リコーイメージングがアクションカメラ「WG-M1」を正式発表

リコーイメージングが、初のアクションカメラ「RICOH WG-M1」を正式に発表しました。

「RICOH WG-M1」新発売

  • リコーイメージング株式会社は、優れた防水・耐衝撃性能が好評のデジタルカメラ「WG」シリーズの新たなラインアップとして、水中やアウトドアを楽しみながら、超広角で臨場感溢れる映像を高画質動画で撮影できる防水アクションカメラ「RICOH WG-M1」を発売。
  • 気密性の高いボディ構造を採用し、付属の水中レンズプロテクターを装着するだけで、水深10mで連続1時間の水中撮影が可能な高い防水性能を実現。
  • 2mからの耐落下衝撃性能注1やホコリに強いIP6X(JIS保護等級6)相当の防塵性能、マイナス10℃でも動作が可能な耐寒構造などを備える。
  • 1920×1080(16:9)ピクセルで30fps、記録形式にはH.264を採用した、高画質で長時間の撮影が可能なフルHD動画撮影機能。画角は、最大約137度のに加え、ミディアム、ナロー、水中の4種類から選択可能。
  • 有効約1400万画素の高精細な静止画画像。静止画撮影時の画角は、最大約160度のワイドに加え、ミディアム、ナロー、水中の4種類から選択可能。約10コマ/秒の高速連写撮影も可能。
  • スマートフォンやタブレットに専用アプリ「WG-M1」をインストールすることで、撮影画像の確認や、シャッターを切るなどのリモート撮影、各種機能設定が可能。

 

WG-M1のボディは、公式サイトの手に持った画像を見ると、想像していたよりもかなり小さいという印象です。カシオに続いてリコーもアクションカメラを出してきたので、この分野は国内の製品も賑やかになりそうですね。

レンズが換算16.8mmの超広角なので、通常のコンパクトでカバーできない超広角専用コンパクトとして使うのも面白そうです。

2014年9月11日 | コメント(15)

コメント(15)

まあ、中身はこれのOEM品ですよね。
http://kodakcamera.jkiltd.com/Americas/cameras/activeCam/sp1.php

リコーがどれだけ設計にかかわっているのかは分かりませんけど、フォトキナに向けてKマウント、645、Q、コンデジ、アクションカメラと一通り数は揃えてきたってところでしょうか。

仕様の下の方に動画の連続記録が1回25分と注意書きがありますね。
他のメーカーはどうなんでしょう?
それにしてもこの仕様を今から発売するのは時代遅れ感が…
標準で液晶が無いことが気にならなければやはりgoproを選ぶのが間違いないのでしょうか…。

アクションカメラという分野ができたということでしょう。

買うならオレンジの方かな。こっちのほうがWGらしさがある。
アクションカムよりずっと格好良い。

スキー・スノボを北海道ですると-10度なんてすく越えちゃいますが大丈夫かな??デザインはいいですよね!あとは値段。。。それとKマウントのレンズはフォトキナでは出ないのですね。

リコー製品で無線LAN内蔵か、珍しい、とおもったら、OEMでしたか。
コンデジは撤退したけど、アクションカムなら少しは稼げるかも、ってところでしょうか。

スペック的には「何だかなー。もうちょっと頑張らなくていいの?」と言う感じです。645だけじゃブランドイメージ向上できませんよ。

まささんが指摘しているように、コダックのSP1のOEMなんですね
レンズ周りのフードやロック機構なんかもそのままですし
アクセサリーも同じものがありますね
外観はリコーの方が私は好みです

SP1は米国で発売済みですので、その欠点等が改良され、
完成度の高い商品であるといいなぁと思います

これだけ外観が異なるとOEMというより、レンズ部分だけを流用して中身は別と考えるほうが当たっている気がする。でも仕様を比較していないので本当のところはわからない。

動画は10分も撮れれば充分だな。
あの長回しの相米慎二だって、長回しは最長12分だったと思う

Ricoh/PENTAXはKodakとライセンス上のトラブルがあったので、OEMというと、その辺も勘ぐってしまいますね。

何故かアクションカムとなると確認用液晶が横向きばかり(もちろんそれなりの理由があるでしょうが)で、「これじゃ普通にライブビュー撮影出来ないじゃない」と不満を持っていた私と同じような人達には一定の支持を得るのではないでしょうか。

SF映画中の宇宙船みたい、カッコイですね。あの360度撮れるシーターがもし防水出来れば、売れるかもしれないな

今のkodakはカメラを設計しているわけではないので、同じ製造元によるガワ違いモデルでハードウェアはほぼ同一ではないでしょうか。52xズームのネオ一眼XG-1でもほぼ同じスペックのがkodakから出ていますし、製造元が積極的に売り込みかけてるんですかね?

ただ連続撮影が25分までと書かれているのは気になりますね。30fpsも確かに最近のアクションカメラとしては物足りませんが、本体価格が安ければ妥協できます。でも一回25分までじゃ話になりません。1ファイル4GB制限のため1ファイルにつき25分までで、映像が途切れることなく次のファイルが作成されるだけであることを願います。

Goproは氷点下で動作がぜんぜん安定しなかったので、
このカメラの-10度動作構造は大歓迎です。
PENTAXのカメラは-50度の南極観測基地で採用されてるので
そのノウハウがあるんでしょう。

連続動画撮影時間の制限はEUの関税制約じゃなかったですかね?
NEX-5とかも制限されてましたし


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年9月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD750の詳細スペックがリーク?」です。

次のブログ記事は「EOS 7D Mark II のスペックと正面の画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る