キヤノンEF50mm F1.8 STM のDxOMarkのスコアはII 型と同程度

DxOMark に、キヤノンの標準単焦点レンズ「EF50mm F1.8 STM」のスコアとレビューが掲載されています。

Canon EF 50mm F1.8 STM lens review: Thrifty fifty 

 テスト機は5D3   EF50 F1.8STM   EF50 F1.8II(旧型)   EF50 F1.4 
DxOMarkスコア 27 28 27
解像力 16P-Mpix 16P-Mpix 17P-Mpix
透過 1.9T 2.1T 1.6T
歪曲 0.4% 0.5% 0.5%
周辺光量落ち -2.5EV -1.9EV -2.2EV
色収差 4μm 6μm 10μm

  • 22MP機の5D3での総合スコア27は、とても良好な性能だ。ピークの16P-Mpixの解像力はF4で達成されるが、画面全域が最適化されるのはF5.6だ。開放では中央は良好だが、隅は平均並みだ。しかし、F2.8に絞ると劇的に改善し、それ以上の絞り値では隅も中央とほぼ同程度になる。透過と色収差はどちらも素晴らしいが、周辺光量落ちの-2.5EVは予想よりも高い値だ。
  • 旧型の50mm F1.8 II との比較では、この2つのレンズが同じ光学系であることを考えると、予想通りの結果で、新型は旧型と非常に近い性能だ。しかしながら、若干異なる部分もあり、新型は若干周辺光量落ちが大きい。とは言え、周辺光量落ちは一番隅の部分でしか目立たない。解像力は新型と旧型で概ね同じで、新型は開放付近でわずかにソフトだ。良い点としては、新型は旧型より透過と色収差が改善されており、歪曲も若干小さい。
  • 新型のSTMは、I 型・II 型と同じ光学系だが、画質はとても良好だ。このレンズはニコンの220ドル前後の50mm f/1.8Gには及ばないが、キヤノンは50mm F1.8 STMで、外観と使い心地を改善し、AFモーターをステッピングモーターに変更している。129ドルの価格は、引き続き格安だ。

 

EF50mm F1.8 STM の光学系はコーティング以外はII 型と同じなので、DxOMarkのスコアは予想の範囲内の結果ですね。とは言え、新型は鏡筒の質感がアップし、モーターが静音化され、最短撮影距離も短縮されているので、スコアに現れない部分でかなり改善されているようです。

2015年9月 5日 | コメント(4)

コメント(4)

このレンズの周辺光量落ちは嫌いではないですが 未だにレンズデータが無いのが気になります。

AFは流石に遅く 動きものには全く追いつけないところが やはり価格相当な感じですね。
フードを付ければホールディングが大きく向上するのが有り難いです。

このレンズは購入しましたが、軽くて良いですね。
旧型より質感がとても良くなっているので、満足度は高いです。

ただ、絞り解放時の画質とかAFスピードなどを考えると、やはりもう少し性能の良いレンズが欲しいかな。

「EF35mm F2 IS USM」の50mm版が出てくれれば最高に嬉しいのですが・・・。

この50mm F1.8はキットレンズとは違う映りをしながらもいくつものあと「もう少し」が意図的に散りばめられている。

旧型から質感をあげながらもコーティング変更程度で基本性能を変えてこなかったのも狙い通り。
明るい事に感動しつつもエントリーユーザーだと殆どの人がもう少し広角が欲しくなりそこにこれまた安価な40mmや24mmのパンケーキが用意されている。
でもこれらはF2.8と若干暗いからまた次の明るいレンズに興味が出てくる。

だから性能的にはこれでいいんでしょう。

レンズ沼の番人として最適な性能なんでしょうね
キットレンズとの違いに感動しつつも次がほしくなるレンズ


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年9月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが2016年にフルサイズミラーレス機を発表するかもしれない?」です。

次のブログ記事は「タムロンSP35mm F1.8 とSP45mm F1.8 の実写サンプルが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る