オリンパスE-M10 Mark II は"ミニE-M5 Mark II"

simplyROBIN(写真家のRobin Wong氏のサイト)に、オリンパスOM-D E-M10 のレビューが掲載されています、。

Olympus OM-D E-M10 Mark II Review

  • E-M10 Mark II で多くの写真を撮影して精査したが、画質はE-M5 Mark II と同等と言って差し支えない。16MPセンサーは今では古くなっているかもしれないが、画質は期待通りで、ディテールが豊富で、色が美しく、コントラストも良好で満足のいくものだ。
  • ホールディングは旧型のE-M10よりもずっとよくなっており、旧型では昆虫の片手マクロ撮影の技法で、レンズとのバランスに苦労したが、Mark II では、そのような問題はなく、しっかりとカメラをホールドすることができた。このホールディングの大きな違いは、シャッターボタンが高くなったことと、サムグリップが厚くなったためだと思う。
  • 大きく重いレンズを使用するなら、外付けグリップのECG-3を装着すると、より安定して快適なホールディングになる。
  • EVFは大きく快適で、とても実用的だ。EVFの発色は、これまでのOM-Dに採用されていた液晶パネルと若干異なっていて、より鮮明だが、それほど色が濃すぎることはない。このEVFはシャキッとしていてクリアで、等倍の昆虫のマクロ撮影で、ピントを十分に判断できる。
  • E-M10 Mark II では、EVF使用時に背面のモニタを使って、AFポイントを選択するAFターゲットパットが可能で、親指を動かしてAFポイントを動かすことができる。この機能によって、チャンスを逃しにくくなるだろう。
  • 手ブレ補正は、E-M5 Mark II は公称5段分でE-M10 Mark II は公称4段分だが、違いは感じなかった。スペック上ではE-M10 Mark II の手ブレ補正は、E-M5 Mark II ほどパワフルではないが、実写では極めて満足の行く性能だった。
  • AFは反応も素早く高速で、問題に遭遇したことは全くないが、AFはシングルAFのみを使用しており、コンティニュアスAFはテストしていない。AF速度に関しては、E-M5 Mark II やE-M1からの改善は見られない。
  • 高感度はISO3200まで快適に使用でき、ISO6400も必要なら躊躇なく使用することができるが、それより上の感度は使いたいとは思わない。高感度性能は、E-M5 Mark II とほとんど同じで、色ノイズは高感度でもよく抑えられているが、ISO6400より上の感度ではディテールが大きく劣化し始める。
  • 完全電子シャッターのサイレントシャッターは良好に機能し、アコースティッックギターのソロライブでも、音を気にせずに撮影することができた。
  • E-M10 Mark II で気に入った点
    - E-M5 Mark II と同等のAF性能、画質でミニE-M5 II のような感じがする
    - パワフルで効果的な5軸手ブレ補正
    - 使い勝手やエルゴノミクスが旧型のE-M10から改善されている
    - コストパフォーマンスが素晴らしい
  • E-M10 Mark II で改善して欲しい点
    - バッテリーライフが短く、旧型のE-M10より持たなくなっている
    - EVFの色が不自然で、旧型の液晶のEVFの方が色は良好に思える
    - 機械シャッターの最高速が1/4000秒(電子シャッターは1/16000)
    - センサーが古い

 

E-M10 Mark II は、エントリーモデルとしてはかなりハイスペックで、今回のモデルチェンジで、E-M5シリーズとの性能差はかなり 少なくなったという印象です。新機能のAFターゲットパッドもなかなか便利そうな機能ですね。

実写テストでは、画質もAF性能も手ブレ補正もE-M5 Mark II と同等ということなので、防塵防滴が不要な方なら、よりコンパクトなE-M10 Mark II が有力候補になるかもしれませんね。

2015年8月31日 | コメント(4)

コメント(4)

EVFと実際の映像で色調に差があるのは困りますね。ホワイトバランス等を確認できるのがEVFの強みであるはずなのに。幸い、E-M1ではそのような状況は確認できませんが、サブ機で使っているSTYLUS1ではEVFでのライブビューと撮影後の色調がかなり違うので苦労しています。

E-M1にパナのタッチパッドAFの機能を要望として出していたので、E-M10 Mark2で同様のAFターゲットパッドが搭載されるのは歓迎です。きっとE-M1後継機種にも搭載されることでしょう。期待しています。

待望の画質アップのEVFですが、やはり懸念していた有機ELの問題があるようですねぇ。
オリンパスのEVFは画質が低くても他社に比べ1番自然な見え方をしていたので好きでしたが、液晶型だとサイズ的に厳しいのでしょうか。
バッテリーが持ちずらくなったようですが、個人的に春にM10用の予備バッテリーを買ったばかりなので同じ型のバッテリーでよかった。

【OM-D E-M10IIで改善して欲しい点 センサーが古い】がグサッときますね。
現状の1600万画素というスペックはマイクロフォーサーズ規格サイズを考えると良いバランスだと思いますし
数字的にも必要にして十分ではありますが確かに上から下まで、OM-DからPEN、AIR A01まで皆1600万画素というのが何年も続いている現状は売る側としても買う側としても微妙ですね。

PanasonicがGX8で2000万画素クラスに移行しましたし次に出る新型PENや来年のフォトキナで発表という噂のE-M1IIではより高解像度なセンサーが採用される事を希望します。

ハイレゾショットでの画素数UPもより強化されますし、来年に期待です。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年8月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカから今後数ヶ月以内の登場が予想される新製品のまとめ」です。

次のブログ記事は「キヤノンの次のLズームはEF16-35mm F2.8L III?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る