富士フイルムX-A2 は素晴らしい高感度性能

ePHOTOzine に、富士フイルムXシリーズのエントリーモデル「X-A2」のレビューが掲載されています。

Fujifilm X-A2 Review

  • ボディは大部分がプラスチック(ポップアップフラッシュとチルト機構は金属製)だが、X-M1やX-A1と同様に造りは良好だ。
  • Wi-Fi は画像の転送は簡単にできるが、リモートコントロール機能はない。リモートコントロールアプリが別途配布されているが、このアプリはX-A2には対応していない。
  • バッテリーライフはCIPA規格で410枚で、これは旧型の350枚から改善している。
  • シャッターレスポンスは素晴らしい(0.05秒)。連写も速く(JPEGで5.4コマ/秒、RAWで4.7コマ/秒)、撮影から次の撮影までの間隔も短い(フラッシュ無しで0.8秒)。JPEG Fineでは連写でスローダウンまでに多くの画像(35枚)が撮影できる(RAWでは9枚)。
  • サンプルでは、色再現と色乗りが素晴らしく露出も良好だったが、コントロールダイヤルの位置の問題で、露出補正の値が意図せずに容易に変わってしまうことに気付いた。
  • 新しいキットレンズの16-50mm II OIS は、最短撮影距離が15cmでかなり寄れる。中央のディテールと解像力はとても良好で、隅のディテールも良好だ。フレア耐性もとても高い。歪曲は小さく問題はない。パープルフリンジや色収差も少ない。残念なことに、暗い場所では、しばしばAFが迷う。
  • 高感度性能はISO3200までは素晴らしく、ISO6400でさえノイズは少なく、ディテールも良好に維持されている。ISO12800ではノイズは増え、ディテールが失われる。ISO25600では更にノイズが増える。ISO100、ISO12800-25600の感度は、RAWとJPEG+RAWでは利用できず、JPEGでのみ利用可能だ。高感度は素晴らしい性能で、X-Trans CMOSセンサーを搭載したX-M1よりも滑らかだ。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯ではまずまず良好で、プリセットでは若干暖色が控えめになる。蛍光灯ではオートホワイトバランスはとても良好で、プリセットも調整した場合は良好だ。
  • 多くのデジタルフィルターが用意されているが、HDRとパノラマ機能は搭載されていない。
  • 動画はフルHD 30fpsで良好なクオリティだ。動画のコンティニュアスAFはとても遅く、特に低コントラストの被写体では遅い。動画の設定は、かなり限られている。
  • X-A2の価格はレンズキットで379ポンドで、コストパフォーマンスはとても良好だ。
  • 新型の16-50mm II は、キットレンズにもかかわらず素晴らしい画質で、このレンズとコンパクトなX-A2との組み合わせは説得力があるパッケージだ。X-A2は、標準的な(ベイヤー方式の)APS-Cセンサーを採用しているにもかかわらず、ISO3200まで低ノイズで、ISO6400でもディテールは良好に維持されており、素晴らしい画質だ。大いに推薦。
  • 良い点: 素晴らしいキットレンズ、とても良好なコストパフォーマンス、素晴らしい高感度性能、素晴らしい色再現、印象的なディテールと解像力、ダイナミックレンジ拡張は効果的、3インチのチルト式モニタ、Wi-Fi、コンパクトなボディ。
  • 悪い点: パノラマモードが無い、HDRが無い、アドバンストフィルターがRAWで使用できない、リモートコントロール機能が無い、ISO100とISO12800-25600がRAWで使用できない、動画の設定が限られている。

 

X-A2はX-Transではなく一般的なベイヤーセンサーを使用してますが、画質の評価はかなり高く、特に高感度性能はX-Transを採用しているX-M1よりも高い評価となっているのは興味深いところです。キットレンズのXC16-50mm F3.5-5.6 OIS II は、画質の評価が高く、加えてかなり寄れるのでとても使い勝手がよさそうですね。

2015年4月26日 | コメント(7)

コメント(7)

まさか、噂のT10が、このA2のセンサーを使ってコストダウン、ってことはないでしょうねえ。でも動画を使わないユーザーにはこれで十分なんでしょうね。

めありさん、hhhさん、y4kさん、かじさんさん
ご指摘ありがとうございます。
記事中のX-M2はX-M1の間違いですので修正しました。

X-Transセンサーが素晴らしく富士フイルムのアイデンティティーなのは理解してますが、汎用性でいうとベイヤーセンサーのほうが使い勝手がいいと思うことがあります。
できれば2タイプのモデルを用意してくれると有り難いのですが、もし噂のX-T10がベイヤーセンサーだったら私は嬉しいです。
この記事では高感度がX-M1より良いというのがとても気になってます。

16-50mm II OIS スナップの撮り歩きに良さそうですね。
ボディもAPS-CでISO3200、6400が実用で使えるなら十分です。
ISO100でRAWが使えないってのは、そもそも低感度過ぎても階調を犠牲にするだろうし、NDで1段分余計に減光すれば良いだけのこと(ISO200で使う場合)
手持ちで快晴のビーチで開放で撮りたいとかならND8ぐらいあれば問題ないだろうし、滝や渓流で三脚に据えてスローシャッター切るならどうせ絞る事になる訳だし(上質なND400があれば良い)

最近X100Tを買ったのですが、RAW処理すると普通に偽色が出るのですよね。
X-Transの優位性は怪しいと思っていますが。

 元々、APS-C1600万画素機は、高感度性能が優れたSONY製センサーが多数のメーカーに採用されて、皆高感度でした。
 その後、ほとんどのメーカーが2400万画素に高画素化して、ノイズの増加に苦しんだわけです。2400万画素センサーも改良が進んで、ユーザーの不満の声が減りましたから、その技術で1600万画素センサーを作れば、以前よりさらに高感度になって当然です。
 FUJIFILM以外のメーカーも、APS-C1600万画素機を復活すれば、低価格で高感度画質の優れた製品を作れるのに、そうしないのは、もったいないですね。一般向けの低価格レンズの解像度を考えても、(ほとんどのユーザーは)1600万画素で十分ですし。

 FUJIFILMも、ライバルメーカーに対抗するため、上級機は高画素化の検討をしているみたいですけど、昔のコンパクトカメラ時代に600万画素維持のまま高感度化を推進してF31fdという傑作を作ったのに、その後他社に合わせて1200万画素に移行して、高感度性能が一気に低下して優位性を失ったという、暗い歴史があります。その再現は避けていただきたいです。
 逆に、APS-C1200万画素超高感度高速センサーを作って、4K動画も搭載した方が、成功するかも・・・

A2いいですね。
T1のサブに欲しいのですが、AF速度がA1とどれほど違うのかあまり情報がないので迷っています。
何方かご教授いただけたら幸いです。。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年4月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにキヤノンEF24-105mm F3.5-5.6 IS STM のスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS-1D X Mark II は完全に新型のAFユニットを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る