ニコン「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」はズーム全域で開放から実用的な画質

ePHOTOzine に、ニコンの超望遠ズーム「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」のレビューが掲載されています。

Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR Review

  • このレンズは重いがかなりコンパクトで、必要なら長時間の手持ち撮影も可能だ。
  • ズームリングとフォーカスリングは、どちらもスムーズに回転する。ズームロックスイッチが用意されているが、この機能は広角端でしか使用できない。
  • 最短撮影距離は2.2mで、このタイプのレンズとしてはまずまず寄れる。フォーカシングはインナーフォーカスなので、フォーカシングでフィルター枠は回転せず全長も変わらない。ズーミングでは、望遠側でレンズが伸びるが、それでもバランスは良好だ。
  • このレンズはシャキっとした描写で、色乗りがよく、フレアも見られない。望遠側にズームすると徐々に性能が低下するが、ズーム全域で開放から実用になる性能だ。
  • ズーム全域で解像力が最も高くなるのはF8~F16で、このとき、画面全域で素晴らしい値(excellent)に近いとても良好な値(very good)になる。開放付近では、解像力は低下するが、それでもなお、とても良好な性能だ。画面内での、画質の均一性はとても素晴らしい。
  • 歪曲は200mmで0.439%、300mmで0.559%、400mmで0.657%、500mmで0.574%の弱い糸巻き型で、大部分の被写体で全く問題はないはずだ。色収差も非常に少ない。
  • ボケは非常にスムーズで、実に素晴らしいものだ。9枚羽根の絞りもボケの美しさに貢献しており、玉ボケは円形で魅力的だ。
  • 価格は約1179ポンドで、80-400mm f/4.5-5.6G VR の1799ポンドと比べると、非常に安価。
  • このレンズは非常に説得力のある製品だ。とてもコンパクトなので長時間の手持ち撮影も可能で、野生動物やスポーツ写真家に理想的なレンズだ。このサイズのレンズは50mmや100mmの焦点距離で使うには不便なので、200mmスタートはとても理に適っていると思う。テスト結果もとても良好で、このレンズは花やポートレート、ファッションなどの撮影にも使用できるだろう。汎用性に富む、高性能なレンズだ。
  • 良い点: 造りの品質、手持ち撮影が可能、素晴らしい画質の均一性、素晴らしいエルゴノミクス、F5.6一定の明るさ。
  • 悪い点: 重さ。

 

このレンズは、カメラメーカー純正の超望遠ズームとしては安価なレンズですが、解像力はズーム全域で優秀で、開放から十分な性能が出ているようです。望遠端でも周辺部の解像力が全く落ち込まず、中央とほとんど同じ解像力を維持しているのは素晴らしいですね。また、サンプルを見る限りでは、ボケもズームとしては非常に綺麗という印象です。

2015年10月24日 | コメント(5)

コメント(5)

28-300と共に、キャノンユーザーからすると羨ましいラインナップです。

そうだったのですね。
発売日に購入して、そんなに良いことだらけなのに使う頻度が少ないです。
今後は被写体を考えてもっともっと使わないと勿体ないですね。
300/f4E、80-400mm f/4.5-5.6G VR と使い分けが忙しい。
ズームは便利なので300/f4の出番がますます少なくなりそう。

私も発売日に受け取りましたが当日は雨天 実際に使ったのは三日後位でしたか
最初にオートフォーカスがおそいとと言うか フワーと行くのが気になりましたが徐々に慣れ晴天の日や明るい日は使いまくってています
34や54の出番が減少している今日この頃です
重いとの事ですが500と言う事を考えると文句を言うのは間違えでは無いかな なーんて思います 54を手持ちする方もおりますが
価格と性能のバランス コストパフォーマンスを考えれば文句無し
大満足です

値段に対しての画質などの性能は申し分ないです
80-400に比べたら逆光などでは弱いですが
持っていないのならばこちらでもいいでしょう
ただズームリングを回す時が一回しでテレ短まで行かないのが難点
前後の動きが激しいスポーツなどには向きませんね

レビュー評価高めですね。
画像を見る限り、色乗りも良さそうですね。

触る前から、ウワサ話で高い評価だったので、名レンズになりそうですね。
今年、一本もレンズを買っていなかったので、予約しとけば良かったな~。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2015年10月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東芝が画像センサー事業から撤退、ソニーに半導体事業を売却へ」です。

次のブログ記事は「シグマが2016年に85mm F1.4 Art や24-70mm F2.8 OS などのレンズを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る