キヤノンEOS 7D Mark II は驚きのAF性能

NaturePhotographyBlog に、キヤノンEOS 7D Mark II のインプレが掲載されています。

Canon 7D mark II hands-on mini review (found via CanonWatch

  • デュアルDIGIC6プロセッサが駆動するAFシステムには非常に驚かされた。わずかに霧のかかった曇り空の状況で、白に近い背景に白い鳥を撮影したが、AFは無敵だった。
  • 全てのレンズとテレコンを組み合わせたが、600mm F4L IS USM II と2倍のテレコンの組み合わせ(換算1920mm)でさえ、AFは1D X よりも若干速く良好かもしれない。
  • 連写は10コマ/秒で、目立ったシャッターラグもないこのカメラは、鳥・アクション・スポーツ・報道などのカメラマンにとっては本当に夢のカメラだ。
  • 7D Mark II のノイズはどうなのか? 簡単に言うと、素晴らしい結果だった。ISO200-1600は、全く心配することなく使用できる。画像はディテールに富んでいて上質だ。ISO1600では暗部に若干のノイズが見られるが、これは初代の7Dから大変大きく改善されている。(上限の感度の)ISO16000もAPS-Cとしては素晴らしい性能だが、仕事でISO3200以上が必要となるなら1D X を使うかもしれない。
  • もし、機能・ファイルサイズ・画質を価格と天秤にかけるなら、7D Mark II は1D X の競合機に値するカメラだ。ISO1600までしか使わないなら1D X を所有する理由はあまりない。

 

7D Mark II のAFは厳しい条件でもかなり食い付きがいいようで、換算1920mmでも1D X をしのぐようなレスポンスが得られているということなので、鳥やスポーツなどを撮影する方は大いに期待できそうですね。

高感度はさすがにフルサイズとは差があるようですが、7Dからの改善はかなり大きいようなので、使い勝手はかなりよくなりそうです。

2014年10月18日 | コメント(23)

コメント(23)

体験会で触れてきました。
一度食らいついたら決して放さないAFだと思いましたよ。

ベタ褒めですね
高感度はフルサイズに負けるのは仕方ない

「イメージモンスター」の後継機も、新たな「イメージモンスター」として受け入れられそうなのは、さすがキヤノンというところ。

しれっと「全てのレンズとテレコンを組み合わせた」とありますね。
AFが1DXより良好かもですと?本当に?しかし素晴らしい作品(これは70-200mm F2.8ですが)を見せつけられると何となく信用してしまいそうだ。キヤノンの人はAF総合では1DXが上と言っていたはずだが、その差は大きくないということなのでしょうね。価格差を考えると拮抗しうるというだけでもう十分という感じです。

嬉しいけどCanonらしくないですね〜
Canonはこれまでは下剋上はほとんど見られなかったような…
やっと出し惜しみせずに、全てを出し切ってくれた機種だということですね。

少なくともファームアップも含めて5年は戦えそうです。
1DXのスーパーサブに留まらない活躍をしてくれそうな・・・。

数年後の値段に期待します。

品川Canon行きました。
顔に追従するAFはすごいと思いました。

1DX後継機では7D2を超えてくるでしょうから、それを見越した搭載だと思います。期間限定でもトップクラスの性能を下位機種に奢るというのは確かにキヤノンではあまりやってなかったですね。この勢いで6D2がクラスを変えずに5D3を下剋上とかも見てみたいです。

Canonではトップクラスの性能を下位機種に奢るのは、たまにあることです。

フィルム時代でもNewF-1に対するT90、EOS-1に対するEOS10、EOS-1Nに対するEOS-3がありましたので。

7DはAEなどの条件によって連写速度がもたつく事があったので、それが解消されているなら嬉しいですね。高感度のノイズ処理は時代相応の進化があるでしょうし後はセンサー自体がどれだけ進化しているかが気になる所です。というかそこが一番気になる所。

7D登場時、フラグシップは1D3の末期で直ぐに1D4が登場しました。
イメージモンスターとは言いながらも、7DのAFが1D3を凌ぐようなことはなかったですよね。
しかもバッファにおいても7Dは意図的に抑えられていた…
その後、1DX登場後に7Dはアップデートでバッファを解放したことは皆さんご存知ですよね。フラグシップに配慮する必要が無くなったからだと思います。
今回の7D2は、Canonらしくないですよね。
Nikonはいつもですけどね。

ここまで出し惜しみ無しだと、また息の長いモデルになりそうだなぁ…

はたして、どれ程1DXに迫り追いこすのか?
楽しみですね。
早く手元で比較してみたいです。
本当に追い越してたら、次期1Dへ乗り換え資金をと嬉しいけど悩みのタネになります。

7D2の登場で「1DX後継」の方向性が想像できるんじゃないですか。7D2に新規搭載された機能で1DX2?に搭載されるものがあるでしょうし、1DXにある機能をブラッシュアップされるものも当然あるでしょう。1D4、7D、1DXの流れがそうでした。

1DX後継は、APS-C機では到達できない高感度域・低照度時の性能向上に向くんじゃないでしょうか。「悪条件下でもきっちり撮れる事」は派手なカタログスペックには現れないけれど、現実の仕事では非常に大きな武器になりますからね。

AF絶賛ですねぇ。画質的に70Dと大差ないと判断して7D2は見送り5D4発表まで7Dで凌ごうと思っていたんですが、ISO1600を躊躇なく使えるという文言が有ったので購入する方に傾いてきました。

期待し過ぎじゃないですかね~気持ちはわかりますが、、

高感度は劣ってもいいので、1DX並みの連写性能がほしかったですね。

後は、発売日の発表のみですね!
待ちくたびれて、クタクタです。。。

ここまで高い評価となると、逆に「ホントですかね」と思ってしまいますね……笑

個人的にナイトゲームでスポーツ撮影するにはISO1600ぐらいが最低必要です。しかし7DのISO1600は荒過ぎたので被写体ぶれ覚悟でISO800にしてました。MARK2でISO1600が大幅に改善されているというのは嬉しい情報です。
AFの方は、7Dでピントが合わないのは自分の腕のせいと思ってるのであまり期待してませんが・・

AFが早いのか〜、純正新型は早く、他社や旧型レンズではどうだろう〜。
どれぐらい落ちるか興味深い。

KENさんの
>>しかもバッファにおいても7Dは意図的に抑えられていた…
>>その後、1DX登場後に7Dはアップデートでバッファを解放したこと
>>は皆さんご存知ですよね。
>>フラグシップに配慮する必要が無くなったからだと思います。
というコメントから、

「7DⅡは最新プロセッサを2個積んできるのだから、フルサイズにはとは言わないものの、他のAPS-C機よりもっと高感度が良くなっても良いはず」という期待感を見事に裏切っているので、もしかしたら、限定解除あるではと邪推してしまいますねw

5D2,7D以降は1Dxを除いてキヤノンは期待を裏切っていますので、これ以上コケられません。


インプレ通りの1Dx越えのAFシステム、当然だと思いますよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD750の高感度ノイズはD600/D610と顕著な違いが見られる」です。

次のブログ記事は「シグマが「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports」の供給不足を告知」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る