キヤノンEOS 6D Mark II は2016年の第1四半期以降に登場?

Canon Watch に、キヤノンEOS 6D Mark II のスペックと発表時期に関する噂が掲載されています。

(CW3) Canon EOS 6D Mark II talk

  • EOS 6D Mark II 後継機は、2016年の第1四半期よりも前には発表されないと聞いた。言い換えると、EOS 6D Mark II は、EOS 5D Mark IV の出荷が開始された後で発表されるということだ。以下のスペックを入手した。

    - 28MP
    - 6コマ/秒
    - ISO100-102400(拡張で204800)
    - 新しいAFシステム(しかし、5Dsと同じではない)
    - ファインダーの視野率は98%
    - シングルSDカードスロット
    - Wi-Fi、NFC、GPS
    - 動画の小幅な改善
  • このソースは、キヤノンは最新のRebel(Kiss)と同じ画素数のフルサイズ一眼レフを販売しないだろうと述べている。AFがどのようになるのかはまだ不透明だが、現行の6Dから前進するのは間違いない。しかし、6D Mark II が(フルサイズの)エントリーレベル機であることを踏まえると、たぶん最新鋭のAFシステムは搭載されないだろう。私は、他の一眼レフに採用されたAFシステムを再利用すると推測している。
  • このソースは6D Mark II は、現行機と同じようにエントリーレベルのフルサイズ一眼レフだと明確に述べている。Mark II の価格は、6Dの登場時と同じように2100ドル前後になるはずだ。

 

まだかなり先の話で信憑性もCW3なので、参考程度に聞いておいた方がいいかもしれませんが、スペックは現実的な内容なので、6D Mark II がこのようなスペックで登場してもおかしくはなさそうです。

6D Mark II の連写が6コマ/秒になるとしたら、数値的には5D3と同じスペックなので、これでAFが改善されていれば、動きモノも結構いけるカメラになるかもしれませんね。

2015年4月27日 | コメント(35)

コメント(35)

どうかX接点付けてください。
仕事で使いにくくて困っています。
願わくばデュアルスロットも。

このスペックなら現実的な気がしますが、D600からD750にスペックアップした感じに近い印象がします。

画素数は2400万画素で十分ですが、APS-Cが2400万画素になってしまったので、2800万画素は妥当なラインなのでしょうね。

今から間に合わないかも知れませんが、可動液晶モニターを再度検討お願いしたいです!!

AF19点以上・バリアングル・デュアルピクセルCMOSがあれば文句ありません。
あ、できれば6コマ/秒・ISO50で^^
バッテリー新設計の小型化なんて話もあるようですが、上記のマイナーチェンジで十分なので、6Dと同価格でお願いします。

自分は5D4はともかく 6D2は2400万画素で良いと思います。ですがそうするとD600系と丸被りしますから 少しでも高画素化し 差別化したいというのはあるかもしれないですね。まだ5D4のスペックもわからない中で おそらく来年秋のフォトキナに合わせて出るだろう 6D2のスペックが当たるとは思えませんが。

キヤノンは6D系を当面は 60D、70Dと同じ操作系のカメラにしたいと思われますから バリアングルの採用と引き換えに右側に纏められた操作系の都合で マルチコントローラは今後もサブダイヤルの中だと思います。この操作系では 測距点が多くては扱いにくく 19点のままが使いやすいはずですので おそらく70Dに近いAFになると思います。

6D系は折角バリアングル対応の操作系を採用しているのですから これ以上の小型化よりバリアングルを採用した方がいいように思います。

視野率は100%目指して欲しかったなぁ

ライバルのニコンはD750もD610も100%実現してますし、
ペンタのフルサイズもきっと小型×視野率100%で攻めてくるでしょうし

5D2、5D3、 6D、7D、70Dといろいろ使ってきましたが、やっぱりスナップ撮りには6Dがベスト。やっぱり軽いのは楽です。シャッター音は静かだし、一発拡大機能も便利。測距点少ないのはちょっと苦笑いながら、十分な性能だと思ってます。
の割りにエントリー機とか評価低いのは 甚だ残念。いたずらに高スペックすることなく、がっちりハイアマ対応のポジション確保して欲しいです。

6D2の登場が来年だということは、6Dは3年以上のモデルライフになりますね
6D2も長いモデルライフになるでしょうから、エントリーフルサイズの位置付けと言えども、登場時には高スペックに感じるくらいでいいと思います

エントリーモデルの6Dに、あれやこれや求めてしまうのは酷だとは解っていても、デジカメの最大の利便性である部分、液晶は現行モデルよりも見易くしてほしいですね。
あと、軽量なのでサブ機として使うには重宝します。出来れば、ダブルスロットと、X接点は付けて頂きたい。T90の様に、メーカー改造でも構わないので!
いまは、NikonのAS-15をホットシューに付けて、ストロボ撮影をしています。

バリアングル
クロップ
19点
6コマ/秒
このあたりあると嬉しいですね


記事のスペックアップでは
買い替えまで行かないと思う

オペラやミュージカルの時に演出家から嫌な顔されないくらいに静かなシャッター音を…。

6Dも使い切れてない感ありますが、もうmk-IIの話題が少しずつ出てるんですね。

いずれはX7くらいのサイズ感になってほしいと思いますが、それはわたしがおじいさんになるくらいまでにお願いできれば充分です。その前にフルサイズミラーレスが台頭するかな。

6コマ、バリアングル、高感度アップだと嬉しい。
19点AFで通常の独立マルチコントローラーを付けて欲しい!
5D3や7D2と一緒に使いますが、マルチコントローラーだけはいつも困っています。

6D系といえばキヤノンの二桁Dの兄弟機で
小型化、軽量化を図っているのが特徴だと思っています。

キヤノンの高級機系とは違ってバリアングル液晶のヒンジ部を
確保できるデザインを取っているので、Mark2では是非バリアングル液晶を
搭載して欲しいですね。

6D系統はやはりフルサイズKissといった位置付けなのでしょう。
これに不満があるならそれ相応の対価を払い5D系へどうぞと。
他メーカーがキヤノンを脅かす存在の機種を出し、世間の流れがそっちへ向かったら、さすがにキヤノンも本腰を上げざるを得ないのだと思いますが、現状キヤノンは業界一ですからね。

個人的にはⅡには70Dのフルサイズ版くらいになってもらい、初代6Dと併売という形が望ましいのですが、恐らく可動式モニターは付かないのでしょう。

現在の70Dをそのままフルサイズにして-3EVとフリッカーレスを付けてくれたらそれでいいんじゃないかな
操作系を省略しないのが前提だけどタッチパネルもあったほうが絶対にいい。
7Dで省いたのは堅牢性などの観点からわかるけど6Dはそういったカメラじゃないし、エントリーモデルとしてWi-Fi、GPS、バリアングル、タッチパネルは必須でしょう。
フラッシュをつけてもいいくらい。

もっとシンプルな機能と方向性で、売価そのものを低価格化するのは無理なんですかねー?

28MPはやめてほしい。24MPでも多いくらい。それよりバリアン搭載と広いダイナミックレンジを希望します。あとは価格に影響が少ない範囲でアップしてもらえればいいと思います。

デュアルピクセルCMOSは
是非お願いしたい。
それとフラッシュ
70Dみたいなフルサイズが希望です。

逆に1600万くらいに画素数下げるとかはダメなんかな。これにバリアン付ければ5d系がメインの人でも欲しくなるぐらい差別化出来ると思うんだけど。

一番のウリである軽量化のためにも、バリアングルはやめてもらいたいです。シンプルな構造で軽く故障が少ないフルサイズであって欲しいです。
その他の機能も正常進化でやってくれたら、迷わず6Dマーク2を買いたいです。

6Dは 海外でも Professional Camerasのカテゴリーにも入っているカメラで エントリー機ではないです。
https://www.usa.canon.com/cusa/professional/products/professional_cameras/digital_slr_cameras


公式のニュースリリースでも入門機の上に置かれているのは明らかです。

>“EOS 6D”は、入門機からのステップアップやハイアマチュアユーザーのサブ機として、35mmフルサイズセンサーが実現する高画質を手軽に楽しみたいユーザーに向けて開発された、軽量で小型なデジタル一眼レフカメラです。
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2012-09/pr-eos6d.html


キヤノンも当初 売り方が悪く Kissや60Dなどから上がってくるユーザーを意識していたはずですが フルサイズ入門機と広告を出していたせいで 入門機という文字の印象だけで エントリー機と誤解され続けている印象がありますね。

1DXで使われている、1800万画素CMOSセンサー高感度が優秀なので、6D MarkⅡか、5D MarkⅣにて採用して頂けると嬉しいです。
今のままの小型軽量で、高感度重視カメラの方が有難いですね

背面液晶のバリアングル化と視野率100%を是非!
現行機には、それ以外に不満無く使ってます。
上記は多分PentaxのFF機が達成すると思いますが、是非6Dで!!

6Dは小型軽量が命。現状より一回り小さくなれば6D2に入れ替えます。多くは望みません、画素数も現状のままでいいです。液晶も固定のままで、タッチパネルも要りません。
ただ、一桁Dシリーズはディアルスロットに統一してほしい。

画素数増えすぎてる気がするけど小型軽量を活かした登山のお供なんて
風景向けの需要もずいぶん多いそうだから仕方がないのかも。
5D系を越えかねない超高感度性能ってのは6Dのイメージとして定着してるので
画素数を増やすにしてもここは押さえてきてほしいですね。

連射はゆっくりでいいですしAFセンサーの数もやたらと増やさなくていいので
連射時のAIサーボ追従が異様に悪くなるところだけ改善して欲しいです。

24MPでいいので高感度をもう1段がんばってほしい。
軽くて高感度に強いモデルであってほしい。

視野率100はフルサイズで必要だと思います。

バリアン、タッチパネル、AFの強化で十分です。視野率100%は、フィルムカメラの時のシンプルなボディーに、他にプロ機として差別化できる箇所がなかったために、必須になってしまった機能だと、個人的には思っています(必要な人の意見は否定しません)。60D、70D、Kissユーザーは、バリアンを効果的に使う方法を撮影スタイルに取り込んでますから、どうして上位機種に、入れないのか不思議です。2台持ちとかめんどくさいので、1台に集約したいとおもってるユーザーはたくさんいるとおもうんですけどね。

5Dのユーザさんが、6Dは初心者用エントリー機と断じたい気持ちはわかりますが、実際はそもそもセグメントが違って、業務用エントリー機と見た方が正しいカメラなんですよね。

パパ用ハイスペックカメラと業務用の二兎を追って、若干コンセプトがぼやけている7Dよりも、6Dは、硬派なカメラだと感じます。(7D2が売れたのは、広告のテコ入れの差でしょう)

コストと品質のバランスを維持するのは7D以上に難しいカメラでしょうから、キャノン的にはあまり数を売りたくない製品なのかもしれません。

私は7D2を買うつもりでしたが、結局、レンズ更新の必要性から6D投入に切り替えました。スペック的に見劣りするところもありますが、初代7Dと併用すれば問題ないですし・・・

6D2が出るのなら、現仕様を踏襲して出していただきたいですね。プラボディで十分です。(厳冬時、結露や熱の馴染みの面でプラボディの方が有利です。)

フルサイズの70Dの様な事を求めると、初期の二ケタの様な硬派なカメラが無くなる結果となります。

もしそのようなカメラを求めるのなら、6Dよりも重く高くなって使えないカメラになるのは目に見えていますし、価格を下げることも、現在のボディ価格を考えれば、無理なことは想像がつきます。二桁と価格的に同じ位になり、性能は8000ぐらいになったら・・・

現実的に考えると、6Dが合わないのなら、予算を出して、5Dを買うか、フルサイズをあきらめて7Dにするかが無難な妥協点なんだと思います。

1D、5D、7D、各々コンセプトがハッキリしているので、6Dも安価なフルサイズエントリー機というコンセプトからブレないでいて欲しい。

 新しい6Dに、どうか、バリアングルなどつけないでください。通信機能なんかこの老いぼれにはいりません。内蔵フラッシュにしてください。少し測距点を増やしてください。なにより、軽さを追及してください。老いぼれは写真が撮りたいだけです。
余分なものは、要らないのです。A-1、T-90ときて、そのあと20年以上掛かってやっと巡り会えた。私の右手です。何十年間ため込んだレンズを再発掘しています。
85㎜1,8,50㎜1,4,A-09,こんな素晴らしいレンズだったのかと、改めてわくわくの毎日です。APS機はもういらない。ミラーに変えました。「フルサイズのきちんとした作りの軽いカメラ」これに尽きます。 この路線を歩んでください。電池の持ちは、懐かしいT-90そのものです。どうか愛する6Dをごてごてにしないで下さい。この声開発者に届いてください。切にお願いします。

視野率100%、ISOは6Dと同じくらい、AFシステムは、5DmarkIII前後のレベル、であることを願いたいですね~

6Dは、ネットワークEOSという位置付けがいいです。
GPS内蔵、Wi-Fi対応、NFC、Bluetooth、USB 3.1 Type-Cフル装備でお願いします。

色々な意見はあるだろうけど僕は業務用サブ機としても使っています 安価ですからね現状13万円 色々測距点増やされた値上がりするのもどうかと思いますが
70Dあたりのを使って安価にするのも施策だと思いますね
まあ、24MPで19点(70Dのを再利用)GPSWIFI付きで

私も色々機能をつけて、値上げするのだけは勘弁して欲しいですね。
6Dの最大の魅力は軽量&おサイフに優しいことですから。

画素数の若干アップ(個人的には今のままでも十分)、
AFの強化、あとは一眼レフフルサイズの最軽量機として、
さらなる軽量化にチャレンジしてくれたら、言うことはありません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月27日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックがG7を5月中旬に発表?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが近日中にX-T1のAFを改善する新ファームをリリース?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る