富士フイルムXF16mm F1.4 はいくつか小さな問題もあるが素晴らしいレンズ

Mirrorlessons に、富士フイルムの広角単焦点レンズ「XF16mm F1.4 R WR」のレビューが掲載されています。

The Fujifilm 16mm f/1.4 Review

  • 鏡筒は総金属製で、造りは他の富士フイルムの単焦点と同レベルだ。このレンズは、X-T1との組み合わせだけでなく、より小さなX-T10との組み合わせでも快適だ。サイズは明るさを考えれば妥当で、実際、18-55mmのキットレンズとそれほど変わらない。
  • フォーカスリングはフォーカスバイワイヤ(モーター駆動)だが、スムーズで快適に使える。被写界深度目盛り(※原文は距離目盛りになっていますが被写界深度目盛りの間違いだと思われます)は付いているが、正直言って、F16とF11以外は実用には目盛りが細かすぎる。
  • 中央は開放から実にシャープで、F5.6がこのレンズのスイートスポットのようだ。隅は最適な結果が得られるのはF2.8からだが、これは大きな問題ではない。F16では若干回折の影響が見られる。
  • このレンズのAFは、他の富士フイルムの単焦点レンズと同じレベルで、静かで速い。(サンプルのライブの撮影では)AFは100%パーフェクトではなく、X-T10のAFは常に正確というわけではなかったが、これは、被写体が動いていて、照明が暗く、深度も浅かったので、全てカメラのせいというわけではない。
  • (ポートレートのサンプルでは)ボケは玉ボケは見事な円形だが、背景のボケは若干うるさい。最短撮影距離(15cm)でのボケはとても良好だ。
  • 開放だと最短では若干解像力が落ちることがわかった。F2からは解像力は改善する。
  • 歪曲はよく補正されており、不満は全くない。もちろん周辺部にはいくらか歪曲が見られるが、悩ましいものではない。
  • 逆光ではフレアが見られたが、これは本当に強い光が特定のアングルで入ってきた場合だけで、全体的にフレア耐性は高い。
  • XF16mm F1.4 は、素晴らしい単焦点レンズだ。フレアや、開放からF2.8までの隅の解像力不足などのいくつかの小さな問題もあるが、撮影の妨げにはならないだろう。
  • 良い点: 開放からの中央の素晴らしい解像力、寄れてボケが良好、軽量で造りが良好。
  • 悪い点: 被写界深度目盛りが本当に小さい、この焦点距離では必ずしも必要ではないが手ブレ補正があればよかった。

 

サンプルは縮小画像なので、画質はよくわかりませんが、レビューではなかなか高評価のようです。開放付近の隅の甘さが指摘されていますが、等倍切り出し画像のサンプル(レンガの建物のサンプル)を見る限りでは、開放から許容範囲内という印象です。ボケは状況によっては若干二線ボケに見える場合もあるようですが、玉ボケは非常に綺麗ですね。

2015年6月21日 | コメント(4)

コメント(4)

富士のナノGIコーティングは最高にいい、特に逆行での撮影には感動します。このレンズデザインもいいし広角好きとしては何としても欲しい1本です。

性能は良いみたいですね。ただ値段を考えると少し微妙な気がしますが。XF14mm F2.8が値段のわりに優秀すぎますね。

開放f/2.8始まりのXF14との比較は意味がないと思います。
f2.8始まりの方がコスト的にも設計の難易度においても有利ですので。

なにをもって"優秀"と判断するのかは、その人の好みや用途によると思いますが
当レンズを使用した感想としましては、XF16は、画角の近いXF14と似た傾向の
描写になることを避けるかのように、敢えて意図的に違うキャラクターを目指して
開発されたような・・・そんな気がします。

14mmは風景など、16mmはスナップ、室内ポートレイトってな感じかな。
近い画角でも性格の違うレンズですよね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年6月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマがdp0 Quattroの公式サンプル画像を公開」です。

次のブログ記事は「キヤノンEF50mm F1.8 STM は非常にコストパフォーマンスの高いレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る