パナソニック42.5mm F1.7 OIS は開放から非常にシャープなレンズ

LensTip に、パナソニックの中望遠単焦点レンズ「42.5mm F1.7 ASPH. POWER O.I.S.」のレビューが掲載されています。

Panasonic G 42.5 mm f/1.7 ASPH. POWER O.I.S.

  •  フォーカスリングはモーターによる駆動で、最短から無限遠までの回転角はフォーカスリングを速く回した場合は180度だ。ゆっくりと回すと360度になる。距離目盛りや被写界深度目盛りは無い。フォーカシングでフィルター枠は回転しない。
  • 手ブレ補正は3.7-3.8段分の効果で、これは公称値の4EVよりもわずかに低いだけで、とても良好な結果だ。
  • 解像力は、中央は開放で68lpmmの高い値(良像の基準値は45lpmm)で、実にシャープだ。解像力はF2からF4でピークに達し、このとき77-78lpmmになる。この結果は拍手喝采だ。
  • 隅の解像力は開放からシャープ(49lpmm前後)で、ピーク(F4付近)では70lpmmの非常に高いレベルに達する。隅の解像力に関しても全く不安は無い。
  • オリンパス45mm F1.8との解像力の比較では、オリンパスも非常に高いレベルだが、中央も隅もパナソニックが若干オリンパスを上回っている。
  • 軸上色収差は開放では目に付くが、F2.2-2.5に絞ると完全に解消する。ここでの評価は、肯定的なものだ。
  • 倍率色収差は0.02%から0.04%のほとんど気付かないレベルで、開放で0.06%のオリンパス45mm F1.8よりも若干良好だ。
  • このレンズは、いくらか球面収差の問題があり、若干のフォーカスシフトが見られる。軸上色収差のサンプル画像を見ると、F1.7からF2.2に絞るとピント位置が若干手前に移動しているのが分かる。
  • 歪曲はRAWでは-1.09%で、自動補正のかかるJPEGでは-0.25%に減少する。オリンパス45mm F1.8はRAWでもJPEGでも0.7%だ。
  • 周辺光量落ちは、開放で37%(-1.34EV)で、これはオリンパス45mm F1.8 の21%よりもずっと悪い値だ。F2ではパナソニックは26%(-0.88EV)、オリンパスは15%だ。F2.8以上では周辺光量落ちは無視できる値になる。
  • 逆光では、多くの状況でフレアは出にくいが、絞ったときに最も出やすくなる。逆光耐性の全体的は評価は悪くはないが、オリンパス45mm F1.8 の方が良好だ。
  • AFはGH4との組み合わせでは静かで非常に速い(0.4秒)が、オリンパスE-PL1との組み合わせでは若干遅く(0.6-0.7秒)なる。AF精度に関しては、テストで1度の合焦ミスもなく、全く不安はない。前ピンや後ピンの傾向も無かった。
  • パナソニック42.5mm F1.7 は解像力でオリンパス45mm F1.8に優っているが、その他の項目では勝ったり負けたりで、全体にオリンパスの方が点数を稼いでいるように見える。パナソニックは色収差やコマ収差が良好だが、オリンパスは球面収差、歪曲、非点収差、周辺光量落ち、逆光耐性で優っている。
  • 我々はオリンパス45mm F1.8にエディターズ・チョイス賞を与えたが、パナソニック42.5mm F1.7の性能を見て、パナソニックにも同じ賞を与えないのは不公平だと感じた。
  • 良い点: 小さいがしっかりした鏡筒、中央の見事な画質、周辺部の開放からの素晴らしい画質、軸上色収差と倍率色収差が少ない、歪曲が穏やか、コマ収差の問題が見られない、非点収差がわずか、素晴らしいボケ、高速で静かで正確なAF、効果的な手ブレ補正。
  • 悪い点: いくらか球面収差に関連する問題(フォーカスシフト)がある。

 

このレンズはよくオリンパスの45mm F1.8 と比較されていますが、解像力ではパナソニックが若干優るものの、他の項目ではオリンパスが健闘していて、全体としてはいい勝負のようです。パナソニックは、絞った時にフォーカスシフトが見られるのが若干気になるところですね。

2015年7月 3日 | コメント(6)

コメント(6)

このレンズに限らず、最近のパナのAFはピンボケはほぼゼロです。各社ともレベルアップしているはずですが、パナと比較してどの程度差があるのでしょうか?

オリとの違いは寄れることだと思うのですが、ポイントに上がってませんね。0.11倍のオリと0.2倍のパナは別物と言って良いぐらい使い勝手が違うと思います。

原文読んでませんが、最短距離の評価が無いのかな?

オリンパス45mmF1.8  50cm(35mm判換算 0.22倍相当)
パナソニック45mmF1.7 30cm(35mm判換算 0.4倍相当)

ここが一番の売りで、一番の差だと思います。

個人的に気になっているのは、
オリンパス45mmF1.8は、フォーサーズフォーマットを越えて、スーパー35mmの90%くらいまでの範囲をカバー。
パナソニック45mmF1.2は、APS-Cサイズくらいまでカバーしているらしい。
パナソニック45mmF1.7は周辺光量落ちを見ても、ギリギリ4/3サイズっぽい。

この差は、JVCのビデオカメラLS300のように4/3以上のセンサーを搭載したカメラで、レンズが許容する範囲をクロップして映像化する場合に利いてくるので、オリンパスの真面目さが現れていると思います。

「F1.7からF2.2に絞るとピント位置が若干手前に移動しているのが分かる。」

ミラーレスのAFは絞った状態でおこなうから問題なしなのでしょうか?

GX7に付けっ放しで常用しています。
これとGRで広角&望遠スナップを楽しんでいます。逆光も強いです。
普段は意識していませんが結構寄れるので近くの被写体も気軽に撮れます。
切り取りスナップ派にはオススメです。

ズイコー45mm持ちですが、最短撮影距離が20cm違うのは大きい・・・
買おうかな(他に欲しいレンズがあるけど・・・)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インドネシアの認証機関にオリンパス「E-M10 Mark II」が登録」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 6D Mark II のセンサーは24MPか28MP?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る