富士フイルムX-Pro2は待つだけの価値がある製品になる

Fuji Rumors で、X-Pro2に関する富士フイルムのコメントが紹介されています。

Fuji Guy Greg says: "The X-PRO2 won't be Full Frame, but it will be worth the wait!"

  • Luminous Landscape がBily とGreg (Fuji Guys)、 富士のマネージャーのイイダトシヒサにフォトキナでインタビューを行っている。Greg が、X-Pro2 はフルサイズ機ではないが、待つだけの価値があるものであることを確認している。

 

これまでに、X-Pro2 がフルサイズ機になるという噂が何度か流れましたが、X-Pro2 はフルサイズ機ではないとFuji Guys (※富士フイルムの広報の人です)が明言しているので、これでX-Pro2が(中判や4/3ということもないと思われるので)APS-Cになるのは確定ですね。

X-Pro2の登場にはまだ少し時間がかかりそうですが「待つだけの価値がある」ということなので、素晴らしい製品んが出てくることに期待したいところです。

2014年9月24日 | コメント(12)

コメント(12)

ハイブリッドファインダーが進化するのでしょうか…
x-pro1のブラッシュアップかと思っていましたがもっとすごいのかな?
妄想が止められません。

X-proの形はカッコいいので、
若干のダウンサイジングと各部の高級感(金属感)が増すといいですね


Pro1 は、Xシリーズの中での最高の「奥行感」というか「立体感」を出すカメラです、他に真似が出来ません。

それが「もっと良くなる」とは、どんな凄い画像にしてくれるのでしょう。

まさかフルサイズ以上の画像を作ってくれるのかな。

期待してます。

有機CMOSの開発にてこづっているのでしょうか?
ハイブリッドVFもXT-1並みの実現は難しいようなので、
練り直しかもしれませんね。

個人的にはPRO2(有機CMOS)が出た後の、センサー関連業界の動きが気になる。有機CMOSが主流となりえるのか。耐久性がどうとかの話もあったような……
ただ、技術革新が必要なくらいには、今までのプロセスが
熟成してきているんだろなー

AFの迷いを減らして、もう少し軽量小型化してもらえればそれで十分です。

単焦点使用時ににOVF状態のままで
MF出来るようにならないかなー。
ライカレンズ流用するので、ここがどう進化するかで
立ち回りが大きく変わりそう。
現状から処理速度改善されるだけでも
買いではあるんですがね・・・。
レンジファインダーのような使い勝手を
あの形状はどうしても期待してしまいます。

Xproが一番立体感があるというのなら、それはX-E1、M1
も同じということになりますね? 

pro2大いに期待しています!製品発表の時にはどんなレンズがついているのか楽しみです。F2.8ズームか、35mm単と思いますが、まさかのmetabones でなかなか出ない、Mマウントのスピードブースターが富士純正盤で付いていたら、、、即買いです!

X-Pro1のOVFを楽しく使っているものですが、正直な話、いくら進化しても現在のEVFに勝てるわけがないとは思っています。なぜならこのOVFはフジ一社が更新する技術であるのに対し、EVFは全カメラメーカー(フジ含む)で開発競争をしているのですから……。

X-Pro2開発のボトルネックがOVFであるというのが、だんだんわかってきましたね。個人的にはもう「面白いギミック」程度に収めておいて、実用はEVFというので、いいんじゃないかと思っています。

これはもしかしてERF(電子レンジファインダー)存在を期待して良いのか!?
もしそうならR-D1売っぱらうッ!!

X100Tのアドバンスト・ハイブリッドビューファインダーが搭載される確率が出てきました。買おうかな!価格次第ですけど。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年9月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスは大口径単焦点レンズの必要性を認識している」です。

次のブログ記事は「ニコンD750の感度別のサンプル画像が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る