富士フイルムに関する噂のまとめが掲載

Fuji Rumors に、富士フイルムに主にX-Pro2に関する噂のまとめが掲載されています。

2015 Rumors Overview & Fact Check

  • 今年のFuji Rumors の全ての噂をまとめて、そして、信頼性に従って整理してみよう。
  • 信頼性の高い噂:
    - X-Pro2 は2016年にならないと登場しない
    - X-Pro2 には新型の画像処理エンジンEXRIII が搭載される
    - X-Pro2 は1/8000秒の機械シャッターが搭載される
    - X-Pro2 のセンサーはAPS-C
    - X-Pro1S は登場せず、すべての研究開発はX-Pro2に注がれている
    - X-Pro2 は防塵防滴になる
    - 富士フイルムは新型レンズを搭載したX100の姉妹機X70を発表する
  • 信憑性が中程度の噂:
    - 富士フイルムは中判カメラを開発している
    - 30mm の超大口径レンズが計画されている
    - XF33mm F1.0が計画されている
    - X-Pro2 のシンクロ速度は1/180よりも速くなる
    - X-Pro2 には24MPセンサーが搭載される
    - METZ製造のフラッシュ。ABCグルーピング、オフシューTTLのフラッシュ
    - X-T2はX-Pro2の登場後にすぐに登場する
    - X-E2の新しいファームウェアは(2015年6月から)6ヶ月後に登場する
  • 信憑性の低い噂:
    - X-Pro2 は2015年末に登場する
    - X-Pro2 にはより大型のセンサーが採用され、現行のレンズと互換性がある
    - 大型センサーのカメラが開発されていて、いくつかのXFレンズは既に対応している
    - X-Pro2 は16MPよりも高画素で来年の今頃(2014年8月末の噂なので2015年の8月末頃)に登場する
    - X-Pro2 の価格はX-T1よりも20-30%高くなる
    - X-Pro2 にはデュアルSDカードスロットが搭載される
    - X-Pro2 にはチルト式液晶モニタが搭載される
    - シグマはXマウントのレンズを検討している

 

X-Pro2 に関しては、これまでに様々な噂が流れていますが、信憑性の高い噂だけを抜き出してみると、堅実な正常進化モデルになりそうな雰囲気ですね。あと、信憑性はあまり高くないようですが、30mmや33mmの大口径レンズにも期待したいところです。

2015年7月 7日 | コメント(10)

コメント(10)

X70の登場は信頼性の高い噂なんですね。
例えばGRの競合機だとしても違うにしても名称が不思議ですね。

管理人さん、いつも有意義な情報有難うございます。
PRO2は値段も高くなるので目安貯金も出来そうです。
PRO2はチルトかバリアン希望です。
ミラーレスはあれも1つの武器です。

中判カメラが気になります。

シグマがXマウントのレンズを、ってのですね、気になるの。

ちゃんと使えるワイヤレスリモートフラッシュを待っています。3月に出るとの噂にワクワクしていましたが、出ませんでしたね。早く出てほしいな♪

デザインはT系よりもE2やPro1の方が好きなのでPro2が本当に防塵防滴になったらかなりポイント高いです。

シグマも好きなのでこのメーカーからXマウント、気になるところです。


私も30mmまたは33mmの超大口径レンズに期待してます。
ぜひ、発売してください。

XF35mmF2Rは、X-Pro2と同時かと思っていましたが、
まずレンズが先に出るんでしょうかね。

T1持ちですがPro2が気になっています。
でも、T2もカードがダブルスロットになったりするのかな。
バリアンも欲しい。

とにかくこのシステムには新しいストロボが欲しいね!
オート、マニュアルでの三分の一段調光、ボディが対応した時の為のHS、バウンスの為の幅広い照射角、そして電波式のワイヤレス多灯。
というかニッシンのdi700aが富士には必要です笑
でもできればフジが純正で出せば良いのにと思ったり

カードのデータが飛んだ経験がある人間としては
ダブルスロットはぜひとも搭載して欲しいところですね。
数十G程度のSSD内蔵とかでも良いですが


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2015年7月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが8月に新型一眼レフと2本の交換レンズを発表?」です。

次のブログ記事は「パナソニックが7月中旬に新しいカメラと交換レンズを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る