リコーイメージングが間もなくGR II を発表?

読者の方から、リコーGR II のスペック関する情報と新しい画像を提供していただきました。
  • リコーGR II は2015年6月18日に発表される。

    - レンズは18.3mm F2.8
    - GR ENGINE V
    - オートホワイトバランスを改善
    - 高感度ノイズを改善
    - Wi-FiとNFC
    - スマートフォンとの連携機能
    - 特製アクセサリーを同梱したプレミアムキットが初回限定で用意される

 

リコーが間もなくGR II を発表するようです。センサーの詳細は不明ですが、レンズのスペックが現行型と同じなので、APS-Cのままのようですね。

上記の情報を見る限りでは、GR II は高感度ノイズなどを改善してWi-Fiを搭載した比較的小規模なモデルチェンジになりそうな雰囲気ですね。なお、下の画像は前回の画像と似ていますが、こちらはレンズバリアが開いているバージョンになっています。
------------------------------------------
情報と画像を送ってくださった方ありがとうございます。 

ricoh_grII_f002.jpg

2015年6月17日 | コメント(38)

コメント(38)

上の出っ張りはモノクロ上部液晶であって欲しいと祈ってましたが違うようですね。
噂のスペックからすると、NFCチップを埋め込んでる天板ってところでしょうね。
スマホでタッチする場所天井に設けられたって感じなのかな。

残念ですけど、GRってそもそも二年程度で大幅に変化したこと無かったですし、
もう二年後くらいに、手ぶれ補正機能やリアルレゾリューションとかの搭載を夢見ることにします。

買うつもりだったんですが、変更点が上記のみとすると今回は見送りかなー
せめてAFとマクロの改善があれば初回を予約する勢いだったんですが…

少々大きくなっても、APS-CとはいえEVF内蔵ならライカQと良い勝負だったでしょうね。

予想以上に堅実なアップデートと感じます
成熟したカメラだとも言えるんでしょうが、激戦区のコンデジ市場で商品競争力的に2年も戦えるのか心配でもあります

フルサイズ化も検討くらいはしてると思うのですが、頑張って欲しいな。

ハードは、まさかwifiとNFCのみ?^ ^

- 高感度ノイズを改善

これが塗り絵にならないことを願います。

防塵防滴は、やっぱ無いのかなー。

AF改善と、それに伴う動画AF改善さえあれば、Leica Qより魅力的です!18日が楽しみです。

予想以上に堅実なアップデートと感じます
成熟したカメラだとも言えるんでしょうが、激戦区のコンデジ市場で商品競争力的に2年も戦えるのか心配でもあります

ホワイトバランスと高感度ノイズの改善は、現行GRもファームアップでお願いしたいです。
特に屋内や曇り日陰では肌色など色気がなくあっさりし過ぎな気がします。
※自分は、条件に関わらず、常時コントラスト+1、露出+0.3に調整して使用中。
新しいホワイトバランスがどうなるのかとても気になりますね

手振れ補正つけないんですかね。
GRD4には一旦ついたのに。
個人的にはそこまで欲しい機能でもないけど。

冒頭のスペックにプラス画素数アップくらいなんでしょうか?
今時約2年経過してこの程度の変化しかなく、
明るいレンズにファインダー内臓位でないと、
世界中のGRユーザーでお金持ちの方々は、
ライカQの方に行っちゃいそうですね。
なんかデザイン、サイズ感とかF値などフィルムGRの呪縛から抜けれないのかな。
こだわりすぎな気がします。

画素数が増えてないなら買わないです。16k万画素はA2にプリントすると、やはり24k万より細部が甘いです。

現行GRのファームアップに期待します。

これだと価格を戻すためのモデルチェンジと言われても
仕方ないな。

最後の
“特製アクセサリーを同梱したプレミアムキットが初回限定で用意される”
が地味に気になりますね。

GRシリーズは特典や限定仕様が多いですし。
現行GR発売時はレッドリングやカメラバッグの特典がありましたね。
その後はLimited Editionが追加されたり。

GRは優れたカメラでもあると同時に
業界を跨いだコラボなども多いある種のファッションアイテムのような側面もあるので
今回のGR2もスペック的な大ジャンプは無くとも発売前後は色々と話題になるでしょう。

正式発表&発売が楽しみです。

これなら現行から買い替えの人はすくないかな。
自分はずっと新型を待っていたので即買いだけど、確かに、いくらGRは奇数で大幅な変更をしてきたとは言え、2年も待たせるほどの変更ではないかなとも思う。
正式発表は明日?どちらにしろ楽しみ。

センサーがAPS-C初の裏面照射とかビックリ希望!

そのくらいセンサーに言及がない!全く変わらないか、「異様に」変わるかのどちらか、という兆しではないでしょうか??

画像処理エンジンの更新なしはやる気を感じません

AFや高感度ノイズの改善に期待したんですがGR ENGINE Vのままですしこの内容だけだとwifi以外ほとんど変化無しですね
ただ先日のSONYの新製品が積層型センサーのRX100M4と裏面照射型センサーのα7R2だったので
実はGRもセンサーが大きく変わってくるんじゃないかと期待しておきます。

換算50mmがいつか出ることを祈ってます

GRユーザーでライカQ買えるお金持ちでもGRを買うと思いますよ
しっかり持って構えて撮るならライカQでしょうけど

防塵防滴は欲しかったが2年使ってボロくなったから買い換えたいな

今回ものモデルチェンジもほとんどのユーザーに
判らないようにさらっとやるのですね。

このカメラのユーザーはああいつものGRだとスル―
されるのを望んでいるという前提で新登場。
独自の価値があって良いと思います。

EVFの新規搭載すら困難なスーパーコンサバティブな
希少シリーズだ。

スペックを見る限りNFCやWiFi以外、ファームアップで何とかなりそうな進化レベルですね。

まさかそんなことは無いと思うので、それ以外に新しいデバイスの採用が期待されます。

それにしたって供給部品以外、リコーが開発した技術も期待したいですよね。

これじゃあ余りにも...

明日の発表を静かに待つことにします。

現行機のユーザー意見として。
今回購入意欲をそそられる点はありません。
しかし、あえて言いたい。
それでも孤高を極めたGRの魅力は全く色褪せない。
これからも唯一無二の相棒だ。
と。

現行のGRを持っていますが、はまったときの画は、すばらしいものがあり、新機材の資金調達として売る対象には決してならないカメラです。

しかし、はまらないこともままあり、微少な埃が内部に入り込んで、センサーを汚すという問題もあって、いまひとつ信頼性がない。

どうしても軽い機材一台しか持っていけず、撮影機会が日中に限られるときは持って出ますが、それ以外は防湿庫というのが実態です。もったいない使い方になっているなと、自分でも思います。

この28mm換算のレンズは、もちろん非の打ち所のないすばらしさですが、逆にそれが面白くないということもある。

カメラ、レンズづくりは、そのあたりが難しいですね。どこをどう変えてくるかは関心ありますが、買い換えることはないですね、今回は。

現時点はこれでもいいかもしれませんが、
これから2年間戦うにはどうだろうと考えさせられるスペックですね。
たとえ2000〜2400万画素にアップしていたとしても。

現行GRはJPEGがどうにもヌケの悪い色だったんで、
そこを改善してほしいです。
というか改善されてたら買います。

ライカQとGRは、価格・重さ・操作性などなど、まるで競合するカメラではないのに…。

堅実な地味変でも、初値が抑え気味なら買い換えます。
楽しみ!

高感度ノイズの改善とボディの軽量化くらいで十分かと思います
GRはコンパクトでシンプルなスナップ機であってほしいですね

GRに防塵防滴が付いたら、雨の日も風の日も雪の日も海でも山でも砂漠でも雑踏の街中でも、素のまま首から下げてどこにでも安心して持ち歩き撮れる最強のスナップカメラになると個人的に思うので、ペンタックスの防塵防滴技術を融合させてほしいです。

今やRICOHブランドも実質THETAとこれしか認知されてないようなので、
GRもいわゆるコミュニケーションカメラ方向になるのもやむなしでしょうかね。
今回は暫らく様子見です。

GRとGRDⅣを並用していますが、明るいレンズと接写距離が短いGRDⅣ、
流石のAPS-C画質のGRという長所が融合したモデルが将来出るといいなぁ、
大きさはGR以下で、といつも思います。

そういえば16MPのAPS-Cセンサーってまだ供給されてるんでしょうか? コスト的に20MPか24MPの方が有利そうですが。

ペンタやリコーは1回はマイナーチェンジするのはいつもの事ですが、ここに書かれてる分しか変更がないなら、結構微妙です。

電源がレバースイッチになったらいいんですけどね。
スナップカメラだからこそ、
ポケットからサッと出して確実に起動できないと。

二年の熟成があるのでハード的にもこの程度ではないと思います。
ファームでもそうですが、何かを仕込んでくるリコーですよね。

海外では発表されたみたいです。
http://m.us.ricoh-imaging.com/digital-camera/RICOH_GR_II
うーん…

リコー(PANTAXブランド除く)ブランドのデジカメの印象は

・ニコンやキヤノン以上に保守的な部分もある
・堅実なアップデート
・処理能力にかなり冗長性を持たせてファームによる機能追加が多い

カタログスペックに直接現れない「ごみ混入対策」などしっかり対策してくる(できれば防塵防滴も)のかもしれませんねー

思い切ってカラーフィルターをとっぱらっちゃった「GRモノクローム」みたいなの出ないですかねえ。ライカのパクリですけど(笑)
キャッチコピーは「いつでもリアレゾ」。絶対買うのにな~。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年6月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF-M 85mm F1.8 IS STM を準備中?」です。

次のブログ記事は「キヤノンが間もなくPowerShot G3 X を発表?[内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る