オリンパスED 40-150mm F2.8 PRO は極めてシャープで欠点がほとんど見当たらないレンズ

simplyROBIN に、オリンパス「ED 40-150mm F2.8 PRO」のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko 40-150mm F2.8 PRO Lens Review 

  • このレンズは開放から極めてシャープで、細部のディテールも驚くほど豊富だ。広角端から望遠端まで甘くなる兆候は見られず、どの焦点距離で最も性能が良くなるのか見極めるのは困難だった。解像力は隅々まで均一で、隅の甘さは見られない。このレンズは45 F1.8 よりも明らかにシャープだ。
  • ボケは期待を裏切るようなものではなく、クリーミーで、スムーズだ。焦点の合っている部分は背景から浮き上がり、立体的に見える。
  • AFは全く迷うことは無く、ほとんど瞬時に被写体を捕らえる。AF速度は、以前に使用していた50-200mm F2.8-3.5 +E-5よりも確実に速い。ズームの焦点距離でAF速度に大きな違いは感じられない。AFは速さだけでなく、精度も見事だ。
  • 最短撮影距離は50cm・最大撮影倍率0.41倍で(※公式のスペックシートでは70cm、換算0.42倍となっています)、これはこのカテゴリのズームレンズとしてはとても立派で、ライバルは1.2-1.5mまでしか寄れない。
  • 鏡筒の造りはトップクラスのクオリティで、頑丈で安心感がある。
  • (自動補正されているかもしれないが)目立った歪曲は無く、驚いたことに通常は色ズレが見られるハイコントラストの条件でも色収差が見られなかった。
  • 40-150mm F2.8 はパーフェクトに近いレンズなのだろうか? 確かにそうだ。このレンズの欠点を見つけるのは困難で、実際のところ、欠点はほとんど無いと言ってしまっていいだろう。このレンズは、信じられないほどシャープで、驚くほどのディテールを捕らえることができ、色収差や歪曲もよく補正されている。ボケ味も素晴らしく、E-M1との組み合わせでの使い勝手も素晴らしい。AFは極めて速く正確だ。ただ、望遠端がもう少し長く150mmではなく200mmあればよかった。このレンズは、これまでのm4/3用のレンズでベストのレンズだ。

 

元記事に貼ってあるサンプルは縮小画像(一部は100%切り出し画像)ですが、記事の下の方から原寸大のサンプル画像をZipファイルでまとめてダウンロードすることができますので、参照してみてください。

レビューではこれ以上ないほどのベタ褒め状態ですが、サンプルを見る限りでは、このレンズは、確かに極めてシャープでボケ味もよく、色収差等のウィークポイントも見られず、非常に高性能なレンズという印象です。ハーフマクロ並みに寄れるのも使い勝手がよさそうですね。

2014年10月 7日 | コメント(36)

コメント(36)

リンクの作例、またまた見てはいけないモノを見てしまった気がします(笑)

これほどまでに凄い絵を出してくるとは、全く予想を超えてます。
他レンズと比べて寄れる事で撮影倍率が高くなるのも良い点ですね。

いやー、ヤバイ。マジでヤバい!

記事を鵜呑みにするのはどうかと思いますが、予約して良かったと思う。

「Important Note: 1. I am an Olympus Malaysia employee. 」これは非常に重要な部分かも知れません。

すごいですね。
私はm4/3はパナソニックを使っていますがどうやらオリンパスも買ってしまいそうです。1本のレンズがメーカーの印象を変えてしまうんですからすごいですね。

>A900さん
写真家のロビンウォン氏がオリンパスの社員になったのは既によく知られている話で、同氏はその前からオリンパスのレビューを掲載している非常に有名なレビュアーの方ですよ。

同感です。
お高いですけど。

イベントで実際に試写してみましたがスタッフのお姉さんにピントを合わせてみたところ背景のボケ具合のきれいさにゾクゾクしました。
後は書いてある通り最短接写距離が短いので非常に使い勝手が良かったです。

望遠端が200あればというのも同意ですが、そこはテレコンで使い分けるということで。
発売されるのが今から楽しみです。

なによりこのスペックでこのコンパクトさがいいですね
収納式フードも便利そう

オリンパスは、フォーサーズ時代から化け物レンズは出していましたが、
結局、所詮スモールフォーマットと舐められてシェアは取れませんでした。
いま見ても、14-35/F2.0などは史上最高の標準ズームだと思うのですが。

今となっては、センサー性能も上がり、コントラストAFも速度が改善されて、
精度やAFポイントの自由さなどの優位性を生かせるようになってきています。
今度こそ、ガチなフォーマットとして受け入れられると良いですね。

ダウンロードして見ましたが、素晴らしいレンズですね。
解像力とボケのスムーズさを同時に併せ持つレンズは希少ですが、
ここまで非球面を適切に配置出来るのかと感服しました。
オリンパスは専用成型しているのみで、特殊加工の話は聞いたことがありませんが、
光学力を魅せつけられた気分です。疑いようのない松レンズですね。

他マウントでも、センサー比でレンズをここまで大きく重くして良いのなら・・・
という話かもしれませんが、単純に素晴らしいレンズだと思います。

確かに欠点をあげるのが難しそうですが、大きく重い点と、
開放付近では、ハロが絡んでいる(逆に味にもなりますが)点、
F2.8の写真ではBorderとCorner(Extreme)でも解像力が少し落ちている様に見られます。

やはりカメラはセンサーだけでなくレンズ性能が大事だと感じさせてくれます。
このレンズといいSTYLUS 1といい最近の大センサー史上主義に一石を投じるようなオリンパスの姿勢は応援したいです。

あえて欠点を挙げれば、口径食でしょうか、
パナの35-100/2.8のように酷くはなく、私としては及第点ですが、4/3の松レンズでは、皆無でしたから…

今まで出てきた実写サンプルにもあるように動物園や牧場での撮影に最適っぽいですね
E-M1買ったばかりなので今は買えませんが…

画質もさることながら近接出来るのが大きいですよね。この辺りはFFレフ機では難しいでしょう。

ネイチャー系には良さそうなレンズですね。
でもポートレイトの作例は、フォーマットの限界を感じるものでした。

ロビンさんも絶賛、ということですね^^。

35-100mm/F2も気に入ってるだけに、
入れ替えるべきかしばらく悩みそうです。
12-40/2.8の時は14-35/2と入れ替えようと
思わなかったのに。

ボケ量が命みたいな撮り方をしない限り、これで充分かもしれませんね。手持ちで長時間撮れる範囲内の重さというのも個人的には大きいです。

個人的にこのレンズの真骨頂はその描写性能のみならずAF精度・速度など最適化された機能性にあると思っています。

ことM4/3機で使用すること前提であれば、その時点でZDとは競合しません。

単純な画質比較だけなら悩ましい選択はほかにもあるかもしれませんが、特にE-M1など上級ボディと組み合わせる場合は、もうこれしかないんじゃないかと(笑)

専用のテレコン使用を見据えた性能ということですね。
テレコンで撮影倍率が更に上がりますから、なんとも恐ろしいレンズですな。
来月の発売が待ち遠しいです。

E-M1との組み合わせ、魅力的ですね。m4/3はこれまでも良いレンズはいろいろありましたが、このレンズとテレコンによってシステムとしての格がひとつ上がった感じがします。次は超広角に期待。

超シャープでハイコントラスト、完璧な描写なだけに、フォーサーズ特有のCGっぽい硬さが強調されているように見えます。センサーがもう一歩か二歩進化しないと、良質なフルサイズ機のような、触りたくなるような柔らかい質感は得にくいのかな。明るさと深い被写界深度が同時に欲しい場合は最高の選択肢ですね。

私、4/3の12-60mm F2.8-4とこのレンズにテレコンをつけた56-420mm F4にE-M1ボディで、高解像撮影が要求される場合は対応しようかと思っています。

うーん、口径食が目立つのが気になります。
どうなんでしょう?

>トドロキさん

たしかに。
個人的には許容できる程度の口径食ではありますが,
このレンズで唯一「あともう一歩」と思う点ですね。

オリンパスオンラインでの予約開始と同時にテレコン付きを予約しました。
m4/3としては大柄なレンズですが、PROシリーズはE-M1持ちとしては是非とも所有したいですね。
広角レンズは我慢できずに9-18mmを買ってしまいましたが、予定されているPROシリーズが発売されれば、また即予約してしまうんでしょうね。
また、私のように体力の衰えを感じてm4/3フォーマットへ移行する人もこれから増えるでしょうから、噂の300mm F4 PROも早急なリリースが期待されます。

邪推ですが、どこまでがレンズ性能で、どこからが画像処理性能なのかが気になってしまいますw

lenstip.comはRAW重視の厳し目の採点なので、そこの評価が待たれますね。

換算300mmでF2.8(サンニッパ)のレンズがいよいよ発売ということで、E-M1に乗り換えました。zipファイルをダウンロードしてみて、その写りに満足しています。自分が一番よく使う焦点域なので、手元に届く日が楽しみです。以前は体力と出費を無理してFFを使っていましたが、m4/3の写りに満足しています。

 フォーサーズのSHGは確かに素晴らしい描写ですが、とにかく重くて大きい。加齢のせいか体力的にきついのです。
 E-M1ユーザさんと同様、私もこのレンズの発売予告を機に、マイクロフォーサーズに乗り換える決意をしまし、E-M1レンズキットを購入しました。40-150mmPROを使う日を本当に楽しみにしています。

口径食のご指摘をされている方々に伺いたいのですが,どの写真のどの部分のことでしょうか?
口径食については,いわゆる「周辺光量低下」と「開放絞り付近で画面周辺部の点光源のボケが円形にならない現象」の二つの意味が含まれると思いますが,ご指摘は後者ということでよろしいでしょうか?
自分としては,登山での撮影がメインなので,点光源のボケが円形にならないことにはそれほどこだわりがありません。
でも,ポートレート撮影では,大きな問題なのでしょうね。

http://2.bp.blogspot.com/-IaP2yzO-FjM/VDKVsmQ-IvI/AAAAAAAAiog/eKh0nqanCjA/s1600/P1010634.jpg

後者の、点光源が円形にならない現象 です。
背景が同心円状にグルグル回っているようにボケてしまいます。
大口径レンズにありがちな現象なので、ありがたがる人もいますが、
自然な表現ではないので、できるだけ抑えたいと考える人が多いです。

このレンズ本当に凄いですね。
M4/3で遠景のビルの立体感を感じたのは初めてです。

手前から奥へのボケ方を見ると二線ボケ傾向は皆無ですね。
点光源は、たしかに口径食ありますが、ツアイスみたいなグルグルした感じで個人的には嫌いではない。
これはこれでこのクセというか特徴をどう使うか楽しみといった感じです。

オランウータンの毛の質感に代表されるように、シャープがかかりすぎて、メリハリ重視な画作りはオリンパスらしい部分なので、パナのニュートラルな画ではどうなるかも楽しみ。
AFも速そう。

余所での作例など、色収差もだいぶ酷いのですが、これは撮ってだしや、特定のソフトで現像しなかったり、ちょっと不安要素大きくないですか?

フォーサーズだと、マウント口径にも余裕があるため、セミ判用のマウントをそのまま採用した645D同様、画面周辺まで口径食でボケが崩れることも少ないため、ボケの感じが似ているのですが、m4/3だと余裕が無いような感じがしますね。
APS-CサイズのFUJIやSONYのマウントは、銀塩時代のマウントを流用したライカ判サイズ用のレンズよりはマシですけど、PLマウント並の口径だったら、画面周辺まで崩れの少ないレンズが設計できたのではと思っていますが、m4/3のマウントだと、このくらいが限界なんでしょうか?
パナライカの42.5mm/F1.2の場合、F2ぐらいまで絞ればボケの形が周辺まで丸く揃うのですが、このレンズの場合、後玉がマウントから少し引っ込んでいることと、前玉が十分大きくないということなんでしょうか?
ライカ判サイズ用のF2.8クラスのレンズだと、もっと盛大に口径食がでることが多いですけど、撮像素子用に設定された新マウントなのですから、この辺で妥協して欲しくなかったです。

E-M1からのTruePic Ⅶは倍率色収差を補正しますので、それ以前の画像処理エンジンとの違いじゃないですかね?

ジェイコプスラダーさん
>M4/3で遠景のビルの立体感を感じたのは初めてです。

って、どの作例のことでしょうか。
Olympus M.Zuiko 40-150mm F2.8 PRO Lens Review
のサンプルはほとんどが近距離での解像力を誇示するもので、
ボケを誇張するファッション写真の背景用ショットが少しあるだけのようですが?
カメラ本体のAF性能やシャッタータイムラグとの関連を読めるスポーツや野鳥の飛翔写真などの作例も皆無です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、2014年10月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「画質比較ツールにパナソニックLX100のサンプル画像が掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンPowerShot G7 X の実写サンプルが多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る