キヤノンが一眼レフへのCanon Logの導入を検討中

HDVideopro に、キヤノンの真栄田雅也氏の主に動画関連に関するインタビューが掲載されています。

An interview with Canon's Managing Director Masaya Maeda (found via EOSHD

  • (C300 Mark II では4K動画を搭載したが、次のC500はどのような仕様になる?) 詳細は言えないが、我々は現在、この製品が次の段階に進むことができるかどうか確認するために研究調査しているところだ。
  • (次の段階とは、ARRI ALEXAやソニーF65のような、より伝統的なモーションピクチャーカメラのことか?) イエスだ。我々はそれを検討している。
  • (なぜキヤノンは一眼レフの4K対応が遅れているのか?) 消費電力と熱の問題を解決する必要があるためで、現時点で何ができるのか研究している。一眼レフはコンパクトにしなければならない。もし大きくなってしまうと、それはC300になってしまうからだ。
  • (キヤノンの一眼レフの動画で、ニュートラルとフラットのカラープロファイルがないことが批判されているが、一眼レフにCanon Logを採用するつもりはあるか?) イエスだ。我々もそれを検討しているが、どのレベルでLogが組み込まれるかは言えない。将来、我々の一眼レフにLogを搭載したい。
  • (α7SやNX1のような、ミラーレス4Kカメラへの参入は?) それらはとても有望な製品だと思うが、他社と同じことをしたいとは思わない。従って、もし、我々がそのような製品を出すとしたら、若干異なったものになるだろう。
  • (現在、プロフェッショナルクオリティのSTMレンズが無いが、将来L レンズやシネマEOS用のSTMレンズは登場するのか?) 可能性はあるが、USMとSTMは特性が全く異なる。従って、近い将来は、これらのレンズが引き続き独立して存在し、独立して使われ続けることになるだろう。

 

一眼レフへのLogの導入は、本格的な映像作品を制作している方には大いに歓迎されそうですね。4K動画に関しては、キヤノンはシネマEOS以外への導入が遅れていますが、消費電力と熱問題の解決が必要ということなので、次世代の低消費電力のデバイス待ちでしょうか。

また、4Kミラーレスカメラに関しては、キヤノンは他社と若干異なるアプローチを示唆しているので、どのような製品が登場するのか興味深いところです。

2015年7月30日 | コメント(5)

コメント(5)

5D4に4K間に合わせてほしいな

キヤノンには既に、有志の方々が作った
10ストップラチチュードを動画で取得する
ピクスタが存在してますね。
それ以上は圧縮動画なので、試しても良い結果に
ならなかったそうです。
Technicolor CineStyleはキヤノンUSAが作ったものではなかったでしたっけ。
あれも、グレーディングの際のバンディングがどうとかで下火になりましたね。
カラープロファイルよりも、先に
RAW動画を実現しないと上手くいかないと思います。

4K云々に関していえば、ソニーやパナはすでに色々と4K対応出来てるわけで、単にキヤノンの開発力が弱いだけでしょ…と言いたくなりますw
ただ、(センサーが小さいとはいえ)DSLRに近いサイズのXC10で4K対応出来てるので、コンシューマーに降りてくるのもそこまで遠くないんじゃないかと考えてます。

…とはいえ、未だ4Kゼロ、(搭載の難しくない)CanonLogもゼロの現状を考えると、今後もEOSムービーに本気になる事は無いかなと思っちゃいますね…。
シネマEOSもあることですし、個人的にはEOSムービーにはある程度見切りをつけました(´・ω・`)

ちなみにEOSムービーの場合、ピクチャースタイルによるLogがイマイチなのは、
動画の圧縮の癖とLogがかみ合わないのが原因だと思ってます。
(一番悪い&目立つ形で出るのが空というわけです。)
実際C300やC100などのCanonLog前提の機種では8bitLogにも関わらずもっと耐性があるわけですし。

メーカーとしては動画機能はすでに一眼レフでもマストの一つと数えていて
ハイエンド機種となると動画もハイエンドに撮れて当然という流れでしょうし、
仮に動画がない機種が出たとしてもそれは動画がある機種の機能を殺しただけで
コスト削減には繋がらないであろう事は容易に想像できるんですが、
それでも一眼レフであんまり動画動画と注力されちゃうのは不満です。。。

5D4クラスでLOGは当然な感じがしてるんですが それが8bitだと厳しいですね。各色256諧調はアラが目立ちます。
必要なのは10bit、うれしいのは12bit、最高なのはRAWで14bitです。

H.265もDIGIC7で搭載されるか心配ですし DIGIC7+ 2つで CFastでないと将来性も厳しい。

高機能 高品質な4Kで巻き返しになるのか 他社に追いつくだけなのか 1DX後継と5D4は非常に重要です。

動画とミラーレスは相性が良い、動画も撮りたいならミラーレスだ という今の評価を変えることは十分可能なはずですが キヤノンは動画に対する期待にどこまで応える気があるのか とても気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年7月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコン「24mm f/1.8G ED」「24-70mm f/2.8E ED VR」「200-500mm f/5.6E ED VR」の画像とスペック」です。

次のブログ記事は「キヤノンがISO400万相当のEFマウントの超高感度カメラを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る