富士フイルムが近日中に発表する新製品に関する情報

読者の方から、富士フイルムが近日中に発表する新製品のリストを提供していただきました。
  • 富士フイルムが次の新製品を近日中に発表する。

    - FUJIFILM X100T
    - FUJINON LENS XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
    - FUJINON LENS XF56mmF1.2 R APD

 

XF56mm F1.2 R APD は、海外で何度か噂が流れているレンズですが、近日中に登場することが確認されました。このレンズの詳細な情報はありませんが、「APD」はアポダイジングフィルターを表している可能性が高そうですね。

XF50-140mm F2.8 は公式レンズロードマップで今年の後半に予定されていたレンズなので、こちらは、ほぼ予定通りの登場ということになりそうです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------
情報を提供して下さった方、ありがとうございます。

2014年9月 5日 | コメント(29)

コメント(29)

レンズは一通り必要なものはそろってきましたねえ
富士の独力でさっさとそろえてきたのはすごいなあ

16-55mm F2.8は無いのね…

光学手振れ補正・画質・大きさので

苦労しているのかな?

XF56mmって発売から半年くらいしか経ってないので買った人は微妙な気分なんじゃ……

大口径はひと通り揃ったと思うので、
開放F3.5やF4でコンパクトな高性能レンズを開発して欲しいです
どうにもボディに対してレンズが大きくてアンバランスなんですよ

APS-Cセンサーゆえにレンズが多き過ぎて、これであればデジ一の方が余程使いやすいことになり、所謂大口径の望遠や超望遠系を使うときは、富士フィルムはお留守番になっております。

大口径や望遠系は、m4/3やCXの方も製品が揃ってきているし、理にかなっているように感じます。もちろん富士フィルムだけの問題ではありませんが、ニコンなどがDXで高級レンズや大口径望遠レンズを発売しない理由と重なるように思えます。

X-S1後続機は無しですかね?
トホホ

X-S1後継機も発表されるかと思ったのですが…残念。
Xシリーズは換算300mm超が手薄なので、X-S2をぜひお願いします!

今まさに56mm買おうとしてるところなんですが…。

Aマウントでも135ゾナーとstfが共存してますから、フジのも楽しみですね。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR待ってましたが
X-T1の食いつかないAFでは動きものには
使えないことがわかり、ニコンのニイニッパに行こうと考えてます。

先月xf56買ったばかり。値段考えると買い換えようとは思わないけどね。
写りハンパないし。

富士フイルムさん、X-S2を期待して待っています。よろしくお願いします!

Ellさん、微妙な気分です、、

流石にXF 56mmは二本目発売が早過ぎる様な…
フジのカメラを持っている訳ではないのですが、
アポダイジング光学エレメント採用レンズを発売するのなら
90mm(換算135mm)にして欲しかったです。
でも楽しみですね。

もうXシリーズ以外は出さないのでしょうか?
光学望遠30倍のコンパクト機は?
やはりX-S1のような高倍率の高級機も欲しいですが、
儲からないのかな?

いわゆるSTFレンズ早くも投入ですか
しかもある程度使いやすい焦点距離で
Xマウントいいですねぇ

既存の56mmと被るって意見もありますが、
そんなにキャラ被りますかねぇ。
同焦点距離同F値ですが、実際にはSTFの方が1段程度暗くなるでしょうし。描写はもちろん明らかに異なるでしょう。
どっちが良いとかは無く全然別のレンズとして、双方とも楽しめるのではないでしょうか。

アポダイジングフィルターってことはF値だけでなくてT値も知りたいです。

56が本当なら早すぎる気が…

APDをXF56後継と思っている人多いけど、APDはSTFみたいな特殊レンズでしょ。

56mmが等倍マクロなら買いますね

APDは現行の56mmとかなり違うでしょう。とはいえ、せめて70mmとか少しズラして欲しかった気もします。
しかし、他社ミラーレスに比べてラインナップが揃うスピードが早いですね。昔から優秀なレンズメーカーでもありましたからね。

XFレンズはロードマップに沿って欲しかったかな。
サプライズ効果も分かりますが。
ところで世界的にボケ需要高いんですかね?

レンズが揃ってくるのがいい感じですね。
56mmのAPDは既存の56mmと写りが異なると思うのでどっちもありでしょ。
同一焦点距離でも選択肢が増えるのは歓迎ですね。
レンズの大きさはAPS-Cだからそこそこの大きさに収まっているわけで、個人的には別に大きいとは感じてませんけどね。コンパクトさを優先させて暗いレンズを出すのは自分は必要性を感じないけど、やるならXCシリーズでいいんじゃないかな?XFは写り重視路線でまずはレンズの充実を進めてほしい。
Xマウントには期待してます。

えっ、APDでF1.2…どうやって、って気がするけどT値との差ができるだけで元のXF56mmと有効口径一緒なら一緒なのか…。

しかし本当にフジノンはレンズの開発速度すごいね。1年ちょっと前、「全然レンズないなあ」と言ってたのがウソみたい。
シグマとかタムロンとかサードも参入して、安い軽い小さい手振れ補正ありみたいなところを埋めてくれないかなー。富士は画質優先でいいから。

こんだけ出てる割に、16-50の2.8通し、みたいなのはまだ無いんですね。
あ、16-55/2.8が来年出るのか。
しかしFEマウントもこの開発速度は見習って欲しい。
個人的にはXF18-135が羨ましいです。

X-T1は、操作性の不満がでてきて(ボタンの押しにくさ、ブラケット撮影後の動作停止など多数あり)、EM-1に乗り換えたいと思いながらも踏み込めないのは、発色の良さとレンズのすばらしさ。特に56mmF1.2は手放せない。解像力はもちろん、ボケも素晴らしいのに、それでも追加で出すAPDは、よほどすごいのだろうと。
でも確かに、もっと先にやるべき事が・・・
X-T1の操作性改善、標準マクロ、初期にでた60mmマクロなどのリニューアル(AF速度など)、開発が発表されている換算24、135の大口径の発売、などもよろしくです。

XFレンズは、大きくても性能重視でいい。
そろそろXCレンズの単焦点で、F2〜2.8くらいのがいくつか欲しいかも。

でも、サードパーティー製の方が面白い。
ボケ重視のフジノンとは違った個性を、フジボディで楽しみたいから。
シグマのDNレンズに期待しています。絞りアリで。

X-S1後継機、噂すら出ませんか…
ニーズはあると思うのですが


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツァイスがフォトキナでOtus 85/1.4とDistagon 35/1.4 ZM を発表?」です。

次のブログ記事は「シグマが海外でSportsラインの「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM」を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る