シグマ24mm F1.4 DG HSM Art は非常にハイレベルな解像力

ePHOTOzine に、シグマArtシリーズの広角単焦点レンズ「24mm F1.4 DG HSM Art」のレビューが掲載されています。

Sigma 24mm f/1.4 DG HSM A Review

  • 鏡筒は大部分がつや消しのハイクオリティなプラスチックで、頑丈に感じる。5D3とのバランスは良好だが、よりコンパクトな一眼レフとの組み合わせではフロントヘビーに感じるかもしれない。
  • AFは速く、フルタイムマニュアルフォーカスが可能だ。フォーカスリングは十分な重さがあり、スムーズに回転するので、ピントの微調整も快適に行うことができる。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • 最短撮影距離は25cmで、この種のレンズとしては標準的だ。
  • 解像力は、中央は開放で既に素晴らしい値(excellent)だが、隅はまずまず良好な値(fairy good)にしかならない。絞ると隅の解像力は改善し、中央もハイレベルな解像力を維持している。解像力のピークはF4とF5.6で、このとき中央は際立った値(outstanding)、隅は素晴らしい値(excellent)になる。
  • 色収差は、どの絞り値でも1/2ピクセルを余裕で下回っており、極めて良く補正されている。色収差は非常に低いレベルなので、大きなプリントや周辺部からのトリミングでも問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは、大口径レンズの常で2.83EVでとても目立ち、F4まで絞らないと見た目に均一にはならない。
  • 歪曲はわずか0.534%のタル型で、通常の用途ではほとんど問題はないはずだ。もし、完全にまっすぐにしたい場合でも、歪曲の形は画面全域で整っているので、後処理での補正はとても容易なはずだ。
  • 逆光では、光源に向かって撮影した場合でもフレアは問題なく、コントラストも良好に維持されていた。
  • 価格は800ポンド前後で、カメラメーカー製の24mm F1.4と比較すると、コストパフォーマンスは素晴らしい。
  • 最近では、光学性能とリーズナブルな価格で、シグマのArtシリーズのレンズは認められているが、この24mm F1.4 もこの最近のトレンドを踏まえている。このレンズの解像力は非常にハイレベルで、歪曲と色収差が少なく、鏡筒の造りが良く、価格も手頃だ。もし大口径の広角レンズを購入したいと思っているなら、検討する価値のあるレンズだ。
  • 良い点: 素晴らしい解像力、色収差が非常に少ない、造りが良い、AFが速い、手頃な価格。
  • 悪い点: 防塵防滴ではない、開放時の周辺光量落ち(とは言えこの種のレンズとしては標準的)。

 

解像力は、開放では隅がGoodの値に届きませんが、絞るとexcellentまで改善するので全く問題はなさそうです。周辺光量落ちは結構ありますが、歪曲と色収差の少なさは素晴らしいですね。他のレビューでもよく指摘されていますが、これで鏡筒が防塵防滴なら訴求力が一段とアップしそうです。

2015年3月29日 | コメント(2)

コメント(2)

簡易的でも構わないので、防滴性が備わらないものかと……
実際に小雪の中での使用でレンズを壊した事がある身からすると、非常に気を使うレンズです。
咄嗟の小雨でもレンズ交換かレインカバー装着がマストになる訳で、運用に伴うストレスが半端ないのが現状です。
雨中の風景撮影などArtシリーズで撮りたい場面が多々あるモノの、かなり諦めて他のレンズで撮影しています。

星景、夜景に最適との話でわくわくしていたのは私だけではないはず。
口径も大きく重くてもいいので、上記を実現してほしかったなぁというのが正直な感想です。
魅力的な製品であることには間違いないですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年3月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G VR II は性能は悪くないが価格が高すぎる」です。

次のブログ記事は「DxOMarkにニコンD5500のセンサースコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る