富士フイルムは有機センサーの開発を続けている

Mirrorlessons に、富士フイルムのアオヤマクニオ氏とナカタヒロト氏のインタビューが掲載されています。

An interview with Fujifilm Japan (found via FujiRumors

  • (次世代の富士フイルムのセンサーに期待できることは?) シニアマネージャーが、我々が高画素センサーを開発していると既に述べているが、いつ発表するのかはまだ言えない。純粋な解像力は、レンズ・センサー・画像処理エンジンのコンビネーションなので、画素数自体はそれほど重要ではないと言いたい。幸いなことに、XFレンズ群は、高画素センサーに十分なポテンシャルを持っている。
  • (以前に発表した有機センサーは、まだ開発しているのか?) 開発を続けている。有機センサーの技術開発は、当初はデジタルカメラ用のものではなかった。我々はカメラ用、動画用、そして他の製品用として、有機センサーがベストかどうか判断しようとしている。
  • (4K動画についてどう考えているか?) 4Kフォトは、瞬間を捉えるような用途では、理にかなったものだと思う。しかし、すべての写真に適合するものではないと考えている。4Kフォトは進化すると思うが、それは写真の未来ではないかもしれない。
  • (Xシリーズのレンズで次に登場するのは?) ロードマップを開発する一方で、何が不足しているのかの理解に努めている。例えば、ティルト・シフトレンズや魚眼レンズ、超望遠レンズだ。たぶん、次世代のカメラを発表するときに、次のレンズロードマップを発表できるだろう。
  • (X30のような外観のより大型センサーのカメラの可能性は?) X30のようなカメラには2/3インチがベストのサイズで、これが最も良い妥協点だ。より大きなセンサーが必要な人にはX100シリーズを提案する。APS-Cと2/3インチはよいコンビで、1インチとAPS-Cは使い分けるにはサイズが近すぎる。
  • (プロサービスは提供するのか?) 実際にいくつかの地域ではプロサービスを提供している。我々は提供地域の拡大を計画している。

 

最近の噂では、X-Pro2のセンサーが高画素化されると言われていますが、富士フイルムが高画素センサーを投入すること自体はほぼ確実のようですね。

有機センサーに関しては、開発を続けているということですが、現時点では向き不向きを研究している段階ということなので、まだ近日中にこのセンサーを搭載したカメラが登場しそうな雰囲気ではないようです。

2015年4月 3日 | コメント(7)

コメント(7)

シリコンはシリコンで純粋な元素だから変わりようがない、つまり安定しているだろうが、有機センサーは成分、つまり感光特性をそろえるのが肝だろうなぁ。長年写真フィルムのとてつもない複雑な成分をきっちりコントロールしてきたフジだから可能性は高いと思われます。がんばれフジ。

かなり練って仕上げて来そうですね。
未完成のまま発売されるより安心です。
富士フィルムなら高画素化してもまた良くなると思います。
まさにカメラ・フィルムメーカーです。
動画はほどほどで良いです。

X20で有機センサー欲しいな~なんて思っちょります

有機センサーは、まだカメラ用としてベストかどうかも、判断される前の段階なのですね。でも富士フィルムが好きなので、とても楽しみです。
写真の未来というのを、どういう風に考えているのかも気になります。4Kフォトがどんなに優れていても、究極の画質という意味では常に動画機能よりも静止画機能が上のはずです。でも高画素は重要ではないと言っているし、それではどのような未来を見ているのでしょう?

>>APS-Cと2/3インチはよいコンビで、1インチとAPS-Cは使い分けるにはサイズが近すぎる。
これはとても悲しいです。個人的には、どう考えても2/3インチの次に一気にAPS-Cというのは、サイズがかけ離れ過ぎていると感じています。それならせめて、X100をもっと小型に作って低倍率のズームレンズを付けてみせるとか、エントリー機のX-A2はもっと小型に作るべきです。X30をやたら大きく作る事で、ごまかしていませんかね?
富士フィルムのラインナップに最も不足しているのは、ソニーのRX100に対抗する1インチセンサーの小型万能機です。

有機センサーは、というか、無機CFAセンサー以外どれもやはり厳しそうですね。
ハードウェアとして完成したとしても、画像エンジンは現行のセンサーとは違うノウハウが必要となるでしょうし、となれば人員を増やすかあるいは現行のセンサーの進歩をある程度あきらめなければならなくなる。非常に険しい道です。
写真のような精度の高さを求められる分野では尚更です。
結局、Foveonのように専門の事業体が必要なのでしょう。

有機センサーの噂は最近聞かなくなってましたね。難しいのかな?
X-Pro2は「大きなイノベーションがある時に出す」と言う話だったので、有機センサーを視野に入れていたのかと思ってました。

高画素化&4Kフォトが現時点での最適解なんでしょうね。

>次世代のカメラを発表するとき
フルサイズの事は考えてると思いますが、Xシステムは今後どうするのでしょうね。APS-Cでティルト・シフトレンズまでは過剰な気がします。

X-proがそろそろ後継機の必要な時期なので、センサーの目処がたたないのでX-pro2を普通のセンサーで出すということでしょうね。
有機センサーが出せる時期になったらX-proシリーズから最初に載っけるんでしょうかね。
X-pro3ぐらいかな…?


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年4月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.8 STMは4月、EF50mm F1.2L後継機は来年の登場?」です。

次のブログ記事は「フォクトレンダーNOKTON 10.5mm F0.95 の価格は1250ドル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る