復活だって違いを求めている層が対象でしょう?
そういう点では私の意見はお二人の意見と同じだと思うんです。お二人のご意見をネガだとは思いませんねぇ。
そうは言っても、人の思考は十人十色。私のコメントも一部の考え方に過ぎないのではありますけどね。

得意と言えばNikonやCanonが秀でているのは動体追従性が高いAFと短い画面消失時間だと思います。飛びものやレース、鉄道と言えばやはりこの2社。勿論D750も素晴らしいんだろうと思うんですけど、リーズナブルだけど個性が弱いんですよね。そういう所がD620だとかD650だとか言われちゃう所以なんじゃ無いかと思います。7DmkIIなんてネガな評価はデザインが「ちょっと」残念って程度で機能に関してはリーク情報でもかなり好意的じゃ無いですか。D750もそうあって欲しかったと言う思いは強いです。

ここの読者の方々は一眼レフが好きな人ばかりで各メーカーにとっては大切な購買層だと思うのですが、この記事のD750に関する書き込みでは半数位の人が残念に思ったようです。ネーミングが違うだけでもっと好意的に受け入れられたでしょうに、折角のニューモデルなのにとても残念なことですね。Nikonはせめて反感を買わないようにだけでももう少しファン層に耳を傾けるほうが良いように思います。世の中の一眼は無くならなくても、もし「弊社とはご縁が...」なんて言うような一眼メーカーがあるなら、その会社の一眼は無くなってしまうかもしれませんね。
D300ユーザーさんが言うような分かれ道に入ってしまわないことをを願うばかりです。

ところでレンズ沼にハマって、とにかくローテーションで使ってやるのに必死な私。愚ユーザーって言うのは私のことさっ♪(70-200 f/2.8 VRIIがあるのに、いくら¥25,800-美品だからって80-200 f/2.8 ED(旧)追加で買ってどーする?!な具合)

うーん、それにしてもちょっと投稿しすぎだなぁ。(^^;;; 長いし...。

炭素繊維ってセリーボだろうか。
D3300をしばらくいじって、ひんやり感はないけれど剛性はあり、これならフルサイズボディの軽量化に貢献すると思った。
セリーボならただのプラボディじゃない。フルサイズにもっと積極使用していいかもと思わせる。コンシューマなら十分じゃないだろうか。
マグほどの強度はないにしても、供給側には生産性の向上、ユーザー側には軽さコストの恩恵がある。

新宿のSCで実機を触ってきましたが、凝縮感のあるボディには好感が持てました。
プロでも高くて買えなかったD3Xと比較して、同等以上の機能で価格が1/3以下になったのですから、デジタルカメラの進歩の早さを実感しました。
しかも、高感度はかなり良いようです。
ライバル社のCanon7D2はスペック的には魅力的ですが、サンプル画像を見る限り画質はやはりDX以下ですね。高感度のNRが強すぎて、細部のディテールが喪失しています。画質で比較できるのは、5D3でしょうね。
同じ価格帯であっても特別に高速連射が必要なければ、D750を選択した方が、撮影範囲は広いのではないでしょうか。

コメント数多いですね
読んではいませんが賛否両論なんでしょうか?
わたしはD800ベースの機動力機を望んでいたのでレビューが出揃うのを待ちたいと思います
AFエリアの出し惜しみ感が。。
価格戦略のためにやむなしでしょうか。。

AFユニットの新規開発は、ニコンさんは本当に考えて欲しいです。別にD750のように小型、軽量化を目指したモデルには無理強いしませんが。

結局、51点AFユニットは、ボディサイズとの兼ね合いから、D3系、D7000系の2タイプをベースにチューニングしているに過ぎない印象です。

D5の時は、刷新されたユニットが登場することを期待します。

アクションカメラ、8コマなどの噂があっただけに
自分もそうですが、高速連写タイプを待っていた層の落胆は大きい
ですね。
D4sでさえ、AFの初速、追従性能はライバル機と
比較すると残念ながら同等とは言い難い。
せめてサブになる本当の連写、高感度耐性を備えた
機種の開発、或いは既存機種のファームアップをお願い
したいですね。D750は薄型で、中庸優等生的な印象。
もちろん、悪くは無いけど、既存ユーザーからはもっと
明確な要望が彼方此方で出て居るのに、なんで
いま、コレなのかな?と思います。
乗り換えが簡単に行かないNikonユーザーって、多い
訳で、7DMK2、スペックだけ見たら裏山Cですよ。
次に期待します。
って、来なきゃ困るなぁ。

秒8コマだったら売れ行きに変化はあると思いますよ。
D810とD4sに。

36Mじゃもて余しそうだって人も居れば、D4sを1台買うなら、秒8コマのボディーを2台買うかって人も出てきますし。
D4sのサブにもう1台D4sにするなら24Mの秒8コマ機にしようかって考える人も居ますからね。
秒8コマ機なら1/8000のSSも搭載されたでしょう。

D4sの2台持ちなら100万超えるので、80万で収まるならと思う人が居てもおかしくない。

自分も今はD4を2台にD800の体制ですが、D3sが更にあった時期もありますし、かつてはD3、D700、D300×2って時期も有りましたので。

コマ数欲しい人は無理してでもD一桁機を買ってくれって事でしょうね。
そこに8コマ機を投入してもD4sとD810の購買層と被ると見て、両方から避ける選択をしたと。

もしも、そんな考えをこの先も続けるなら、それこそ分かれ道だろうし、根こそぎ何処かのメーカーに逝ってしまいす。新型機を発表したばかりですが、早めの巻き返しのコメントないし、メッセージを流すのが良いのでは?

ニコンは連写機を作れないのですかね?それがミラー周りのコスト面なのか、特許絡みでのことなのか、それとも両方か、他の何かか・・・

他社がミドルクラスを縦グリ無しで出せるコマ速を、数年かけても作ってこないのは、ニコンが技術として持ち合わせていないのではないかと。ダウンサイジングをしつつ、ミラーショックを抑え、消費電力を抑え、高画素を処理するエンジンやバッファ周り、ができないのではないか?
そんな疑問が湧いてきました。

既存のFXユーザーにとっては、連射性能・SSの点でのサプライズがなく食指をそそられないのも納得ですね。

これからFX機を導入しようという人にとっては、価格と性能のバランスが取れた使いやすいカメラではないでしょうか。更なる機能を求めて価格が跳ね上がるよりも、必要十分な性能で手が届く価格の製品を求める人も、多いと思います。

24-120のレンズキットもお買い得感があるし、既存ユーザーの間ではかなり不評な本機ですが、新規FXユーザー開拓という観点では、結構売れるのではないでしょうか。


名称D750に関しては、すでに話題にあがっているようにD600系とD800系の中間的な製品という意味以上のものはなかったようです。D700系の後続機には相応しくない、ということで、落胆された方も多かったようですね。


ニコン側も、D700の後続機を待ち望むファンが多くいることは認識しているはずです。フラグシップ機の廉価版として、連射性能・SSの優れたD700系の真の後続機は、今後D900として出てくる可能性は十分あるのではないでしょうか…

D750予約しました。初デジタルD200約10年使っていましたが、一昨年D600でフルサイズにステップアップして、今回D750にします。みなさんネガティブな発言が目立ちますが、このカメラはバランスが取れていると思います。
各社が重量級サイズを連発していた時期に地味に出たNikonFEを髣髴させます。
奇をてらわず王道をゆく。Nikonはそういうメーカーでしたね。最近忘れていました。

D750を見てきた。数人と見たためじっくりとは見られませんでした。手にした感じではこれを700系だと思うと残念感が強いのですが、価格も含めて600系だと思えば十分に良いカメラです。本体は軽いですがしっかりした作りのように感じました。サイレントモードを試して見たが通常のシャッター音と大きな違いは分かりませんでした。もっと静音を期待したので少し期待外れでした。今のNikonのモデルの中では他に選択肢が無いためオリンピックまでの数年のツナギとして購入しても良いと思っています。もう少し見てから決めますが買ってしまいそうです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが近日中にPowerShot G7 X を発表?」です。

次のブログ記事は「ニコンが「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る