中国の政府機関MIITに富士フイルム「X-Pro2」が登録

中国の政府機関MIITで、富士フイルムの「X-Pro2」が電波関係の認証を受けています。

MIIT (中華人民共和国工業情報化部)

  • 登録内容
    承認コード:2015DJ5027
    機器の型番: X-Pro2
    申請者: 日本 富士フイルム株式会社

 

X-Pro2の登録内容は、MIITで公開されているExcelのファイルで確認することができます。中国の公的機関のサイトにX-Pro2が登録されたので、それほど遠くないうちに(数ヶ月後?)X-Pro2が発表される可能性が高そうです。
----------------------------------------
MIITの情報を教えてくださった方ありがとうございました。

fuji_x-Pro2_miit_001.png

2015年10月20日 | コメント(12)

コメント(12)

やっと本命がやってきました!
有機センサーじゃ多分ないので残念ですが、旧機よりどの程度性能が上がってるかとても期待しています。
お金貯めなくちゃ…。

外国の認証機関の情報からニューモデルの存在が明らかになり、ここで紹介されることがよくあります。食品とか医薬品、携帯電話などの通信機器なら認証が必要なのはりか出来ますが、カメラはなぜ認証が必要なのでしょうか。
本題と直接関係ない話題で申し訳ありません。

あかささん
今回の件では内蔵Wi-Fiの電波が規格内かどうかの認証です。

あかさ様、Wi-FiやBluetoothのような無線機能を搭載した機器は日本も含めて各国の電波法の規制対象だからです。
Wi-Fiを搭載したすべての機器は、販売する国ごとの法律に準拠しているという証明を取得する必要があり、多くの国は認証を受けた機器の情報をインターネットで公開するようになっています。
日本も同様の情報を総務省がインターネットで公開していますが製品発表前には認証を受けた事実を公表しないようにメーカーが依頼できるようです。
ロシアや中国はこれが出来ないんでしょうね。

センサーはソースがわかってるのでだいたい想像できそうなのですが、ファインダーがどう進化するのでしょう。。。

X-Pro1の最大の特徴っていったらそこですよね。

センサは東芝製との噂もありますが
有機センサじゃないんですかね
有機センサの写りに興味があったのですが

新センサーには暗所AF性能の向上を期待したいです。
素晴らしいノイズ制御技術があるのに肝心のピントが合わない…ということが多く、勿体無いなあと感じていました。

私もファインダーがどうなるのかが一番興味があります
Pro2には色々な噂が出ましたがファインダーの話だけはまったく出てきませんでしたから
新しいフィルムシミュレーションなんかも期待したいですかね
もちろん今のご時世センサーは高画素化はされると思いますが
高画素、高解像とは別のベクトルを富士には期待したいです

もう出来上がってるので今更言っても遅いですが・・
ボディ内手振れ補正が実に実に実に欲しい。
魅力的なXF単レンズを三脚無しで一日中スナップできたら
どんなに素敵だろうかと思います。
pro2とT2が今後を占いそうなので登場までドキドキです。

冬のボーナス合わせで来るんですね。

>あかささん
カメラの場合、WIFIとかの電波関係だと思いますが……。
でもレンズの認証は何の認証なんだろうね。。。

あ、WifiやBluetoothでしたか。
納得です。
そうするとカメラが認証の対象になったのは比較的最近のモデルからですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2015年10月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DxOMarkにタムロン14-150mm F3.5-5.8 Di III のスコアが掲載」です。

次のブログ記事は「富士フイルム「XF35mm F2 R WR 」と「XF1.4X TC WR」のスペックと画像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る