ソニー/ツァイスそしてマミヤがレンジファインダースタイルの中判カメラを開発中?

Photo Rumors に、ソニー/ツァイス、マミヤの中判カメラに関する噂が掲載されています。

Sony/Zeiss and Mamiya rumored to released medium format digital rangefinder cameras

  • 非常に良いソースから興味深い情報を受け取った。ソニー/ツァイス、そしてマミヤの双方が新しいレンジファインダースタイルの中判フォーマットのデジタルカメラを今後12ヶ月以内にリリースするだろう。ソニーは既にPhaseOneやハッセルブラッドに使用されている中判フォーマットのセンサーを製造している。現時点では、この他の情報はない。

 

この記事は、ソニー/ツァイスとマミヤが中判カメラを共同開発しているという意味なのでしょうかね。以前に、ソニーがMamiya7に似た中判ミラーレスカメラを開発しているという噂が流れたことがありましたが、その噂の延長線上のような内容に感じます。もしこのカメラがアマチュアにも手が届くくらいの価格で登場すれば、かなり人気が出そうですね。

2014年9月30日 | コメント(47)

コメント(47)

富士も基本技術あるので期待してます

噂の高画素システムはこれですかね。

マミヤ7のレンズ一式。長い冬眠中。
7のマウントで買える範囲で期待しています。

沈胴式レンズマウントなら最高ですが。

またソニーの中判の噂ですか、
マミヤはシュナイダーと親密ですから、
ツァイスと組むというのは
おおいに疑問、まずあり得ないと
思います。

ソニー単独でも想定しにくいなあ。

それぞれが開発してるんじゃなくて?

Mamiya7スタイルで、レンジファインダーとEVF対応でしょうか。
あのレンズはフィルムでは神レンズでしたが、デジじゃ流用は厳しいかな。

普通に買える様な価格ではできるのだろうか。
素人は今のペンタ用のセンサーの大きさではフルサイズから変更する意味が少ないし(今でも3600万画素で十分すぎしレンズからそろえなければならない)6*7位のセンサーなら遊びで6*9ビューカメラにセットでも面白いが価格が想像を絶しそうだし。


銀塩645じゃないので、普通に構えると横長になるハズですね。マキナやグラフレックスXLのような明るいレンズが好きなんですが、何をつけて出すんでしょう?

ソニー/ツァイスは解りますが、マミヤとも協同ならば大変な事です。
センサーだけ提供するという話では無いのでしょうか。
上でも仰っている方がいますが、レンズの基礎技術は富士フイルムも蓄積があるので
ソニーが参入した後に市場開拓が起きれば、富士の参入もあり得ますね。

マミヤの方はシステムカメラでソニー・ツァイスが一体型ですかね

マミヤの方には興味がありませんが
ソニーは経営状態が良くないので最終的にGOが出せるでしょうか

まあ、リスクを負わなければリターンは望めませんが

645Zの様な民生機の値段だと庶民の味方ですね。
P1ファミリーがライバルでは業務機なので手が出ません。

SONYは一体型っぽい気がしますね。RX1の後継機か派生機でなら得心です。すでに自社中版センサーがあるんですし、その開発費をペイするためにも、いずれは出すんじゃないでしょうか。
それに絡んで、さらに手広く他社に販売ってセンも、あながち不自然じゃない気もします。

まあ、個人的には、35mm以上にボケが出やすくなると、むしろ使い辛いですけど。『中版は高感度耐性強いから、凄く絞ってISOあげてシャッタースピード稼ぐ』とか、なんか本末転倒ですし。三脚必須のシステムってのも、機動性が削がれそうで、なんだかなあ。

ここぞ! で超絶画質ってのは、すんごく惹かれるんですが。(サブで中版持つってのは、レンズ込みのシステムで考えると、金銭的にやばそうです……)

RX1でフルサイズがこんなにコンパクトにって衝撃を与えたので
ぜひ中判でも衝撃を与えるようなカメラをお願いします。
できればレンズ一体型でRX645やRX66を希望です。

どちらかと言うと今のソニー単独では新規商品のコスト面でのリスクが高いので、声を掛けてみたらマミヤが反応しちゃったと言う流れではないでしょうか? ソニーから外面デザインを変えてのOEM供給と言うことで提供を受ける立場がマミヤで、開発設計生産はすべてソニーみたいな感じでしょうかねぇ〜。
新規開発商品として考えれば制約は少なくなりますから、新たなレンジファインダースタイルの中判フォーマットでも固定レンズで出す手はあると思います。マミヤよりもソニーのほうが、スマホとかの顔色を眺めつつ利益の心配をするよりも、何か新しい畑が欲しくってしょうがないのではと言う気がしますね。まだ余力が少しでもあるうちに、耕すべき畑をサッサと見つけろ・・と言う経営陣のお話でしょうか。

ミラーレスでレンズ込みで35フルより厚みがコンパクトだったら常用したいですね
イメージとしては換算40mmF2.8でX-Pro1くらいのコンパクトさ
これが実売40万円以内なら買いますね

マミヤとソニー・ツァイスが共同で開発してるのか。それともセンサーは同じだけど別々のカメラを開発してるのか。どうなんでしょうか。

"Sony/Zeiss and Mamiya will both release"という文章なので、「SONYとZeissは共同で、マミヤは単独で(*)」という意味だと思います。

(* : センサーはSONY製かもしれませんが)

個人的には、マミヤの新型が、銀塩中判でもかまわないんですがね。

レンズファインダーってそんなに需要あるんでしょうか?
EVFだけでいいと思いますが。

EVFを見た時の感動は、レンジファインダーで苦労した経験からです。
今更後戻りしたくない。

ミラーレスの中判だったら、利点も多く魅力的だと思います。
Sonyが中判レンズをそれるまでの間、Mamiyaのレンズ資産を当面生かせるのが魅力かもね。

中判ミラーレスは、中判一眼レフのペンタ645D/Zの場合と違って、フルサイズミラーレスにはフイルム35mmレンジファインダー用の旧設計レンズでは性能が落ちるのと同様に、フイルム中判レンジファインダー用レンズは実用的には使えないので、ボディだけでなくレンズも高価なものを新らたに揃える必要がある。商業プロ以外にはしきいが高い・・・

すみません!
前言は広角レンズに限った話かもしれません。

信憑性は置いといて久しぶりに期待膨らむ噂です
フルサイズ以上のフォーマットが必要になるジャンルとして真っ先に上がってくるのは、建築、風景、山岳系でしょうか?マミヤ7はレンズのディストーションの少なさから建築に、中判としてのコンパクトさから山岳で使われてましたので同じようなコンセプトで登場することに違和感はありません
マミヤ7のシステムを有しているので、それが使用可能だと導入ハードルが下がって現実的になってくるのですけどね
星景でフルサイズにこれ以上の画素では今の技術レベルでは厳しく、かと言ってα7sの画素では不足なので、今のカメラでは645Zが最強の星景マシンと思っていますが、如何せん重いデカイ高いの三重苦なので、40万くらいでボディが出れば導入確定なんですが⁈

結局、一般人のアマチュアレベルでは手を出しづらい価格でしょうね。
ペンタの645Dでも宝くじが当たったら買おう!程度ですしw
僕を含め、D810にでさえアフターに暫く影響が出るのを覚悟で購入する方が多いはず。
むしろ更に価格が高い新車を買う方が家族の為になるし、嫁の影響もあんまりなく気が楽に買えるかな。
それと独身時代の時の方がカメラやレンズにお金をかけることができましたね。
あの独身な時代にライカMとかあったら絶対に買ってますもんw
あ~、でも出たら欲しいですね!マミヤ7ライクな中判デジカメ。。。

Mamiya7を愛用していたものとしては、嬉しいニュースですね。EVFミラーレスにすれば、中判規格でもレンズ込の総質量を小さく出来ますし、レンジファインダーの欠点であったレンズ毎の視野の切り替えや測距の限界などが一挙に解決します。

レンズシャッターであれば最良で、シャッターショックも極小で済みますし、利点も多いですから。

ソニーの大型素子を今後のデジタル中判の基本的なサイズと置けば、それに最適化したレンズを設計すれば、従前の中判よりも一回り小さく出来るので、高画素&高画質機で持ち運びが飛躍的に軽量化されたカメラに仕上げられそうです。

ザックを担いでの山行きなどの際も、画質への妥協を最小限にする事が出来て、山岳写真などには嬉しい機材になりますね。

風景派にも絶好のカメラでしょう。実現すると実に楽しみです。デジタルになったからこそ復権する価値のある企画だと思います。

このレンジファインダースタイルの中判カメラの噂はソニー/ツァイス とマミヤが連携して開発しているのか、それとも個別かな。
一体式か交換式かも気になりますが
ソニーのコンパクト化の技術、そして価格が抑えられれば新しいユーザー層を開拓する可能性がありますね

マミヤ7のレンズがそのまま使えればまさに理想の中版デジタルですが43mmレンズのフィルム面との距離を考えるとデジタルセンサーの諸々のフィルター類の厚みがネックになりそう。

それに6cmX7cmのセンサーってのもちょっと非現実的なのであの画角、あの画質はやっぱりフィルムでしか味わえないかな。

ま、専用レンズが有れば良い話ですが。

レンジファインダーでなくても良いんでライブビュー専用機でマミヤ7が復活すればペンタ645とはまた違ったポジションに収まりそうですね。

是非、シャッターショックの小さな電子先幕シャッターとレンズシャッターの組み合わせにして欲しいですね。
(マミヤ7、驚くほどぶれないですし)

デジタル時代に合ったレンズを
どれくらいのペースでリリースできるか?
また どれくらい小型安値で 店頭に並ぶか?

一人相撲のRICOHも
のんびり構えていられませんね

昔、タムロンで出していたBRONICA/RF645みたいなのが出るのでしょうか?
http://www.tamron.co.jp/data/bronica/rf645.html

 ソニーの中盤用CMOSは44x33なのでフィルムの645よりもずっと小さいので小さく軽いミラーレスができるのではないでしょうか?超広角~中望遠レンズを出してほしいですね。
 マミヤだけでなく、フジとも共通のマウントで出してくれたら盛り上がりそうですね。

ソニーはニーズに合わるマーケティングで、コンビニみたいなものをつくるような会社じゃないと思ってたから、楽しみですねぇ〜

どうせなら曲面型センサーを採用。リコーのGXRのようにユニット型で出てくるとゴミの心配も少ないし、周辺まで見事なレンズになると思うのですが。
夢ですかね

フジはとうぶんAPS-Cでいくと明言してましたが、共同でミラーレスの新マウントやってほしいですね
ミラーレスならマウントアダプターも使えますし、シフトアダプターとかも!
35フルの一眼レフより44x33ミラーレスの方がコンパクトにも出来ますね

ハッセルは中判レンズの設計は豊富に持っているでしょうから、レンズの充実は意外に早いかもしれませんね。
噂が実現すれば、ですが。

非常に魅力的な話ですが、日進月歩のデジタル時代、アマチュアが買える価格帯じゃないと特定のプロしか食いつかないだろうね。

時々出てくる中判デジカメの話題ですが、
ほんとに中判の品質を必要とするぐらいこだわりたいのならば、
多少不便でも中判フィルムを使わないのだろうかといつも思います。
フィルムって構造上、理想のセンサーとも言えるのでは...

下の噂の54万画素で2460点のAF測距点というのであれば
ほぼ確実にミラーレスでしょうね。

少し気になりますが更にレンズに投資するのは躊躇しますね。
まあ、ソニーはプロ向けに展開したい意図があると思いますが・・

ソニーだけで作るなら魅力的な価格で出るかなと期待もしますがこの連名だとプレミアムがついてしまって手が出ない価格帯になる予感がしてしまいます。

正方形の35*35センサーで安価なボディだといいですね、レンズもαレンズが使えると面白そうです。デジタル版マミヤ6 期待してます。

SonyならばミラーレスどころかQXシリーズもあり得るかもしれない…。

スマフォ&大砲みたいな感じになっちゃうか。。。

縦/横位置を気にせずとれる正方形型画像素子搭載のモデルが欲しいです
どっか出してくれない物かなぁ・・・

ミラーレスと三脚は非常に相性がいいので、現代のテクニカルビューカメラシステムとして登場することを期待します。

本当に登場したら建築写真家になって、世界を飛び回りたいですね。

是非マウント統一してもらいたいな。
勿論統一マウントでフルサイズのセンサーも有れば良いな。ミラーレスならフランジバックが短く出来るからいろんなフォーマットが可能だから。

ソニーのセンサーは35mm判フルフレームでも広角のレンズの場合に周辺の色被りなど問題が生じるようです。ライカMは、ここまでひどくはないので、フィルム時代のレンズがおしなべてデジタルに適合しないというわけではないようです。(こういう理由で、わたしは35mm判フルフレームは、ソニーではなくライカを択びました)
お金のないわたしのようなおじさんは、昔のレンズを使いまわせると、新たな投資が少なくてすみ、購入に気持ちが傾きますが、ソニーのセンサーですと中判の場合も心配が残ります。ハッセルのディスタゴンのあれこれなどを使おうと企んでいるものですから。

ペンタックスの645Dシリーズはありゃベスト判ですから…
中判を名乗るなら54×40を搭載してください。

それはともかく、マミヤ、ソニー(ブロニカ銘を期待、SONY-BRONICAでもこの際OKです)とも、是非出して欲しいですね。
ソニーは一体型でもいいかな、そして富士を刺激して欲しいですw画素サイズは4×4のベスト判スクエアでもOKですw
 
マミヤは無論マミヤ7と共通マウントを期待します。これならば150mmの光学性能をフルに発揮できるでしょう。出来れば限定発売で良いのでレンジファインダー搭載モデルも。

ミラーレスで、6×7、6×8クラスの大きいフォーマットでしたら高くても欲しいです!!
現状の中判デジタルだと、645サイズなので少ない画素数で豊富なディテールが出せる67、68フォーマットだと泣いて喜びます!!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年9月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS-1D X の後継機は2015年に登場?」です。

次のブログ記事は「EOS 7D Mark II に関する開発陣のインタビューが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る