PENTAX Q-S1 はパンチの効いた明るく鮮やかな画質

ePHOTOzine に、1/1.7インチセンサー搭載のミラーレス機「PENTAX Q-S1」のレビューが掲載されています。

Pentax Q-S1 Review

  • ボディは極めて小さい。前面がゴムで覆われていることと、グリップとして機能する金属製のツマミがあることが、ホールディングの助けになっている。ボディは大部分がプラスチック製だが、造りは良好で頑丈に感じる。
  • バッテリーライフはCIPA規格で250枚で、これはミラーレスカメラの平均よりも若干少ない。
  • シャッターレスポンスは非常に速い(0.09秒)が、8.5mm F1.9使用時のAFは若干遅い(0.5秒)。連写はJPEGで5コマ/秒でまずまずだが、スローダウンするまでに5枚しか撮影できない。残念ながらRAWではこれよりもずっと遅くなる。
  • サンプルでは、画像は明るく色乗りが良くパンチが効いている。フラッシュを使ったポートレートでは赤目は見られなかった。標準ズームのディテールは良好だ。
  • ISO感度は、ノイズレベルが低くディテールが良好なISO100からISO800までの使用を勧める。ISO1600ではまだ良好な画質が維持されているが、ノイズは増えディテールは減少する。ISO3200ではノイズが強くなり、可能なら使用を避けることを勧めるが、リサイズしてWebで使うならまだ実用になるかもしれない。ISO6400はノイズが極めて多く、ディテールは非常に少ないので、使用を避けるのがベストだ。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯下では暖色に傾くが、プリセットは正確だ。蛍光灯ではオートホワイトバランスは良好で、プリセットは選択する蛍光灯のプリセットの種類によって異なる色に傾く。
  • Q-S1の画質は、デフォルトでは明るく非常に彩度が高いが、もしこれが気に入らなければ色の設定でカスタマイズすることができ、またRAWで撮影して調整することもできる。
  • このカメラは、マニュアル操作やRAWでの撮影が可能で、二軸電子水準器が搭載されており、初心者はもちろん上級者にも適したカメラだ。Wi-Fiが搭載されていればよかった。
  • 良い点: DNGフォーマット、2軸電子水準器、多くのフィルターと効果、RAWでの撮影、多くのコンパクトなレンズが発売されている、良好な画質、パンチが効いた明るく鮮やかな色、多くのボディカラーがある、とてもスタイリッシュ。
  • 悪い点: Wi-Fiが搭載されていない、パノラマモードの欠如、明るい単焦点レンズが欲しい、RAWの連写が遅い、音声がモノラル。

 

サンプルでは、遠景の解像感も十分で、センサーサイズが1/1.7インチということを考えれば、とても良好な画質という印象です。ただ、記事で指摘されているように、デフォルトの設定は少し発色が派手かもしれませんね。

Qシリーズのボディサイズは、GM1の登場でレンズ交換式で最小ではなくなってしまいましたが、交換レンズを含めたシステム全体の大きさ・重さという意味では、まだまだQにアドバンテージがありそうです。

2014年12月22日 | コメント(19)

コメント(19)

PENTAXはQシリーズに限らず、デフォが「鮮やか」設定なこともあって発色は派手目になりますね。
実は「ナチュラル」設定にするとネガフィルムのような発色になるので何気に優秀だったり。
最近はPENTAXを使う時は意識「ナチュラル」使うようになりました。

Canonもわりと「スタンダード」設定は派手目かな?
あっちもやっぱり「ニュートラル」設定を別に用意していますね。

やはり、Wi-Fi非搭載が指摘されていますね。
FluCard for PentaxQでもいいので、この際、ご検討をお願いいたします。>リコー様

カメラマニア的には今回のタイトルは(笑)
Qシリーズはわりと楽しいんですが、「せっかく遠出するならもう少し良いカメラで」と思って稼働状況が…
Wifiもこのカメラこそ内蔵すべきなんでしょうけど、ペンタには荷が重いんでしょうね。

Q-S1はQ7からほとんど進化してないのが辛いところ。1年で刷新しろというのが酷ではあるのですが。
新レンズの話も聞きませんし、コンデジ不振で(ソニーの)新センサーの開発がどうなるかわからないし。
目新しさが薄れて、急速に存在感がなくなってる気がします。

高級トイカメラ、CやDマウント、望遠用達の定位置で
技術的進歩はあまりなく推移しますね。
純正レンズの新規は望み薄だし、
顧客拡大もリコーとしてはたいしてしていないので
先細りの機種ですね。

Eye-fiサポートしてるからそれ使えばいいじゃん。

Qシリーズはボディ側の性能が本当に普通のデジカメ程度なのが問題ですね。
記事にもある連射バッファしかり。
画質についてはセンサーサイズなりなのは仕方ないですが、
使い勝手の面で、そのへんのコンパクトデジカメを上回るものが何もないのが…
Wi-Fiを内蔵していないのも、想定しているユーザーからしたら必須のように思えます。
EYE-Fiカードでは画像送ることしかできませんから、イマイチですし。

なんとか、マクロレンズが出るときに、使い勝手の面で進化した新ボディを用意してほしいと思います。

Eye-Fiは
リモート撮影ができないのが残念です。

PENTAX Qシリーズは、個人的には愛用していますが、どんどん立ち位置が微妙になりますね。

薄型ボディでGR28mm相当の単焦点キットみたいのがあれば、GR1/1.7派に支持されるんじゃなかろうか?
後は、35mm相当(6.5mm位?)と、80mm相当前後(15mm位?)のポートレートマクロ(大口径)があれば良いと思っています。

後は、レンズシャッター内蔵のD、Cマウントアダプター。フラッシュ同調速度が遅すぎて、電子シャッターだと歪みが出まくりですから。
特にCマウントのがあれば、各種一眼レフのアダプターがそろっていますし。あと、chinon bellamiについていたDマウントレンズみたいなのをアダプター経由で、AFなしみたいなのもストイックで良いかもと。値段は安く、高級感で。COSMICARブランドのCマウントレンズを作っているんだから、それくらいできると思うんだけどなぁ。
PENTAX Qマウントで、COSMICARシステムを!なんてのも面白いのでは?

折角超広角ズーム(まだ買えてないけども)で良いもの出したんだから、頑張れリコペン!

QマウントでGRレンズが出る事。ファインダーがつく事。KマウントアダプターのAF化。などが出来たら、PENTAXファンはかなりぐらつきますが、今回のQ-S1であればQ-7でもいいし、そもそもQはいらない(高級コンデジと同じ)のでは?と最近つくづく思います。

最小センサーハイエンドめざして欲しかった。
ボディ2台、マウントアダプター2個、
そろそろ処分したくなってます。

面白いと思いますがまだ購入に至っていません。
このサイズ、値段だからこその面白いレンズが出れば…。
とりあえずはトイじゃない魚眼とマクロが欲しいですね。
頑張って欲しいです。

Qシリーズは気軽に持ち出せるし、レンズでの遊びも楽しいので好きです。

もっと遊べるように次の機能やアクセサリーが追加されたら、更に面白くなると思います。


・FLUCARD対応
・GPSユニット対応
・シンクロ接点の追加
・USB充電対応
・PCやタブレット、スマホと接続するなどして予めテキストをカメラ本体に入力・セットし、撮影後に選択、Exifに反映させる機能
・F AF×1.7 の様なマウントコンバージョンレンズアダプター?(古いレンズもAF可能なアダプター)
・小型フラッシュ(Qシリーズに似合う)
・MicroSDカードスロットやフリーSIM対応などの機能拡張用グリップ

Q10時代 手放してしまいました
必要性が無いんですよね
レンズを装着するとポッケに入らないし

傍から眺めていると
確かにGM1などはレンズが重たいですね
システムを揃えるとかなり高額になります

しかしQの1.7型も
システムを揃えると それなりの金額になります
他社には優秀なハイエンドコンデジがゴロゴロとしています
価格もこなれてきています

売れますかね? ターゲットとする若者には
まだまだ価格設定に 無理があります
高性能レンズを揃えたコンプリートキット
それを6万円代 これでも40代の おっさんの感覚です
若者なら5万円を割らなければ興味すら持たないでしょう

高性能レンズを数千円でゴロゴロと出せば
レイヤーさん辺りに好まれそうですが
価格が高いままで いまだにマクロレンズも出ない
他社は ドンドン 新しい機種を発表している

どうするんでしょうね? この中途半端な立ち位置
GXRみたいに 宙に浮いた感じで生産終了となるのかな?

とびっきり写りが良いとか
めちゃくちゃシステムが充実しているとか
とにかく格安で遊べるとか

何か しましょうよ 全部が全部
中途半端な ままなんですから

これからのQシリーズの展開(ニッチ)というと、やはり、レンズカメラではないかと思います。

レンズを軽く小さくできるだけでなく
手ブレ補正はボディ内蔵
モバイルバッテリ直結可能
など、素質は十分にあると思います。

Wi-Fi内蔵はあるものとして、
AF(パワーMF)可能なフィッシュアイレンズ
パワーズームレンズ
Wi-Fi接続API
が揃えばいいと思います。

ソニーに続いてオリンパスも参入するようなので、いつものペンタックスペースだと間に合わないかも知れませんが…。


Qシリーズはエントリー向けであるにもかかわらず
力量が試されるカメラなんですよね
こんなの一眼じゃねえと手放す方もいれば
センサーサイズの問題じゃないんだなと思わされる写真を撮る方もいます
腕に覚えありと言う方ほどQを試されてみては?と思います

実はQを購入して久しぶりにレンズ交換式カメラを使うようになり、その後、私はK-30,K-3を購入しました。
Qで久しぶりに写真を撮る楽しさを思い出しました。また、レンズ交換式デジカメの入り口でもありました。
K-30を選んだのは釦配置がQとほぼ同じで、操作が馴染みやすそうだったからです。

QはPENTAXとRICOHの架け橋とも言われていました。
QとGXRの後継として、QXRなんてのも面白いのではないでしょうか?(クイックダイヤル付きの新GXR的なボディー)

・ユーザーインターフェイスはリコータイプとペンタタイプの2種類が選べるとGood!
・アクセサリーシューはリコーとペンタのハードウェア接点を網羅して、カメラ本体のソフトウェアによる設定で対応をさせてリコー、ペンタの両フラッシュに対応。
・外付けEVF対応
・ブランドエンブレムも「PENTAX」や「RICHO」、「機種名」、「」(ブランク)が着せ替えられると面白いかも?
・レンズユニット(センサ・マウントユニット?)のQマウントユニットは1/1.7インチと1/2.3インチの2タイプ、もちろんSR付き
・大きめ(重め)のレンズユニット(Kマウントや645マウント用?)を支持・追加できるようにするバッテリーグリップ
・バッテリグリップを装着することでUSB充電やモバイルバッテリに対応(バッテリグリップを持ち出せば、充電器の持ち出しは不要になる)

・Qマウントのアクセサリとして、ヘリコイド接写リングQ

既存資産の有効活用ができると誘導して、新たなアクセサリを買わせ、自分専用のオリジナルカメラを作りたくなるような・・・、はじめはシンプルで手軽に始められて、どんどん夢が広がるカメラ?
とにかく拡張性が高く後からレンズやアクセサリを追加して、試して遊べる(遊んでみたくなる)機種になって欲しいですね。

GRデジタルの資産がリコーにはあるのですから、GR-Qを出して欲しいです。
レンズ交換式GRとしてなら、欲しくなるアート系のひとが飛びつきますよ(笑)。
でもQ-S1をつかっていますが、645Zと一緒に使う分には操作性も絵作りも近くて良いですよ。

初代Qに01 STANDARD PRIMEレンズを付けていつも持ち歩いています。
少しかさばりますけど、コートのポケットに引っかかり無く収まるのは良いですよね。

リコーさんには02標準ズームレンズのリニューアルか、それが叶わないなら単焦点レンズキットの復活をして欲しいです。
あのレンズ、望遠端付近でボヤボヤになるので、テレマクロ的な使い方が出来ないのです。

Q-S1、その後の情報も無く、完全に蚊帳の外状態ですね。
街中撮影用で、今、この機種が非常に気になってます。
普段SD-1Merrillで街撮りすることが多いのですが、
小さくてある程度の画質を得れるカメラを探してます。

後継機の情報、お待ちしてます!


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年12月22日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7 II でサードパーティー製レンズ使用時にボディ内手ブレ補正が動作しないことがある?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムXF50-140mm F2.8 R LM OIS WR は実に素晴らしいレンズだが価格が高い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る